みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

加給年金は厚生年金をかけ続ければもらえるか?

長文で失礼いたします。
主人と5歳違いの妻です。
主人は今年定年で65歳までの予定で特別支給老齢厚生年金(継続して働いているので減額されました)と給料をいただいております。
質問は、妻が60歳定年で退職したら、239ヶ月の厚生年金をかけた事になり、ぎりぎり加給年金は65歳の主人につく予定です。
しかし60歳になって103万以下で働くとなると週1.5日くらいしか働けず、保険厚生年金をかけて働きたいと思うようになりました。
社会保険庁で聞けば、妻が厚生年金をかけ続けているかぎりは、240カ月超えても主人が65歳から加給年金はもらえますよ。
4年働いたとして辞めた時に権利は失うが、主人が69歳までは加給年金約40万×4年もらえるから続けて働いた方が良い!といわれました。

それが本当なら、60歳からの特別支給老齢厚生年金約381600円/年は受け取れずに繰り下げにして働けるところまで加給年金はもらえるのでしょうか?
239ヶ月で定年で辞めて保険もかけて130万未満で働いて加給年金をもらうのか、厚生年金、健康保険もかけて260万くらいの収入で働いた方が得なのか、教えてください。
働き続ければ厚生年金も増えますよね。

投稿日時 - 2013-02-27 22:47:47

QNo.7968075

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>妻が60歳定年で退職したら、239ヶ月の厚生年金をかけた事になり、ぎりぎり加給年金は65歳の主人につく予定です。
>社会保険庁で聞けば、妻が厚生年金をかけ続けているかぎりは、240カ月超えても主人が65歳から加給年金はもらえますよ。

年金計算のしくみをしりましょう。
特別支給老齢厚生年金は60歳時点で計算されます、
その後の改訂は退職時あるいは65歳です。
あなたの場合、退職されれば再計算され、240月超えるからこういう説明となります。


>それが本当なら、60歳からの特別支給老齢厚生年金約381600円/年は受け取れずに繰り下げにして働けるところまで加給年金はもらえるのでしょうか?

特別支給老齢厚生年金は繰り下げのしくみはありません。働きながらもらう・・在職老齢年金となります。
また、退職後あるいは65歳で240月超えるので、当然ながら振替加算は付きません。(回答で振替加算つくとしたものがありますが、誤りです)

投稿日時 - 2013-02-28 10:22:57

補足

NO,1、2、3の回答を読ませていただいて定年後も楽しく働こうという決心がつきました。
確認させてください。
妻は239ヶ月厚生年金をかけた時点で定年になりました。
厚生年金、健康保険は会社が継続してパートとして働きます。特別支給の老齢厚生年金は60歳から31800円/月いただける予定です。月20万の給料としたら厚生年金をプラスして231800円/月になり28万以下になるので減額なしです。
また、高年齢雇用継続給付が37万/月から20万/月に減額されるので23000円/月ぐらいはもらえる予定です。
また、63歳まで厚生年金をかけたら振替加算(妻はもらえない)分くらいの年金が増える?と思います。
また、国民健康保険に入るよりも健康保険のほうがお得だと思います。
何よりも、毎日張り合いが出来き健康を維持できそう!!

このように理解してよいのでしょうか????

投稿日時 - 2013-02-28 23:02:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

NO2です。誤解を招いたようですので補足します。

振替加算に触れたのは最後の質問「239ヶ月で定年で辞めて保険もかけて130万未満で働いて加給年金をもらうのか、厚生年金、健康保険もかけて260万くらいの収入で働いた方が得なのか、教えてください。」に対する回答です。

投稿日時 - 2013-02-28 16:00:00

お礼

ありがとうございました。頭の中が整理できました。

投稿日時 - 2013-03-02 17:37:28

>社会保険庁で聞けば、妻が厚生年金をかけ続けているかぎりは、240カ月超えても主人が65歳から加給年金はもらえますよ。

年金事務所の言う通りです。

>それが本当なら、60歳からの特別支給老齢厚生年金約381600円/年は受け取れずに繰り下げにして働けるところまで加給年金はもらえるのでしょうか?

繰り下げはありません。60歳で計算された年金額は退職・65歳で再計算されます。
4年後退職すると240月を超します。その時点でご主人の加給年金は支給停止になります。
振替加算額も加味しご自身で計算してください。

投稿日時 - 2013-02-28 09:33:23

ANo.1

260万で働く、この方が得策です。

夫が年金支給請求の申請のとき、この加給年金についても同時申請なので、繰り下げは不可だったと・・・。
加給年金請求可能年齢に達する(夫65歳だったかな?)、1から2ヶ月前くらいに連絡がきます。

加給年金概略はここ↓、 他、「加給年金」で検索するといろいろ出ていますよ。
http://tt110.net/10knenkin/I-kakyu-nenkin.htm
http://nenkin.news-site.net/otoku/kakyunenkin.html

夫のほう、念の為:
高年齢雇用継続給付を申請しているときは、厚生年金の一部停止が多くなり、しかも厚生年金は引き続き支払います。このへんをよく計算して、夫の給料をもらい過ぎないように・・・関係なければ、がっぽり稼ぐように協力してあげてください。
なお、夫の年金分を全額貯金できるようにすると(出来るはず)、夫65歳からの夢が開けますよ。でも熱気球遊びは止めておいたほうが・・・余談

投稿日時 - 2013-02-28 00:49:12

お礼

ありがとうございました。楽しく働き続けて頑張ります。

投稿日時 - 2013-03-02 17:39:13

あなたにオススメの質問