みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

副鼻腔炎

風邪をひいた後副鼻腔炎になり Clarithromycin という抗生物質を10日間呑んでます。もう少しで終えますが、まだ黄色を交えた鼻汁が喉に回ってきます。病原菌がまだ副鼻空くうに残ってると思います。完全に直ってない状態でこの抗生物質をやめれば、またぶり返すのではと心配です。
同じ抗生物質を再度処方してもらったほうが良いのではないかと思いますがどうでしょうか。

投稿日時 - 2013-02-16 09:03:08

QNo.7947730

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

 副鼻腔炎、俗に言う蓄膿症は、短期間で治癒する病気ではなく、極端な言い方をすれば、一生付き合わなければならない病気、と考えられたほうがよいと思います。
 私も、小学4年の時に、慢性副鼻腔炎と診断され、50代となった今日まで、治療を続行中です。
 ただ、症状は、常にあるわけでなく、高校生くらいまでは、常にティッシュが欠かせない状態でしたが、年齢と共に、症状が落ち着くようになりました。しかし、風邪を引いた時とか、季節の変わり目などに、時々、症状が強くなるときがあります。
 おそらく、10日くらいでは、治らないと思いますが、すでに耳鼻咽喉科にかかっておられるなら、再度受診されて、それで、医師が、必要と判断されれば、再度処方してもらえると思います。
 私の場合、マクロライド系と呼ばれる抗生物質を、約5年間処方されましたが、その後、ムコダインという、鼻の粘膜を修正し、痰の切れを良くする薬に変更になり、現在でも服用中です。
 また、3月下旬から5月に掛けては、症状が悪化することが多いため、できるだけこまめに通院されたほうがよいでしょう。

参考URL:http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/life/80

投稿日時 - 2013-02-16 10:38:02

ANo.2

受診の際に、今後の治療方針とか説明を受けなかったのだろうか?

基本的な服用パターンは

・二週間x二回x二種類 <-二ヶ月
又は
・二週間x二回x三種類 <-三ヶ月
又は
・二週間x三回x二種類 <-三ヶ月

という感じ

貴方はまだ治療が始まったばかりで治癒とはほど遠い状態、ぶり返す以前の問題です。

薬剤が途切れないようにキチンと服用し、再診を受けてくださいな

投稿日時 - 2013-02-16 09:35:17

ANo.1

処方の薬を飲み終わっても症状がまだ残っているのであれば、そのことを医師にお話して診てもらいましょう。同じ薬がよいのかどうかは医師が判断してくれます。

投稿日時 - 2013-02-16 09:21:00

あなたにオススメの質問