みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日本のIT産業が世界で全く競争力が無い原因は何?

サーバーのOS、PCのOS、スマフォ・タブレットのOS、
Webサーバー、アプリケーションサーバー、DBサーバー、
IDE、ソースコードの実装言語、デスクトップ環境、
Webブラウザ、メールサーバー・クライアント、ネットワーク、
オフィススイート、テキストエディタ、PDFの閲覧・編集・作成、
画像・動画・音声の編集・加工・変換・作成、
ドライブ・ファイル・ディレクトリの圧縮・復元・暗号化・複合化
ウイルス・スパイウェア対策、ファーアーウォール、
ERP、SCM、CRM、CMS、業務アプリケーション、Webアプリケーションなど、
ITのあらゆる分野のソフト・サービス・標準・規格に関して、
日本の企業・団体・個人が開発・供給していますが、
日本国内では大きなシェアや、競争力を維持できる程度のシェアがあっても、
世界的なシェアはゼロに近いか、競争力を維持できる程度のシェアがない、
または、日本国内ですらもシェアはゼロに近い、
日本国内でも競争力を維持できる程度のシェアがないという状況です。

アメリカと比較して競争力が全くないのはもちろん、
イギリス、フランス、ドイツ、フィンランド、スウェーデン、
ノルウェー、チェコ、イスラエルと比較しても競争力が無い、
インド、中国、香港、台湾、韓国と比較しても競争力が無い、
日本発で世界で通用する、世界に広く普及した、
ソフト・サービス・標準・規格は皆無という状況です。

最近は世界市場でのシェアや競争力が没落した産業も多いとはいえ、
世界で通用する競争力が高い産業もあり、教育水準も経済力も高いのに、
IT分野だけこのような惨状なのはなぜでしょうか。

日本のIT産業も石炭のように、国際競争力の比較劣位から、
国内で生産するより輸入したほうが合理的という理由で、
日本から消滅するのでしょうか。

投稿日時 - 2013-09-03 03:20:20

QNo.8247395

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(13)

ANo.13

技術と経済理念の乖離があります。
IT分野に限らず、日本人が世界に先駆けて開発、発見した技術は沢山あると思いますが、開発時点で特許を申請せず、その技術目を付けた外国メーカーに先に特許登録されて痛い目に遭っているのではと思います。
一太郎はパソコンで文章作成するソフトですが、今ではMSワードに席巻されている
iモードは携帯電話でインターネットができるシステムですが、今ではiフォーンに席巻されている
といった具合で、折角開発したシステムが日本国内で商売できればいいといった考えに基づいているからではないのかと思います。

また、ノーベル賞を受賞した科学者が、「特許は取っていませんので(知識・技術を)自由に使って下さい」などとスピーチしているのを聞いたことがありますが、ノーベル賞を受賞するまでの過程で、日本の義務教育を受けて更に高校大学に進んでいると思いますが、それまでに国民の税金がどれくらい投じられているのかということを理解しているのかと思わざるを得ません。
確かにノーベル賞を受賞するためには本人の並々ならぬ努力があったことは理解しますが、それも「日本国、日本人」の目に見えないサポートがあったからに他ならず、少なくともその成果を名声のみではなく、国内企業に特許権を与えるなどして経済的にも国内に還元することもあっていいのではないかと思う次第です。

今後のクールジャパンの政策、教育改革に期待したいところです。

投稿日時 - 2013-09-07 09:21:58

ANo.12

他の分野は何でも一流レベルになるのに、ITだけはどうやっても駄目。世界の七不思議です。昔から経済省や学者や評論家か、なぜそうなのかさんざん議論してきましたが、誰も的確な答えを見つけ出せていません。LINE見たいな韓国製、Facebook、Twitterの猿まねSNSを、何の疑問もなく有り難がっている。韓国製だとも気がつかずに。

いろいろ考えてきましたが、結論は日本人にITは向いていないと言うことです。そうとしか考えられない。例えば陸上短距離は白人はどうやっても黒人に勝てない。オリンピックでは黒人選手だけが走っている。あれと同じです。
なぜそうなるのか考えると、ITはすべてが個人プレイです。あなたが例に挙げられたものも、最初はすべて個人が生み出して、それを後でブラッシュアップしたものです。自動車や家電製品のように、最初から大勢で作ったものは一つもありません。ITはそう言うやり方はまったく向いていません。日本人は個人プレイが苦手なのです。あいつは変わり者だと後ろ指指されて、一人でコツコツが出来ないのです。みんなと一緒にしかできないのです。ビルゲイツやスティーブジョブズのような子供がいたら、寄ってたかって潰してしまうのです。日本社会がそう言うITには向かない体質なのです。

日本のIT産業はすでに事実上消滅しています。外国製品と技術の輸入国になっているのです。IT企業は事実上輸入商社です。貿易統計で見れば、大幅赤字です。もう諦めて、ほかの産業で頑張りましょう。

投稿日時 - 2013-09-04 16:00:38

ANo.11

日本人ってとにかく卑屈なんだよね。

携帯市場での「ガラケー」なんて呼び名がその典型じゃない。
漫画とかアニメとかも海外で認められるようになってから日本の文化みたいな言われ方してるけど、少し前まで漫画とかアニメって無意味に批判の対象になっていたしね。
結局、日本のインテリ層が原因なのか、いわゆる"世間"っていうのが原因なのか、日本の大人というのが原因なのか、とにかく日本人は日本国内から生まれてくる新しいものが嫌いなんだよね。で「新しいものは海外から」「海外からのものはいいモノ」だって考えの知識層が多くて、そういう権威の上に乗っかりたがる。
で、逆に日本国内から創出されるものを無駄な知識をヒケラカシながら批判ばかりするんだよね。
ネットサービスなんかでも、Youtubeがやると合法でニコニコ動画がやると犯罪って感じで、ニコニコ動画なんて完全なクローズドなサービスになっちゃったもんね。昨今の2ちゃんねる潰しとかも同じようなものだよね。

IT産業だけの問題じゃなくて、日本が創出する技術なりサービスなり製品なりを楽しんで褒めて拡大させてく力が日本にはないんだよね。権威にしがみつきたがる人が多すぎて、どれだけ漢字を多く知ってるかみたいなバカなことに権威があったりして、また同種のバカなことにも力を注いで、資格をいっぱい持っていればいいみたいなことも国が後押ししてやっている。

IT産業という新産業も、もうじき成熟産業入りする時期だからもうITでどうこうしてもほとんど意味ないけど、IT産業の失敗をカテに次の時代では同じ轍を踏まないよう立場ある人には新産業のために尽力していただきたいものですね。

投稿日時 - 2013-09-03 23:47:44

ANo.10

負け癖が付いてるんです。

自分からは一切何も使用とせず、ただ勝者の特徴を捉えてやたらと賛美して媚びへつらって縋り付いておこぼれに与ろうとするばかりとなり、同時に自分より格下と見た相手に自分への媚びへつらいを求める。NO8なんかがその典型で、そういう組織の中でどうしょうもない人間になっていながら何にも気が付けない。

投稿日時 - 2013-09-03 21:32:01

ANo.9

強いて言えば、
デジカメ。インクジェットプリンタ。 があるでしょう。忘れてましたか?
キャノン、エプソン、これは世界最強です、中国でさえ真似ができないですね。

それ以外、特に携帯スマホなどという世界最薄最軽量みたいな小手先の器用さを発揮する製造物にかんして、世界から撤退してるのはともかく、国内からも撤退なんて言ってるんだから、モノづくりにっぽんどこイッた!と思います。
部品作って世界と勝負なんてできないです。工員さんでさえ車乗ってる国なんだから。


天才がいないから。
全体の教育水準が高くても、一人の天才の発想にかなわない。
スティーブジョブスだったり、宮崎駿だったり、「この人がいなければ、この文化は存在しなかった」 という天才がいるものですね。
日本は他人優先お先にどうぞ、みんなで一緒に。の文化でしょう。
概ね頭が良くても尖った天才の発想が出てきにくいのではないでしょうか?
ココシャネルはこう言いました。「他の人のヤラないことをやりなさい」

投稿日時 - 2013-09-03 18:14:57

ANo.8

アプリケーションソフトについては、英語の壁だと思っています。
単に言語だけでなく、発想の違いです。
例えば、日本では、「金がない」と言います。
でも、英語の一般的な表現は、I have no money. です。
この発想の違いが、ソフトの使い勝手の発想の違いになっていると
思います。

OSについては、米国独占状態ですから、
日本だけが劣っているわけではない。

じゃあ、日本のIT産業は、めちゃくちゃかというと、
決してそんなことはない。

ハードは、ソフトがなければただの箱。
と言う言葉が昔あって、ソフトの重要性が言われました。
同じように、いくらソフトがあっても、ハードなければ、
ただの妄想です。
そのハードも海外に負けている……

でも、日本が圧倒的シェアを持っている分野があります。
それが、マザーマシンと呼ばれている分野。
つまり、ハードを作る機械です。
だから、マザーマシンと呼ばれる。
日本語で言えば、工作機械。

パソコンもスマホも、海外が優勢ですが、
彼らの工場で動いている機械は、日本製ということ。

これからも、マザーマシンでは頑張っていただきたい。
と、同時に、ソフトでも、もう少し、何とかしてほしいものだ。

投稿日時 - 2013-09-03 17:59:13

自民党が土建屋ばかり優遇してきたからでしょう。技術者には冷たい国家なので当然の結果です。

投稿日時 - 2013-09-03 10:55:40

ANo.6

1980年台後半からのアメリカの日本潰しの成果 & バブル崩壊後から始まったデフレ経済の長期化が原因ですね。

1980年台にはそれまで世に存在しなかった”パソコン”をNECなどが販売し始めたり、これからの時代OS部分は無料で共用されるべきとトロンOSが公開されたり、教育機関向けに本格的にそれらの導入が始まったりと車や家電だけでなくコンピュータ分野でも日本は発展を遂げていました。
しかしそこに米国は大きな危機感を持ちました。他分野でも日米貿易摩擦として多くの米国の不条理な要求が続けられ、輸出自主規制(自由貿易を世界へ唱え続けて来た米国のメンツを保つため、日本側が「自主的」に輸出数量、価格などを制限する体裁を取る)、米国での販売には一定のの生産を義務化するなど様々な米国優位の規制が行われるようになりました。またトロン潰しなどによってトロンOSだけでなくトロンプロジェクトに関わる多くの企業へも米国からの圧力がかかり、日本関連企業によるパーソナルコンピュータ事業は事実上解体に追い込まれました。
更にはソ連崩壊後の東西冷戦終結によりアメリカではCIAをはじめとする多くの工作関連人員が余剰状態となり、そこで出てきたのが経済”戦争”と仮定しての米国工作員の産業スパイ化でした。特にこの時期日本は格好の標的とされたそうです。その後も日米年次改革要望書などを始め様々な米国優位のルール作り法整備が行われました。

そして日本経済のバブル崩壊によるデフレ経済が長期に渡って続いたことなども大きな要因です。日本企業の大多数はデフレ経済の中で生き残りのために最大限生産性を上げるためにと、財務の健全化、投資の最小化、事業の縮小などのリストラを再優先に行い続け、結果投資は縮小を続けIT分野でも例外なく最小限の投資しか行われませんでした。

その結果、日本のIT企業はまるで駄目なのです。大きなIT事業はアメリカのもの、その横で小銭を稼ぐ日本のIT企業 という改革が徹底され、米国はITという新産業の旨みを存分に味わうことになりました。

投稿日時 - 2013-09-03 10:14:11

ANo.5

馬鹿みたいに単純な自由化政策ばかりを行ったから。

投稿日時 - 2013-09-03 10:01:32

ANo.4

IT分野のソフト・サービス・標準・規格については、政治力の影響が特に大きく、日本は、政治力が弱いからだと思われます。
(例:孫正義が通産省や文部省に働きかけて、アメリカ製ソフトの導入をゴリ押し)
http://ja.wikipedia.org/wiki/BTRON#.E9.80.9A.E5.95.86.E5.95.8F.E9.A1.8C

政治力を高め、消滅前に復活させてほしいです。

投稿日時 - 2013-09-03 09:54:10

>IT分野だけこのような惨状なのはなぜでしょうか。

ITはデジタルの世界ですから、匠の技が発揮される余地がなく、「誰がやっても同じ」結果になるからです。
「誰がやっても同じ」ならインド人とか中国人に(ローコストで)やってもらうのが正しい。


>日本のIT産業も石炭のように、国際競争力の比較劣位から、国内で生産するより輸入したほうが合理的という理由で、日本から消滅するのでしょうか。

はい。
日本から消滅します。

特に、クラウドといって、処理設備がどこにあるか気にしなくてよい方法が主流になると、日本のIT産業の衰退が加速され、消滅が早まります。

日本人は、匠の技で世界をリードできる分野に注力するのが賢明と思います。
日本刀の刀鍛冶の技は、”誰にもまねできない領域”にまで磨かれ、太刀が一振り300万円で取引されます。

投稿日時 - 2013-09-03 09:13:04

ANo.2

世界で売らないのは「日本人向け」だからです。

わざわざ英語圏のプラットホームに進出しなくても、国内需要で生きていけるから海外で売らないのです。

投稿日時 - 2013-09-03 07:15:47

ANo.1

 日本はハードが強く、ソフトが弱いという体質があります。

 とりあえず、高度な機械を作ってから、これを何かに使えないかと考えます。
 一方、海外(主にアメリカ)は、まずビジョンがあって、これをどうにかして実現できないか…という所からスタートします。

 結果、日本はメーカー主体でユーザー無視の、使わない機能てんこ盛りの、ナゾの高度な家電が生まれ、海外製はシンプルだけど、ユーザーの用途に絞った安い家電が生まれます。

 今は安くてシンプルなモノが人気ですから、結果的に機能を絞った安い海外製品が売れるという事かと。

 ----------
 OSとかに関しては、完全に営業やマーケティングで負けてるという感じですね。
 中国、韓国、台湾は基本模倣して安く売ってるだけなので、今後は東南アジアにシェアを食われると思いますが、アメリカは政治力でルール(フォーマット)を作ってしまいますから、アメリカのやり方には勝てないでしょう。

 日本はデザインやビジョンをヨーロッパやアメリカに任せて、大人しく下請けでハードやソフトを作るのが吉だと思います。現にギャラクシーやiphoneの部品の大半は日本製という話もありますし。。。

投稿日時 - 2013-09-03 04:05:35

あなたにオススメの質問