みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本の立場

現在、仮装敵国とすれば、中国・ロシア・北朝鮮・韓国そしてアメリカでしょうか。
なぜ、アメリカもと言うと、日本国内にアメリカの軍事基地(拠点)が点在し、日本全国に原子力発電所(核爆弾)が常時設備されています。日本が独立国として責任を果たせなくなったとき、アメリカは日本を60年前の占領下に戻すのでしょうか。又、
中国と最新装備を備え精強隊員が居る自衛隊が戦争すれば、初戦は大勝利するでしょう。しかし、
中国の古い装備でも物量・兵士の多さで、大波のように何度も襲いかかれば、自衛隊の装備・弾薬・隊員が不足し、補充するのに年数がかかりその予算もありません。2回戦は押し切られるでしょう。
戦争は、世界台1位の技術者・有識者・国民の今の生活全てを失います。着る物も無く・食べる物も無く・住む所も無く・そんな家族の生活は望みません。
政治家は、アメリカの条件を受け入れつつ、日本を守っていただくしか無いのでは、皆さんどう思いますでしょうか。

投稿日時 - 2013-09-25 17:09:09

QNo.8279363

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

”現在、仮装敵国とすれば、中国・ロシア・北朝鮮・韓国そしてアメリカでしょうか。”
     ↑
外国は総て仮想敵国です。

”日本が独立国として責任を果たせなくなったとき、アメリカは日本を
 60年前の占領下に戻すのでしょうか”
    ↑
それが米国の利益になればそうするでしょう。
米国が中国と対立して、前哨基地としての
日本に価値を見いだせばそうするかも知れません。
逆に、中国と仲良くなれば、放置するでしょう。

”中国と最新装備を備え精強隊員が居る自衛隊が戦争すれば、初戦は大勝利するでしょう”
    ↑
中国は核武装大国ですよ。
どうして核を無視するのでしょうか。
習近平さんは、主席になる前に次のようなセリフを吐いています。
「日本など、核で脅せば一発だ」

”その予算もありません”
   ↑
戦争に負ければ、食べるものもなくなると認識して
いるのに、予算が無いですか?

”政治家は、アメリカの条件を受け入れつつ、日本を守っていただくしか無いのでは”
    ↑
かつて米国は、中国と手を組んで、国連から
台湾を追い出した前科があります。
米国の条件を受け入れても、裏切られる時には
裏切られます。
だから、外国は総て仮想敵国だというのです。

中国の侵略を防ぐには、核武装が最も効果的です。
そうは思いませんか。
米国と手を結びつつ、米国の裏切りにも対処する
必要があります。
国際関係というものはそういうものです。
弱肉強食の世界です。

投稿日時 - 2013-09-25 18:14:51

お礼

貴重な御意見ありがとうございました。想定外にならないことを祈っています。

投稿日時 - 2013-09-28 17:14:42

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

何でもいいけど、中国、韓国、ロシア、北朝鮮、イスラム国家、アフリカ大陸をなくせば、世界は平和になるんだよ。
これがまごうことなき真理だ。

投稿日時 - 2013-09-26 10:16:00

お礼

ありがとうございます。どうやって無くせば良いのでしょうか。
方法が解りません。

投稿日時 - 2013-09-29 15:55:11

ANo.6

『 実は、これは個人にではなく、全体としての人類にとてもよく当てはまる記述なのです。人類は何かの選択を迫られるたびに、自分たちを輪廻のサイクルに逆戻りさせる悪魔たちに抵抗しなければなりません。ここでいう「悪魔たち」とは、人間同士の攻撃心や、周りの自然環境を破壊する心です。また、「覚醒による喜悦の境地」というのは、科学が人々に奉仕する文明の黄金期のことで、科学的な方法で目の不自由な人にも物が見え、耳の不自由な人にも音が聞こえるという、地球上の楽園を意味します。
 悪魔たちのことをよく用心していないと、輪廻のサイクルに逆戻りし、原始の状態から再び出発して、苦しみに満ちた敵意のある世界において、より発達した社会に向けてゆっくりと発展していかなければならないのです。  ~
 これまでの何千というコンタクトによって、自分たちの惑星系から脱出できるほどの人々は、例外なく平和を好むという宇宙の絶対法則が実証されてきました。
 自分たちの太陽系から脱出できるということは、とりもなおさず、その人々が、太陽系脱出旅行にも、また取り返しのつかない破壊をもたらす攻撃兵器の生産にも利用できる、決定的なエネルギー源を発見し、しかも、自らの攻撃性を制御できないことに起因する「進歩から破壊へのサイクル」からは、すでに脱却してしまったことを意味しているからです。  ~
 自分たちの破壊の原因となる兵器を蓄積する時、いつも「抑止力」という、もっともらしいことが言われますが、各国が誰か(誰なのかが実際上、決して分らない誰か)の攻撃を抑止しようとした場合、その「抑止力」が何かの拍子に侵略力に変わり、全世界の命取りにもなりかねない危険がいつも付きまとっています。
 人間は過去を元にして未来を考えます。しかし、これは間違いです。過去は笑い飛ばすべきものであり、現在を過去の上に築くのではなく、未来のために現在を築き上げなければなりません。先進国の人々が、未来のために現在を築き上げなければなりません。先進国の人々が、原始そのものの状態をいくらかでも脱却してから、まだわずか三十年しか経っていないことを、あなたはよく理解する必要があります。あなたがたは、ようやく原始状態から抜け出し始めたばかりです。地球上では何百万という人々がいまだに原始状態に留まり、空に何かを見るときには、必ずそこに〝神〟の表れを見るといった有り様です。それに、経済的に遅れている国々では大抵、神を信じる宗教の影響力がとても強いことはご存知ですよね。
 過去の宗教や年寄りを無条件に崇めるのではなく、知性こそを崇拝すべきです。それと同時に、年寄りたちが確実に快適な人生を過ごせるようにしてあげて下さい。遠い祖先を尊敬すべきではありません。
それどころか、祖先たちは、自分自身の心を宇宙に向けて開けない、哀れな、視野の狭い原始人に過ぎなかったこと、また、世代から世代へと価値のあるものをほとんど何も伝えることができなかった、ということの例示とされなければならないのです)  ラエル著 仏教  』
 ____________
 当時は気にも掛けず、知りもしませんでしたが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%82%89%E7%88%86%E6%92%83%E4%BA%8B%E4%BB%B6#.E3.83.90.E3.83.93.E3.83.AD.E3.83.B3.E4.BD.9C.E6.88.A6    ( イラク原子炉爆撃事件 )
http://freett.com/osirakoption/snapshot.html
のような事件もあったようですが、日本には55基もあり、戦争思考回路では到底採算の採れる次元ではない、当の昔にそう決しているのではないでしょうか。
 上記に『「抑止力」という、もっともらしいことが~』とありますが、まさにその様そう宛らと見える。
よって、世界と日本は『科学が人々に奉仕する文明』を徹底追及しなければならないのではないでしょうか。
『人間同士の攻撃心や、周りの自然環境を破壊する心 = 悪魔たち』、それらの心を滅する心、それが重大事となるのではないでしょうか。
おのずと平和と協調、生活の安定、進歩、それらは付いて来るのではないでしょうか。
自然災害等の有事が起こってからのこのこ出てくる自衛隊も、柔軟な思考へと転換されることではないでしょうか? 悪魔ごっこは所詮暴発するということでは?

投稿日時 - 2013-09-26 07:52:03

お礼

詳しい説明ありがとうございました。日本は待ち受け状態です。
攻められるまで何も出来ません。いま日本を欲しいのは中国と韓国とロシアではないかと思います。

投稿日時 - 2013-09-29 15:52:25

ANo.5

いつまでも、占領状態が続くならローマ帝国は今も存在しているはずです。
歴史の実証値から推測するに、自然に法治社会に移行していくはずです。

世界もバカじゃありませんから、どんどん対応してきます。わがままが通用しつづけるはずがありません。

投稿日時 - 2013-09-26 03:18:57

補足

想定外ではありますが、何が起きてもおかしくない世の中です。想定内にするかしないかは、政治家の方の仕事では無いのでしょうか。

投稿日時 - 2013-09-28 11:17:12

お礼

古い時代に起きた事の繰り返しは、無い方がいい。
震災の様に想定外と言うより想定内にするのも必要
です。御意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-02 14:54:05

ANo.4

質問者様のプロフィールを見ました。
それなりの見識のある筈の年齢の方とは思えないような幼稚な文章ですね。


1:>なぜ、アメリカもと言うと、日本国内にアメリカの軍事基地(拠点)が点在し、日本全国に原子力発電所(核爆弾)が常時設備されています。
2:>日本が独立国として責任を果たせなくなったとき、アメリカは日本を60年前の占領下に戻すのでしょうか。

1と2の関係が不明。
更に、原発(=ウランの存在)=核爆弾 というのは、無知な人がよく陥る誤解です。
国連には未だに敵国条項が残っているので、【日本が独立国として責任を果たせなくなったとき】は、他の紛争地帯同様に、国連の管理下に置かれ、アメリカを含む多国籍の軍隊が駐屯すると思います。
日 本 が 独 立 国 と し て 責 任 を 果 た せ な く な っ た と き は。


3:>中国と最新装備を備え精強隊員が居る自衛隊が戦争すれば、初戦は大勝利するでしょう。
4:>しかし、中国の古い装備でも物量・兵士の多さで、大波のように何度も襲いかかれば、自衛隊の装備・弾薬・隊員が不足し、補充するのに年数がかかりその予算もありません。2回戦は押し切られるでしょう。

3は同意します。
しかし、4の事態が必ず起るとは思いません。
まず、中国に、【大波のように何度も襲いかかる能力】があるのでしょうか。
そもそも、現在の中国は、すべての周辺国と問題を起している為に、陸軍が多く、海軍の装備や人員は多くありません。
それに、日米安保により、アメリカが介入してきますので、質問者様が考えるような自体が起らないと思います。

それとも、3、4は【日本が独立国として責任を果たせなくなった状態】のときに中国が責めてきた時の事を言っているのでしょうか。
だとしたら、前述の国連管理下orアメリカの占領下の日本に戦争を仕掛けている事になるはずですが。


5:>戦争は、世界台1位の技術者・有識者・国民の今の生活全てを失います。
6:>着る物も無く・食べる物も無く・住む所も無く・そんな家族の生活は望みません。

5は無知な人がよく思いつく「戦争」のイメージですね。
戦争=国土の全てが戦場 ではありません。
戦場が海上や海岸線(上陸の阻止)だけなら、6のような大規模な難民が発生しません。
そもそも、後方にいて保護されいるはずの、技術者・有識者まで失う状態とは、どのような場合でしょうか。
それとも、これも
【大波のように何度も襲いかかる能力】のある中国が【日本が独立国として責任を果たせなくなったとき】に責めてきた時の事について仰っているのでしょうか。

私には、実現可能性の薄い(ほぼゼロ)の事についての語る事に意味があるとは思えません。


7:>政治家は、アメリカの条件を受け入れつつ、日本を守っていただくしか無いのでは、皆さんどう思いますでしょうか。

文法的におかしい部分があるので、主旨が理解できません。
だれに「日本を守っていただく」のでしょうか。
何について、どう思うのでしょうか。(前の文章が文法的に完結していないので意味が理解できません)

私は、将来的には自衛隊(自衛軍?)の装備はもっと充実させ、防衛力を高めることは必要だとは思っています。
しかし、アジアからアメリカの影響力が消えるのは危険であり、それについては協力していくことが必要だと居もいます。
その為には、ある程度の条件の受け入れは必要だと思っていますが、それを相手の言いなりになる事とは思っていません。

投稿日時 - 2013-09-25 18:25:48

お礼

人それぞれ想定してみてください。決まった想定は有りません。
あなたの考えそのものが想定で戦略です。他の人が違う想定を
考えればそれも想定外ではありません。私の文が解らないのも
想定内です。いろいろな御意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-02 14:50:27

ANo.2

>>◇政治家には、アメリカの条件を受け入れつつ、日本を守って
   いただくしか無いのでは・・・。

基本的には、同意です。
当面、日本の国防は、アメリカとの緊密な連携なしでは成り立ちません。
その際、一定の譲歩は、仕方ないでしょう。
しかし、それでも、日本は、主権国家として、言うべきことは言い、要求するべきことは要求していくことも、必要です。
その辺の兼ね合いは、慎重にするべきですね。

投稿日時 - 2013-09-25 18:01:27

お礼

ありがとうございます。
今の政治を見ているとアメリカの言いなり
としか見えてきません。自国を安定させな
いで外国に目を向けるのは私のような素人
でも駄目だと感じます。

投稿日時 - 2013-11-02 14:58:56

ANo.1

>日本が独立国として責任を果たせなくなったとき、アメリカは日本を60年前の占領下に戻すのでしょうか。

アメリカは、今さらそんな得にもならないことはやりません。昭和20年8月15日にそれをやったのは、彼らの戦争の後始末です。後始末が済んだらさっさと出ていきました。金がかかってどうしようもないからです。守る気もないのに基地だけ置かせています。

>中国と最新装備を備え精強隊員が居る自衛隊が戦争すれば、

同じく、そんな何の得にもならない戦争を日本がするはずがありません。日本人はそれほど馬鹿ではありません。70年前にそれをやったのは、貧乏な後進国日本の生命線だった満州国に支那がちょっかい出したからです。言うなれば自衛戦争です。今のような金持ち日本は、やがて破綻することが見えている中国にちょっかいを出す理由も必然性もありません。

ご心配には及びません。日本は要らざる戦争などしないで、アメリカの庇護を求めることもしないでも、立派にやっていけます。唯一の懸念材料、玉に瑕は憲法9条です。これがある限り、日本の国家安全保障は砂上の楼閣です。一刻も早く改正(撤廃)しましょう。

投稿日時 - 2013-09-25 17:43:06

お礼

ありがとうございました。安心して前向きに、定年後の人生を楽しんで行きます。

投稿日時 - 2013-09-25 17:54:20

あなたにオススメの質問