みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

docomoからiPhone5への乗り換え

私は現在docomoのAndroidを使っており年内にiPhone5へ変更する予定なのですがそのことについて質問です。もう既出の質問だと思うのですがiPhone5を買う場合auとSoftbankどちらがいいのでしょうか?調べたり同じような内容の質問をいくつか見ましたがわからないこと
がいくつかあったので質問しました。以下
の質問にお答えいただければ幸いです。


1. au、Softbankともにパケット通信定額サービスがありますがどちらも加入すれば他社へのメール料金もこのサービスの料金になって上限があるようになりますか?



2.Softbankはauより通信状態が悪いと聞きましたが現在はどうなっていますか?両社それぞれの通信状態も教えてください。ちなみに宮城県仙台市在住です。


3.iPhone5が発売された時地図が全然良くないと聞いたのですが現在改良はされましたか?



4.現在使っているdocomoのAndroidから音楽や写真、電話帳などのデータを移すことはできますか?


5.通信以外での機能で違いはありますか?あるならどのような違いかも教えてください。






回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-12-09 19:58:50

QNo.7837413

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

55人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

No.1の方が詳しく説明されているので追記のみで。
1.iPhone5はLTEプランしか選べず、キャンペーン期間の料金は両社同じですが、auは3年目から通常の料金になります。
あと、自宅のインターネット固定回線のセット割引が両社あるので該当するのであれば安くなります。
2.iPhone5でLTEは2100M帯対応機です。現在800,900,1500M帯には対応していません。auの800,1500M帯はエリアが拡がっていますが、2100M帯はエリアが全国的に拡がっていないようです。auはiPhone5発売当初iPhone5を含めた人口カバー率を96%にとしていましたが、現在iPhone5は除外されてます。私は香川県観音寺市在住ですが、ソフトバンクのLTEはきてますが、auはまだで県庁所在地しかきてません。
auとソフトバンクのショップでLTEが自分のエリアにきているか調べた方がいいでしょう。
将来的には、auは2100M帯はiPhone5専用なのでソフトバンクよりも速くなるかも。ただ、人口カバー率の目標がないのでいつになれば拡がってくるかわからないのが不安材料。ソフトバンクは2100M帯が3G回線との共有なのでauと違い150Mの高速回線になることはないでしょう。appleがいつEMの1500M帯に対応してくれるかわかりませんが、対応すればタブルバンドになりつながりやすくなるかも。でも1500M帯も3G回線との共有なのでauにはスピードでは負けると思われます。
現時点でLTE回線を使いたいのであればソフトバンクの方がエリアが広いかも。

投稿日時 - 2012-12-10 03:30:00

ANo.1

1・なんか質問がよくわかりませんが、支払額に上限が設けられてそれ以上支払わなくて済むという意味でしたらそのとおりです。

2・ネットの評価を見る限りでは現在もそうたいして変わっていないようですが、ソフトバンクはイー・モバイルを買収してLTE網を拡充するようなので、今後は逆転する可能性があります。

3・されていません。ただ、ナビはMapFanなどがありますし、周辺検索はMyMap+などのGoogleマップの使えるアプリなどがありますので、特に標準マップにこだわらなければどうにでもなります。

4・今使っているアンドロイドがGoogleアカウントの連絡帳なら、iPhoneを設定する際にGoogleアカウントを作成してやればアドレス帳はまるごと同期できます。写真などはパソコンにつないで移動させましょう。音楽はいったんパソコンに写したあと、iTunesで転送できます。

5・以前投稿した比較↓

 iPhone
○安定していて動作がスムーズ。
○ウィルスの心配は今のところゼロ。
○アプリのボタン類や操作方法がおおむね統一されているので初心者でも分かりやすい。
○システムの基本設定が分かりやすい。(カスタマイズできる項目が少ないとも言える)
○Siriによる音声入力が非常に性格で使いやすく、音声入力のテキスト変換メモや検索が楽。
○システム設定やアプリなどの設定も丸ごとPCにバックアップできるので、買い替えやトラブル時にすぐ現状復帰ができる。
○中古でのリセールバリューが高いので、買い替えの際に高値下取りヤフオクでの高額落札が期待できる。(5が出た時、前モデルの4Sは3万くらいで売れた。Android機の場合は1年もたてばせいぜい5千円、良くて1万程度)
▲デフォルトのマップがiOS6でGoogleMapからApple独自マップへと改悪変更されたので有料アプリで補完しないといけない。特にナビは最悪。
▲アプリでシステムの根幹に関わる部分をいじることが許可されてないのでカスタマイズがほとんどできない。(デフォルトのブラウザやメールなどの指定や関連付けすらできないので、変えたくても手動で起動するしかない)
▲PCからiPhoneへのデータの移動が低速で煩雑。(ただしiFunBoxなどのフリーソフトである程度は補完できる)
▲バッテリーの入れ替えができない。

 Androidスマホ
○GoogleMapが非常に優秀。ナビや周辺施設検索が便利。
○G-MailをはじめとしたGoogleサービスとの連携が便利。連絡先の共有など。
○性能やサイズによって機種の選択肢が多い。小さい画面の方がいいとか、ガラケー風、裸眼3Dモニター搭載、3Dカメラ、キーボードつきなど、好みや用途に応じてハードウェアを好きに選べてYahoo!オークションなどでの落札価格も安価なので色々試して遊べる。
○置くだけ充電のクレードルが用意されているものが多く、普段使いが楽。
○追加のアプリがシステムの深い部分にまで介入できるのでカスタマイズが容易かつ豊富。使い込んでいくに従ってどんどん便利・高機能にできる。
▲適切な設定とカスタマイズをしないとバッテリーの持ちが悪い。
▲リセールバリューが低い。ヤフオクだといくばくかの落札価格は期待できるが、中古ショップ下取りの場合は二束三文。
▲バックアップが一括ではできないので、別途アプリを入れて本体設定やアプリをバックアップし、買い替えなどで復元する際にも手動でのさまざまな再設定が必要になる。

投稿日時 - 2012-12-10 00:25:58

あなたにオススメの質問