みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

受動態の書き方を教えて下さい。

参考書に次のような文が載ってました。

「地理を学習するときは常に地図を利用しなければならない。」

In studying geography constant use must be made of maps.

次に別解として、

In studying geography constant use of maps must be made.

という英文も載ってました。上の英文の語順の方が本解になってる理由を教えて下さい。

例えば上の例に習えば、

People took little notice of his warnings.

という文章を受動態にするときは、

Little notice was taken of his warnings.

が一番の正解になって、
Little notice of his warnings was taken.

は別解になるということですか?

投稿日時 - 2013-03-22 10:03:06

QNo.8005689

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

how careful のように,how は形容詞・副詞を引き連れる,というのは有名ですが,
How careful you are of ~のように,前置詞までは引き連れません。

そういう観点でここでも of ~を引き連れない方がいいです。

He takes (good) care of his parents.
His parents are taken care of (by him). 群動詞
これが受験英語の基本です。

(Good) care is taken of his parents (by him). これは応用パターン。

take care of
make use of
こういう群動詞の場合,
care of ~, use of ~の部分でまとめるということはしません。

もちろん,He made the house of his dog. のような英語なら
The house of his dog was made (by him). とすることになります。

これと同じ感覚で群動詞は扱えません。

http://ameblo.jp/pine-taka/entry-11443971917.html

すでに申し上げたように,take care of は群動詞として超代表で,
1のタイプを中心に勉強します。

だから,1のタイプを無視して,2が正解,3が別解というのはおかしいです。

take care of のことを考えれば
maps are made constant use of
が基本というのがわかると思います。

投稿日時 - 2013-03-22 18:16:51

お礼

回答ありがとうございました。解説は参考になりました。

投稿日時 - 2013-03-24 06:51:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

前後の文脈で変わります。

timely use of maps では無くて
constant use of maps が必要と言いたいなら
Constant use must be made of maps. がより適切です。

constant use of dictionary では無くて
constant use of maps が必要と言いたいなら
Constant use of maps must be made. がより妥当です

何れにせよ重箱の隅をつつく些細なテーマであり、こんな事を
問題にするのはもうやめにしたらどうですか。

投稿日時 - 2013-03-22 17:40:24

お礼

回答ありがとうございました。この説明も凄く納得しました。文脈抜きには英語は考えられないことがよく分かりました。

投稿日時 - 2013-03-24 06:48:15

>今回でも別解となっている,make に対して
constant use of maps でまとめて O で受動態というパターンと
(constant) use だけ主語にするパターン(3のタイプとしておきましょう)

ちょっと間違いました。

今回でも別解となっている,make に対して
constant use of maps でまとめて O で受動態というパターン(3のタイプ)
(constant) use だけ主語にするパターン(これは2のタイプです)

どうも3のタイプがわかりやすく感じるようですが,
受験英語的には説明されないタイプです。

投稿日時 - 2013-03-22 14:05:47

検索してみると,何かのセンター試験の問題集の並べ替え問題のようですね。
知恵袋を中心にけっこう同じ問題が質問されているようです。

#3 で説明した2のタイプはみんなどうもわかりにくいようですね。
今回でも別解となっている,make に対して
constant use of maps でまとめて O で受動態というパターンと
(constant) use だけ主語にするパターン(3のタイプとしておきましょう)

とにかく,of ~の部分は切り離すという2のタイプを理解すること。
They take good care of the child.
Good care is taken of the child.

でもなぜか,普通の群動詞の1のタイプが見過ごされています。
take care of は超有名でわかるんでしょうが,make use of でも同じことです。

Yahoo Answers で質問されているものでは1~3すべて可となっています。

ジーニアス英和辞典によると,
make use of O の受動態として
use を主語にする(2のタイプ),O を主語にする(1のタイプ)が可
とあります。

make use of でかたまりなので,
make / constant use of ~
とはしない,というのがすっきりしているように思います。

ただ,make /constant use/ of ~
という2のタイプもある。

constant がある分,この2が自然になる,というのはすでに申し上げました。

なんで,群動詞タイプが見過ごされるんだろう。

投稿日時 - 2013-03-22 13:59:52

お礼

回答ありがとうございました。要するにof~は主語として引き連れてきてはいけないということですね?

投稿日時 - 2013-03-22 14:35:20

群動詞の受動態ですね。
speak to ~,laugh at ~,take care of ~が高校で習う三大群動詞の受動態です。

1 take care of で群動詞
He takes care of his parents.
His parents are taken care of by him.

2 care で受動態
Care is taken of his parents by him.

2の場合,Good care is taken of his parents by him.
のように,good のような形容詞がつくことが多いです。

今回は make use of ~で「~を利用する」という群動詞です。
constant という形容詞があるため,
Constant use must be made of maps. という2の形も自然です。

>constant use of maps must be made.
これは誤りです。
1のタイプなら maps must be made constant use of となります。

下の例なら
Little notice was taken of his warnings.
または
His warnings was taken little notice of.

最初に三大と申し上げたように,高1で take care of を習うと思います。
基本,これで群動詞という1のタイプを教えます。

2のタイプは今ではあまり教えませんが,形容詞がはさまると
語調的にも2のタイプを使うことが多くなってきます。

その参考書は誤りです。何の参考書でしょう。
こういう of ~は前に引き連れず,後ろに残ります。

投稿日時 - 2013-03-22 10:49:25

お礼

回答ありがとうございました。僕はこの問題は桐原書店の英語頻出問題総演習(上垣暁雄)で見ました。別解は明らかな間違いなんですか?

投稿日時 - 2013-03-22 14:26:34

ANo.2

1. In studying geography constant use must be made of maps.
2. In studying geography constant use of maps must be made.

基本的に、受動態の言い方は文脈によって決まることが多いものです。文脈なしに、文を持ってきて正否を問うのはまずいことも多々あります。
1の文は、constant use must be madeという部分が核になって、最後にmapsのーーとくっつけています。mapsを最後に持ってくることによって、次の文への展開でmapsをtheyで受けて、They ...とかするときは、1の文がいい場合もあります。
2の文は、たとえば、... costant use of maps must be made. Sometimes this may be more important than use of textbooks. みたいな比較なら、use of mapsとuse of textbooksが対比されますから、2の文にすべきです。

この文を受け身で言うのは堅苦しく、あまりおすすめはできません。
You must make constant use of maps in studying.
のように、人を主語に置く方が英語らしい表現だと思います。しかし、これもあくまでも文脈によりけりとしか言いようがありません。


例えば上の例に習えば、
People took little notice of his warnings.
という文章を受動態にするときは、
Little notice was taken of his warnings.
が一番の正解になって、
Little notice of his warnings was taken.
は別解になるということですか?
→どちらが一番とかは、文脈によるわけですから、一概に言えません。

以上、ご参考になればと思います。

投稿日時 - 2013-03-22 10:47:55

お礼

回答ありがとうございました。凄く納得しました。自分は英語を言葉としてでなく、学習科目としてしか見ていないからダメなんだと気づきました。

投稿日時 - 2013-03-22 14:15:29

ANo.1

学校文法的にはどちらも遜色なく正解です。

英語の流儀として長ったらしい主語は好まれない、

あるいは音韻的に不愉快という理由から

別解になっているに過ぎません。

投稿日時 - 2013-03-22 10:16:51

お礼

回答ありがとうございました。明快な理由で納得できました。

投稿日時 - 2013-03-22 14:01:05