こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

熟年離婚の後悔で潰れそうです

初めまして、還暦を大分過ぎた女性です。ご意見やお叱りを頂戴したくてこちらへ伺いました。長文になりますが、よろしくお願いいたします。

40代後半に専業主婦で一生を過ごすのが嫌になり、時間を掛けた準備の後で夫に突然、離婚を申し出ました。振り返れば、話題になっていた熟年離婚や婚外恋愛に強く影響されていたと思います。
夫は私の気持ちを理解して、別居して好きな様に生活してはどうかとまで言ってくれましたが、自由になりたいの一心で最終的には夫も折れました。
夫の意見に耳を貸さず、急いだのは既に好きな男性がいて、早く一緒に暮らし初めたいこともありました。
夫は私の隠し事に気づいていたのかもしれませんが、それに触れることもなく、円満な協議離婚、資産も期待以上に分与し、又、別れ際に幸せに暮らせと言った言葉が後になって思い出されました。
離婚後は将来に備えて続けてきた仕事が急に勢いを失い、2年目には経営的に窮地に陥りましたが、何とか危機を脱しました。その時、事情を知る人から、元夫が心配して、暗にサポートしてくれていたことを後になって知らされました。その時は、婚姻時代には夫の知恵、コネ、信用が後ろ盾があったことに気づきませんでした。
その窮状を脱して間も無く相手の男性と再婚しましたが、一緒に生活を始めると、余りにも見掛け倒しが多く、信じられない事も出て、2年も経たずに離婚しました。
仕事の方も再婚の翌年に、再度の危機を迎え、終わってしまいましたし、最初の離婚後に元夫からの分与資産の大半を後夫に注ぎ込んでしまいました。

どうにもならなくなってから、元夫のいう事を聞いておけば良かったと思い返し、謝罪と復縁をお願いに元夫を訪ねたところ、元夫は〈 ずっと戻って来るのを待っていたが、遅すぎた。再婚をした時点で復縁も支援も無くなった。既に、再婚を約束した人が居る〉と辛そうな表情で言い、今度こそは幸せになって欲しいといい、後で家にかなりの額面の小切手を送ってくれました。

失ったからではなく、元夫の大きさ、本当の優しさ、男らしさを改めて痛感しておりますが、そんな滅多に出会えない人を小さく、愚かな考えで失ったのか悔やまれてなりません。
一概には言えないでしょうが、熟年離婚なんて、どちらかが虐げられているような場合以外には、一時の不満解消にしかならないのではないかと悔むばかりの日々です。それは身勝手で相手を深く傷つけるからだと今は分かりました。
それにしても、これから、独りで貧しく年老いて行くことを悩みますが、どう生きれば良いのでしょうか。

投稿日時 - 2013-08-28 01:29:28

QNo.8238791

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

68人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(44)

ANo.47

そんなことはないです。

わたしのわかれた相方女は実際両親をみてうまくやています。

おんなはわかれると肝がすわるというかすごいものをもっています。


おとこであるわたしが感心するほどです。気をいれてがんばってください。

投稿日時 - 2014-07-07 09:04:13

ANo.46

私もあなたと同じぐらいの年齢です。
 
私も離婚したいと思ったことは数知れずありましたよ。
でも私は子供もいたし、不満だらけの夫との生活でしたが
私と子供のために、毎日働いてくれて給料を使えとくれるのは、世界中で夫だけだと思って我慢してきました。

私はわかれないことを選択して、貴方は別れることを選んだというだけのことです。
貴方が別れた後、再婚した男性と幸せになったればここに相談はしてないと思います。
人生はわからないものです。あなたは幸せになれると思って離婚し再婚したけどダメだった。
仕方ないじゃないですか。
貴方の読みが浅はかだったと、非難するのは簡単ですが、人生ってそんなものですよ。
予想のつかない展開になることはありますよ。

今はとても寂しいから、後悔してるのでしょうが、もう仕方ないですよ。
誰もが一人寂しく年老いていくのですよ。
私には夫も子もいて家も財産もありますが、やがて夫を亡くし、そうすると子供の態度も私に対して変って来るはずです。

私は寂しい一人暮らしになります。
そして私が子供の重荷になっていき、更に年を取ると嫌われる。
そんな私を守ってくれるのはお金だけです。
お金が無くなれば、本当に寂しいものです。
私は80才ぐらいになった時の話をしているんですがね。

子や孫に囲まれて楽しい老後の人もいますが、寂しい人が大半だと思います、

私は私の母やその友達などを見てて、年を取ると寂しく悲しいことがたくさんあると思いました。
そうして、死んでいくんだと思います。
、大繁盛の老人介護施設もその表れですよね。

貴方も今を生きて行きましょうよ。
寂しいでしょうが、後悔するでしょうが、仕方ないじゃありませんか。
今の人生の結果があなたの自業自得という人もいるでしょうが、人生は先が分からないのですよ。
誰だって迷い判断の結果が想定外のことはありますよ。

とにかく楽しみをを見つけて生きて行きましょうよ。
楽しいこともきっとあるはずです。
頑張って!!

投稿日時 - 2014-07-06 07:32:11

ANo.45

ただの世間知らずのおばさんですね(笑)
まさに後の後悔先に立たず。
因果応報ですね。
今まで過ごしてきた人生に悔い改めながら
残り少ない人生細々とお過ごしください。

投稿日時 - 2014-06-23 06:17:31

ANo.44

ご自身が書いてるように「孤独」で「貧しい」老後を生きる
それだけですよ

世間の熟年離婚された男性の大多数が「ざまーねえなー、このばばー」と
思ってるでしょうね

投稿日時 - 2014-06-22 22:38:38

ANo.43

すべては不倫をしたあなたの責任
一生後悔しながら生きればいい

あなたの元夫のような器量のでかい男などそうそういないでしょう
40まで専業やってた女が仕事で成功収めるなんてほとんどあるわけがない

一人で貧しく年老いていくか身売りでもしてください
得意でしょ?w

投稿日時 - 2014-05-01 00:24:56

ANo.42

>夫に突然、離婚を申し出ました。振り返れば、話題になっていた熟年離婚や婚外恋愛に強く影響されていたと思います。

あまりにも、軽はずみであきれてしまいます。

40代後半の人妻を、まともな男性が相手にする訳ないでしょう。


2度と元夫には迷惑をかけず、元夫が再婚して幸せになれるように配慮してあげましょう。

そうすることでしか、あなたの罪は消えませんよ。


できれば、残りの人生、人の為に生きて欲しいです。

もちろん、ちゃんと仕事をして、周りの人に親切にして、それだけを心がけていれば、また良いこともあると思いますよ。

投稿日時 - 2014-03-02 16:09:38

ANo.41

あの・・・性格に問題があるのか、人格に問題があるのか非常に難しいです。

私の経験値では、美人な女性にたまにいるタイプの方です。
外見的に美人な女性は、それだけでチヤホヤされる側面があり、
自分の実力以上に実力があると誤解する女性がいます。

いろいろな人生経験をされたと思いますので、もう下手にいろいろな人間と関わるより
それほど大きくない面積の農地でも借りて、野菜や果物を育てるとか、
自然の中で生きたほうが今後の人生は幸せかもしれません。

投稿日時 - 2013-11-04 03:16:49

ANo.40

もう、十分過ぎるほどの回答があったと思いますが・・・
そろそろ、締め切った方が良いのでは?

人生は

ケセラセラ・・ですよ。

投稿日時 - 2013-09-29 23:16:49

ANo.39

元夫があなたから冷めた回答の方には
お礼がありませんでしたね

私は元夫も女は金、貴女も元夫から大金を
貰い嬉しかったことを自慢しているようにしか
見えませんが

再婚相手の裏切り、元夫の再婚は想定できなかったのですか

小切手がなくなれば、また元夫にいくでしょう
再々婚する相手もまた金しか見えないでしょうね

仕事は商売でしょう、専業主婦でも
自己開発、才能を伸ばすとか、心が問われるものに
打ち込めたら良かったのに、金まみれの家庭に見えました

たぶん、今も元夫が褒められることによって、
また、自分に金を恵んでくれる自信を得ようとしているのでは

あなたは派手なケーキばかり食べて心が糖尿病なんですよ
土にまみれて咀嚼しなければいけない、汚れたジャガイモやニンジンの
味を知らないで、生きてしまったのですね
「ささやかな幸せ」が見えますか
見えたのなら、白髪で化粧もせず、貧しい服でも堂々と歩けて友達ができますよ
人に心から優しい言葉をかけ、思いやりを持てたら
年老いることも、怖くなくなりますよ
皆、そうして笑いながら年をとってますよ
体が病気ではないのなら、生き直してみられたら、できますよ。

投稿日時 - 2013-09-05 23:13:16

ANo.38

>ご意見やお叱りを頂戴したくてこちらへ伺いました。

お叱りも意見も十分もらえたのではないでしょうか。何か不足がおありですか?


>これから、独りで貧しく年老いて行くことを悩みますが、どう生きれば良いのでしょうか。
豊かに生きたいなら、お金持ちと再婚するか、ご自身が働いで稼ぐかどちらかですね。
全国仲人連盟という中高年に強い結婚相談所があります。ダメ元で登録してみるといいでしょう。
前にも書きましたが70歳前後の資産を持った高齢者が配偶者を求めていたりします。
それは、それでまた苦労もあったりしますが、一人で貧しくが嫌ならそれもやらないよりいいでしょう。

質問者さまは、恋と自立に掛けたわけで、その間の10数年は決して無駄ではなかったはず。
輝いていた50代ではなかったですか。

口幅ったいようですが、私も今年還暦をむかえ、今までの人生に感謝と充実感を感じますが
この先、仮に今の妻が先だって一人になっても独りで貧しく年老いていくことを悩んだり
しないと思うのです。

若いということは「欲望の量が多い」ということだと、私は思います。
60歳になるにあたって、「欲望の質が高い」生き方をすべきかと思っています。
お金をたくさん使うのでなく、いままで経験してきたことを糧にして文章を書くとか
何かを創造するとか どこかに自己実現の方法があるのだろうと思っています。

質問者さまは、おそらく私以上に豊かな暮らしをなさってきて、それがなくなったことを悔やんで
おられる。しかし、捨てて生きる生き方足りるを知る生き方もまた必要なのかもしれません。

美しい人は50代、60代でも80代でもなお美しいです。それは心が澄んでいるからだと
私は思います。
健康で命があるほかに何が必要なんですか?

子供がいない。二人目の夫にすがって生きていくしかなかったあなたは、なぜ簡単にあきらめて
しまったのでしょうか。排水の陣を引いて頑張れば少しは目が出たかもしれません。すくなくとも
別れてこの先年金もなく、スーパーのレジ打ちをすることより、夫を働かせて金を得るほうが
楽だし、夫の年金があてにできたはず。

今までの人生の幸福に感謝してそれに満足して、もう私の人生これで満足よと口にだして
言ってみてください。かなり気持ちが吹っ切れます。

その先は、人に頼らず 神様に頼る。神様は質問者さまの心の中にいます。心に問いかけながら
生きていけば、きっともう一度道は 開けます。

投稿日時 - 2013-09-02 14:08:36

ANo.37

    >  、元夫の大きさ、本当の優しさ、男らしさを改めて痛感しておりますが、そんな滅多に出会えない人を小さく、愚かな考えで失ったのか悔やまれてなりません。


 質問者さんは結果的に後悔する事になっただけです。
 
 離婚する前は誰もあなたが不幸になるなどとは思わないものです。
 
 もし元夫と離婚せずにいれば今ごろはまだ離婚したほうがいいのではないかと悩んでいるかも知れません。 

投稿日時 - 2013-08-30 13:51:06

お礼

大変含蓄に富んだご指摘を頂き有難うございます。
小学の私には仮想状況が上手く描けませんが、考えてみます。

投稿日時 - 2013-08-30 14:56:02

ANo.36

 多くの人が貴方に対してコメントを
 くれてます。それもどのコメントも
 読んでいて身になるものでした。

 なのに、
 わかりました
 ありがとうございます
 そうします
 
 など真剣に答えるいる方に対して失礼
 な印象をもちました。

 なんか、そんな所に貴方の人格が現れて
 いるように思えるのは私だけではないように
 思えます。

 多くの反響に辟易しているようですが、
 どれも身につまされるような内容でした。

 貴方は幸せな人生を過ごせたことに感謝し
 今の人生を大切に生きてください。

投稿日時 - 2013-08-29 23:47:46

お礼

不躾で大変失礼しました。
頂いたご意見などに正直な気持ちのお礼を書いたつもりですが、いけなかったようで申し訳ありません。

投稿日時 - 2013-08-30 14:49:26

ANo.35

批判やお叱りを覚悟されたうえでのご質問の投稿、質問者様のお悩みの深さをお察しします。
ご自分の行動に十分反省され、元のご主人へのご恩の気持ちもお持ちなのですから、これ以上苦しまずに
ささやかな楽しみや幸せでも感じ、心穏やかに生きていっていただきたいです。

ご質問者様と比べると、まだまだ人生経験には乏しい者なので、さしたるアドバイスは出来ませんが
これからのお幸せをお祈りしています。

投稿日時 - 2013-08-29 16:03:22

お礼

暖かいお言葉、恐れ入ります。
ご指摘のように、先夫への感謝を忘れずに何とか自分なりの幸せを見付けたいと思います。

投稿日時 - 2013-08-29 23:32:02

ANo.34

あんたもバカですね。客観的に自分を見ることができない。女性って結構現実的かと思ったのですが、元夫のいいところが見えないか、見ようとしていないかだったのでしょう。それだけつくして離婚後も経済的援助してくれたなんて、私から言わせれば、その時に気が付くべきだったでしょう。病気にでもなっていないなら、もう一度人生やり直そうと前向きに考えてください。
前向きに考えた女性に男はひきつけられます。落ち込んでは駄目ですよ。これは私自身に対する言葉かもしれません。
妻に全財産をとられて、しかも私の金欲しさに離婚調停をお越し、今あるアパート半分よこせですよ。しかも世間では名の知れた女です。女は怖いですね。あなたも元夫に恨まれなくてヨカッた。殺されなくてよかった。感謝感謝と思って生きてください。必ず道は開かれます。

投稿日時 - 2013-08-29 12:54:40

お礼

仰る通り、馬鹿です。
但し、これは私に限ってのことで、多くの賢い女性の方々はこのような愚かなことはしないでしょうね。
先夫への感謝は絶やしません。

投稿日時 - 2013-08-29 23:29:41

ANo.33

世の中の亭主というものは、妻の不貞に関して恐ろしく鈍感なものだと思います。それは、鈍いと言うより信じ切っているから「疑いがあたまをもたげても、いや絶対にありえない。と即座に否定する。そんな感じです。
自分に自信のある亭主ほど、「まさか、うちの女房にかぎっては」と考えがち。美人や才媛であればあるほど、結婚してから亭主はほっとして気を抜くことが多いようです。

かくいう私も、自分の妻が元彼と2年ものあいだつきあっていたことにまるで気が付かなかったです。3年後にはじめてそのことを聞かされて耳を疑った。
たちまち今まで感じたことのないものすごい憤りと、信頼が根底から崩れる落胆が私を襲いました。
これらの失望と不安と怒りの感情が自分でわかっていたから、私は妻の不審な行動や幾度かの外泊を「女友達とカラオケ」「朝まで飲み明かした」という言い訳をそのまま信じたかったのでしょう。

男は、妻は愛していれば、鷹揚に多少のはめをはずしても「浮気でなければ」文句を言うまいと思ってしまうものかもしれません。
夫婦と言うのはそういう甘いものではなく何年たっても、嫉妬し拘束する夫であるほうがいいのだと思います。
ご主人がもうすこし嫉妬深く猜疑心が強ければ、質問者さまは恋人に思いを寄せることもなかったと思います。質問者さまが恋人にメールを書いていてもご主人は安心しきって気が付かない。恋人が自宅の近くまできて、質問者さまをホテルまで連れ去っても、質問者さまのご主人は多分気が付かなかったでしょう。
ご主人の親戚と一緒にみんなでいったリゾートに恋人もこっそりついてきたとしてもご主人は気付かず、夜更けて質問者さまが一人部屋を抜けだし、彼の部屋で抱き合ったことも、ご主人は気付いていません。

不倫の恋の刺激が、満たされた退屈な人生の強烈な刺激になっていたのは想像にかたくありません。

おそらくご主人はなにも知らないでしょう。自分の妻に裏切られて、平然と金を渡せる男はいません。再婚を知ってはじめて自分がおおきな思い違いをしていたことを知ったと思います。

それでもなお、小切手を送ってくる先夫さまに深い慈愛を感じます。自分の愛した妻を最後まで憎まずにいようという高潔な意志のようなものを感じます。

投稿日時 - 2013-08-29 12:10:19

お礼

最初の夫には甘え切って居たとしみじみ思います。
それを裏切ったことは本当に申し訳なく思います。
皆様のご指摘の通り、立派な人でした。
今、深く後悔しております。
有難うございました。

投稿日時 - 2013-08-29 23:26:56

ANo.32

また新しい出会いもあるんじゃないですか。

離婚を考えた原因も専業主婦が自由がというのは
ただの張りぼての自分を正当化しようとする言い訳で、
本音ではなく最大の理由は好きな男ができたからでしょう。

もしあなたが再婚して今現在も幸せにくらしてるとしたら
元旦那のことなんか何もおもってないはずですよね。

元旦那の方が辛いのです。立場を変えて考えてみてください。

正直、元旦那みたいにそこまでやってくれる人はなかなかいません。
それに甘えてきたわけですが、これ以上迷惑や心配かけないためにも
あまり落ち込まずに、しっかり生きて楽しく過ごしてください。

投稿日時 - 2013-08-29 08:50:15

お礼

ご指摘の通りです。
始めの夫には本当に申し訳なく思います。
これからは人様にご迷惑を掛けずに参ります。
有難うございました。

投稿日時 - 2013-08-29 23:23:31

ANo.31

お礼ありがとうございます。
いまだに、半信半疑ですが(モラルの上でありえないという意味で)とにかく誤解だとしたら
失礼いたしました。まずはお詫びいたします。私より数年年上の女性にずいぶん失礼なことを
申し上げました。

さて、「どう生きれば良いのでしょう」という話ですが、もともと専業主婦で一生を過ごすのが嫌
で離婚したわけですから、まずは目標達成ではないですか。
離婚後の10年たらずの期間は、いままでの奥様気分の人生とはずいぶん違った人生を歩まれた
のではないですか?

人生の節目に迷って鬱々とするのは、だれでもあることです。あとになって振り返ると
なんであそこであれほど悩んだのかと思うほどです。
過去を悔やみ、未来を不安がるとその不安は人の精神を破壊します。

私の母はもう他界しましたが、質問者さまそっくりの人でした。父こそ弁護士志望の田舎公務員
でしたが、母はお手伝いさんが二人もいる田舎の大地主。祖父は高校を創設したり幅広く活躍
したそうですが、私の生まれる前に病死。
母は、とにかく、おもいきり御嬢さん気質のロマンチストでした。乳母日傘で育ち高等教育まで
うけさせてもらい弁護士の妻を夢見て結婚し
気が付けば田舎教師の妻。
お嬢様のプライドの高さゆえに、さまざまな職業にチャレンジしては失敗。結局50代半ばから
20年以上鬱病にかかかってひきこもり。人と交流のないままに亡くなりました。

食べていくために、やれることを一つずつやっていかないと、心の病になってしまいますよ。
人のために役立つことを収入を考えずにおやりになったらいいです。
過去の豊かな生活にとらわれてプライドが邪魔をするといいことがありません。楽あれば苦あり
苦もまた楽なり。20年なんてあっというまに過ぎますからね。

投稿日時 - 2013-08-29 07:47:38

お礼

再度のご回答を頂きまして恐れ入ります
こちらこそ舌足らずで失礼しました。
お言葉を大事にして前向きに生きて行こうと思います。

投稿日時 - 2013-08-29 23:21:02

ANo.30

質問者さまも十分にわかっていらっしゃると思いますが

今回こそはだんなさまの幸せを願ってあげる番ではないでしょうか?

投稿日時 - 2013-08-28 23:56:28

お礼

有難うございます。
そういたします。

投稿日時 - 2013-08-29 05:32:45

ANo.29

>独りで貧しく年老いて行くことを悩みますが、どう生きれば良いのでしょうか。

尼寺にでも言って髪をまるめて、寂聴さんの弟子になったらどうですか?

投稿日時 - 2013-08-28 23:35:57

お礼

そうですね。
考えます。

投稿日時 - 2013-08-29 05:31:38

ANo.28

ここまで、待ってもお礼コメントがないことが全てを語っているとおもいますが
読んでいて思ったのは、女の中には夫と離婚しても、いつかは夫が復縁を求めてくると
思い込んでいる人が多いということです。

ことに、離婚の有責配偶者は、不倫で相手がどれだけ傷つけられたかに思いをはせる
ことがない。自分が不倫相手に冷めたら元夫は戻ってきてくれと懇願すると思っている

まぁ、本当に女という生き物はどこまでずうずうしいものかと感心します。
自分の不倫のきっかけが軽いものであって、それが長く続けば続くほど、まるで自分は
夫の元から不倫相手のところに出向しているような気分になってしまうのかもしれません。

私は、45歳の時妻の不貞が原因で離婚しましたが、先妻はいつまでも「いつか復縁を求めて
くるだろう」と思っていた節があります。
私が再婚したと知ったとき「子供のために、それは避けてほしかった」などとたわけた
ことを言いました。子供は離婚した時点で傷ついている。私は単なる金ヅルではない。
そう思いました。

質問者さまも、私の先妻も「自分のしたことが、どこまで夫を傷つけ、悲しませ、自信を失わせたか」
わかっていない
(もし本当のはなしなら)ご主人は妻を奪った男を本気で恨み、自分の妻を蹂躙する男の
幻影に、自分を愚弄する男の無礼にはらわたが煮えくり返ったはずです。

 知らぬが仏でご主人が金を送っていたとしたら、だましている質問者さまの罪はもっと
大きいですよ。

投稿日時 - 2013-08-28 23:33:56

お礼

お礼が遅くなり、失礼しました。
不眠症が続き、体調に異変を来たしました。
ご指摘の有難うございます。

投稿日時 - 2013-08-29 05:30:46

ANo.27

後悔先に立たず

だから前向けっていっても無理でしょう

お叱りを受けられるのはもっと若い方だと思います

人生はどうあってもやり直せません

一度きりの人生だから好きな選択をさせてもらえたことに感謝して

できる限り世の為や人の為に生きるとか

この世に別れのない出会いはない

投稿日時 - 2013-08-28 23:19:55

お礼

分かりました。
有難うございます。ー

投稿日時 - 2013-08-29 05:20:05

ANo.26

ここだけ読めば綺麗事みたいに聞こえるけど、出発点は股の緩い尻軽女が家族を捨て不倫に走っただけで、廻りの迷惑など一切お構いなしで全部自分が選択した人生で何を今さらです。
> 40代後半に専業主婦で一生を過ごすのが嫌になり、時間を掛けた準備の後で夫に突然、離婚を申し出ました。

元ご主人の男らしさや優しさ(本心は財力と老後の安定)に対して未練は読み取れますが、捨てた家族に対する後悔や謝罪の念が全くみえません。

家族を捨てて不倫男に走る ⇒ 事業に失敗して困窮/不倫男と離婚 ⇒ 窮地に陥り復縁迫る/断られる(当然) ⇒ 老後を悲観して途方に暮れる = 快楽を充分味わった自己中女の当然の末路じゃないですか?

生活保護受給で貴重な税金浪費しないことを切望します。

投稿日時 - 2013-08-28 22:27:50

お礼

分かりました、そうします。

投稿日時 - 2013-08-29 06:22:25

ANo.25

よく見えていない人には勝手に自分の理想を押し付け、よく見えている人は最低の人だと思いがちです。
世間の妻の大半がそうです。
みなさんがおっしゃっているように、あなたには思慮がなかったといえばそれまでです。
言葉だけを信じ、目の前にうすうす現れていた現実を無視したということでしょう。
もし、人を深く知り、寛容さが身についておられるならば、また出会う人も出てくるでしょう。

「一人でも生きていける。でも、親しい人がいればもっと楽しい。」

という思いで、周囲と楽しくやっていくことです。

ここでまた、世間とおりいっぺんの幸せが欲しいなどと、理屈で考え、強引に男性を探し、アラにも目をつぶり都合よく考えているとロクでもない男にひっかかることでしょう。それは余裕のなさがそういう下賎な男を呼び寄せていることに気づいてください。

あなたの人生です。考えが改まらない限り、何度でも同じ課題が現れるのが人生です。
残りの人生をどう考えて生き、どういう結果になるかはあなた次第です。

最後になりますが、みなさんが冷たく「過去を反省しろ」と言っていますが、私はそうは思いません。
やってしまったことをこねくりまわしても、なにも生み出されないのです。
人は最後の最後まで、前を向いて生きるべきです。それが人間の尊厳を保ちます。

投稿日時 - 2013-08-28 21:45:00

お礼

大変含蓄に富んだアドバイスを頂き、有難うございます。
心が大分開けてきました。

投稿日時 - 2013-08-29 05:14:16

ANo.24

好き勝手やったらそうなるでしょ?
通常の大人なら分かりますよ(笑)

残念ながら好き勝手やった人生なんだから、終盤は甘んじてその結果を受け入れるしかないのが人生じゃないですかね

投稿日時 - 2013-08-28 20:29:36

お礼

分かりました。そうですね。

投稿日時 - 2013-08-29 05:12:22

ANo.23

運営さんからしかられたのでストレートに答えます。
>これから、独りで貧しく年老いて行くことを悩みますが、どう生きれば良いのでしょうか。
ご自身で物語の結末を書いていますね。
つまり「独りで貧しく年老いて行く」ことを受け入れるしかないですよ。
過去15年にわたって不倫の恋を楽しんだ。それはそれで事実して幸福な時間であったはずです。
私も先妻の不倫を経験しています。先妻は負けず嫌いな女で、私がプラトニック関係で仲良くしていた相手に嫉妬して、その腹いせにむかし私と両天秤にかけていた元彼に十数年ぶりに抱かれに行き、その後2年も隠れてつきあっていました。
それを知った時点で、私の妻への愛は大きな落胆と憎しみに変わりました。以降2年後に別れる決心がかたまるまで、そして今も彼女を許せないでいます。
私は、私のタイプの女性だったけど私との感性の相性がよくなかった。仕方がないからプラトニックな友達でそのあたりを補っただけで、私の妻に対する思いは変わらなかった。
もし妻への思いが冷めていたらとっくの昔に愛人のひとりやふたりこしらえていたはずです。

謝罪の念を持って生きろとはいいませんが、誰も助けてくれなくても文句を言うなというのが、私の気持ちです。
先妻のところには子供たちがもう立派な大人になってついています。先妻はその子供を足を引っ張って生きていくのかもしれません。

とても信じがたい話でとまどいながらお答えしていますが、おそらく夢のようにおきれいな方だと拝察します。
うちのご近所にもお美しい60代はたくさんいます。どうせならもう一回
熟年恋愛にチャレンジされたらいいですよ。70前後の独り身の大金持ちって結構います。もう老後の安心だけで連れ合いを探している。
海外で再婚を離婚をくりかえし、最後は日本にかえってきたけど結婚相手がみつからない。千葉と中野に住まいをもっていて大金持ち。そういう人とのご縁をきたいしたらいいじゃないですか。

投稿日時 - 2013-08-28 17:34:10

お礼

具体的なアイディアをいろいろと頂き、有難うございます。
子供も居なかったこと、はじめの夫が大切にしてくれたお陰で、エイジングは随分と遅いようです。
私に勤まるわかりませんが、試みたいと思います。
有難うございました。

投稿日時 - 2013-08-29 05:11:52

ANo.22

この話、作り話として、デビット・リーン監督の1945年のイギリス英は『逢びき』あたりが下敷きかな。あの旦那もすべて気付いていて裏から手をまわしていたみたい。
話自体は男気の美談なんですけど。

この話が事実としたら、一番肝心な長期の不倫関係の部分をぼかしていますよね。失楽園とか不倫ブームがあったのはいまから15年前。
当時47歳だったとして今62歳。ずっと旦那をいつわって男と不倫していた。別れるために自分で仕事を見つけた。仮に当時はやっていたワインの輸入販売にしましょうか。彼氏はワインのインポーターあたりでしょうか。
57歳、いまから5年前にやっと話がついて離婚。ワインブームはすっかり下火になってリーマンショック以降売り上げは伸びず、それでもなんとか持ち直し震災不況でとどめをさされる。
時系列で整理すると不倫期間が長かったことがわかります。
男は、金持ちの奥さんを盗む快楽にひたっていただけで
本当に奪ってしまったら興味がなくなったのかもしれません。
もともとが金持ちの奥さまの懐目当て。
年表

>還暦を大分過ぎた女性・・・悔むばかりの日々です
質問者さまを62歳としましょう。
後のご主人との離婚 1年前としても 61歳
仕事が最後の危機で終焉  再婚の翌年 60歳〈2011年)
再婚              59歳
経営的窮地脱する        59歳〈2009年)
2年目には経営的に窮地に陥りましたが 
離婚               57歳
時間を掛けた準備の後で夫に突然、離婚を申し出ました 55歳?
(この間ずっと不倫?)
専業主婦で一生を過ごすのが嫌になり 49歳(12年前 2000年頃)

投稿日時 - 2013-08-28 16:40:31

お礼

事実を晒してお伺い致したところですが、曲げて伝わったのは残念です。

投稿日時 - 2013-08-29 05:04:21

こんにちは。
私は52歳になる「バツイチ」の男性です。少々、「辛口」の回答になりますが、その点はご容赦くださればと思います。

投稿内容からして、20年近い算段の後「離婚」に踏み切られたようですね。しかも、ご自分の「隠し事」をひた隠しにされながらご自分の計画を「見事に」実行されているわけです。

しかも、「財産分与」まで手にしながら・・・。何といいましょうか、・・・はっきり言ってあなたは狡猾で強かな女性ですね。そして、いざ自分の計画が頓挫するや、再び最初の配偶者と復縁しようとする・・・。

ここからは、私の憤りの感情も込めて書きますが、貴女がそれだけの期間と労力をかけて最初の旦那さんを「嵌めた」わけですから、それと同じくらいの時間をかけて、ご自分の行なったことに対して「後悔と懺悔の日々」を送られたらいいと思います。

これは私の持論ですが、よく「振り込め詐欺」や「投資詐欺」などで何千万も騙し取られたという事件がありますが、その手の犯罪者は、自分が行ったことに見合う、懲役という労働の対価で埋め合わせるべきだと思っています。つまり、多額の金額であればあるほど、懲役の期間も長くなり、その人の人生を償いに費やさせるという考え方です。

さて、物事は考えようです。貴女は、「シリア」や「レバノン」のような中東の紛争地帯にいるわけでもなく、明日の命も知れないような状況でもないように思います。ですので、すべてに絶望することはないと思います。

他の回答者も書いていますが、貴女はすでに相当「得」をしています。まして、最初の旦那さんに訴えられなかっただけでも良かったと思うべきですね。

私が、第三者の立場から言いたかったのは、このことです。では、残り少ないご自分の人生航路を、貴方なりの仕方でEnjoyされることを願います。では、失礼しました。

投稿日時 - 2013-08-28 14:10:17

お礼

有難うございます。
ご指摘の様に自分なりに納得する早く見出したいと思います。

投稿日時 - 2013-08-29 04:54:31

ANo.18

こんにちは。

質問者様が復縁を望んだのは自分の老後が不安だからですよね。
元ご主人と離婚したのもその後の結婚も離婚も全部自分のため…それではこの結果も仕方ない気がします。

ボランティアでもやってみてはいかがですか?
現在の年齢はわかりませんが、そろそろ年金ももらえる頃だと思います。

誰かの役に立てるように生きてみれば元ご主人も支援した甲斐があったでしょうし、質問者様も今後の生き甲斐になるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2013-08-28 14:03:19

お礼

ご指摘のようにボランティアなどを通じて、社会的に意味味のあることでもしようと思います。
有難うございました。

投稿日時 - 2013-08-29 04:52:32

ANo.17

60歳代女性です。

 一言 甘いですよ。貴女の文を読んでいますと、前前夫は多少美化されているようですが、
  貴女の行動は見すかされていたように感じられます。

 すべて前々夫の思い通りに 行っています。しっかりしてくださいね。
 之から先 自分の人生をどう生きるかにかかっています。

 離婚はすると決心してから 最低は3年待ちましよう。鉄則です。全て甘さを感じます。

  

 

投稿日時 - 2013-08-28 13:48:24

お礼

おっしゃる通りかと思います。
有難うございます。

投稿日時 - 2013-08-29 04:50:49

ANo.15

出来た方と長く一緒にいて甘やかされてしまってたんでしょうね(^-^;気付かない内に…
老後が一番大切な時間なので主様すごく寂しく不安だろうなぁと思って私も切なくなります(..)
趣味か何かを見つけて充実した時間を増やせるように考えてみてはいかがでしょうか?

投稿日時 - 2013-08-28 12:02:12

お礼

有難うございます。
分かりました。

投稿日時 - 2013-08-29 04:49:56

ANo.14

交際や結婚は自分の意思だけではできません。

もと旦那さんが幸せになることを祈りながら

もう一生会わない、連絡もしないと心に決めて

がんばって生きていくしかないのでは?

投稿日時 - 2013-08-28 11:56:26

お礼

そうですね。
有難うございます。

投稿日時 - 2013-08-29 04:49:10

ANo.13

他の方も言われていますが、あなたの最初の旦那様は大変立派な方だと思います。
中々、普通はそこまで出来ないです。

あなたに対して少し思うところはありますが、他の方も書いていらっしゃるし、
あなたは「元夫とよりを戻す方法」や「元夫からお金を巻き上げる方法」を聞いているのではなく、
自分でも反省されているようなので、別の事を書きます。

「これから、独りで貧しく年老いて行くことを悩みますが、どう生きれば良いのでしょうか。」
という事ですが、
その経験を、世の中の他の似たような女性に広めてはいかがでしょうか?

過去のあなたのように、おろかな考えに陥っている女性は、他にもいるでしょう。
そういう人に、あなたと同じツテを踏まないように、啓蒙活動をされてはどうでしょうか?

正直言ってあなたの年齢では、物質的・金銭的豊かさを求めても、ほとんど無理でしょう。
でしたら精神的な豊かさを身につけてはどうでしょうか?

あなたの過去の過ちが、他の人の過ちを防ぐことが出来れば、それによってあなたも精神的に
救われませんか?

または少ないながらも、あなたの最初の旦那様のために、お金を貯蓄してはどうでしょうか?
文章から見ると、あなたは最初の旦那様から貰うだけの人生に思えます。
それを少しでも返すつもりで、少しずつでもお金を貯めておくのです。
そして最初の旦那様に何かあった時、もしくはあなたが先立つ時、そのお金を送ってはどうでしょう?
相手は金銭的には不自由していないようですが、あなたのなけなしのお金を貯めた
心づくしには、きっと心打たれると思います。

最初の旦那様に
「アイツは一時の過ちはあったが、最後は俺の事を思っていてくれた。
やはり生涯の伴侶だった。」
と思わせるようにする事で、あなたの今後の精神の支えになるのではないでしょうか?

投稿日時 - 2013-08-28 11:40:11

お礼

アドバイスを頂き、有難うございます。
私にような者に出来るか否かわかりませんが、何か一つでも実現したいと思います。
大変、心に響くお言葉でした。感謝申し上げます。

投稿日時 - 2013-08-29 04:48:31

ANo.12

単純そな熟年離婚じゃなく不倫じゃん。不幸になって当然、幸せなんて望め資格無し!

投稿日時 - 2013-08-28 11:14:30

お礼

恐れ入ります。

投稿日時 - 2013-08-29 04:45:01

ANo.11

夜中の01時の質問とは、現在のお歳がわかりませんが眠れずに悩まれているのですね、お気持ち察します。
辛口で申し訳ありませんが、貴女がご主人以外の男性と再婚した時点でご主人の気持ちも支援も終っています。
ご主人に既に再婚を約束した相手がいらっしゃるなら尚の事、相手の女性を傷つけてまでお別れすることはないと思います。
身から出た錆ですよ。幸いかなりの額面の小切手を受け取ったとの事。とりあえずは気持ちを切り替えてお仕事をするとか、
お金の許す範囲で趣味を愉しむとか、今日を充実させる生活を始めることをお勧めします。今後最初のご主人がどのような
お考えでどのような行動を起こすかは誰もわかりませんよね。貴方様がこれから先の未来を他の男性の存在なくお独りで
活きいきと生活していたらもしかしたら良い縁があるかもしれません。今回のことは大きな勉強をしたと思って次に生かしていただきたいと思います。若輩ながら応援のエールを送らせていただきます、頑張ってください!

投稿日時 - 2013-08-28 09:46:42

ANo.10

再婚した相手についても結婚生活と恋愛が違うのは貴方の歳ならわかるでしょ…

とりあえず元夫に感謝した方がいいですよ。だだ甘えで全然わかってないよね。
きちんと財産分与して離婚後にも大きな助けをしてくれて。
貴方が言い出した離婚でここまでしてくれるってありえませんよ?

もう元夫に迷惑かけないようにしましょう
それが貴方のすべき事では?

今後ですが
まぁ女性なら再婚はできるんじゃないんですかね?
熟年初老なんかでの再婚相手探しでは男>女の数ですから
まともな人に巡り合えるかわかりませんけどね
収入もあって良い男性は当然人気ですから。

投稿日時 - 2013-08-28 08:34:05

お礼

有難うございます。
元夫にはもう迷惑は掛けません。
再婚も視野にいれて生きてまいります。

投稿日時 - 2013-08-29 03:02:10

ANo.9

自業自得。

後悔先に立たず。

覆水盆に返らず。

粛々と懺悔の日々をお過ごしください。

投稿日時 - 2013-08-28 07:39:06

お礼

事実は分かっておりますが、その先が懺悔しか無いのであれば、敢えてここでご相談の要も無いと思いますが。

投稿日時 - 2013-08-29 03:00:04

私も日本の雑誌やマスコミの煽りに疑問を抱いています。(私は海外在住、50代です)
それ以外にもこう生きたらいい、ああ生きるべきだなど、人の人生に関する差し出がましい記事が多いですね。最近はFXの記事を危ないなと思いながら読んでいます。見知らぬ国(人)に未知の投資を促すかのような記事、誘い、罪ですね。ギャンブルですからね。熟年離婚もそういう記事でした。皆さん誰かの儲けの犠牲になる人が多い。

質問者さんはもう既に元の鞘には戻れないとわかったのですから、後ろを振り返らないことです。最後にこれもよかったのだと思えるように変えていかないといけませんね。

今後積極的に貯蓄をされることです。小切手は大事にしてください。お金はあなたを裏切りません。くだらない男につぎ込まないことです。最後はお金と信用できる少数の人間関係で何とかなると思います。健康は保ってください。男より健康とお金と知恵と健全な人間です。国の保護を求めるのも一案です。なりふり構わず働くのも一案です。強い意志に伴って、友好関係も変わるでしょう。

年上の方に差し出がましいとは思いますが、くだらない人を信用なさらないでください。それと不自然な状況で出会った異性は信用してはいけません。(不倫など)相手は不自然なマインドの持ち主です。今後は大事なものは隠してください。

自分の心が弱っている時によってきた人間は、やがて自分が回復して登っていく時には消えていくものが多いです。ご自分が強くなれば魑魅魍魎は消え、本物だけが残ります。その本物を探して欲しい。私はまだあなたに比べて若輩者ですが、最後は自分が自分を助けると思っています。その中で持ち家とお金だけは自分を助け絶対に裏切りません。まずは住む場所とお金確保を第一目標に、老後の貯蓄に備えてみて下さい。だんだんに同じような境遇の人とも知り合うでしょう。今後同じように道をそれないように助言してあげる日もきっと来ると思います。たいしたアドバイスはできませんが人生のリセットをしっかりなさってほしいです。

投稿日時 - 2013-08-28 06:56:52

お礼

大変貴重なご意見を頂き、有難うございます。
親身になってのアドバイス、大変嬉しく存じます。
そのような生き方を求めて参ります。

投稿日時 - 2013-08-29 02:57:03

ANo.7

>そんな滅多に出会えない人を小さく、愚かな考えで失ったのか悔やまれてなりません。

元旦那さんという利用価値の高い人間をうしなったご自分をあわれむ心が、まだまだ大きいご様子ですね。

むしろ、元旦那さんに感謝し、謝罪し、恩を返したい、幸せを願いたいという心が、
少しでもあるならば、それをたいせつに育ててください。

あなたが受けた扱いが、すでに十分破格の物であったことは、あなたもご存知のはずです。



自分がかわいいだけの人生は、もう卒業する時が来たのです。年貢の納め時です。

人を犠牲にして身勝手なことをすれば、
そのしっぺ返しをくらうのは、当たり前以前のこと・・・それも今回は、まだまだ優しい方です。

中には、被害者なのに、加害者の尻拭いをせざるを得ない人生を送っている人だって、少なくありません。
そんな人生こそが悲劇であり、それでも明るく生きようとしている人がいるのです。
あなたは悲劇だと思っているかもしれないけれど、
そんな人から見れば、十分すぎるほど恵まれているはずです。
不満を並べるのではなくて、いま手の中にあるものの中から、幸せを見つけ、感謝の心を育ててください。
そうしないと、今もっているものも失ってしまい、失ってからまた気づくというパターンを繰り返します。


あなたが楽しく暮らすために他人を利用するのではなくて、
あなたが人間として成長して、尊敬・信頼され、見習ってもらえるような人になってください。

たとえ子供のいない人であっても、お金のない人であっても、
若い世代に対して、精神的財産をのこすことはできます。

またそれが、年上世代の義務であり、たいせつな生きがいにもなりうると思います。
あなたが学んだ人生の教訓をムダにせず、生かしてください。

投稿日時 - 2013-08-28 05:34:25

お礼

はい、そのように生きて行くよう心掛けます。有難うございます。

投稿日時 - 2013-08-29 02:54:27

ANo.6

夫婦共に還暦を過ぎた夫の立場になる者です。

私達夫婦は、定年退職の年齢を迎えるまで共働きでしたので、お互いに纏まった額の退職金を頂戴して老後資金に蓄えてますし、お互いの厚生年金受給額で人並み程度の生活なら暮らして行けますから、仮に現時点で離婚になったとしても、お互いに老後資金の不安はないです。

しかし、質問者様は専業主婦で最初の夫と離婚したことで「充分な年金受給額が得られず老後の生活に不安を感じてるから後悔してる」だけではないでしょうか?

長年、専業主婦で暮らしていたことで「夫に対する感謝の気持ちを忘れて自由になりたいという希望は離婚で叶えた時期がある」のですから、今さら後悔しても自業自得だと思います。

私の妻は、定年退職まで共働きを続けられたことに不満を口に出すどころか、寧ろ夫の私や子供達にも感謝の気持ちですから、私達夫婦は将来的にも離婚はないと思いますが、専業主婦の妻である質問者様から離婚話を切り出され財産分与も充分に応じて円満な離婚にも応じてくれた「最初の夫が立派だったので今になって未練を持ってるだけ」で、その後に再婚相手と離婚したことに対しては未練を持ってないのでしょうから、質問者様は身勝手な女性としか思えないです。

投稿日時 - 2013-08-28 05:01:27

お礼

有難うございます。分かりました。

投稿日時 - 2013-08-29 02:53:16

ANo.5

要約すると40代の後半に不倫相手と一緒になりたくて「不倫事実を隠して協議離婚」に成功した。
「前々夫」には不倫事実を隠していたので慰謝料を請求される事もなく財産分与も正規に貰えた。

だが、不倫や離婚したのは自分だけの責任でなくマスコミや報道の責任もある。

経営も少し持ち直したので「好きだった」「不倫相手」と晴れて入籍したが思ったほどの人間でなく
経営も破綻して「金の切れ目が縁の切れ目で」再度離婚したが気が付いたら「前々夫」からの財産分与分を殆んど無くしていた。

その後、数年してから「前々夫」に「お金が無くなった」「反省している」と復縁を申し出たが拒否された。
だが「前々夫」は哀れんで車を買える程度の金をくれた。

全て無くしてから「平凡」が幸せで有る事に気が付いた・・・でしょうかね。

でもね商売が上手く行っていたらどうだったんでしょうか?

今頃、貴女は離婚して良かった。  専業主婦なんてまっぴらだ。
私にも経営の才能が有ったんだ、それを「前々夫」のせいで押さえられていたんだ・・・と
今の旦那とは色々有るけどお互い離婚して良かった。 と堂々と言っているでしょう。

逆に言えば、不倫の慰謝料を請求されたらどうだったでしょうか?
通常の不倫裁判では、婚姻の破綻を招いた不倫は貴女と浮気相手の両方に慰謝料を請求されますよね。
2人の合計で500万が相場でしょうか・・・
だが、貴女と浮気相手も慰謝料も払っていませんよね。 したたかに不倫事実を隠し協議離婚に成功し
通常より多く財産分与を受け・・・その時は浮気相手と「喜び」ませんでしたか?
「やったー」「ラッキー」と思ったでしょう・・・2人でね。 祝杯もあげたでしょうが・・

これが立場が逆ならどうしますか?  逆ならどう思いますか?
前の旦那は最低な人間だ・・・慰謝料を払いたくないから女がいる事を隠して無理やり離婚に応じさせ
今度は女に捨てられ金も無くなったから「復縁」を申し込んで来た。
もう10年も昔の事なのに・・・今更そりゃないよね。 と相談しませんか?

このサイトだから反対の意見を言うにもオブラートに包んで回答する人が多いが
女性の多い「読売」の「発言小町」だとトピを立てた瞬間に100通位の痛烈な批判が投稿されるでしょうね。

思いようですよ。 慰謝料250万+弁護士&裁判費用40万+減額分与200万+貰った200万(推定)の
合計の約700万は儲かっているんですよ。

人生とは上を見たらキリが無い、下を見てもキリが無い。 分相応の生活をして行けば良いじゃないですか
しかも年金を受けているか65歳からの年金を受ける年齢でしょう?

貴女の年齢の下の人からは年金も減額されますよ。貴女よりは厳しい生活が待っているんですよ。

甘えてはいけません。みんな生きているんですよ。厳しくてもね。
70歳過ぎても清掃の仕事をしている女性も多く知っています。でも前向きですよ。
貴女も過去に縛られるのでなく現実を見据えて生きて行くべきです。

投稿日時 - 2013-08-28 05:01:09

お礼

有難うございます。

投稿日時 - 2013-08-29 02:51:43

ANo.4

素晴らしい方ですね。そんな素晴らしい方と半生を共に出来た事を誇りに思って、無下に傷つけ、裏切った事を後悔するのではなく反省するのが最善ではないでしょうか?反省するのであれば次の行動が生まれるはず。後悔していても何も生まれません。例えば離婚を考えている人達の相談に乗るとかです。立派な元ご主人に恥じないようにと考えて行動して行けば大丈夫だと思います。僕は二回も離婚しました、思えば最初の離婚が全ての暗転の始まりでした。本当に申し訳なかったと思っています。僕はもう結婚はしない積もりで、世界から犯罪が1つでも減るように、そのための活動をしています。あなたも頑張ってー!あなたにしか出来ないことがあります。

投稿日時 - 2013-08-28 03:04:09

お礼

有難うございます。ご指摘の通り、人様のお役に立てることを心がけたと思います。

投稿日時 - 2013-08-29 02:49:26

ANo.3

こんばんは

お子様位の年のものですがよろしいでしょうか?

私は早すぎた決断と遅すぎた真実の狭間にいらっしゃる様子が文面からヒシヒシと感じられ
可哀そうになりました。

専業主婦で主婦であるために、世間が、ご主人が見えなかったのだと思います。
よくそんなときに声をかけられると、「まだまだ私もいける」と思いがちですが、
それがそもそも世間知らずの始まりなんだと思います。

色々言い寄られても自分を持っていたら、ご主人を蔑にすることはなかったと思います。

確かに、決まった人がいても言い寄る人もいれば、言い寄られる人もいます。
でも、そこで踏みとどまれるかどうかが社会に出て、色々な人を見て養われる部分だと思います。

かといって専業主婦が悪いわけではありません。

zreboren さんが間違っていたのは、ご主人が考えていたzreboren さんへの価値と(愛情や感謝)、
それに応えるべく努力する心です。

悲しいですが、無くした物はとても大きなもので、何事にも変えられなかったということです。
覆水盆に返らず。
それでも、一時でもご自分の我儘を遠し間違っていたとしても幸せな時間を過ごしたことは
忘れないほうがいいと思います。

ご自分を身の程知らずと思われるのか、まだまだ色々できると思われるのか?
支えを失っても、自分は自分です。
他人にはなれません。

違う人生を選んだことは、選ばなかった時に後悔することと、もしかしたら大切なものに
気づくことなく、今も同じ気持ちで沸々とした気持ちを持っていたと思います。

失敗はしてしまったけど、大切なものを失ってしまったけど、
それは、生きているうちに、とても素敵な方に見守られていたとことを気づかせてくれた大きな代償と
思われてはいかがでしょうか?

ご主人程の方がこれから表れるとは限りませんが、一度でも誰もが認めてくれるような人格者の人と
寄り添うことが出来たzreboren さんは、ご自分の存在がどんなに素晴らしいものだったのか
思い起こして過ごされては?

長々と失礼を申し上げました。非礼をどうぞお許しくださいませ。
どうかこの先zreboren 様に幸多かれと心よりお祈り申し上げます。

投稿日時 - 2013-08-28 02:16:53

お礼

気が付かない大事なことをご指摘頂きましてありがとうございました。
深く反省して、生きて参ります。

投稿日時 - 2013-08-29 02:47:22

ANo.2

どれだけ寂しくとも辛くとも、あなたはあなたのなさった事のツケを払っていくしかないと思いますよ。

せめて今後は元ご主人にだけは迷惑をかねないような生き方をして下さい。

投稿日時 - 2013-08-28 01:59:47

お礼

分かりました。
有難うございます。

投稿日時 - 2013-08-29 02:41:08

ANo.1

質問者様より若輩者の戯れ言と聞き流していただければ幸いです。

記事を読む限り、人間の出来た元・ご主人ですね。

そんな人にそこまでさせる貴女にも、きっと人としての魅力があったのだと思います。



「私は、こんなすてきな男性に愛されていたのだ」 という事実を支えに、今度はその彼に 「あのとき婚約者を捨ててでも君と結婚していれば良かった」 と思わせる人生を送ろうではありませんか。

 貧しいと仰っていますが、お仕事はされているのですか?

 お友達はいらっしゃいますか?

「生き甲斐」というのは案外、身の回りにあるものです。

 それを探してみませんか?

投稿日時 - 2013-08-28 01:56:44

お礼

有難うございます。
貴重なアドバイスを心に持って生きて参ります。

投稿日時 - 2013-08-29 02:39:32

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-