みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ダイエット、食事と運動の関係について

ダイエットの際の、食事(摂取カロリー)と運動(消費カロリー)の関係について質問です。

ダイエットのメニューとしましては以下の通り行っています。

・1日の摂取カロリー1500kcal前後
・ウォーキング1時間前後(2日に1回のペースで実施)

そこで質問なのですが、上記のメニューで日々ダイエットを行っておりますが、時折“甘い菓子類”や“脂っこい食べ物”を食べてしまうことがあります。

高カロリーな食べ物を食べた日や食べるつもりの日には、その日の内若しくは次の日に運動を行い、1500kcalを超えた分を消費するようにしています。
そして、摂取カロリーと消費カロリーのプラスマイナスを1500前後に抑えるようにしています。

(例)
朝食:500kcal
昼食:500kcal
夕食:500kcal
間食:300kcal(運動で300kcal消費)

総合計:1500kcal

このような場合、ダイエットの効果としては問題はないのでしょうか?

それとも、糖質や脂質の関係からも注意が必要で、カロリーの数値だけで判断してはいけないのでしょうか?

分かり難い文章ですが何卒よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2012-11-11 01:35:20

QNo.7791703

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>このような場合、ダイエットの効果としては問題はないのでしょうか?

 減量であれ、維持であれ、体重から見たダイエット効果は同じです。300kcalを追加で摂取して、その300kcalを運動で消費すれば、それは体重に反映されません。まさに、プラスマイナスゼロです。これについて、三大栄養素の比率は無関係と言ってよいです。

 どんな生活強度(どれだけ動き回るか)であれ、「摂取カロリー-消費カロリー」がマイナスなら、マイナスの分だけ体重が減り、ゼロなら体重の維持になります。

 ただ、たとえば体重維持だとして、さらに極端な場合として、1日中ずっと横たわっている場合と、ガンガン運動する場合で、どうかということがあります。

 筋肉は使わないと弱ります。大きな力を出す速筋は細くなり、さらに形が思わしくない感じになります。断面形状はひしゃげ、長さ方向にはたるんできます。運動している人は、特にハイパワーの力を適度に出す医ことをした場合は特にですが、断面は丸くて長さ方向にしっかり張った筋肉になります。

 両者は体脂肪率も違いますが、それよりもプロポーションの土台である筋肉の形状の差により、はっきりスタイルに差が出てきます。もちろん、立居振舞にも表れて来るでしょう。運動することが大事なわけですが、きちんと運動をこなすなら、それに必要な三大栄養素にも気を配る必要があります。一般人が行う運動程度なら、運動用のカロリーオーバー分は主に炭水化物でいいでしょうが、体を作るたんぱく質や必須脂肪酸が摂れていることは大前提となります。ビタミンやミネラルも、摂取エネルギー利用には重要です。

 そうして考えてみると、適度な運動と、バランスの取れた食事という、ごくごく穏当で当たり前のことになってくるわけです。

投稿日時 - 2012-11-11 08:05:39

お礼

回答ありがとうございます。
カロリー数値をコントロールすることが、ひとまずダイエットに繋がるということ、安心しました。
しかし、基礎代謝や効率よく健康な身体を維持するためにはやはり、バランスの取れた食事が大切になってくるということですね。

投稿日時 - 2012-11-12 01:37:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

実験動物ではないのですから
時々甘い物や脂っこい物の食べ過ぎくらいは誰にでもあります。
全く問題ありません。

既に良質な回答があるので、ざっくり書きますと
1500kclに控えていれば、消費カロリーとトントンになるまでは痩せます。
それ以降は絶対に痩せません。これは栄養や運動関係なく、純粋な足し算引き算なので。

ただやはりバランスの良い食事と適度な運動の双方無しでのダイエットですと
痩せても健康ではなかったり、美しい肉体ではなかったり、
あるいはリバウンドし易かったり…と、どこかにひずみが生じてくるのも間違いないです。

人間は雑食なので、さまざまなものを食べないと身体の機能を維持できません。
「無茶な食生活だけど元気だよ」って言う人も居ますが、
年を重ねるごとに、確実にどこかに支障をきたしてきます。
ベストな健康体になりたいのでしたら、バランスの良い食事を心がけましょう。

運動は日々の仕事にもよります。デスクワークならばウォーキングは有効ですが
立ち仕事でしたら、そう気張らずとも良いです。
この二つの違いは結構大きいので、生活に合わせたダイエット内容が必須です。

また、軽い運動の習慣化もそうですが
バランスの良い食生活が、ダイエット食ではなく通常食(慣れて当たり前)になると
時々の食事が無茶な(高カロリーの物等の)ものになっても
普段が正しければ、すぐ戻ります。リバウンドし難いダイエットには
バランスの良い食事の勉強が欠かせません。
なぜ「勉強」なのかというと、付け焼刃では、工夫もできませんしストレスが溜まります。
もしリバウンドした際にも、自身ではやり直しが効かない人も少なくないので
よく考え勉強し、根本から身につけるのが、結果的に一番の近道なのです。

投稿日時 - 2012-11-11 11:53:00

お礼

回答ありがとうございます。
普段からバランスの良い食事を行っておくことの大切さを再認識しました。
基本的なことを、しっかりしておくことで、時々の無茶な食事にも対応でき、将来的にも身体に良いとうことなのですね。
基本的なことや、大切なことを見落とさないように気をつけていこうと思います。

投稿日時 - 2012-11-12 01:18:20

ANo.4

おっしゃる通り、カロリーの摂取と消費の計算だけでいいと思います。
私もカロリー計算だけで減量しましたがほぼ計算どおりでした。(1年で85kg⇒70kg)

>時折“甘い菓子類”や“脂っこい食べ物”・・・
炭水化物は食べるときは甘くありませんが、体の中で糖に分解されます。
茶碗一杯のごはん、50gの糖です。甘い菓子より恐ろしいです。
油は種類にもよりますが、体にとって必要な栄養ですので控えるのはよくないと思います。
日本人は体にいい油をもっと摂っていいと思います。炭水化物は摂りすぎです。
キーワード:地中海式ダイエット

あと、ご存知かもしれませんが、食べ過ぎた分を運動でリカバリーするのは大変です。
私がもし500kcal減らせと言われれば、迷わず摂取カロリーを減らします。
運動だと、5km以上のランニングになります。
運動が好きな人なら問題ありませんが、普通の人は無理せず、たまのカロリーオーバーは気にしないでいいと思います。

投稿日時 - 2012-11-11 11:19:29

お礼

回答ありがとうございます。
カロリー計算のダイエットでも問題ないとのこと、安心しました。
それにしても、炭水化物が胃の中で糖質に分解され、茶碗一杯で50gにもなるとは、驚きです。

地中海式ダイエット、詳しく調べてみます。

投稿日時 - 2012-11-12 01:24:25

ANo.3

文章は非常に分かりやすいですよ。

偶には、甘いものや脂っこいものも食べたほうがいいですよ。
次のウォーキングを同じ距離・スピードでジョッギングにしてみませんか?
スロージョギングはウォーキングよりいいですよ。

投稿日時 - 2012-11-11 09:49:54

お礼

回答ありがとうございます。
日頃から気をつけていれば、時々は高カロリーなもの摂取しても大丈夫なのですね。
これまでは、ウォーキングが殆どでしたので、新しいことも取り入れて視ようと思います。
時折、身体に新しい刺激を与えた方が効果的であると聞いたことがありましたので。

投稿日時 - 2012-11-12 01:30:55

ANo.1

消費カロリー=か>摂取カロリーの関係になっていればダイエットに繋がります。

食事の関係と生活強度&トレーニングの関係ですが、現在の摂取カロリー(1500)で様子をみて変化が無ければトレーニング量を増やす、摂取カロリーを減らす必要があります。

1500ですので現在のトレーニングを継続されてれば効果が出てくると思います。

直接的なトレーニングとしては有酸素運動で良いのですが、筋トレも併せて行う事で筋肉に刺激が加わり引き締まってきますし代謝も良くなりますので太りづらくなってきますので筋肉を増やす必要もありますので自重の筋トレ(腕立て伏せ・腹筋運動・スクワット)を行うと効果的と言えます。

投稿日時 - 2012-11-11 03:47:24

お礼

回答ありがとうございます。
現在のダイエットのメニューで問題ないとのこと、安心しました。
やはり、同時に筋トレを行うことで、より効果的になるのですね。
少しずつ取り入れていこうと思います。

投稿日時 - 2012-11-12 01:41:59

あなたにオススメの質問