みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

原発の部品性能証明書ってなんですか?

地震も津波もない安定した地盤の大韓民国で、23基の原子力発電所のうち、猛暑の夏に6基が計画外停止をしてしまったそうです。

その理由として、原発の補給部品に関して、「部品性能保証書」なるものがあり、この保証書の捏造が発覚したために、猛暑の電力需要最盛期に6基の計画外停止をせざるをえなかったとのことです。

====引用====
光州地検特捜部(キム・ソクウ部長)は24日、原発部品の品質保証書の偽造問題に関する最終捜査結果を発表した。
偽造保証書を添えて原発運営会社の韓国水力原子力に納品された未検証の部品は377品目・1万396個に達し、 このうち実際に原発に使用されたのは178品目・6012個だった。
==========


質問(1):部品性能証明書という聞きなれない名前がありますが、これは日本の原子力発電所でも使われる証明書なのでしょうか? 証明書の内容(項目)はどんなものでしょうか? 日本では部品メーカーを信頼しており、個別部品にいちいち証明書を添付するというのは珍しいとおもうのですが、原子力関連では普通のことでしょうか?

質問(2):日本でも、この部品性能証明書の捏造・偽装のリスクは考えられているのでしょうか?また実際に捏造・偽装された事件が発覚したことはあるのでしょうか?

質問(3):韓国では377品目もの捏造・偽装が発覚したとありますが、23基のうち6基だけに影響があり、その他17基には影響がないという判断はどうしてできるのでしょうか?ひょっとして、部品性能証明書が偽装された韓国製部品を使用している原発が稼働中というリスクは考慮しなくてよいのでしょうか?

原子力関係のMROやリスク管理に造詣のある方からアドバイスを頂けるとありがたいです。

投稿日時 - 2013-08-20 18:00:25

QNo.8228160

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

質問1について、
部品性能証明書とは、検査成績書であったり、計算書であったり、材料証明書であったり、
製造管理証明書であったり、施工法証明書であったり、単なる「保証書」とは違い厳密に
管理され、規格に沿った製品であることを証明するものです。
また、原子力に限らずこのような証明書を要求されるケースはたくさんあります。

質問2について、
捏造された証明書で原発に部品が持ち込まれているか否かは企業と検査機関のモラルに一存されて
いますので、捏造しようと思えばできるでしょうから全く0とは言えないと思います。
但し、複数の悪代官が絡まないと単独で簡単に捏造するのは不可能ですし、
捏造はリスクが大きすぎますので、国内に持ち込まれる製品でそういったケースは限りなく
0に近いと思います。

質問3について、
↑のような実情ですので、そうとうなバカでもない限り、内部告発のリスクもありますから、
やはり限りなく0に近いと思います。
もともと原発は核分裂連鎖反応のエネルギー(第2の太陽)を利用するというリスクを背負ってますので、
あまりナーバスになってもしょうがありません。

投稿日時 - 2013-08-25 17:16:20

お礼

有難うございます。

やはり原発関連というのは他の設備とはまた違った手続き・管理があるのですね。

朝鮮半島でメルトダウンが起きないことを願うばかりです。

投稿日時 - 2013-08-28 08:35:13

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

私もニュース記事を見ただけですが、韓国では部品の出荷前検査について国によって公式に定められており、それに合格した証書が部品性能証明書ということらしいです。

別に原発に限らずどこの国でも部品を出荷するとき出荷前の検査内容とそれにパスした旨(検査員の署名が載ります)の書類が添付されるのは珍しい事ではないと思いますが(というか依頼元から求められるでしょうし)、その制度が国によって定められているということでしょう。

日本では原子炉圧力容器のゆがみ矯正事件が思い当たりました。
ただこれが規定の性能をしたまわっていたという話は出ていないので、若干性質が違うかな。
製造時のトラブル、それによる部品の性能低下があっても、そのままこっそり納入してしまったケースはあったわけです。

377品目は納入レベルであり、使用されたのは178品目6012個となると、おそらく偽造部品はその6基にしかまだ使われていなかったという扱いではないですか?
ただしこの手の偽装は最初に初めていきなり1回目にばれるということはまず考えにくいため、過去に遡って同じ偽装がないかよくよく調べるべきでしょうね。

投稿日時 - 2013-08-20 21:39:33

お礼

有難うございます。

しかし、本当に6基だけに使われたのでしょうか。
書類の捏造が気楽に行われる文化圏ですから、残りの17基が安全だと言いきるのは不安でしょうがないですね。

投稿日時 - 2013-08-25 12:28:48

トーシロです。公のテスト機関の審査を必要とする物もあると思いますが、多くは各社社内での試験に任されたもので、要は、性能試験を"実際にはやっていない"ブツを、賄賂と引き換えに納入していたということだと思います。性能は、強度だったり、流量だったり、ブツによって様々でしょう。日本では常識的にあり得ないと思いますが。

同じ部品でも、複数の納入先から仕入れる事がフツーですので、納入先が事なれば、問題とはならない原発も出てくるのだと思われます。

投稿日時 - 2013-08-20 19:30:23

お礼

有難うございます。

投稿日時 - 2013-08-25 12:26:17

あなたにオススメの質問