みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自民党が憲法改正を発議、国民投票で否決された場合?

日本維新の会が終了した今、自民党が衆参同時選挙を行い、憲法改正を発議できる可能性が高まって来ました。しかし、もし国民投票で否決された場合、内閣の解散か総辞職になるのでしょうか?

投稿日時 - 2013-05-31 23:52:34

QNo.8114051

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

似たような例をあげれば、郵政民営化を参院で否決された小泉内閣みたいなのもなので、解散か総辞職になるでしょう。
ただ、憲法改正の国民投票で否決ていうのは前例がないので、
時の政権が前例にとらわれないアクションを取ることも可能です。

投稿日時 - 2013-06-01 00:20:10

お礼

多大な税金をかけて、国の土台を変える憲法改正を発議して、国民に否定された となると、その衝撃は大きいですよね。後は、流れで、でしょうか!?

投稿日時 - 2013-06-01 11:39:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

議案が否決されただけで内閣が否定されたわけでは無いので、
解散や総辞職に直接結びつくということは無いと思います。

国民投票を行う前に「憲法改正に政治生命をかける」などの発言をしていれば
言葉の責任をとって辞めるということはあるかもしれません。

投稿日時 - 2013-06-01 04:43:53

ANo.2

憲法改正と解散は関係ないですね。

投稿日時 - 2013-06-01 00:18:30

ANo.1

解散権は総理にあります。総辞職も総理にあります。

何がどうなろうと総理の決断1つです。

投稿日時 - 2013-06-01 00:15:58

あなたにオススメの質問