みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

憲法9条があれば戦争は起きないと考えている方に質問

憲法9条があれば戦争は起きないと考えている(9条改憲反対派の)方に質問があります。


(1) 私は憲法9条があれば戦争は起きない(巻き込まれない)という考えの根拠は、第1項の「国権の~放棄する。」にあると思うのですが、これを身近な出来事に変換して解釈すると、お巡りさんは目の前の犯罪者に対して拳銃を発砲できないし、そもそも所持すら出来ないということになるのではと思いました。この例えは、憲法9条があれば戦争は起きない(巻き込まれない)という説の矛盾を突くことになりますか。ならないとしたらどこが間違っていますか。

(2) 第二次世界敗戦で中立政策を取っていたオランダやデンマークなどの国々がドイツに侵略された事を始めとして、中立の立場を取っていた国が侵略・占領されることは歴史上何度も起こったことですが、これらの被侵略国の中立政策は憲法9条と比較して何が悪かったのでしょうか。

(3) 戦前の中華民国が日本と同じ憲法9条を掲げていたなら、日中戦争は起こらなかったと思いますか。

(4) 日本が憲法9条を有していた関わらず韓国に竹島を不法占拠され、現在においても中国が尖閣諸島を武力で奪おうとしているのは何故でしょうか。(竹島・尖閣諸島が正当な日本の領土であるのは当然の事として)


知識が素人な上、質問が長くて申し訳ありませんが、できるだけ丁寧な回答をお願い致します。

投稿日時 - 2012-12-26 03:06:48

QNo.7861928

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

丁寧な回答ではないのですが
戦争が起きない。と言うよりも、
日本は他国への武力行使は、自ら起こさないだけであって、
日本の領土・領空・領海が、他国からの侵略、武力行使され、
日本国民の生命・財産が奪われるおそれ、奪われた場合に
対応するだけでは、ないでしょうか。
その行為を戦争だと言われても、対応しなければならないと思います。
仕掛けてきたのは、当該国なのだから。

戦争はしない。この言葉を守って、侵略され
日本国民の生命・財産が当該国に、奪われては
なにも、残りません。

投稿日時 - 2012-12-26 06:17:56

お礼

なるほど、憲法9条改憲反対派の方は9条の、日本が他国同士の争いに駆り出されないという点を評価しているのですね。勉強になりました。

投稿日時 - 2012-12-26 15:49:14

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

憲法9条があれば戦争は起きないし、他国から攻め込まれないというのは神学です。
神様を信じれば救われるという宗教と同じです。
救われなかった信者はいくらもいたでしょうが、それで彼らは満足だったのだから、いうことありません。それでよしです。
でも世の中には無神論者はいくらもいます。
9条があろうと無かろうと、中立を守ろうと、戦争に巻き込まれた国はたくさんあります。
信じていないのに、そういう連中の巻き添えを食って戦争に巻き込まれた無神論者の我々はたまったものではありません。
いい加減こういう神学論争はやめましょう。
戦争などしなくてもいいから、しっかり国を守りましょう。

投稿日時 - 2012-12-26 10:48:36

ANo.8

憲法9条の基になった条文が存在します
1935 Philippines Constitution
Article 2
Section 3
The Philippines renounces war as an instrument of national policy, and adopts the generally accepted principles of international law as part of the law of the Nation.
1935年のフィリピン憲法第2章第3条です

憲法制定の6年後に日本から攻撃を受けました
戦争放棄の条項は戦争に巻き込まれる事があることを証明しております

軍備の放棄はルクセンブルク1868年憲法というのがあり、ルクセンブルクは非武装中立の条文でした。結果は普仏戦争・第1次世界大戦・第2次世界大戦と3回侵略されています。

投稿日時 - 2012-12-26 09:49:08

 もし憲法9条がなければ、

(1) 戦後60年以上、ずっと米国に追随した

日本の保守政権が「国防軍・自衛隊」を

出兵しなかったと思いますか?

 9条があっても小泉政権は何とか湾岸戦争に

参加できないかと知恵をしぼり9条の解釈に

改変を加えて、ついに派兵に成功しましたが、

9条のおかげでできるだけ戦闘地域で無い所、

武器を使わずにすみそうな所への派兵ですんだ。

もし9条がなければ確実に自衛隊を戦闘の激しい

ところに送って目立とうとしたことは小泉の

性格として不思議でなかったと思いますよ。

(2) ご存じとは思いますが日本はドイツとこそ

 くらべるべきでしょう。9条があれば当時の

 ドイツは侵略を開始できなかったでしょう。

(3) ご存じとは思いますが9条の無い日本が

 中国に侵略し、盧溝橋事件をおこして戦争が

 始まったのでしょう。中国に9条があったと

 しても問題は侵略した日本の側だとは思いま

 せんか。

(4) まず、中国が尖閣諸島を武力で奪う具体的な

 計画は示されていないと思いますが。

 隣国同士の領土問題は全世界にあります。この

 領土問題の解決にこそ9条の力はあるのだと思い

 ます。そうでなければ中国と戦争しようという

 知事を初めとして昨今の日本なら早々に武力行使

 に及んだのではないでしょうか。

  領土問題で中国や韓国が主張を強めたのは、

 3つの理由があると思います。(1)海底資源の存在

 (2)右傾化する日本への反発(3)右傾化する自国民へ

 のパフォーマンス。

 2地域の島々が日本の領土であることは確実。

 けれど双方がテーブルに着きゆっくり話し合い

 1ピースずつ問題の小片を片付けていけばいいじゃ

 ないですか。例えば領有権はしっかり主張しつつ

 資源の共同開発は可能でしょう。それこそ友好です。

 隣同士が仲良くしないのは憎しみをつのらせるばかり。

 両方にとって損害です。


 

投稿日時 - 2012-12-26 09:34:45

ANo.6

No.2さんの回答にあるとおりでしょうね。

(1)「憲法9条があれば戦争は起きない」っていう考え方は、「侵略国があっても、日本は何の抵抗もしない。無血開城され、征服されて終わり。戦争は起きない。」ということです。身近な例にたとえたら、お巡りさんは、拳銃を持てない。犯罪者の行為は制止できず、お巡りさんと犯罪者の争いは起きないし、拳銃の流れ弾で他の人が傷つくようなこともないってことでしょう。
戦争をめぐる彼らの考え方に矛盾はないでしょう。ただし、私たち国民の生命・財産等は守れなくなりますが・・・。
つまり「憲法守って国滅ぶ!」ということです。

(2)軍事力無しでは中立は守れない、ってことですね。(スイスは、過去の経験を元に「武装中立」の立場をとり、各家庭に自動小銃を配布、自宅を要塞として考えています。)
オランダなどは憲法9条に近い考え方をしていたようで、あまり軍事力に力を入れなかったようです。日本は、世界最大の軍事力を持つアメリカ軍がバックにいます。つまり武装中立といえるでしょう。なので「非武装中立」政策をとったのが間違い。

(3)戦争は起こらなかった。中華民国は憲法により戦争できない。即時に日本に降伏しておしまい。

(4)中国は、覇権主義であり、遅れてきた帝国主義国家です。尖閣諸島だけでなく、九州・本州・北海道も中国のものと考えています(四国は忘れられているかも?)。そして、アジア・アフリカから、最後はアメリカまでも支配する野望を持っています。また、彼らは、国内法がそのまま国際法になると考えています。自分たちの主張が常に正しいと考えます。
つまりは、「自分のものを自分が支配して何が悪い?たまたま、今は、おまえたちが使っているだけであり、本来は私たち中国のものである。単に自分のものを返してもらうだけ。素直に返さないから武力を使うだけだ。」ということです。

なお、韓国の考え方も似たようなものですが、中国からすれば、韓国も日本と同じく、自分の支配すべき属国にすぎません。なので、韓国が自国の独立を維持するためには、米軍に依存するしかない、つまりは日本に味方するしかありません。なので、韓国は「我々は国を守るためには、どうすりゃいいの?」って迷って、悩乱状態みたいです。

投稿日時 - 2012-12-26 09:25:59

ANo.5

質問ていいながら誘導尋問ですね。
こういうインチキな質問はやめた方がいいし、
インチキな質問をするまでもないんじゃないか9条は。

(1)
#3も言うように戦争を犯罪事件と例えるほうが無理。
喩え話を使う時点で負けです。

(2)
9条は非武装中立。例の出してるオランダやデンマークは武装中立。
別物をあたかも同じように扱うのはなぜ?

(3)
日中戦争は起こりませんでした。
なぜなら、史実は戦前の中華民国は日本と同じ憲法9条を掲げてなくて、そして日中戦争が起こった。
言えることはそれだけです。
それ以外は何も言うことはできません。

あなたの頭では史実では日中戦争が起こったのだから、中華民国が日本と同じ憲法9条をあげても日中戦争が起こったて思いたいところですが、
論理学では、あなたの質問の都合にあわした解釈はしてくれませんよ。

だいたい歴史にifを持ち込むのはタブーです。それを無視したあなたの質問はナンセンスですよ。

(4)
憲法違反の自衛隊がいるからです。
自衛隊がなくなって憲法どおりの状態になれば竹島・尖閣問題は消滅します。
しかし、自衛隊がなくなることはありません。
だから、憲法9条があるのに竹島・尖閣問題がて質問もナンセンスです。


そもそも憲法9条の質問をすること自体無駄ですよ。
憲法9条が好きな人はこういう質問には答えないからです。

投稿日時 - 2012-12-26 06:54:32

ANo.4

直接の回答でなくて申し訳ありませんが。

> 憲法9条があれば戦争は起きないと考えている(9条改憲反対派の)方に質問があります。

私は、憲法9条の改正にどちらかというと反対ですが、「憲法9条があれば戦争は起きない」とは考えていません。「憲法9条が変わると不要な戦争が起きやすくなる」と考えます。

また、9条のもとで、自衛隊を整備し、日米同盟を結んで、ソ連よる侵略を防いできたことを評価しています。

投稿日時 - 2012-12-26 06:49:41

ANo.3

(1)そもそも戦争と犯罪を同一視することに無理があります。
 
(2)そういう都合の悪い事実は無視します。

(3)掲げているだけではダメですね。軍事力も所持していない
 ことが必要です。
 そうすれば戦争は起きませんでした。
 軍事力が無いのですから、一方的に侵略されるだけであり
 戦争にはなりようがありません。

(4)憲法9条を有していたから発生した侵略です。
 日本が強大な軍事力を有していたら起こりえない問題です。
 日本が核武装をしていたら、広島長崎も発生しなかった
 でしょう。

投稿日時 - 2012-12-26 06:27:00

ANo.1

(1) 逆に考えましょう
もしも犯罪者が銃を所持していたら警官に射殺される可能性はあります
自分にとって危険な存在であれば射殺しなければならない

(2) 時代の影響でしょう
占領する事が周囲の許容かどうか
ようは空気読んでの結果

(3) 運用する者の心の持ちようで変ります
平和を目指していればそれに沿った解釈をします、そうでないならそうでない解釈をします

(4) それは見方が違います
韓国にとっては侵害しているのは日本で、中国にとっては侵害しているのは日本です
これ等は力で解決しないで納得するまで話し合えばいいのです
相手は自分の鏡です
もしも相手が力で支配、または占拠しようとしているのならそれは、自分もそうしているから
もともと話し合おうとしていればそうならなかった
どっちかが強硬姿勢で出れば相手もそれに対応して強行しなければいけない
耳を貸す姿勢を持ってこなかったのが問題なのです
その代り相手にも言い分を聞いてもらう

投稿日時 - 2012-12-26 05:41:22

あなたにオススメの質問