みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

この英文を訳してください><

Many Americans believe that disputes should be settled by the disputing parties
without outside help. Parents often send their children back to the playroom or
playground with instructions to settle fights for themselves. Relatives and friends can be
heard to say, "It's between the two of you. I'm not getting in the middle." Even
psychologists tend to regard it as a sign of maturity when someone settles disputes
without third parties, Whose participation may be regarded as unhealthy.
Yet many peoples of the world expect conflicts to be resolved by third parties. This
reflects an emphasis on harmony and interdependence:the tendency to see individuals
as located in a social network,in contrast to the American tendency to over-emphasize
independence and see the individual as the fundamental human unit. To manage
disputes ranging from quarrels between family members to conflicts between villages,
cultures develop informalrules and formal proceedings,just as Americans have
assumptions about fairfights as well as legal trials.In contrast to the American Why
of settling disputes, however,the participation ofthe community is an important part of
the proceedings. Americans cannot simply adopt the rituals of another culture, but
thinking about these rituals can give them ideas for devising their own new ways to
manage conflicts.
In native Hawaiian culture,there is a word, ho'oponopono ("to setthings right"),for a
ceremony in Which family members invite an older person or a respected member of the
community to watch overthe resolution of a dispute. The leader invites the disputing
parties to talk about their feelings and encourages them to apologize to and forgive each
other. The leader calls on a higher power -God and Church - to offer forgiveness,
too.
On the island of Tanna in the South Pacific, conflicts among villagers or between
villages are discussed publicly by groups of adult men at special meetings that last all
day. These meetings are very different from the American idea of conflict resolution
in thatthey are not designed to reconcile the individual accounts of disputing parties
and draw from them the truth of what happened. These meetings are not competitions
or battles among opposing interests;they are joint journeys in Which all travelers reach
the same destination. All the people present, disputing parties as well as others, come
to a public agreement about what happened and how the conflict should be settled
Usually, one party is not blamed;instead it is shown that both parties are somewhat
responsible. These meetings do not always settle disputes once and for all, but atleast
they offer an opportunity for settlement.

投稿日時 - 2012-11-22 00:40:38

QNo.7809649

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

多くのアメリカ人が紛争は外部の助けを借りず、紛争当事者間で解決されるべきだと考えています。両親はしばしば自分達で問題解決するように言って、子供たちを遊び部屋や遊び場に戻させます。親戚や友人は「それは貴方たち二人の問題でしょ。間には立たないわよ。」というのを耳にすることもあります。心理学者でさえ、第三者の介入なくもめごとを解決できることを成熟の兆しとし、第三者の介入は不健康だと考える傾向があります。

しかし世界中の多くの人々は紛争が第三者によって解決されるべきだと期待します。これは調和と相互依存を重要視する表れです。つまり、個人の主体性を過度に重要視し人間という基本的な集団はまず個人からというアメリカ的傾向とは違い、個人とは社会的ネットワークの一員だとみなす傾向です。家族間でのもめ事から村同士の対立まで様々な紛争に対処する為に、アメリカ人が合法的裁判同様フェアーな戦い方について仮説をたてる様に、様々な文化は形式にとらわれないルールと形式にのっとった手順の両方を発達させるのです。しかしながらアメリカ式紛争解決方法(※1)とは違い、地域社会の関与が問題解決の重要な部分となります。アメリカ人は他文化の形式を簡単に自分たちの文化に組み入れることは出来ませんが、他文化について考えることが、争いに対処する為の独自で新たな方法を考え出すアイデアを与えてくれるのです。

ハワイ先住民の文化には、ある紛争の解決を見守ってもらうために家族の誰かが年配者や地域社会で尊敬されている人を招いた儀式用のホ・オポノポノ(事を正しく整える:※2)という言葉があります。リーダーは、紛争当事者達を招き自分たちの感情を語らせ互いに謝り、許しあうように促します。リーダーは更に許しを申し出る為に、至高の力を持つ神と教会にも乞い願うのです。

南太平洋のタナ島では、村内や村同士の紛争は一日中成人男子のグループによる特別ミーティングで公に議論されます。これらの集まりは、争っている集団内の個人の動機や話などを調停することを目的とはせず、何が起ったのかという事実を引き出すという、問題解決におけるアメリカ的考え方とは非常に違います。これらの集まりは利害の対立をめぐる競争でも戦いでもないのです。つまり彼らは同じ目的に向かって旅する旅人として集まるのです。争っている人もそうでない人もすべての人々が皆集い、何が起り、どう争いを収集したらいいのかについて公けの同意をまとめるのです。通常、一方の当事者だけが責められることはありません。代わりに当事者双方ともに多少は責任がある旨が示されます。これらの集まりは常にすべての紛争を一回で解決するとは限りませんが、少なくとも解決の為の機会を与えているのです。

※1:American Whyだと意味が通らないので、American wayかなと思いそのように訳しました。

※2:ホ・オポノポノ(Ho'oponopono)はハワイ語辞典において「心の洗浄。祈り、議論、告白、後悔、互いの補償と許しによって関係を整える家族会議」と定義される言葉。この言葉は、家族のあるいは個人の癒しの方法を指す言葉として知られています。

投稿日時 - 2012-11-22 16:08:10