みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

父と縁を切りました

祖母が大切に守ってきた実家の土地を父に売られてしまいました… 元々古いアパートが建っていて(戦後祖母が叔母と一緒に建てる)祖母が無くなり土地は借りていた土地で半分あげるから半分返してくれと大家さんに言われて父が7割よこせと駄々をこね、ようやく6割で解決し兄と強力して新しいアパートを建てて父に1室すんでもらいアパート収入を得ようと考えていました。兄が休日は走り回り打合せしたりしてようやくプランが出来上がりそうな時に父に土地を売られてしまいました。電話して説得するも「ほっておいてくれ」しかいわず縁切ると言っても「いいよ」でした。今日兄と姪とわたしで父に絶縁を言い渡しにいきました。兄が「もう二度と来ないし面倒はみない。死んだ後のことも知らないからお寺に相談して決めておいてくれ。来週には自分達は除籍する」と…父は「わかった」「わかった」と聞いていましたが涙ぐんでいました。私も涙が出てきて…「お兄ちゃんこんなに怒らせていいの?」って言ったけど黙ってました。 私達はそれだけ言って去りましたが、子供から絶縁宣言をされた父はどういう気持ちなのでしょうか? ちなみに父は私達が小さい頃から借金、浮気を繰り返し最近母と離婚しました。祖母がお金があり借金はなんとかなりましたが、収入源の土地を売られてしまっては土地を売ったお金が無くなったら私達に頼るのは目に見えています…私達は家庭もあり子供もいるので頼られても困るのでアパート収入で暮らしてもらおうと思っていたのに、まさか土地を売られてしまうなんて思ってもいませんでした…

絶縁宣言して「わかった」と言っていましたが父はどんな気分なんでしょうか?子供、孫にもう二度と会えなくても大金が手に入れば私達はどうでもいいんでしょうか?

皆さんはどう思いますか?

投稿日時 - 2013-03-17 00:27:59

QNo.7997052

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

自分から絶縁したかとのご質問ですので、お答えしますと、自分からしました。

私の場合は家督の相続の件で家族中が奪い合い、憎み合う様な状態でしたので貴女のお宅と若干事情が違いますが、私はその状況から離脱したかったからです。

家も土地も親の財産も家族も親戚も皆要らないと思いました。

親兄弟、子供や孫に囲まれて暮らす事は100%喜びだけではありません。家督や財産や生き方に意見の相違があれば、囲まれて暮らす事によるストレスも生まれます。

普通はストレスより喜びが勝るので多くの人達は家族を持つ事、家族と家族であり続ける事を選択しますが、稀に私の様に喜びにストレスが勝る者も出て来ます。

ご質問の文面から推測するに、貴女のお父さんは既に理性でストレス(欲望と言い換えても結構です)を抑える事が限界に達し、環境を変えたいと考えていると思われます。

通常、環境を変える時には自分の生き方や考え方を自省する事とワンセットでアイデンティティを保ったまま生活態度や暮らしの態様が変化して行くのですが、貴女のお父さんの様に自分が変わる事(これまでの生活態度や考え方を反省し生まれ変わる事)を拒否して回りだけを自分の都合のいい様に変えようとすれば当然周囲と衝突し、結果として今回の様に一度手放せば二度と手に入らないもの(今回の場合は祖母の土地の活用の話)を壊す事で強制的に自分の意思を通そうとする事になります。

これは一般に『破滅型(はめつがた)』と言われる生き方で、ある物が自分の手に入らないと分かった時、それが他の人の物になる位なら無くしてしまえと言う発想で、この時点で貴女のお父さんには貴女方と『共に生きる意志』が無くなっていると言う事を意味します。

心身を病む様なストレスを抱えて暮らす事は親にも子にも不幸です。絶縁すれば親にはそれも不幸でしょうが、少なくとも子の方はストレスから開放されて平常の精神を保てるなら、両方不幸なままよりまだましだと思います。

親の行状に付き合って、子や孫まで不幸になる必要はありません。絶縁は正解だったと思います。

ちなみに『お父さんの涙』ですが、子と絶縁する事による悲しみの涙でしょうか?
私にはそう思えません(もちろん多少はそれもあるでしょうが)。
おそらくそう言う破滅型の選択をした自分に対する悔し涙や、自分がそう言う精神状態に有ることを周囲に理解してもらえない事に対する悔し涙の様に思えます。

もちろん、そんな『究極のわがままな涙』など理解してやる必要も無いと思います。へたな同情はさらなる不幸の呼び水とご理解下さい。放っておくのが一番とは、そう言う意味です。

今でも思い出すかについては『憶えてはいるけれども考えない事にしている』といったところです。
一人で生きて行くと覚悟を決めれば、さして難しい事ではありません。

投稿日時 - 2013-03-17 09:16:36

お礼

御礼が遅くなり申し訳ありません。温泉さんが言われる通りだと思いました。父は私達と縁を切りたかったのかもしれないと考えれば気が楽になりました。破滅型…その通りだと思います。まぁ、それが父の人生。楽して生きてきて会社のお金を横領して捕まり、愛人に借金をしてヤクザに来られ逃げて母に払わせて、今度は母に捨てられたら眠れないとかほざきやがって…

私も父は死んだと決心つきました。 あとは自分の選んだ道を進めばいいですね。

温泉さんのコメントのおかげでスッキリしました。家族といることばかりが幸せではないのですね。本当にありがとうございました

投稿日時 - 2013-03-23 09:25:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

>>来週には自分達は除籍する」と

え!!
あなた方が、結婚しているなら既に除籍されているのでは?
それ以上どうしようと、言うのでしょう。

それはさておき。
縁を切ったなら、放っておく・・NO1さんが言う通り。

>>皆さんはどう思いますか?

どうも思いません、その様な人生もあると言うだけです。
人それぞれ。

また、長く生きていると、想像を絶する事が起きます。
今回の事はその様な事の一つ。

あ、ちなみに我が家は長兄が、ばくちにのめり込み、先祖伝来の田畑を手放しました。
どうしようもないお人でした。
世の中結構良くある話。

投稿日時 - 2013-03-17 02:28:22

お礼

回答ありがとうございます。 除籍すると言ったのは兄です。でも長男って籍抜けないみたいですね…何かあったら兄のところへ行くのかと思うと気の毒です。世の中よくある話と言われ思い出しましたが姑さんも元旦那に勝手に土地売られてました(*´∇`*) アハハ

投稿日時 - 2013-03-23 08:50:05

似たような話はあるものですが、うちの場合はもうちょっとひどいです。

私の弟が結婚し、老朽化した実家を二世帯住宅に建て替えようとしました。
三階建てにしてワンフロアを賃貸にする計画でした。
ところが父がこの計画に異論を唱え揉めに揉めました。
今思えば最初から弟は他に自分の家を建てれば良かったと思いますが弟にしてみれば両親の老後を思ってのことでした。
話し合いも何度も試みましたが父は聞く耳もちません。
仕方なく揉めながらも着工し、着手金なども支払ったものの、なんとそれが不良業者でなかば詐欺でした。
工事はいつまでも進まず難航し、ついに裁判沙汰に。
さらには父が弟を訴えたのです。父名義の土地と家に勝手に手をつけたと言う事で。
父名義と言ったって若い頃に無収入状態だった父を母が支えたからこそ手に入った家です。

結果的に弟は自己破産を余儀なくされ、父は土地を売りその全額を持って姿を消しました。
母には一銭も残されないまま、父と母は離婚しました。
こうして話をまとめると弟に非があったと思われるかも知れません。
でも私達家族の心情としては過去の父への悪感情もあり、父に味方する者は誰ひとりいませんでした。

以来、父とは縁が切れています。もう20年近くになります。
私が第一子を出産した病院がたまたま父のかかりつけでもあったので一度だけ病室に来ました。
それが最後です。孫がいることわかっていてもその後会いに来ようともしません。
その後第二子が生まれ、弟夫婦にも二人の子供が生まれてますが父は知らないでしょう。
母の面倒は私と弟でみています。
弟もブラックリスト期間を過ぎて他の町に自分の家を持ちました。

父がいなくても何も困ったこともなければ誰も後悔していません。
父がいなくなったおかげで皆が笑顔で平和に暮らしています。
父の葬式の報せがどこからともなく来たとしても誰も行かないでしょう。

<孫にもう二度と会えなくても大金が手に入れば私達はどうでもいいんでしょうか?

少なくともうちの父はそうでした。

投稿日時 - 2013-03-17 02:20:52

お礼

ありがとうございます。少し似ていてビックリしましたが、やはりよくある話しなのですね。父は兄嫁に嫌われており二世帯は考えてもらえず… ただ、兄は実家と奥さんの実家の間に家を買い父の面倒もみるつもりでいたのに可哀想です。でも、言われるとおり私達も葬式にもいくつもり無いですし、借家から荷物片付けるように言われたら「保証人無しで勝手に貸したんですから知りません」と突っぱねる予定です (^-^)v お金で縁が切れてむしろよかったと考えられるようになりました。回答本当にありがとうございました

投稿日時 - 2013-03-18 13:58:31

お金を愛した人は家族でも金蔓にしか見えてないのでは…?だからどうでもいいから土地を売りその金はい父が持って いるんでしょ? そこまでひどくはないですがうちも子供のが稼いだ金は父のものですよ…人間ってめんどくさいなぁ~

投稿日時 - 2013-03-17 01:21:17

お礼

本当にそのとおりです。家族さえも金蔓でした。自分の車の車検が切れて母の車を乗り回し、女をのせていたらしく子汚いブローチが母の車に置いてあったみたいで母も激怒。しかも遊ぶお金がなく母に「金貸せ金貸せ」と煩かったようです。
こんな男と縁が切れてせいせいしたと思います。回答ありがとうございました

投稿日時 - 2013-03-18 00:37:55

縁を切ったのなら放って置きなさい。それが『縁を切る』と言う事です。

『土地を売ったお金が無くなったら私達に頼るのは目に見えています』との事ですが、縁を切れば頼るも頼らないもありません。頼ってきたら『今更何をしに来た』と突き放せば良い事で、それが出来ないなら『縁を切った』とは言いません。逆に言えば『縁を切る』とはそう言う事です。

『頼られても困るのでアパート収入で暮らしてもらおうと思っていた』のはあなた方の勝手です。
お父さんが『アパート収入で暮らして行きたい』と言っていましたか?

放っておきなさい。
それが最善手です。
電話を掛けたり様子を見に行ったりしてもいけません。この世に居ない者と思って一切の通信を絶つ事です。

それが本人にとって不満なら、必ず向こうからアクセスが有ります。

無ければ死ぬまで放っておきなさい。それが彼の望む死に方だと思います。
決して興味本位やあてずっぽうで言う訳では有りません。私もまたそれと同じ様な人生を歩んでいるからです。

今一度言います。放っておきなさい。それがベストです。

投稿日時 - 2013-03-17 00:54:16

お礼

本当にそのとおりですよね…私も携帯も変えて、一軒屋を結婚して買いましたが今は引っ越しを考えています。そのくらい父とは金輪際関わりたくないと思っています。ただ…兄が絶縁を言い渡した時の父の目に涙が浮かんでいて、思い出しても涙がでてきます。父の目を見なければよかったです。でもおんせんさんの言葉、父の望む人生なんだと考えたら気が楽になりました。お聞きしてもいいですか?おんせんさんは自分から絶縁されましたか?たまに相手を思い出しますか?

お金より私達が大切なはずと思ってきたので裏切られたのはショックでしたが現実と思い前を向いていきます。回答ありがとうございました

投稿日時 - 2013-03-17 01:49:31

あなたにオススメの質問