みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

人類よ、肉体を捨てよ!

どうして人間の世界は、不合理ばかりが存在するのでしょうか?
先ず、生まれた時にしても、容姿や性別・人種を選んで生まれてくる事は出来ない。
先進国に生まれれば当たり前に教育を受けられますが、発展途上国では小さい頃から働かされ、戦時下の国では呆気なく殺される事もあります。
この世に一歩踏み出しただけで、努力では埋められないスタンダードを、否が応でも押し付けられる事になるのです。
また、先進国に生まれたとしても、その中でも実力の優劣によって窮屈な思いをする事になるのです。
衣食住に困らなければそれでいいのに、上に立った者は驕り高ぶり、格下の者達のおべっかを買っては喜びます。
世界から見れば自分は取るに足らない存在に過ぎないのに、他人を賎しめる事によってそれを誤魔化すのです。
悲しいかな、それも人間の性なのです。
強欲、驕り、嫉妬、卑屈…どうして人の心は意図も簡単に歪んでしまうような、弱く不安定なものなのでしょうか?
肩書き、ファッション、化粧、アクセサリは全否定する訳ではありませんが、自分を表面的に着飾り、個性を出そうと四苦八苦している現れだと思います。
若い頃はアイデンティティと睨めっこ、歳を取ればそれを忘れ、自分で自分を使い捨てていく。
人生は貴賎を問わず、荒削りにそういうものだと思います。
それは肉体を得たが故の悲劇ですが、人間がサイボーグの身体だったら、こうした柵は打破出来るのでしょうか?
サイボーグなら電気だけで動き、空腹を感じない為、飢餓による理性の破壊、食料の奪い合いが起こらなくなります。
原子力の扱いもリスクが減り、食料が浮いた分をバイオ燃料にも回せます。
不眠不休で働いても疲れないので、生産能力の向上にも繋がります。
身体が破損しても修理出来ます。
現在、「ロボットに人間の脳を移植する研究」が為されていますが、将来的には全人類が肉体を捨て、サイボーグに移行つまり「アバターの世界への突入」を成し遂げると思います。
容姿・性別のみならず、エヴァのような高性能の身体を手に入れる事だって出来ます。
正に「第二の誕生」と言うべきでしょう。
病気、容姿、格差による権利のぶつけ合いが無くなるので、精神的にも余裕が出てきて、平和な世の中になるでしょう。
常に満たされない人間の欲求に、蓋をしてやれるのです。
「肉体からの解放」こそが本当の意味での安息が得られる鍵ではないでしょうか。

乱文失礼しました。

投稿日時 - 2013-09-29 20:57:00

QNo.8284933

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(15)

ANo.15

肉体を捨てよ、と言いながら、「第二の誕生」とは完璧性にあこがれていますね。

人間は肉体だけでなく、霊がある存在です。日本で霊というとオカルト扱いですが、人間の尊厳と根本存在です。妊婦さんのように肉体があるうちに霊を育て、出産するように肉体が死ぬと霊はあの世で神様と永遠に暮らす。よく成長した霊はこの世の美男美女がみじめに思える程に、神々しく光り輝く存在だそうです。そような霊を誰もが持っています。人間が物質なら、障害者の人は価値がない?そうではないでしょう、目に見えない価値ある霊を持つ人間は素晴らしい存在。そういう意味では肉体に囚われないのは正解かと思います。

問題は、その霊の価値を知らず、霊を育てない人があまりに多い。そのような霊は、未熟児のように手足がなく「うらめしや」のお岩さん状態。肉体はマッチョでも霊が「幽霊」ではアンバランス、だから心と体が一致しない。満たされない。虚無感が消えない。霊魂飢え乾いて干からびている現代人、若者はさ迷い、癒しなどがブームになる。霊的貧困の日本。霊を育てるには「神様」と「愛」が必要(神様が霊の親だから)。しかし現代人は宗教など無価値なものとして遠ざける。「神霊」を理解して熊野詣などをした昔の日本人の方が偉かったかも?

投稿日時 - 2013-10-09 15:34:37

ANo.14

こんにちは

この宇宙で存在していく以上、体の代わりになるハードウェアは必要になります。
結局物質からは逃げられないわけです。
体が生身から機械に変わるだけで、
本質的には何も変わらないのでしょうか。
機械は生身以上に手間がかかりますよ。

投稿日時 - 2013-10-08 12:57:14

ANo.13

>つまり、世の中に不合理が無く、全て筋道・辻褄が通っていると仰りたいのですね?
ちょっと違います。

世の中は、というよりも人間は、間違いなく不合理で理不尽です。
なので、理想を追求することは否定しているわけではありません。

その前に、例えば
>強欲、驕り、嫉妬、卑屈…どうして人の心は意図も簡単に歪んでしまうような、弱く不安定なものなのでしょうか?
という質問で、「いとも簡単に歪んでしまう」というところが、本当なのか?
ということを突き詰めることが必要ではないか、ということです。

例えば、本来人の心はいとも簡単に歪んでしまうものではなかったのかもしれない。そうであれば、なぜ今はそうなったのか?
など根源的な問いもありますよということです。
その上で、肉体からの解放という結論を導き出して行くことが必要です。

「現在の状態」という結果を生み出している原因が必ずあります。
それが何かを見出さない限り、同じことが繰り返される可能性が高いということです。

投稿日時 - 2013-10-05 18:36:34

ANo.12

物質が残る以上貴賤の差は生まれます。
またすべての感覚は脳が生み出す以上は、脳が快楽を求めない方法を考えなければ、人間は快楽を求めて争うことになります。

ただ、なぜ不合理が存在してはいけないのか?
そして貴賤があるといけいのか?
争いがあるといけないのか?

>強欲、驕り、嫉妬、卑屈…どうして人の心は意図も簡単に歪んでしまうような、弱く不安定なものなのでしょうか?

なぜ強欲、驕り、嫉妬、卑屈が歪んでいる、弱く不安定だとしているのか?
誰から押し付けられた観念なのか?

その前提から考えないといけない。

投稿日時 - 2013-10-04 16:43:01

お礼

つまり、世の中に不合理が無く、全て筋道・辻褄が通っていると仰りたいのですね?
確かに僕の言ってる事は理想論かも知れない。
しかしその理想論すら否定される世の中じゃ、窮屈を感じてしまうという事です。
特に理由なんて存在しませんよ。

投稿日時 - 2013-10-05 18:09:05

ANo.11

>・・・人生は貴賎を問わず、荒削りにそういうものだと思います。

までは、概ね同意します。


>それは肉体を得たが故の悲劇ですが、人間がサイボーグの身体だったら、こうした柵は打破出来るのでしょうか?

 出来ないと思います。脳を除く全面的なサイボーグ化は、不合理な世の中に、あなたが最も嫌う格好の手段を与えます。それは身体全部のアクセサリ化です。現在の状況では、金はあるけど醜男,醜女も存在しますが、サイボーグ化がなったら、金持ちはこぞって完璧なイケメン・ボディーを手に入れるでしょう。現在、美容整形外科がどんだけ流行っているか、考えてみた事はありますか?。

>サイボーグなら電気だけで動き、空腹を感じない為、飢餓による理性の破壊、食料の奪い合いが起こらなくなります。

 そうかなぁ~。燃料電池の奪い合いになったりして・・・。

>原子力の扱いもリスクが減り、食料が浮いた分をバイオ燃料にも回せます。

 燃料電池でなかったとしても、70億人のサイボーグが消費する電力は、どうやって発電するんですか?。けっきょく使用可能なエネルギーは、どっかで生産する必要があります。下手をしたら、原子力への比重は増える。だって命に関わるんだもの。電力安定供給のために節電して下さい、なんて絶対言えない。言ったら暴動になる。そしてバイオ燃料生産のトータルコストは、それほど良くない。

>不眠不休で働いても疲れないので、生産能力の向上にも繋がります。

 生身の脳は眠らなければ、たぶん死ぬ。そういう生理だ。

>身体が破損しても修理出来ます。

 金持ちはね。

>・・・容姿・性別のみならず、エヴァのような高性能の身体を手に入れる事だって出来ます。
正に「第二の誕生」と言うべきでしょう。

 「容姿・性別のみならず、エヴァのような高性能の身体」と言った瞬間に、そこに明確な差別化意識が宿っている事に気づきませんか?。そのような意識は、たやすく不条理な世の中に付け込まれます。「第二の誕生」とは、現在の良きも悪きをも、技術的により明確化した現在の延長線上にある、第二ステージです。格差はより拡大します。

>常に満たされない人間の欲求に、蓋をしてやれるのです。

 ではサイボーグなどとケチな事は言わず、純粋な精神体として魂を自立させるような技術が開発されたとしてみましょう。 そこに至っても、他人と没交渉でない限り、「アクセサリ思念で着飾ってみたい!」などと差別化を考え始めるのが、ある意味もっとも人間らしい行動です。


>「肉体からの解放」こそが本当の意味での安息が得られる鍵ではないでしょうか。

 わかりませんか?。この世が理不尽なのは、人間が肉体を持っているからではないんですよ。

 もっと野太く考えましょうよ。

 安易な考えは、理不尽な世の中の格好の餌食になりますよ。

投稿日時 - 2013-10-01 20:41:28

ANo.10

あなたの誕生によって生まれたのは、「宇宙」です。
あなたの感じている世界は、あなたの脳内の現象なのです。

世界は自我成立のための補完として派生しているのです。
それが思い通りにならないのは、そうした「補完」は物理的
原理性まで遡った相補性であり、肉体的自己に束縛された
短絡的衝動や利己的意志によれば、自己矛盾としての
環境性に“ぶつかる”のです。

投稿日時 - 2013-09-30 10:32:09

>人類よ、肉体を捨てよ!

なぜ、犬や猫は肉体を捨てなくても良いのでせいうか?

上記を考え、突き詰めると、人類も肉体を捨てなくてよいという結論に達しますよ。

投稿日時 - 2013-09-30 09:30:34

お礼

犬や猫を機械化すれば、寿命が長くなるだけですね。
でもそうなると、人間に飽きられ捨てられ、やがて悲惨な末路を辿るのではないでしょうか。
自然界以外の犬や猫は、人の生活の様式に合わせて、10~20年しか生きられないように設計されたのではないでしょうか。

投稿日時 - 2013-10-05 18:06:19

ANo.8

その通りでしょうが、まさかサイボーグとやらで人間や人生できません。
ヒンドゥなどに発した哲理は仰せの人類の問題を一定の所作でかいけつしていこうというものです。
私は40年ほど、Paramahansa Yogananda大師のSelf-Realization Fellowshipの勉強と精進をしておりますが、これはラージャのヨーガです。
ストレッチはヨーガではありませんが、よーがにはストレッチに取り入れられている、ハサ(ハタ)、バクティ、カルマ、そしてラージャがあります。
ヨーロッパ人に取り入れられる前のキリスト教もラージャのヨーガですね。
これらは、存在の超越と遍在をめざしております。

以上ご参考に。

投稿日時 - 2013-09-30 08:43:40

ANo.7

”どうして人間の世界は、不合理ばかりが存在するのでしょうか?”
    ↑
神が人間を憎悪しているからです。

”強欲、驕り、嫉妬、卑屈…どうして人の心は意図も簡単に歪んでしまうような、
 弱く不安定なものなのでしょうか?”
    ↑
そうなるように神が創ったのです。

”サイボーグなら電気だけで動き、空腹を感じない為、飢餓による理性の破壊、
 食料の奪い合いが起こらなくなります。”
    ↑
その代わり、電気エネルギーの奪い合いが
始まります。

”人類よ、肉体を捨てよ! ”
    ↑
デカルトの心身二元論ですか?
しかし、人間の肉体と精神はセットになっていますよ。
肉体は魂の入れ物なんかではありません。
最近では、内臓に記憶物質が発見され
います。

投稿日時 - 2013-09-30 06:25:58

お礼

神が人間を憎悪しているのですか。
それとも、神などいなくても、悪鬼・悪霊がこの世を支配しているようにも思えます。
祈祷師・退魔師・霊能力者等、信仰的な人間が存在するのも、理不尽な世の中を無理矢理納得させる為なのかと思います。
回答有難うございます。

投稿日時 - 2013-09-30 17:06:55

ANo.6

どうぞ。肉体を解放なさって、いずれはサイボーグになってください。

温泉でも入って、酒池肉林、極上のSEXで極楽、極楽ってほうがいい。

投稿日時 - 2013-09-30 03:20:49

お礼

人間には「快」があっても、それと引換に「苦」があります。
五感の上でのそれがなくとも、朝の光を心地よく思ったり、オーロラを美しく感じたりする事は出来ます。
大きな快感があって大きな苦痛がある人生より、それを断ち切った味気ない人生の方が、まだ安心出来ますから。
回答有難うございました。

投稿日時 - 2013-09-30 17:09:32

ANo.5

自己修復できないサイボーグより、自己修復できる肉体と、継続によって自己保全できる遺伝子のほうが圧巻の作品だと思われます。
それゆえ、

> 「肉体からの解放」こそが本当の意味での安息が得られる鍵

と考えるよりも「老化からの解放」と「病や死からの開放」として、
人類は、アンチエイジング医療や遺伝子医療、そしてクローン技術の方へ向かうのでしょう。

投稿日時 - 2013-09-29 22:38:58

お礼

より現実的に考えればそうでしょうね。
ちょっと理屈が飛躍し過ぎました。
(脳以外の)肉体を失う事は、死に匹敵するくらい恐ろしい事です。
自己同一性がどうあれ、誰彼自身の肉体に執着があるのです。
アンチエイジングも良いと思いますが、僕に取っては、今の肉体で若いままでも、そんなに魅力を感じません。

投稿日時 - 2013-09-30 17:12:34

非常におもしろい質問なので、付き合いましょう(ニコニコ)。


☆それは肉体を得たが故の悲劇ですが、人間がサイボーグの身体だったら、こうした柵は打破出来るのでしょうか?
◇脳も機械仕掛けなのでしょうか。脳もコンピュータや人工知能などに置き換えるんですか。
であるとしたら、それを人間と呼ぶことができるのか、疑問です。
もし、それを人間と呼ぶことができたとしても、コンピュータやCPUなどによって性能の差が生じ、結果、不平等が生じます。
脳をコンピュータに置き換えないとするならば、感情が発生します。そうなれば、自身の機械仕掛けの身体の新旧、美醜、性能の差などによる劣等感が発生するのではないですか。その不平等感や劣等感を消し去るために、絶えることのない機械仕掛けの体の取り替えになったりしませんか。そのため、レアメタルやレアアースなどを求める奪い合いが発生するかもしれません。
わたしには、決して、幸せな未来が待っている、とは思えないのですが。。。
むしろ、取り替えのきかない肉体を捨て去り、機械の体を手に入れた方が、人は不幸な状況に陥るように思えてなりません。



☆容姿・性別のみならず、エヴァのような高性能の身体を手に入れる事だって出来ます。
◇エヴァは、外殻は装甲に被われていますけれども、その中身は生体なのではないですか。
エヴァや使徒は、生き物、生命体ではなかったでしたっけ。
違いましたっけ?
勘違いしていたらゴメンなさいなのですが、
エヴァはサイボーグとは呼べないのではないでしょうか。
謎の装甲生命体と呼ぶべきなのではないでしょうか。



ではでは。

投稿日時 - 2013-09-29 21:44:09

お礼

訂正頂き有難うございます。
物理的に脳を失う事は、死んだ事に等しいので、脳だけは生身ということで。
人格を司る部分以外なら、自由に改造しても良い事でしょうけど。

ロボット戦争を想定するのも面白い回答だと思いました。
しかし更に言えば、「負の感情を意図的に捨て去る」ということも可能な筈です。
果たしてそれは人間と言えるのかは分かりませんが。
もし戦争になったとしても、ホッブズやルソーのような思想家が現れ、秩序を授けるのではと思います。
回答有難うございます。

投稿日時 - 2013-09-30 17:20:05

ANo.3

 
エネルギーではなく、テコで切ってアチチと言いながら味わい、ビールを咽に流し込む感触を楽しみたいんだよ
 

投稿日時 - 2013-09-29 21:42:45

ANo.2

残念ながらニンゲンは「他人より高い位置に居たい」という原理で動いています。
よって、意識体になっても、その本能がある限り争いは起きるでしょう。

SFにおいては「すべてが混ざり合い、唯一の意識となり、他人と自分という境がなくなる」という手段で解決していますが、そうしたらしたで、今度は唯一体が「他者」と求めるという、どうしようもない事態になるようです。

ですので、「他人より高い位置に居たい」という意識を持たない別種の生命体を作り出し、後を託すしかないですね。

投稿日時 - 2013-09-29 21:40:58

ANo.1

 
肉体を捨てたらお好み焼きが食べられなくなうからイヤ
 

投稿日時 - 2013-09-29 20:58:50

お礼

消化器官を残し、電気と食べ物の両方でエネルギーを賄えるようにすればいいでしょうか…。
回答有難うございました。

投稿日時 - 2013-09-29 21:08:18

あなたにオススメの質問