みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

to which ?

「前置詞+関係代名詞」については、恐らくたくさんの方が(いつも)質問されていると思いますが、
それでも懲りずに、どなたか教えていただければと思います。

Stacey(女性)とBrad(男性)の会話ですが、Staceyが今度デートしようとしている男性が
Not the Marrying Kind(結婚したがるタイプではない)らしいというのです。Bradはその男性について話すのですが、
以下のように会話が続きます。

Brad: I just know that he likes to play the field and anyone who dates him should not try to reform him.
Stacey: I wouldn’t try to reform him. I think he’ll just fall head over heels in love
with me and he’ll put his philandering ways behind him.
Brad: Don’t count on it.
Stacey: I’m convinced of it.
Brad: I’m always surprised by the degree to which women can delude
themselves when it comes to love!


最後のセンテンスが質問ですが、まずdegreeは程度、度合い、レベルという意味合いでとらえたのですが、to whichは「前置詞+関係代名詞」でよろしいでしょうか。
2つの文にわけると、
I’m always surprised by the degree.
Women can delude themselves to it when it comes to love.
というのでいいでしょうか。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2013-02-07 16:05:39

QNo.7932993

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

おっしゃる通りです。
「私はいつも程度に驚く(驚かされる)」
何の程度か。
日本語では「女性が恋愛のこととなると勘違いをする」程度
でつながりますが、
英語的には to the degree「その程度まで」の to が必要。

おっしゃるように書き換えた
to it の部分が to the degree だとわかっていればいいです。

投稿日時 - 2013-02-07 17:20:06

お礼

wind-sky-windさん

回答をありがとうございました。
実はwind-sky-windの名前を覚えてしまったほどです。
説明がわかりやすくて、その答えが安心感を与えるような感じとういのでしょうか。

to it の部分が to the degree と私の質問が間違えではなかったので、関係代名詞は苦手ですが、
少し自信が持てました。

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-08 09:23:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)