こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

液体の機内持ち込みについて

 先日 九州旅行に行き
「湯布院」にて<液体の入浴剤>を購入しました。

 翌日 大分空港から飛行機に乗る際に
「スーツケース」を預けたところ
 「スーツケース」内に入っていた
<入浴剤>(500ml )がダメという事で
空港で廃棄をするか、宅配便で送るかを
選択する事になりました。

 <入浴剤>の箱を良く見ると
機内持ち込みは出来ないとも書いてありました。

 そこで、疑問が沸いてきました。

・入浴剤はダメで他のお土産の液体(化粧水系?)は、OKでした。
・空港で売っている、瓶入り調味料、お酒、ジュース等はOKです。

 入浴剤だけ なぜ「機内持ち込み」「機内預け」共に
出来ないのでしょうか?

 入浴剤は、成分のせいで気圧の変化等で危険?なのでしょうか?

投稿日時 - 2013-10-14 21:27:30

QNo.8305859

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

硫黄が入っていて「混ぜるな危険」だから。

パッケージにどこまで記載があったかは判りませんが
商品説明とNo.5さんのpdfを見ると持ち込みは無理だと思いました。

http://www.yunomoto.com/products/detail.php?product_id=3

投稿日時 - 2013-10-15 00:06:26

補足

 JALに問い合わせをしたところ 回答が来ました。

成分(硫黄)とは、全く関係なく
<1容器当たりの質量または容量:
0.5キログラムまたは0.5リットル以下>という
規定を超えた為だという事でした。

※容器の大きさから「500ML」と勘違いしていました。

投稿日時 - 2013-10-17 21:19:26

お礼

ありがとうございます

 成分なのでしょうかね・・・

投稿日時 - 2013-10-15 21:33:08

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

成分が硫黄なら当然だと思います。

硫黄の物は容器の中でガス発生の可能性が有るためですね。

投稿日時 - 2013-10-16 22:21:40

補足

 JALに問い合わせをしたところ 回答が来ました。

成分(硫黄)とは、全く関係なく
<1容器当たりの質量または容量:
0.5キログラムまたは0.5リットル以下>という
規定を超えた為だという事でした。

※容器の大きさから「500ML」と勘違いしていました。

投稿日時 - 2013-10-17 21:12:08

お礼

ありがとうございました。

 JALに問い合わせをしたところ
無事に解決できました。

投稿日時 - 2013-10-17 21:09:45

100ミリリットル云々は、「国際線」の「機内持ち込み手荷物」のルールなので、日本国内線の受託手荷物には関係ないですよ。液体の量の問題ではないと思います。

他の方々がおっしゃるように、硫黄なのでしょうかね?
http://www.jetro.go.jp/world/japan/qa/export_04/04A-010148

でもスーツケースに入れていたということは・・・・鍵を掛けてましたか?
もしそれだったら、チェックする係員は入浴剤のパッケージを見て判断したのでなくて、X線検査の段階で「?」と思ったということになるのでしょうか?

投稿日時 - 2013-10-15 00:23:14

補足

 JALに問い合わせをしたところ 回答が来ました。

成分(硫黄)とは、全く関係なく
<1容器当たりの質量または容量:
0.5キログラムまたは0.5リットル以下>という
規定を超えた為だという事でした。

※容器の大きさから「500ML」と勘違いしていました。

投稿日時 - 2013-10-17 21:12:34

お礼

ありがとうございます

液体の量は、関係ないようですね~

 成分なのでしょうかね・・・

>でもスーツケースに入れていたということは・・・・鍵を掛けてましたか?

 <TSAロック>をかけていました。

>X線検査の段階で「?」と思ったということになるのでしょうか?

 そうです。
私が鍵を開けて 検査官に入浴剤を渡しました。
実際にパッケージを確認してました。

 X線検査の段階で<入浴剤>という事を
確信していたようです。
「入浴剤が入っていますね?」と言いましたし
私の前に並んでいた乗客も同じ商品を廃棄していましたので・・・

投稿日時 - 2013-10-15 21:38:48

ANo.6

入浴剤と言っても種類が多く、成分が解らないので一般論ですが。

一般的にドラッグストアなどで売られている入浴剤はにおいはしても実際には硫黄分などは含まれていませんが。
温泉地で売られている液体のものだと硫黄分等が含まれている可能性があります。(酸性液体、逆にアルカリ性も有り)
このようなものだと腐食性液体として扱われるので量に関係なく飛行機への持ち込み、荷物での預かりは出来なくなります。

投稿日時 - 2013-10-14 23:54:24

補足

 JALに問い合わせをしたところ 回答が来ました。

成分(硫黄)とは、全く関係なく
<1容器当たりの質量または容量:
0.5キログラムまたは0.5リットル以下>という
規定を超えた為だという事でした。

※容器の大きさから「500ML」と勘違いしていました。

投稿日時 - 2013-10-17 21:12:52

お礼

ありがとうございます

 成分なのでしょうかね・・・

投稿日時 - 2013-10-15 21:22:32

ANo.5

http://www.mlit.go.jp/common/000993849.pdf

国交省の持ち込み禁止品リストでは
入浴剤は500ml以下であれば大丈夫なはずですが

他の物と合わせて2L以上になったのでは?

投稿日時 - 2013-10-14 22:36:10

補足

 JALに問い合わせをしたところ 回答が来ました。

 norikhakiさんの言われるように

成分(硫黄)とは、全く関係なく
<1容器当たりの質量または容量:
0.5キログラムまたは0.5リットル以下>という
規定を超えた為だという事でした。

※容器の大きさから「500ML」と勘違いしていました。

投稿日時 - 2013-10-17 21:13:36

お礼

>国交省の持ち込み禁止品リストでは
>入浴剤は500ml以下であれば大丈夫なはずですが

 そうなんですか?

>他の物と合わせて2L以上になったのでは?

 液体のモノは、これだけです。

投稿日時 - 2013-10-14 22:47:54

ANo.4

大量の液体を持ち込めないのは、テロ対策ってことは知ってあるとはおもいますが
化粧水や液体石鹸ばどは100ml以下の小分けにと書いてあるけど、このあたりじゃないですか
http://www.mlit.go.jp/koku/03_information/13_motikomiseigen/list.pdf

空港内の検査場通過後で販売されれるものは、安全が確認されているってことだと思いますが

投稿日時 - 2013-10-14 22:34:45

補足

 JALに問い合わせをしたところ 回答が来ました。

成分(硫黄)とは、全く関係なく
<1容器当たりの質量または容量:
0.5キログラムまたは0.5リットル以下>という
規定を超えた為だという事でした。

※容器の大きさから「500ML」と勘違いしていました。

投稿日時 - 2013-10-17 21:14:39

お礼

ありがとうございます

>化粧水や液体石鹸ばどは100ml以下の小分けにと
>書いてあるけど、このあたりじゃないですか

 下記の「ピーリングジェル」は、100ML以上でした。
http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/df/9c/mappy3337/folder/492839/img_492839_22337653_2?1256081055

投稿日時 - 2013-10-14 22:46:55

ANo.3

基本液体の持ち込みはダメですね!

搭乗口を超えてからの飲料水はOKですよ!

JISの規定印があって成分表があるものは場合によっては良い物もあります。

入浴剤だからと言う理由ではなく空港外購入の液体だからという事だと思います!

投稿日時 - 2013-10-14 22:32:37

お礼

 ありがとうございます

>空港外購入の液体だからという事だと思います!

 下記の「ピーリングジェル」も
空港外購入でした。

http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/df/9c/mappy3337/folder/492839/img_492839_22337653_2?1256081055

投稿日時 - 2013-10-14 22:44:33

ANo.2

だから、未開封であろうと、中身が確認できないので、ダメなのです。



お茶なんて、大量に市販されているので、未開封でも中身が分かる。

入浴剤なんて、そう多く流通しないし手荷物として持ち込まないし・・・・・・幾ら説明しても、その場では誰も判断できません。そりゃ、その場で分析して・・・・・という手法がとれるのであれば良いが、そんなことは、あの場では出来ませんしね。

投稿日時 - 2013-10-14 22:20:40

補足

 No1の回答で
<未開封のものであれば、そのまま持ち込みOKです。>と
ImprezaSTiさん自身が、回答されていたので
 未開封なら持込可能かと理解したのですが・・・

 No1の回答は、間違いなのですか?

投稿日時 - 2013-10-15 21:39:48

お礼

再度かいとうありがとうございます

>だから、未開封であろうと、中身が確認できないので、ダメなのです。

 No1の回答で
<未開封のものであれば、そのまま持ち込みOKです。>と
ImprezaSTiさん自身が、回答されていたので
 未開封なら持込可能かと理解したのですが・・・

 持込、機内預けの不可能の理由は
「そう多く流通していない」
「中身が確認できない」という事でしょうか?

・下記の入浴剤です。
http://img05.shop-pro.jp/PA01018/790/product/18231457.jpg

・下記の「ピーリングジェル」は
問題なく持ち込めるとの事
 「そう多く流通していない」
「中身が確認できない」という理由でしょうか?

http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/df/9c/mappy3337/folder/492839/img_492839_22337653_2?1256081055

投稿日時 - 2013-10-14 22:42:32

ANo.1

(笑)理由が気圧ではありません。 そんなんであれば、炭酸飲料が持ち込めない・・・・・・・・

要するに、搭乗手続きで、中身の確認が出来ないので、ダメなのです。
お茶でも、開封済みのものは、装置(多分、分光器)で調べられます。未開封のものであれば、そのまま持ち込みOKです。

投稿日時 - 2013-10-14 21:43:12

補足

 JALに問い合わせをしたところ 回答が来ました。

 ImprezaSTiの回答での
「中身が確認」は、全く関係なく

成分(硫黄)とも、全く関係なく
<1容器当たりの質量または容量:
0.5キログラムまたは0.5リットル以下>という
規定を超えた為だという事でした。

※容器の大きさから「500ML」と勘違いしていました。

投稿日時 - 2013-10-17 21:16:49

お礼

ありがとうございます

>未開封のものであれば、そのまま持ち込みOKです。

 箱も容器も未開封の新品の状態です。
開封品、未開封品に関係なくダメとの事

開封して量を減らしてもダメだと言われました。

 理由を聞きたかったのですが
後に並んでいる他の人に迷惑でしたので
泣く泣く「廃棄」です

投稿日時 - 2013-10-14 21:53:42

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-