みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

義理兄弟からの多額の借金の申し込みについて

義理弟が自営業を営んでおり、自宅の土地を担保に銀行から3000万円程借金があるようです。
資金繰りが厳しく、返済が難しいようで借入先から
「兄弟に一度土地を買い取ってもらい、月々債務者本人と、債務者の子供(2人社会人がいます)で返済する」
という案を聞いたようで、私の主人がその土地を買い取ってもらえないかと弟から申込みがありました。
会社経営を続行、土地を手放したくないためだと思います。
現在、担保になっている土地には義理母と、義理弟家族が住んでいます。
私の主人がローンを組んで担保になっている土地を買い取り、私の主人へ月々弟本人と家族とで返済すると言っています。
(他に土地を購入できる立場の身内がおりません)

こういった場合、土地を手放さずに済む他にいい方法はないのでしょうか?
私の主人は、その会社の取締役になっているようですが、事業には一切かかわっておらず報酬も
ゼロです。弟本人が代表取締役です。
どうかいい案がありましたら教えてください。よろしくお願いいたします。

.

投稿日時 - 2013-05-02 20:44:24

QNo.8069992

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

>どうかいい案がありましたら教えてください。よろしくお願いいたします。

その事業はもう破たんしています。撤退する潮時なのだから,事業を畳んでこれ以上傷口が広がらないうちに清算すべし,と助言するのが一番です。
これが最も現実的な解決案です。既に破たんしているのだからもうどうにもならないのです。

投稿日時 - 2013-05-03 16:19:12

ANo.6

AVC

>土地を手放さずに済む他にいい方法は・・・どうかいい案がありましたら教えてください

 ありません。濡れ手で泡の方策などありません。義理弟の要求を拒否することです。

 お気の毒ながら義理弟は質問者のご主人より上手です。子供が社会人とのことで高齢であろうと推測しますが、この歳になれば兄弟など他人です。ましてや自分の借金を他人に回すなど友人以下と見下しています。

1 金融機関が抵当物件の売買(名義変更)は難しいです。
2 義理弟がご主人に返済できるのならば銀行にも返済が続けられるはずです。借用書なんか紙切れです。

 先の回答にもありますが下手に同情すると貴方の財産は無くなります。ホームレス覚悟ならいいでしょう。
『義理弟の嫁さんの実家に頼んでみたら』だけです。

投稿日時 - 2013-05-03 07:41:32

  「多額の借金」とは、ご主人の収入に対してですね。
兄弟でも、事業を起こせば他人です。援助や贈与ならかまいませんが、責任は絶対に避けるべきです。

取締役←借金や債権の支払い義務があります。

資金繰りが難しい状況になぜ,金を貸すのでしょうか?再起の可能性があれば、余裕の範囲(返してくれなくても困らない金額)で貸しましょう。←収入のお裾分け程度以上はしないことです。

担保に入れる時点で、手放す覚悟が必要です。手放せない土地を担保に入れた事が、世間知らずであり、義弟の再起の可能性は低いと考えます。

『代表取締役』は三者に損害賠償する責任があります。つまり債権者が裁判で貴方の財産を差し押さえます。貴方の住まいがなくなります。←報酬も貰っていないのに、財産が取られます。

大変失礼ながら、とんでもないアホが貴方のご主人です。更に,貴方が弟の借金の心配をすること自体が間違っています。莫大な資力が有れば別です。なぜ、取締役になったのでしょうか?←事情があったのでしょうが、今は取締役は直ぐに辞めるべきです。


  事情も有るでしょうが、直ちに取締役を辞任しましょう。債権者が押しかければ,買い取った土地も手放なさなければなりません。

  土地を手放しても、購入代金のローンは続きます。債権と土地のローンは別物になってしまいます。両方が主人に覆い被さります。

  義弟には大変都合の良い提案です。謝金の返済が少なくなるのです。貴方のご主人は踏んだり蹴ったりです。
  会社の借金を取り立てられて、その上にローンの返済が別に続きます。

  貴方のご主人が今後も、弟の経営に関与するなら、離婚も視野に貴方の将来を考えましょう。お子様がいればなおさらです。使えるお金がなくなれば,ご主人から優しさはなくなり、暴力も日常的になります。弟の会社の借金→貴方の家庭の破綻になります。
  
>どうかいい案がありましたら教えてください。

  共倒れは避けましょう。弟の会社と縁を切ります。生活保護も破産宣告もあります。民生委員も市役所で紹介してくれますので飢え死にすることはありません。 自民党の扶養義務法が通らなければ、貴方の財産が差し押さえられる事はありません。

弟の会社がつぶれる事は、あなた方ご夫婦に関係のないことですし、そう信じるのです。
今後の付き合いは、「お裾分けする」位の付き合いに徹しましょう。他人になるのです。共倒れは避けましょう。親族にきちんとした生計を立てている家庭(貴方の)がない家庭(弟夫婦と親)は、世間が相手にしません。

貴方は、貴方の家庭を守りましょう。ご主人の職業が記載されていませんが,実の兄弟であっても、考えられない兄弟関係です。話して分からなければ、お金がなくなった時は、更に分からず屋になります。
  


>資金繰りが厳しく、返済が難しいようで借入先から…

>取締役になっているようですが、事業には一切かかわっておらず報酬もゼロです。 

《会社の業務を執行する際に故意または重大なる過失(重過失)によって第三者に損害を与えた場合にもそれを賠償する責任が生じる(429条1項、旧商法266条ノ3第1項)。判例はこの責任を、第三者を保護するために認めたもので、一般不法責任よりも加重したものとしている(最判昭和44年11月26日民集23巻11号2150頁)。》

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%96%E7%B7%A0%E5%BD%B9


 大変くどくなりますが,そのほか、保証人になっていないかご主人に質しましょう。上限を決めた保証人なら、その額までですが、ただの保証人(連帯保証人)なら、弟の債務が全て貴方にかかってきます。←弟が夜逃げするかも知れません。

時効になるまで姿を消されたら、貴方の家庭は、給料も差し押さえられてしまいます。

投稿日時 - 2013-05-03 02:23:08

ANo.4

全く意味がわかりません。

義理弟は現状で返済が厳しいのに、
質問者さんのご主人が肩代わりしてくれたら
返す先が銀行からご主人に替わるだけなのに
なぜその分はきちんと返済できると言えるのか。

債務者本人と債務者の子供2人で払う能力があるなら、
現状で借入先にその3人で支払えばよろしい。
一旦ご主人が肩代わりする理由が見当たりません。

ご主人が余裕資金を持っていて現金で買うなら、
借入先への金利返済分を節約することもできますが、
ご主人が新たにローンを組むのでは
同じように金利がかかってしまい、
債務者はご主人に同程度の金額を返さなくてはいけないはずです。
何のメリットも見出せません。

どうしても援助してほしいのであれば、
土地の権利関係はそのままにして、
単に義理弟の銀行への返済に
ご主人が若干の上乗せすることを
求めればいいだけの話では。
(それを後で返してもらう)

そもそも、弟本人と家族で
ご主人に返済するだけの金があるのなら、
担保になっている土地を手放して借金を返済した上で、
その返済用の資金でどこかの借家を借りれば
問題なく生活できるのでは?

結局、若干の援助程度では嫌で、
土地はそのまま、会社もそのままで、
借金をすべてご主人に肩代わりしてほしい
と言っているだけにしか見えません。

一旦そうなってしまえば、
今後返済されるあてなど全くないでしょう。
ここで、ご主人が情に流されて強く出ずに
借金を引き受けてしまうのだとしたら、
後で返済を強く求めることもできないはずです。
結局土地を取り上げる以外に強く出る方法はないのですから。

いい案も何も、そんなおかしな話に
乗る理由など何もありません。

投稿日時 - 2013-05-02 22:49:09

ANo.3

<兄弟に一度土地を買い取ってもらい、月々債務者本人と、債務者の子供(2人社会人がいます)で返済する」
普通なら夜逃げでもするんじゃないですか と考えるのが一般的です
なぜなら謝金を返せる見込みもないのに事業を継続しょうとしている

<私の主人へ月々弟本人と家族とで返済すると言っています。
返さないといわないだけですよね

そもそも親族への貸し借りはさし上げるつもりがなければトラブルに巻き込まれるのは否定できません

投稿日時 - 2013-05-02 22:27:10

弟だけに、深刻ですね。

しかし、貴方たち夫婦がその巻き添えに成る確率が高いです。

身内だけに、何とかしてあげたいと思いますが、それをしたらもし(このもしはかなりとおもいますよ)倒れたら

貴方たちも、路頭に迷うと思います。

確かに、そこで役員かも知れませんが、報酬カットならそこは、ドライに行かないと、貴方たちが持ちません。

助けたい気持ちは、よく解かります。  しかし、それで足を引っ張られてどん底に落ちる人は沢山居ます。

これが他人の話なら、簡単ですね、もう断ればいいと思います。

で、身内だけに、悩むと思いますが、答えは    同じしかありません。

出ないと、返済に手を貸すという事は、貴方たちの資産を危険に冒す事です。

そこを、考えて下さい。  弟だから、、、、、  解ります。

しかし、無理して、無理して、赤字を膨らます経営者は沢山居ます。

ですが、アカンと、判断したら即早い決断が、弟にとっても、為でないかと思うのです。

謝金が、軽いならすぐに、今までの経験で、事業を新たに始める能力が有ると思います。

しかし、ここで無理をして、地獄を見る人が多いのです。

厳しい意見かも知れません。

しかし、ここでさらに泥沼に落ちる前に、廃業の選択は出来ないのでしょうか?

投稿日時 - 2013-05-02 22:02:55

ANo.1

>私の主人がローンを組んで担保になっている土地を買い取り、

審査が通ったとして

>私の主人へ月々弟本人と家族とで返済すると言っています。

できるのなら、銀行へ返済すればいい


結局ね?

ご主人が会社の借金を肩代わりして

弟の借金をチャラにするってこと

で、契約上弟とその家族は債務を追わない訳ですから

ご主人が全部かぶって自己破産でお終い

弟家族は、口約束を反故にして逃げてもいい訳です

>どうかいい案がありましたら教えてください

無駄な足掻きは止めて 傷に浅いうちに事業を精算すればいい

投稿日時 - 2013-05-02 22:01:14

あなたにオススメの質問