みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

エコについて

最近エコが注目され始めました。
エコバック、エコ箸、節電、節水、アイドリングストップ、Co2削減。 しかし、いまだに不快害虫と称される命が奪われているのが現状です。
不快害虫は、家を壊したり、人を噛んだり、毒を持ったり、作物を食い荒らしたり、病原菌を運んだりしません。 しかし、多くの人がその見た目から、自分の都合だけで尊い命を奪うんです。じゃあいいですか。あなたは不快だから殺す
当然逮捕されますよね。
しかし、虫の命は尊重されません。これは可哀想とかだけの問題ではありません。自分の気分だけで尊い命を奪うんです。「不快害虫で困る」これは意味不明です。虫がいるのは当たり前です。でも、この虫達は何億年もの進化の歴史を経て偶然今の姿になったかけがえのなきものです。虫も人間同様生き物です。そして、全ての生物には生きる権利があります。人間は、本来沢山の生物の一つにすぎません。
最近エコエコ言っていますが、それでも尚虫を殺す。そんな奴は地球大好きではなく自然破壊大好き!と言いなさい。後、トキは私たちが絶滅させたのです。誰一人反省していません。海外から持ってくればそれで良い。そんな感じです。最近いろいろな生物が減っていますが、誰も保護しない。実際絶滅危惧種というのは減り始めた種類ではなく絶滅寸前なわけ。
これもわからぬ、或いは深刻に思わない人は
地球大好きではなく自然破壊大好き!と言いなさい。
それに、池を作り、水に親しむなど親水が盛んですが、池って何さ。ただ水が溜まれば池ですか?池には生物がいます。水辺には蛙、そして、それを食べる蛇。水に、鳥達が来ます。水中にはフナやドジョウがいて、タニシやエビもいます。そして植物が生い茂っています。水中には小さな微生物もウヨウヨいます。それが本来の池。
池の管理が大変?そんな事本来ありえません。本当の池というのは、生態系が保たれており、ある種のみ増えるなんて事もありません。当然餌は自然にあり、直ぐに汚れる事もありません。
さて、質問ですが、何故自然とは何ではないかわからず、生き物を自分の気分で殺し、絶滅危惧種について全然心配しないような人が、平気で「エコ」だの「地球大好き」などと口にするんですか?

投稿日時 - 2013-05-25 20:33:51

QNo.8104665

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.9

本質をついたご質問に感謝します。

生き物を自分の気分で殺し、絶滅危惧種について全然心配しないような人々こそ、
平気で「エコ」だの「地球大好き」などと口にする傾向がうかがわれます。

その動きを観察すれば、マスコミの欺瞞好きに原因があるように見えます。

諸悪の根源、マスコミに鉄槌を下し、電波利権剥奪の方法を考える必要があるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2013-07-09 16:27:37

NO・7 です。
肝心の 5分の理 について説明していませんでした。
人間は目の前のいやらしい虫が果たして無害なのか、それともウィルスを媒介するとか有害の毒虫なのか、正確に判断する能力を持っていません。それで安全を見て殺す習慣を捨てられないのでしょう。それに目の前に出てくる無害害虫をかたっぱしから殺しても彼らは絶滅などしないことを知っています。
昔の王様が目の前に出てきた傲慢な平民を切り捨てたのも同じような理由です。

私も食卓に現われた蟻を即殺すのにやぶさかではありません。世の中はそんなものではないでしょうか。

ご参考まで。

投稿日時 - 2013-06-06 06:11:27

質問者様の気分が分からぬものでもありませんが、人間の目の前に出てきて不快に思わせる虫たちもやはり人間に言わせれば5分の理由で死刑に遭うわけです。ですから昔の平民は王様の前に出たらひたすら平伏して絶対権力者に不快に思われないようにしたのです。
私に言わせれば、無害であれ不快害虫は、彼ら自身のためにも人間の前にはでないように、目立たないようにするべきです。それが彼らの生存のための知恵なのです。人間に不愉快に思わせたら切り捨てご免で一命を落とす、これが世界のしくみなのです。人間だってアフリカの草原でライオンの前にのこのこ現われたら殺されることが分かっているから、そうしませんし、そういった知恵、実力が人間をここまで繁栄させたのです。

絶滅種は絶滅する理由があります。それを人間が保護するのはむしろ自然な景色ではありませんね。貴方は自分の庭に雑草を延ばし放題にしていますか?自然は自然の法則で動いています。弱肉強食という法則です。エコは人間が生きのこるための必死の行動なので、虫とは無関係です。

投稿日時 - 2013-06-05 22:33:55

ANo.6

無意味な殺生は避けるべきという意見には賛成です。
良寛和尚のように、「一寸の虫にも五分の魂」の精神で、動植物すべての生命を尊ぶ心は大切だと思います。

ただし、

>エコバック、エコ箸、節電、節水、アイドリングストップ、Co2削減。(1)
これは絶滅危惧種を保護するための方策ではありません。
そもそも、エコバッグで環境が保護されるというのが幻想なのです。レジ袋は万引き防止対策で、商店経営のため必要だから配っているのであり、それ環境保護団体が槍玉にあげているだけです。保護団体が万引き防止のために協力しているなとどいう話しは一つも聞いたことがありません。ただ叫んでいるだけなので、グリーンピースと同じです。補助金や寄付金目当ての、ロビイストです。レジ袋をやめても、原料は別の使い道のために消費されます。レジ袋以外に物が作れないのなら、燃料として燃やしてしまうことになります。結局はCO2になってしまいます。

割り箸は間伐材の有効利用です。
節電しても燃料削減には効果がないことは、発電の仕組みを調べればすぐ分かります。
節水は水道料金の収入減になって、財政難に陥っている地域もあります。
CO2は地球温暖化の原因とされていますが、温暖化した方が生物環境的には都合がいいのは小学生でも分かります。温暖化すれば農作物の発育が良くなるので、食糧難を解消できます。殊に日本のような食糧自給率の低い国は、温暖化に誘導して、食糧増産を目指すべきです。

このように、「環境」「エコ」を叫ぶ人が多いのが昨今の潮流ですが、↑のような知識を持たずに主張している人が多いようです。それに乗せられてはいけません。化学や経済、流通など様々な面からの考察が必要です。

>いまだに不快害虫と称される命が奪われているのが現状です。(2)

よって(1)と(2)は別のことであり、関連付けて論じることはできません。

投稿日時 - 2013-05-26 16:37:33

ANo.5

御説ごもっともです。

揶揄しているのではありません。
本当にその通りだと思います。

だから環境活動家というのは胡散臭いのです。
彼らは、愛らしい生き物、鯨のようにカリスマのある
生き物しか保護の対象にしません。

環境のことなど心配してはいないのです。
皆、何か別の目的があってやっていることです。

私は、天皇はあまり好きじゃないのですが、
昭和天皇が言っていました。
「雑草という草はないんだよ」

投稿日時 - 2013-05-26 05:58:53

お礼

そういえば、キクサトサワヘビという絶滅寸前の蛇がいます。彼はいまだに保護されません。というより、依怙贔屓で保護するか否かは間違いです。
私の言っているのは当然依怙贔屓ではなくエコロジーです。
回答有り難うございます

投稿日時 - 2013-05-26 10:00:27

ANo.3

皆ちゃんとした知識がないから。
自分の生活に支障がない程度で
少しでも地球に優しくあれたらいいかなと思い
エコと言う言葉を使うのだと思います。
それは、ほんの些細な事。
電気や水道をあまり使わないよう節約しよう。
これは、家計の負担を軽くする為でもあります。

自然界の動物で絶滅してしまった動物はたくさんいます。
それは、一概に人間のせいだとは言えません。
地球が誕生し生命は滅んだり新たに生まれたりしながら
繰り返されてると私は思います。

投稿日時 - 2013-05-25 21:00:57

ANo.2

単純にエコと生物は同じでないからでないの?

投稿日時 - 2013-05-25 20:58:03

お礼

単純にエコと生物は同じでないからでないの?と言っていますが、広辞苑第六版には
1 生態学
2 環境保護 自然保護運動
とあります。
自然て何さ。
自然に生物は関係ないと思っていませんか?

投稿日時 - 2013-05-26 00:25:42

あなたにオススメの質問