みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

大学卒業後の進路について

初めて投稿させていただきます。
現在、大学4年の学生です。大学では、英文学を専攻しています。

先日、中学校で英語科の教育実習が終わりました。
私は2年のころから塾(個別指導)でアルバイトをしており、人に教えることがもともと好きだったので、教育にとても興味を持ちました。
塾では主に勉強を教えるだけですが、生徒が学校、友人などのことで悩んでいたら、相談に乗ったりもしました。また、勉強に意欲がなく、反抗的な生徒に対しては、何かあったのか、や、どこが分からないのか、分からないところを一緒に考えようとアドバイスをするなど、私なりにその子供に向き合ってきました。

その経験がいきたのか、教育実習でも教科指導の際、教える内容にも困りませんでしたし、生徒が授業中寝ていたり、様子を観察して相談に乗ったりすることが出来ました。

しかし当たり前ですが、アルバイトで行っていた塾は個別であったためか、ゆっくり、丁寧に話を聞くことには困らなかったのですが、学校現場に行くと、個別にひとつひとつというのは難しく思いました。
人に教えたり、相談に乗ったり、生徒にどんな小さな変化でも、それが良い変化であれば、それを見守ることにはとてもやりがいを感じましたが、私は1対1の対応には向いているが、学校の先生のように、1対集団となった際、うまく学級経営をしていけるかと不安になりました。

この不安を抱えていたのが生徒に分かってしまったためか、教育実習の最終日、ある生徒から、「先生が私たちの学級にいて、正直つらいこともあったでしょう。でもいつもにこにこ見守ってくれた先生は、将来、絶対、いいえ、必ず、いい先生になることが出来ます。頑張ってください!」と手紙をもらいました。
私自身、動作が遅く、判断もテキパキしていないし、ひとりひとりにいちいち丁寧に対応するため、集団を統括するのがへたくそだと思っていましたし、実際指導教諭の先生にも、「もう少し事務処理を早くして」と注意されたこともありました。また、「相手が中学生だからといって構えず、もっとあなたらしさを出せば、より良い実習となったのに」といわれたこともあります。そのような私に、生徒からこのような手紙を渡され、正直驚きました。

こんな私ですが、教員になり、教育に携われるのか、心配です。
つたない文章ですが、教育に詳しい方、人生の先輩方から、アドバイスいただきたいです。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-06-22 15:15:21

QNo.8144760

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 >こんな私ですが、教員になり、教育に携われるのか、心配です。

 やる気しだい。それも断続的でもいいから、やる気を継続できるかどうか。

 教員にはなれます。教育に携わることもできます。しかしあなたの理想とする学級経営は、あなたにすぐには難しいでしょう。やる気を継続できれば理想に近づくことはできるでしょうが。

 質問文から類推できることを述べます。個別に強い、ということは細かいことに気づきそこに集中できるということだと思います。しかしその反面、そこに集中しすぎてさらには解決するまで放っておけず、細かすぎるのにその問題が解決するまでそこから離れることができず、全体を見渡す器というか力量が不足しているように見受けられます。
 指導教諭の先生はプロですから、その辺を見抜いたのでしょう。先生を良く見る生徒なら、そのことにも薄々気づきます。
 あなたの質問文を読むだけであなたの人物像がこれだけ類推できます。これを実直だとするかそこが浅いとするかは質問を受けるヒトによるでしょうが、大学4年生で経験が浅ければ将来性に期待するでしょう。
 しかし、本人のやる気と環境によります。うまく指導してくれる教諭がいれば、割りとスムーズにいくでしょうが、それは運です。運に頼らなくても、不運(指導教諭がいまいちでも)にみまわれても自力で切り開く方法は、やはりやる気の継続だと思います。

投稿日時 - 2013-06-22 18:09:21

お礼

ご回答ありがとうございます。
dsdna様が類推されていることはまさしく、正しいものです。
私のことをそこまで見抜かれていたとは驚きました。
やはりやる気、ですよね。教員という仕事に対して、熱意を失わずにやっていけるかどうかが一番大切ですよね。そのあたりをもう一度よく考えてみたいと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-22 18:56:58

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問