みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

裁判で心証を悪くせず審理をして貰う為にどうすれば

心証を悪くせず十分な審理をして貰う為にどうすれば?
 私は大阪で、専用機(生産設備)の機械設計を約20年間仕事にしてきました。リーマンショック後、夢であった果樹農園を経営する為に約3年(資金を貯めるのに10年以上)を掛けやっと40アールのブドウ園で新規就農し、初めての収穫が目前にきた時に下記事故事件に遭い、収穫するブドウも資金も職も新規就農支援者や農業関係者の信頼も失って無職になりました。
 2011年5月15日日曜日に、自家用車(2008年11月新車のエクストレイルクリーンディーゼルをメンテプロパック車検前までの定期点検付きで購入)で三重へ仕事に向かう途中の名阪国道で、フェラーリ348が暴走し私を無理に追い越し、私の目の前でスピンしてガードレールに衝突する単独事故を起こし、フェラーリが落した部品(バッテリー等)と私は衝突しました。バッテリーはエンジンルームのアンダーカバに当たり破裂してバッテリー液が車に付着します。
 事故当日に車を購入した会社の私を担当する営業マンが居る店舗(修理工場)へ相談に行き、保険会社との立会いをお願いしたところ、立会いの結果や修理の見積りなど内容のある連絡返事が貰えなくなり、一日社外で連絡できませんでした。また連絡します。等のメールばかりで話し合いができなくなり、結局見積りも説明もなく保険会社と勝手に話を進められ無断で修理、中止の要請も見積りや説明の求めも無視され、不当な修理を完了され代車を返却させられます。
 私は、これまでの経緯を文章にしてもらえたら不当な修理費でも支払うと言ったのですが拒否され、車を返却してもらえなくなります。
 そして修理代金184万円の支払いを求める裁判を起こされ、被告とされ一人で大阪地裁で裁判を闘っています。
 修理工場は、フロントガラスがバッテリー液であちこち溶けて窪んでいるような状態で交換した事が原告の準備書面で初めて説明され、事故当日は日曜日で保険会社の担当者も決まらないなか、修理範囲は修理に掛かってみないと分からないと説明したうえで修理しますかと尋ね、私は何の質問もせず「全てお任させします。支払いは加害者がする。」と言ったと嘘の主張をなされ、修理範囲は修理しない分からないので、保険会社には見積りを提出しているのに、私には見積りはできない修理だと、私には理解できない主張がされます。
 私は事故以前から、仕事の関係でガラスや耐薬品性の高いプラスチックはバッテリー液(希硫酸)や濃硫酸に侵され無い事を知っていました。簡単な例で言えば、小中学校の理科の実験で硫酸はガラス瓶に保存されています。バッテリーのケースはプラスチックでできています。裁判でも同様に主張して、証拠の収集を急いでいるところです。
 事故当日もガラスが溶けると言われ、そんな馬鹿なと感じ、修理の具体的な説明もされないので修理を依頼する段階では無いと判断して、私は保険会社との立会いとその結果を教えてもらう様にお願いして、代車の手配をしました。
 裁判では、フロントガラス以外にも、私が被害確認した時に被害が無かった左右のサイドガラスやアルミホイール3個やその他ライトやミラー類なども被害があったとして、交換されている事が準備書面で説明されました。
 私は、ガラスや耐薬品性のあるプラスチックは、バッテリー液(希硫酸)では溶け無い事を証明する必要があります。でも、自分で説明しても、修理工場の弁護士も裁判所も聞く耳を持って頂けず、証拠になる技術的な文書や第三者の技術的な証言が必要になっています。それも、化学に無知な者に対してでも分かりやすく、納得させられるものが求められると考えていますが、思うようにいかず困っています。
 自動車用のガラスやバッテリーのメーカー数社に質問・回答を求め、全てでガラスは溶けない溶かさないと回答は頂けましたが、全ての企業で、回答を裁判や第三者に開示利用する事は許可できないと断られ、証拠とする事ができずにいます。
 そんな状況で、裁判官は事実関係を明らかにすること無く、法的にこうだといった説明もせず、私の全ての申立(事故当日の原告と私の通信記録や原告と保険会社の交渉の記録などの文書送付嘱託の申立)を預かりとしたうえで、私の主張は判決を左右しないので支払いを命じる判決を出すしかないと言われます。
 原告の求めに応じて修理代金を支払い和解するのが一番良いと強く求められ、和解案を呑めない理由を説明したところ裁判に迄なっているんだ、即答するな次の期日(第5回)までよく考えろと言われます。
 双方の準備書面の提出だけの段階で書面の内容を話し合う事も無く、原告被告双方の証拠調べ原本の確認等もまともに行われないまま、第1回口頭弁論から被告の答弁書は争点でないものが多く判決に影響しないと言われ、第2回では原告の準備書面(答弁書の反論)は後にまわす、修理契約の成立についてのみの準備書面を再提出する様に原告に求め、第3回で原告準備書面2の事故当日に私が「全てお任せします。」と修理を依頼した。といった証言と修理内容の説明を原告担当者の陳述書と共に提出されます。
 私は第4回で原告準備書面2について反論するように求められ、修理契約は無かったと主張するだけでは今後不利になると考え、争点では無い修理内容についてガラスは溶けない等の反論しますが、前述の様に、支払いを命令する判決を出すしかないので支払って和解するよう求められ、原告の不当な行為やこれまでの経緯を証言できない様な形で裁判が進められて困っています。

 このような裁判の場合、裁判官の心証を悪くしないで、自分の主張に目を向けてもらうために、どの様なアピールをすればいいのか?アドバイスをお願いします。

投稿日時 - 2013-03-09 05:10:22

QNo.7983877

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

この裁判の争点は、修理契約が成立したかどうか、仮に修理契約が成立していたとしてもどの範囲での修理契約が成立したのか、ですよね。
修理契約が成立していた、しかも「全てお任せします」という形で、全範囲での修理契約が成立していたということなら、貴方の負けです。

貴方としては、「修理契約は成立していなかった。全てお任せしますなどと発言した事実は全くない。」と準備書面で主張する必要があります。

修理契約は成立した、「全てお任せします」などと発言したという事実は、原告の修理会社が証明責任を負っているからです。

「バッテリ液ではガラスは溶けない」という事実は、「修理契約は成立していなかった。全てお任せしますなどと発言したことは全くない」という貴方の主張を基礎付ける間接事実になります。

「自動車用のガラスやバッテリーのメーカー数社に質問・回答を求め、全てでガラスは溶けない溶かさないと回答は頂けましたが、全ての企業で、回答を裁判や第三者に開示利用する事は許可できないと断られ、証拠とする事ができずにいます。」

とありますが、もしそのようなメーカーからの手紙があるのなら、私見ですが、上記の間接事実の証拠として、裁判所に提出して問題ないと思います。それは、客観的・科学的な事実であり、個人のプライバシーや企業秘密とは関係ないからです。その手紙の主(企業)が裁判に出さないでくれと言っているそうですが、裁判に出してはいけないという合理的理由はない、と思います。

投稿日時 - 2013-03-10 11:47:16

補足

質問者です。

各メーカーへの問い合わせは、メーカーのホームページ上から質問したもので、ホームページの質問コーナーの利用規約で、回答を第三者に提供しない事や二次利用しない事とされており、裁判所提出は著作権侵害にならないと聞いたので、私から各メーカに再質問して、裁判所と原告弁護士に提出させて欲しいとお願いしたのですが、全ての企業でダメだという回答で、提出を控えている状況で、図書館やインターネットで取得した情報を証拠にしようと調べているところです。

投稿日時 - 2013-03-11 08:34:21

お礼

ご親切丁寧に、ご相談に回答頂きありがとうございます。

修理契約については、答弁書と準備書面1で否認して、修理契約は無いと主張しました。

原告が証明責任を負っているはずなのに、証拠は原告担当者の嘘の陳述書だけなんですが、私が負けると裁判官はそればかりで、困っています。

その他に、原告の準備書面のなかに、
事故当日の日曜日に、私が保険会社と交渉して、修理費用と代車費用は加害者の保険で支払われる。と言って、原告は保険会社に確認して、被告が原告で修理を依頼した事を確認したなど、嘘の主張がされました。

自動車部品メーカーへの質問も回答もメールですが、私も裁判に出して問題にならないと思っていますが、自動車メーカーをトップに原告と繋がっているので、証拠書類の提出で、自動車メーカーとの関係が悪くなり受注が減った等の訴訟を起こされないか心配しています。

ちなみに、私の自動車のメーカー(N自動車)に、原告とのトラブルを隠して質問したのですが、裁判に関係する事には、その質問の内容に関わらず対応しないと言われました。

私は、事故現場で、ガラスやプラスチック部品は溶けないとして塗装された部品の付着写真しか残しませんでした。
原告は、部品も保険会社に提出した被害写真も、1枚も残ってないとしています。

私のプロフィールのWEB、裁判所に提出した事故現場での被害車両の写真等があります。
よければ覗いてみて下さい。

投稿日時 - 2013-03-11 02:17:38

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

 例えば、御相談者が、私の所有する自動車のフロントガラスにバッテリー液をかけたこによりガラスにくぼみが生じてガラス交換を余儀なくされたことを理由に、私が御相談者に対して損害賠償請求をしたとします。
 これに対して、バッテリー液をかけることによりガラスにくぼみが生じることは化学的にあり得ないことを、御相談者が主張するのであれば理解できます。なぜなら、バッテリー液をかけたという行為とガラスにくぼみが生じたという結果に因果関係があるか否かという、不法行為による損害賠償請求権の要件に関わる争点になるからです。
 しかし、修理契約においては、バッテリー液か原因かどうかは重要ではないですよね。原因はともかく(バッテリー液でも、小石でも、車の破片が原因でも)、フロントガラスにくぼみが存在していたとか、あるいは、バッテリー液のかかった跡が残っており、それを洗浄で除去することは困難でありガラス交換以外にとりうる手段がないという事情があれば、ガラス交換という行為は合理的な行為と言えるからです。
 それから、「修理契約は無かったと主張する」と書かれていますが、見積もりの依頼をしただけなのですか。そうではなくて、例えば塗装をし直した点は良いが、フロントガラスを交換したことは納得していないということですよね。それでしたら、塗装し直し部分の修理代は払ったらどうですか。

投稿日時 - 2013-03-09 18:47:56

補足

質問者です。
私は、ガラスやプラスチック部品は溶けないとして、事故現場で塗装された部品の付着写真しか残しませんでした。
私のプロフィールのWEB、裁判所に提出した事故現場での被害車両の写真等があります。
よければ覗いてみて下さい。

投稿日時 - 2013-03-10 04:44:31

お礼

ご親切丁寧にご回答頂き、本当にありがとうございます。

原告は車を預かる時に、ガラスが溶けるや車に穴が開く等色々な話で車がダメになる。早く保険会社に確認させた方が良いと、結果を私に報告するからと言って車を預かりました。

原告が、裁判でもバッテリー液でガラスがあちこち溶けて、修理したと主張しました。
修理契約は、事故当日に原告が修理の説明をして、私が修理以外の方法について、何の質問もせず、全てお任せします。と言ったと嘘の主張がされました。

これに対する反論として、私は修理を依頼してないし、ガラスが溶けても無かったし、ガラスが溶けない事を知っていて全てお任せしますと修理契約を結ばないと主張しているものであります。

例えば、車のフロントガラスにお酢(酢酸の水溶液)が掛かって洗浄を依頼したのに、修理工場からガラスが溶けるので交換が必要だと言われて、全てお任せしますという人は、常識的にまずいないと思われるのと、私にとっては本件は同じ様なもので、全てお任しますと契約していないと主張しているものですが、裁判官は判決に影響しないと。

証拠の被害写真の提出を、事故後初めて原告と電話で話せた時にも、修理の中止要請といっしょに求めましたがどちらも無視され、裁判ではその様な話は無いと否認されていますが、証拠の写真もPCの関係だと思うとか曖昧な表現で口頭でのみ、写真は原告には1枚も残ってないとして、被害状況を裁判官が確認できない状況で、私の申立ても預かりになって、なんら証拠集めもできずに困っている状況です。

投稿日時 - 2013-03-09 23:53:37

あなたにオススメの質問