みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

個人年金を始めようか迷っています。。

よろしくお願いします。
20代後半男独身一人暮らしです。

個人年金を始めようか迷っています。「32歳までに知らないとヤバイお金の話」を立ち読みして「個人年金は入っていてもいいかも」と解釈しました。
その理由として
払い込み期間に万が一死亡しても掛け金全てが戻ってくることが多いなどハイリスクな商品でないような印象を受けたからです。

現在の月収はわけありで10万円前後。平日会社に通っています。
厚生年金未加入(国民年金は払っています)
国保は自治体のもを利用

「そんなんで年金はいるの?」と思われるかもしれませんが、生前贈与で数百万円贈与を受け、それを運用しようと思っています。

現在もしており、国内株式がメインです。
以前は投資信託や某和牛オーナーもしておりましたが、あわせて250万円ほど損失がでました。

また保険は、
医療保険で月2000円程度の掛け金
生命保険300万円で月5500円程度の掛け金です。60歳で掛け金を超えるシステムの保険です。

年末調整の生命保険控除も考慮して医療保険と生命保険に加入しましたが、昨年103万円を超えていないので特に税制控除について考慮しなくてもいいかなとおもっています。今年度も超えない予定です。

はっきり言って10万円前後の収入で貯金は難しいです。だから老後について不安を感じ、まだ手許にある数百万円を個人年金にまわすべきか迷っています。

今考えているのは
月1万円の掛け金で約41万円を10年間受け取れる個人確定年金か
http://www.tmn-anshin.co.jp/kojin/goods_pension/nenkin/feature/

国民年金基金

です。

しかし今日読んだ本では
「確かに老後については不安ですが、20代での1万円と60代の1万円は違いますから、2,30代で個人型年金に入る必要はない。60歳まで年間12万円も払い続けられますか?」という一文でした。

確かにそれも思います。だとすると個人年金商品に投資するか、それとも他の投資商品に投資して運用するかどうすればいいでしょうか。

乱文で申し訳ありませんが、アドバイスあればお願いします。

投稿日時 - 2012-12-04 23:24:15

QNo.7830200

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

 こんばんは、若いうちのつまり未来の自分の為の立派な投資なので将来の日本が、どんな状況下は解らないので、リスク分散として、の一つの方法と思います。 まさしく今は、デフレ経済金利もまともにつかない時代なので個人年金も厳しいですね。私は、平成6年から入ってました。今も続けてますが、月一万円ぐらいです。今解約しても元金われは、なくなりました。
しかし、インフレが、進めばどうなるかということを考えたら、国民年金基金も立派なファンドと、同じです。解約で、元金割れまた、60歳の時のもらえる金額は、解らないところも有ります。
月1万なら他の資産は、将来性のある株式に数社に分けて、投資とかが、いいんじゃないでしょうか。
インフレターゲットと衆議院選で言われてますが、年2~3%が、心地いいインフレになります。
それを超えたら、国民の生活が、ついて行かないハーパーインフレになります。
20代後半との事、生前分与で親から頂いた大事な資産よくよく、考えて運用してください。
あなたが、晴れておじいさんになった時、35年ぐらい後に後悔ないようにしてください。
 
あなたが うまやらしい    間違えた。うらやましい。
私は、親からそんな財産頂いてないしまたもらえる立派なお金持ちでもありません。
これから、どんな社会に変化していくのか解りません。ただ、今は、景気悪いとしか皆さんこたえが帰ってきませんが、景気の気は、気分の気  景気は、波で必ずいいとき悪い時が、順番に来る物です。お互いに苦しい景気の底ですが、頑張って生活していきましょう

投稿日時 - 2012-12-05 21:48:15

お礼

ご回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2013-03-02 20:56:09

インフレで円の価値が桁がいくつもずれるかもしれないということは考えないとして・・・生命保険会社の商品は、倒産などが心配といえば心配。

投資(投機?)は、いかにリスクの少ない商品を選べるかがカギになり、個人の才覚に影響を強く受ける。


ただ、ずっと1万円を払い続けられるなら、60代で仕事がなくなってから確実に受け取れる(公的年金以外の)月数万円は結構大きいと思う。
(公的年金がどうなるかわからない、定年延長されるだろうけれど給与がどうなるかわからない、貯蓄は何か大きな出費で減っているかも知れない)

あとは、たいしたものではないが生命保険とは別枠で控除を受けられるという利点もある。


自力で貯められるとか、投資で結構損をしてもカバーできるだけの資産があるとか、そういうことがなければいいのではないかな、と他人事ながら思う。

投稿日時 - 2012-12-04 23:51:05

お礼

ご回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2013-03-02 20:55:40

あなたにオススメの質問