みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

風と共に去りぬの購入について

映画『風と共に去りぬ』が大好きです。
でも500円の廉価版しか持ってないので、映像のきれいなものに買い直そうと思っているのですが、
いろいろなバージョンで発売されていて、何を買っていいのか分かりません。

DVD4枚組のスペシャル・エディションはデジタル修復版ということですが、
Blu-ray版とどちらがおすすめでしょうか?

メイキング等はそれほど興味がないので、より映像、音のきれいな方を購入したいと思っています。

よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2012-11-09 09:25:44

QNo.7788854

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

単に画質や音質の高性能化をご希望なら、比較にならないほどブルーレイが優勢です。ブルーレイもデジタルリマスターされています。特典映像は不要と言うことなので、通常版のブルーレイで良いと思います。
下のサイトにアメリカ版の風と共に去りぬの、DVDとブルーレイの違いが書かれています。日本版も同じはずですので、参考になると思います。
元々、映画フィルムのデータ量は数テラバイトも有ります。これと比べてDVDは8Gバイト程度、ブルーレイは25Gバイトから50Gバイト程度と、まったく桁違いのデータ量なのです。
まだまだ映画の画質を再現出来るメディアは存在しませんが、現在ではブルーレイに記録されているのが最もきれいです。

http://blog.indec.jp/?eid=898283

投稿日時 - 2012-11-09 12:19:07

お礼

比較にならないほどブルーレイが優勢・・・
明確なお答えをありがとうございます。

早速ブルーレイを購入します!

投稿日時 - 2012-11-09 13:13:58

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

 基本的に修復されたのがきれい。ブルーレイも再生機器にも寄りますが、解像度が高いのできれいです。

 廉価版はもともとの状態なので自由に出せる状態になっているので安くなる。しかしデジタル修正などされると、それが原板となり、著作権がありますので高く成ります。

投稿日時 - 2012-11-09 10:24:16

お礼

どちらも、今持っている廉価版に比べるときれいなのですね。
高くてもいいのできれいな映像で見てみたいです。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-11-09 13:09:44

あなたにオススメの質問