みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

外車(AT車)で長時間停車している時のシフトチェンジについて

先日中古のゴルフ(94年式・AT車)を購入したのですが、販売店の人から「国産車と違い、外車はギアが痛んで故障の原因になりますから、(信号待ちなどで)長時間停車している時などでも、ギアをニュートラルに入れるのはやめた方がいいですよ。」と言われました。
その後行ったDUOの店の人にそのことを聞いたところ、「外車に限らず、国産車でも同じですよ。」と言われました。

自動車学校で習った、「長い間停車している時に、ギアをニュートラルに入れて、サイドブレーキを入れて、ブレーキペダルを外す」というやり方は使わないほうがよいのでしょうか?
停車中に誤ってブレーキペダルを緩めてしまい、前の車に追突するのを防いだり、右足を自由にしたい時などに上記のやり方を行いたいと思ったのですが。

もしダメだとしたら、他にやり方があるのでしょうか。
初歩的な質問かもしれませんが、車初心者なもので、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2004-03-07 23:02:10

QNo.799688

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

VWのAT車の場合ギアなど痛みません。国産車とは基本的に部品強度が違います。
嘘だと思ったらネジを一本折ってみたら?
ドイツ車ではネジが折れて抜けないとか、錆びて抜けない言う事は有りません。排気系でも国産のように困りません。

中古車買ったらATオイルが劣化してないか?ドライブシャフトジョイントブーツ(タイヤの裏側)が切れていないかを見てください。

オイルの劣化でDレンジに入れたときのショックが大きくなります、そのまま乗っていると油圧で動くシフトコントロール部分が壊れます。ギアは壊れません。
ドライブシャフトジョイントはショックを受けるとガタが大きくなりブーツが切れる場合が多いです。

オイルが劣化しているとギアを入れるショックで故障する場合があるのですが、ギアを入り切りすると壊れるように解釈されたようです。
オイル交換は技術のある指定工場でストレーナーも交換をお勧めします。
ヤナセとDUOでは技術が違います。ヤナセ扱いか際どい年式ですね。

VWは20万キロくらい現役です。定期交換部品はしっかり交換して、気持ちの良いカーライフをお楽しみ下さい。

ブレーキペタルは左足で踏んだ方が楽チンです。坂道発進や狭い場所での切り返しも何のそのです。
交差点や徐行箇所では左足を準備していれば空走距離が少なく短い距離で止まれます。
信号待ちでは右足が休めます。

投稿日時 - 2004-03-14 11:29:44

お礼

ご回答ありがとうございます。
ドイツ車の部品は強度が違うのですね。
オイルの劣化には気をつけたいと思います。
VWに長く乗って、気持ちの良いカーライフを楽しみたいと思います。

投稿日時 - 2004-03-17 23:05:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

シフトゲージを頻繁に " ガチャガチャ "と動かして、
故障する確立が高いのは、ギアの破損も考えられますが
それはミッションが悲鳴を上げる様なシフトをした時位
です。 通常では内部ギアが破損する事はまずないです。

考えられる故障は、A/Tはご存知の通り油圧で作動制御
を行っています。 故に数々多岐にわたりオイルをシール
するゴム製部品(オイルシール・Oリング・Dリング)が
使われており、頻繁に稼動する部位のシール部品が磨耗や
切れを起こしそこよりオイル洩れを起こす可能性が
あります。

しかしこれも異常といえる稼動をすれば、可能性があると
いうレベルのものです。

ただ、Nレンジ→Dレンジへは他のポジションと異なり
オイルの流量変化が多くショックが大きいので
ここのレンジの繰り返しはあまりお勧めできません。

長文失礼しました。

投稿日時 - 2004-03-16 17:55:34

お礼

ご回答ありがとうございます。
A/Tのゴム製部品の磨耗や切れにも故障の原因があるのですね。
N→Dへのチェンジはオイルの流量変化が多く、ショックが大きいみたいですので、頻繁なレンジの繰り返しは避けたいと思います。

投稿日時 - 2004-03-17 23:50:52

ANo.10

はじめまして

最近の輸入車のATであれば、日本製が多いので、通常の使い方で特に問題はないと思います。

しかしながら、古めの輸入車のATですと、気を使う必要はあると思います。94年式のゴルフは、どこのメーカーのAT(自製かもしれません)を使っているかわかりませんが、BMWなどのZF社や米国の輸入車では、一度、Dレンジに入れたら、極力そのままにホールドするほうがいいと言われています。
DやNにシフトをこまめにチェンジしていると、Dにしたときに、ミッションがワンテンポから2テンポ遅れて入るようになり、そうなると、オーバーホールに出すだす必要があるからです。

話は変わり、15年前に、ルノー21という、超マイナーな車を新車で購入して、乗っていました。しかし、5年後に廃車。

理由は、ルノー21のATが壊れて、全部取り替えるのに100万以上かかるため、あきらめました。
原因は、ATオイルを冷やすのに、エンジンと共用の水冷方式を採用しているため、そのATオイルクーラーが腐食して、AT内に水が浸水したためです。一度、オーバーホールをしたのですが、AT内に腐食をしていたので数ヶ月で動かなくなりました。

このAT自体は、VWとルノー共同開発で、一部のVW社でも使われていました。(多分、ゴルフは、完全新設計の自社製だと思いますから、大丈夫だと思います)

今は、ほかの輸入車を乗っていますが、日本製のATなので、減速や加速に、マニュアルのように、使っています。

でも、それでも、私自身は信号待ちの時は、Dに入れっぱなしです。

書いていて思ったのですが、ATなど、よく踏み外して事故になる記事を見たことがあります。

教習所で、「長い間停車している時に、ギアをニュートラルに入れて、サイドブレーキを入れて、ブレーキペダルを外す」は、MTの時の方法では最適ですが、ATだと、少々不安です。

MTの場合、もし、仮に、間違ってアクセルペダルを踏んでもエンストしたり空ぶかしするだけですが、ATだと、大事故につながる可能性があります。

そういう意味では、ATは、極力、ブレーキを踏だまま停車していたほうが、間違ってアクセルを踏み違える危険がないかもしれません。(仮定ですが)

投稿日時 - 2004-03-16 12:41:35

お礼

ご回答ありがとうございます。
94年式のゴルフのATがどこのメーカーのものか、調べてみようと思います。
(ご存知のかた、いらっしゃいますか?)
停車中にブレーキを踏んでおくことにより、間違ってアクセルを踏んでしまうのを防止する、という意味もあるのですね。

投稿日時 - 2004-03-17 23:39:45

ANo.9

国産、外車に限らずATの仕組みは同じですし同じ大きさで作ろうと思ったら強度も必然的に同じになってきます。なので、国産、外車はあまり関係がありません。しかも、外車といえどもAT自体が日本製なんてのは良くあります。アイシンのATはトヨタからポルシェ、VWまで幅広いメーカーで使われています。

さて、本題ですがこれは程度問題ですが、長時間ならNにした方がいいと思いますよ。最近のATは停車時には自動でNに入ります。燃費向上のためです。最大30%と向上するらしいです。

しかし、10秒や1分程度の停車の度にNに入れていたのではATに負担がかかります。信号を見て長引きそうならNへ入れましょう。
ようは、Nに入れてもいいけどほどほどに。ということです。そんなに簡単に壊れる物ではありません。しっかりATFも交換してあげてください。

あと、絶対にやってはいけないこと。Nで吹かしたままDに入れないでください。一発で壊れます。

投稿日時 - 2004-03-16 12:22:53

お礼

ご回答ありがとうございます。
Nに入れたほうが燃費の面で良いとは知りませんでした。
他の人も述べているように、ATFの交換は重要みたいですね。

投稿日時 - 2004-03-17 23:16:00

ANo.7

まあ気分によってやったりやらなかったりしますが、

私は長い信号待ちなどでは、両足で踏んでることもあります。

エコノミークラス症候群ではないけど、その時右足は休めるし、左足も普段とは違った位置に動かせるので、私は結構好きなんですけど・・・。

投稿日時 - 2004-03-10 13:25:54

お礼

なるほど!
そういうやり方もあるのですね。

投稿日時 - 2004-03-10 22:56:57

ANo.6

メカのことは詳しくない+長距離ドライブをしないので一般論ですが。
後続車への注意喚起という意味からもフットブレーキ使用が最善かと思われますよ。

投稿日時 - 2004-03-08 10:28:58

お礼

ご回答ありがとうございます。
後続車への注意喚起の意味からも、やはりフットブレーキ使用は必要ですよね。

投稿日時 - 2004-03-09 23:08:44

ANo.5

私もVWに乗ってますが、Dのままでブレーキ踏んでます。
ただし知人がその状態で追突されて前の車に当たった時、自分が原因ではないのに、かなりの%「悪い」ということになってたので、しっかり踏むようにはしています。
頻繁なシフト操作はしない方が良いのではないでしょうか。

投稿日時 - 2004-03-08 00:49:24

お礼

ご回答ありがとうございます。
Dでブレーキを踏んだ状態で、サイドブレーキを引いたとしても、追突されて前に動くのを防止するのに効果はないのでしょうか?

投稿日時 - 2004-03-09 23:06:24

ANo.4

g_g

そもそも変速機は変速する度にショックがかかりますから、痛むと言えばその通りです。
しかし、変速機は各ギアへの変速が仕事ですから、普通に変速することでは壊れない様に設計しています。
ただ、ニュートラルへの切り替えは、各ギアへの変速よりも頻度が少ないとの前提があるので、厳密には耐久性は劣ります。

よって、
1.各ギアよりもニュートラルへ入れるのは耐久性から言えば好ましくない。
2.減速機の性能では日本製が世界一。故に国産車よりヨーロッパ車の方が劣るとの意見は妥当。

ですが、普通に使う分には壊れたということは聞いたことがありません。
ニュートラルとドライブをガチャガチャ切り替える耐久試験でもやるのでしたら別ですが、普通に使う分には特に意識しなくても良いのではないでしょうか。

停車時に、長くなりそうな時はニュートラルにしてサイドブレーキにするのは、私もやります。フットブレーキではつい力が抜けて車が動くことがありますからね。特に渋滞の時などは、ニュートラルを使用します。

十年も前の車ですと、そういう問題もあるかもしれませんね。ですが、壊れる時は壊れます。ニュートラルへ入れることは、普通の使い方ですから、気にしてもしょうがないと思いますけどね。

投稿日時 - 2004-03-07 23:52:43

お礼

詳しく説明していただき、ありがとうございます。
外車はギアが壊れやすい、というのは国産車と比較して、という限定であって、普通に使う分にはあまり意識する必要はないみたいですね。
ただし自分の車は十年くらい前のものですので、その辺は気をつけたいとは思います。

投稿日時 - 2004-03-09 22:59:17

ANo.3

基本的に、信号待ちなどの運転中の停止中は、フットブレーキで制動をかける。
(追突されたときの前方への飛び出しと、衝撃の緩和のため)
信号待ちでパーキングへのシフトとサイドブレーキをかける方がいますが、とっさの時、誤操作したりしますので、安全面から避けた方がいいです。

AT車は、どんな車でもレバーをカチャカチャすると傷んでいきます。

渋滞などで長時間の停車が見込まれる時など以外はフットブレーキで停車した方がよいでしょう。
心配ならばサイドブレーキ併用ですね。

投稿日時 - 2004-03-07 23:12:33

お礼

ご回答ありがとうございます。
信号待ちでパーキングまでシフトする人もいるんですね。
追突されたときの飛び出しのことを考えてなのでしょうか?

投稿日時 - 2004-03-09 22:50:29

ANo.2

私はDのままブレーキを踏むように教わりました。
その方が発進する時にすばやく出来るので後続車に
迷惑がかかりません。またミッションを痛める
こともありません。

投稿日時 - 2004-03-07 23:08:55

お礼

ありがとうございました。
自動車学校によって、教え方が微妙に違うのですね。
ご回答のようにする場合は、サイドブレーキも引いておくのが基本ですよね?

投稿日時 - 2004-03-09 22:41:05

ANo.1

私はATの車でもミッション車なみのギアチェンジしまくって乗っています(今の車も昔の車も)
結構丈夫だと思います。壊れたことがありません。
20万キロ乗るというのでなければ、それほど気にせずいい問題と思います。

投稿日時 - 2004-03-07 23:08:01

お礼

早速のご回答ありがとうございます。
ko-poohさんはどんな車に乗っているのですか?

投稿日時 - 2004-03-09 22:43:08

あなたにオススメの質問