みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

なぜ日本人はクリスマスイブを恋人と過ごすのか?

クリスマスイブはパーティーしたいというと、
「なぜ日本人はクリスマスイブ、クリスマスを恋人と過ごすのか?
仏教徒なのになぜクリスチャンのお祝いするのか?
そして家族ではなく恋人と過ごすのか?
恋人たちがクリスマスと関係ない24日にこだわる訳がわからない
それだったら、他の22日でも23日でも26日でもパーティーすればいいじゃないか」といわれました。

こんな人を論破する文章をどなたか考えていただけませんか?><
理論が理解できたらパーティーをしてもいいそうです。

投稿日時 - 2012-10-18 20:13:47

QNo.7754883

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

>なぜ日本人はクリスマスイブを恋人と過ごすのか?
そういう風潮が出来たのは、83年12月の女性雑誌「アンアン」が、「クリスマス特集、今夜こそ彼のハートを捕まえる。 クリスマスの翌朝はルームサービスで」をトップ記事にしてからです。以来多くの若者がクリスマスイブは恋人とホテルでセックスする日と勘違いするようになりました。

>仏教徒なのになぜクリスチャンのお祝いするのか?
別にお祝いしているわけではありません。ディズニーランドと同じ感覚なだけです。だから賛美歌も歌わないし、ましてや教会などには行きません。行く必要もありません。

>そして家族ではなく恋人と過ごすのか?
理由は前述しましたが、日本の少子化対策には大いに効果があるでしょう。

>恋人たちがクリスマスと関係ない24日にこだわる訳がわからない
要するに恋人を初めてホテルに誘うきっかけなのです。それが24日なのです。ほかの日では名目が立たちません。彼女も納得してくれません。ですからその後はのべつ幕無しで毎日パーティをやります。

この理論、納得できましたか? 

投稿日時 - 2012-10-20 13:52:47

お礼

ありがとうございます、参考になりました^^

投稿日時 - 2012-10-22 01:39:58

ANo.13

クリスチャンもキリストとは関係ないハロウィンを楽しむしね

一部の宗教系の学校じゃ祝うなってお達しがでるほど
どこの国も宗教も一緒なのだ

投稿日時 - 2012-10-19 18:50:49

お礼

ありがとうございます、参考になりました^^

投稿日時 - 2012-10-22 01:41:04

ANo.12

はじめまして。
他の方が、実際、理由がない。というのを述べてくださっていますので、
相手を説き伏せる方法だけ、考えます。
考えたのが、次です。

理論的には確かに矛盾しているけれど、
自分にとってクリスマスイブというのが、幼いころから
家族と楽しく過ごしたり友達と楽しんだりした、非常に大切な日だから、
その大切な日をあなたと過ごしたい。

というのではダメでしょうか。

本当のところ、理論的にはクリスマスという宗教行事をキリスト教徒以外が祝うのは
破綻すると思いますし、
明治維新の和魂洋才で文化的にも西洋を取りれた結果、一番イベントとして大きい
クリスマスが、日本でも定着した習慣的なものなので、
自分にとって大切だというしか、無いと思います。
ただ、相手が信念として自ら信者でもないものを祝うのは嫌悪を感じるというというのならば、
説き伏せるのは難しいと思います。
あなたの気持ちを汲み取って譲歩してくれるかどうかですね。


さて、説き伏せるのは上記でしかないと思いますが、
実際にクリスマスではなく、なぜイブを祝うのかというと、西洋でもイブを祝うからだと思います。
たぶんクリスマスのピークというのが25日0時0分だからです。
なのでイブを祝うというよりはイブから25日にかけて祝うというのが本当です。
年末のカウントダウンを元旦にやっていたら間に合わないのと一緒です。
25日に祝うとクリスマスのピークに間に合わないのです。
クリスマスにパリにいたことがありますが、
ノートルダムのクリスマス最初のミサは0時0分に始まります。
このときものすごく長いきらきらの杖を持った一群の司祭が厳かに入っていってミサをしていました。
ピークに向かってパーティをして盛り上げるのです。
25日の昼間にはもう終わっているのです。

ではでは!ジョワイユノエル!

投稿日時 - 2012-10-19 17:53:34

お礼

ありがとうございます、そうですね、やはり気持ちの問題ですよね。
とても参考になりました^^

投稿日時 - 2012-10-22 01:41:45

ANo.11

 クリスマスは「お祭りです」
日本人は恋愛など目立ったことが出来ません。奥ゆかしいという感じで。

 しかし、祭りの日などは男女の出会いの場所でもありました。
 その為に、祭りという感じで口実を作り出会いの場所とした。

 それと、日本は色んな物を吸収し日本の文化に取り入れてきています。
 
 祭りは大好きですので、信仰と言うより娯楽の部分をメインに取り入れたのでしょうね。
 ハロウィンもなんとか頑張って居ますが定着しにくいのかなぁ。

 寒くなると人は寄り添いたい物です。

投稿日時 - 2012-10-19 11:38:51

お礼

そうですね。やはりお祭りなのですね。
ありがとうございます、参考になりました^^

投稿日時 - 2012-10-22 01:42:16

ANo.10

12月24日に、こだわるのは恋愛感情をさらに深めたいという心理状態にあるから、20世紀も21世紀になっても、相変わらず日本人のエコノミックアニマルぶりは変わらない、12月23日は天皇誕生日なのでクリスマスにこだわっている者は、一緒に祝ってさしあげる事をすれば良いのではないのか、あるいは競馬場で会いましょうではないが、メリー有馬記念でもやればいいのではないのか、日本人は平常に年を越せて正月が楽しく過ごせれば良い。

投稿日時 - 2012-10-19 10:49:04

お礼

ありがとうございます、参考になりました^^

投稿日時 - 2012-10-22 01:42:45

ANo.9

”仏教徒なのに”
   ↑
文科省によりますと、日本では神道の信者は1億1千万人で
仏教は9千万人だそうです。
だから、仏教となのに、というのは正確ではありません。

”なぜクリスチャンのお祝いするのか”
   ↑
日本古来の宗教は神道です。
つまり八百万神々の宗教です。
釈迦もキリストも、沢山いる神々のひとつに過ぎません。
だからお祝いしても、矛盾しません。
前述したように、日本人は神道の信者であり、仏教徒でも
ある場合が多いのです。
そしてそれは日本では矛盾しないのです。

”家族ではなく恋人と過ごすのか?”
    ↑
余計な御世話です。それが日本的キリスト教だからです。
それなら聞きます。
どうして欧米人は恋人とではなく、家族と過ごすのですか?

”恋人たちがクリスマスと関係ない24日にこだわる訳がわからない”
    ↑
イヴだからです。昼間から酒飲んで騒ぐ訳には
いかないでしょう。

投稿日時 - 2012-10-19 07:09:47

お礼

たくさんありがとうございました、
そうですね、何故欧米人は家族なんでしょうか?

投稿日時 - 2012-10-22 01:43:24

ANo.8

好きな人とはできるだけ多くの時間を一緒に過ごしたい♪♪♪
その口実の一つがクリスマスですよ^^♪♪♪

恋人ができた経験のある人なら皆わかるはずですw

>こんな人を論破する文章をどなたか考えていただけませんか?

こんなヒトも質問者さんも異性から相手にされないかわいそうなヒトというのがこの質問でわかっちゃいましたね^^♪♪♪

まぁ、人生あきらめなければいいことがあるかもしれません♪

可能性が低いとしても踏ん張ることが大事なのですよっ♪♪♪

投稿日時 - 2012-10-19 00:20:20

ANo.7

クリスマスっつうのは、そもそもは冬至の祭りです。冬至の祭りってのは、冬の中で最も重要なお祭りなんですね。なぜなら、力を失った太陽が冬至を境に再生していくからです。「太陽の再生を祝うお祭り」なんですね。
で、この冬至の祭りというのはキリスト教がヨーロッパに広まるずっと前からやっていました。しかし、キリスト教の普及に伴い異教のお祭りはけしからんとなったものの、特に冬が長いヨーロッパ人にとっては冬至のお祭りってのはやっぱりやめられないものだったのですね。だから、冬至の祭りをキリストの誕生日という最も重要なお祭りのひとつにしたわけです。

ではなぜその冬至の祭りが日本でここまで広まったのかについてですが、個人的な見解ですが、やっぱり冬至の祭りだったからだと思います。四季があり冬もそこそこ寒い日本では、冬至の喜びというのがやはり動物の感覚としてタイミングがしっくりきたのだと思います。
中東やインドなどの雨季と乾季しかないような地方や、一年中熱い地域では「太陽の再生」に対するありがたみがあまりないのではないかと思います。

さて、そのクリスマスをなぜ家族と過ごさないのかについてですが、子供が小さい家庭では家族で過ごす日ですよ。だけど、大学生の男の子が家族でクリスマスを過ごしてたらちょっと気持ち悪いでしょ。答えとしては「恋人と過ごす人もいれば、家族と過ごす人もいる」でいいと思います。むしろ正確には「恋人がいない人がお祝いをしないのが不自然」といえるかもしれません。
仏教徒なのにキリストのお祝いをするのは、仏教徒じゃないからです。ちゃんとしたクリスチャンなら日本人でも外国人でも聖書の一部をそらんじることができます。だけど、日本人でお経の一部をそらんじられる人は滅多にいないでしょ。せいぜい南無妙法蓮華経か南無阿弥陀仏くらいです。
ついでにいえば、日本は仏教と神道が共存する国なので、仏教とキリスト教が共存しても日本人の中ではなんの違和感もないです。多神教徒だから、神様がひとり増えても構わないのです。だからなぜ仏教徒のくせに、というなら、日本は仏教と神道が一緒にいられる国だからそこにキリスト教が加わっても問題ない、が答えになるかと思います。

また、なぜ24日なのか、他の日でもいいじゃないかに関しては、「元々クリスマスは冬至を祝う祭りだから」が答えになります。カレンダーを見れば、だいたいクリスマスの辺りに冬至がきます。だけど冬至は毎年数日ずれがあるので、本来なら「今年のクリスマスは21日」「今年は25日」としなきゃいけないのですが、そうすると面倒くさいし予定も立てづらいのでじゃあ12月24日にすっかとなっているわけです。
じゃあなんで前夜祭を祝って当日の夜じゃないんだとなりそうですが、「冬至の日の出を祝う」のであれば、前日の夜に祝うのはおかしくないと思いますよ。だって、冬至の日の夜となるともう太陽が沈んじゃっているじゃないですか。なんか間が抜けていますよね。それだったら、「これから冬至の朝が来るのをお祝いしよう」ってほうが違和感がないと思います。

では、楽しいクリスマスパーティを!

投稿日時 - 2012-10-18 23:51:44

お礼

冬至のお祭りなのは知りませんでした
そうなんですね。
冬至の日をお祝いしようといってみます^^
ありがとうございます、参考になりました^^

投稿日時 - 2012-10-22 01:44:16

ANo.6

日本やアジア其の他のキリスト教の教えの関係無い国々の人にとっては、クリスマスはパーティタイムです。
それから、勘違いしているのは日本人の多くは仏教徒では有りません、葬式用に仏教式を利用しているだけの便乗宗教なのです。

われわれは 難しい事をそもそも論じる事より喜怒哀楽を楽しく過ごす、そういう自然派の考え方の強い人々なんです。
ですので、どんな宗教でもいいから都合良いところだけを持ってきて楽しむのです。

宗教の教義とかは関係なくて、理論的に意識構成がされているという事は有りませんので、理論的に話し合うのはそもそも無駄なんです。
クリマスって理由で誘いだして、XXXXしちゃいましょう!という便乗、雰囲気、ミーハーそのものの気楽な国なんです。
でもね、、、、、クリスマスイブにそこいら中でXXXXしている人がいるかと思うと、気味が悪いデスね。。マッタク。

投稿日時 - 2012-10-18 22:39:08

お礼

ありがとうございます、参考になりました^^

投稿日時 - 2012-10-22 01:44:39

ANo.5

欧米では Xmas は Jesus の生誕を祝って大人同士でも Gift を贈り合うものですが、日本では Santa さん代わりの親が子供に玩具を買い与える習わしになってしまったので、恋人を持つ年頃の若者は玩具は貰えませんし Gift を親に贈る習慣もありません。

でも、街は幼い子が居る家庭の Xmas で浮かれていますので、親と寂しく Xmas の夜を過ごすよりも恋人と過ごして Gift を贈り合う日になったというわけです。

関東以北でもなければ滅多に雪など降らないものですが、White Xmas などという Moody な Image が定着していますので、暖かい地方でも Moody な夜景を見ながら恋人と過ごすという Pattern になってしまったわけですね。

一方、家族と過ごすのは年末から正月にかけてです。

家族どころか親族も集まって大 Party を開くところもありますので、12 月 24 日などに家族で Party を開く必要はありません。

むしろ親としては手伝いなんかあてにならない若者は外に出して、のんびりしてから年末の大掃除や大晦日、正月に向かってそろそろ準備しようかねってところではないでしょうか(笑)。

ちなみに恋人と過ごす日本の行事で一番不思議なのは Xmas ではなく、Valentine Day と White Day ですよ(笑)。

どちらも日本では Chocolate Maker がでっち上げた行事として有名です。

聖 Valentine が何処の誰だか知っている日本人なんて殆んどいないでしょう?

投稿日時 - 2012-10-18 21:21:37

お礼

なるほどそうですね、バレンタインもわかっていませんね笑

ありがとうございます、参考になりました^^

投稿日時 - 2012-10-22 01:45:29

ANo.4

大義名分を主体的に作れないからです。

投稿日時 - 2012-10-18 21:04:40

ANo.3

日本のクリスマスは、宗教とは全く無関係の、馬鹿騒ぎするだけのただのお祭りだからです。
日本人は、イブにするパーティーが好きです。クリスマスに食べるケーキやシャンペンが好きです。イルミネーションやツリーが好きです。イブに予約をとったディナーやホテルが好きです。
・・・でもキリストは別に好きではありません。

日本にいる限り日本らしい行事や祭りはいくらでも味わえますが、所謂「西洋的」なイベントに身を置く機会はなかなかありません。
そんな中、クリスマスは数少ない「西洋」らしいイベントが味わえる機会とも言えるかもしれません。ポイントは「西洋っぽさ」であって、「本場のクリスマスに習う」ことに別にこだわらなくてもいいのです。「西洋っぽさ」は日本人にとって非現実っぽさであり、ある意味では現実逃避です。西洋人が日本に感じるそれと同じです。そして、その「現実逃避」というのはまさしく「祭り」の醍醐味と合致します。
ちなみに、近年では日本人はそれだけでは飽き足りずハロウィンも取り込み始めています。

>それだったら、他の22日でも23日でも26日でもパーティーすればいいじゃないか」といわれました。
それはクリスマスに限った話ではないです。お祭りは、国民(あるいは地域)が一斉に同じ目的を共有してこその、お祭りなのです。個別に好き勝手にしては意味がないです。それだとただの飲み会やホームパーティーになってしまいます。
西洋人にとってクリスマスは25日でしょうが、それを祝うってだけなら別に「生誕当日」でなくても、いつだっていいはずです。個別に好きな時にすればいい。でも必ず24日の晩に家族で過ごして祝うでしょう? それと殆ど意味は同じです。

投稿日時 - 2012-10-18 20:50:41

お礼

やはりお祭り騒ぎをしたいのですかね。
確かにクリスマスは幻想的ですよね
ありがとうございます、参考になりました^^

投稿日時 - 2012-10-22 01:46:27

ANo.2

一つトリビアを
クリスマスはイエスキリストの生誕を祝う日と思われているが実は違うらしい…
キリストの誕生日は12月25日じゃなかったんですね
う~ん びっくり


今は宗教関係なくなってますね 笑
ケーキが食べたいだけとか なんとなく24日に祝いたいとかじゃないですか?
そうそう確かに通説とするなら24日はキリストの誕生日の前夜祭であって この日に祝う必要はないのです
12月24日は まだマリア様が馬小屋で産気づいてるころですからね

25日に祝うはずですね


つまり重要なのはイエスが生まれた日です(クリスマスをキリストの聖誕祭とするならば ですが)

投稿日時 - 2012-10-18 20:30:07

お礼

なるほどそうですよねー
ありがとうございます、参考になりました^^

投稿日時 - 2012-10-22 01:47:01

ANo.1

昭和40年代までは家族と過ごす日だったです。でもユーミンの「恋人がサンタクロース」以来恋人と過ごす日になりました。なぜかというと、世の中は豊かになり、雇用も足りなくなりアルバイトが結構主力の労働力になりました。
日刊アルバイトニュース(an)が創刊。大学生はアルバイトで簡単に稼ぐことができるようになり,お金を持つようになり、車を持ち、レジャーやコンパに夢中になり当然カップルが増えた。
家族と言うのは殆ど居ない若者だけの世界に生きるようになった。
これに目をつけたホテルがクリスマスのプランをぶち上げだした。
結局これに乗った若者は、クリスマスは恋人と過ごす日と思うようになったのは自然な流れです。
じゃあなぜクリスマスをやるのか。意味はなく「イベント」だから。
クリスマスに宗教を感じるなら、こんなには広まらなかったでしょう。
単にパートナーがいる人はこのイベントをやらないとお互いに申し訳ない感じがするからです。

あ、肯定するんでしたか?否定になってますね。

投稿日時 - 2012-10-18 20:28:21

お礼

なるほど、やはり豊かになると活気づくんですね。
ありがとうございます、参考になりました^^

投稿日時 - 2012-10-22 01:47:38

あなたにオススメの質問