みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

これはパニック障害とか不安神経症ですか?

こんにちは。これはパニック症状と言えるのでしょうか?
国際結婚をして現在はスイスに住んでいます。

実はまだ心療内科にも行ってないので(スイスにいるのでどうしていいものか)、この症状をパニック障害や不安神経症と言って良いのかが分からないのですが、そのような症状に陥るようになってしまいました。。。

まずは8月の頭に胃腸炎になって、ひどい下痢と吐き気、息苦しさ、めまい、体の痺れなどなどに襲われました。すごく辛かったです。
そのときは病院には行かずに、家で苦しみよくなって行きました。
そのあと、唇にヘルペスが出来、治ったと思ったら今度は巨大口内炎が出来て。
そして、この前の土曜日の夜、下痢と強い吐き気、体の痺れ、めまい、そして今度は過呼吸と体全身の痙攣がありました。
過呼吸で苦しく、息もちゃんと出来なくて、吐き気とめまいと体の痺れ。。。もうフラフラでした。。。すごくすごく苦しかったです。
丁度、そのときに彼のお兄さんから車を借りていたので、車で救急対応の病院に行き、診てもらい点滴を2本打ってもらい、家に帰って来ました。
血液検査、尿検査、便の検査、すべて異常無しでした。
先生が言うには、過呼吸と痙攣はパニックから起こったという事です。
以前にもこういう下痢、吐き気で苦しむ事があり、毎回すごく辛いんです。それがトラウマになって『また辛くなったらどうしよう』っていうパニックなのでしょうか。。。

実は昨日の夜も過呼吸気味になりまた吐き気に襲われました。お腹の調子がほんのちょっと悪いだけで不安になり。。。『大丈夫、大丈夫。私は健康だ』と言い聞かせても、パニックは急にやって来るんです。『大丈夫、死ぬ事は無い』と言い聞かせても不安は収まらず、呼吸も苦しかったです。

日本だったら心療内科とかに行けば良いのかもしれませんが、スイスでこの問題をどう克服すれば良いのか分かりません。本当にパニックなのか。先生が言ったから、パニックと思い込んでるだけなのか。

この夏は、チューリッヒからベルンに引っ越した事もあり、準備などもあり大変でした。また隣人とのトラブル、引っ越し業者とのトラブルもあって毎日、負の感情ばかりだったような気がします。
そして新しい土地、ベルンでこのような問題に陥り。
私はいったいどうすればいいのでしょうか?夜が怖いです。。。寝るのも怖いです。
発作が起こるのは、というか辛くなるのがいつも夜中なので。

もし、なにかアドバイスを頂けたら幸いです。

長文で読み辛くて申し訳ありません。

投稿日時 - 2012-08-30 22:38:56

QNo.7672373

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

再びNo.1です。前回の回答はザックリし過ぎてましたので、もっと丁寧に説明しますね。

以前、聞いた話なんですが「ある女流作家で、誰でも知っている方が、ある日、突然、謎の腰痛に襲われました。激痛です。考えられる医者へは全て行きましたが原因は不明でした。いつまで経っても痛みは良くなりませんでしたが、売れっ子の彼女は机に向かい続けました。

しかし、とうとう痛みに耐えかねて机から離れて、仕方なく休養する事にしました。

すると不思議な事に、腰痛がずっと軽くなったそうです。そのまま休み続けると、痛みはスッカリ取れたのです!

この時、彼女はハッと気がついたそうです。・・・・・自分は仕事をしたくなかったのだ。責任感から、嫌々、机に向かっていたのだが、心はもう限界だった。この激痛で椅子に座れなくならないと、仕事から離れられないほど自分は追い詰められていたのだ、と。」・・・これは実話だそうです。

これは、精神が身体に重大な影響を与える例です。

もしかして質問者さんは、スイスに住んでいたくないのではないですか?その思いを押さえ込んではいませんか?

病名を特定する事にこだわるより、その奥に潜んでいる葛藤とちゃんと向き合い、その思いを認めてみたらどうでしょうか?

病には、必ず原因があります。対症療法より、根治を目指しましょうよ!

あくまでも、私の想像ですから、的外れでしたらご勘弁くださいね。

投稿日時 - 2012-08-31 17:06:16

ANo.4

パニック障害の経験者です。
最初はホントにパニックになっただけなんでしょうね。。
症状の流れがパニック障害の初期症状のようにみられますが、、医者ではないので断言はできませんが。。
不安神経症は「不安障害」に名称変更され、不安障害の一種がパニック障害です。
不安障害の中に、パニック障害の症状に類似するものがいくつかあるそうです。
突然襲ってくる発作は怖く、またいつくるかと不安にもなりますよね。。私も夜中に不安からか熟睡できずによく目が覚めていました。。
でも治りますよ、幸い原因もハッキリ分かっているのですから。
トラウマになっていると思い詰めないで、アレはあの時だけのこと大丈夫大丈夫、みたいな感じで自分を前向きに説得しましょう。
発作が起きても、大丈夫大丈夫そのうち治まる、と自分に言い聞かせる、実際に延々と続くわけではなく治まりますよね、発作はいずれ治まるものだと意識しましょう。
コーヒー、タバコ、お酒のとりすぎに注意、パニック症状が悪化しやすいとか。
お酒と鎮痛剤の慢性的な使用も、元々の不安を維持したり悪化させるそうなので注意です。

もし、病院へ行かれるなら精神科でしょうね。
日本では、精神科という言葉のイメージが良くなくて、大抵が心療内科の看板を掲げるとか。
だから、もとを正せば精神科かと。
スイスは精神医療の最先端の国かと思ってましたよ。。精神科医やカウンセラーがワンサカいるって。。思い込みでしょうか^^;

投稿日時 - 2012-08-31 13:28:30

ANo.3

あなたの対処の仕方でよいかと思いますが、幾つか訂正して欲しいことがあります。

> それがトラウマになって『また辛くなったらどうしよう』って…

病は気にするほど、そのパニックが起こりやすくなります。『大丈夫、大丈夫。私は健康だ』とかは

正しく潜在意識に刻み込まれますが、『大丈夫、死ぬ事は無い』は、否定語での命令ですので、

逆の意味に理解されます。『大丈夫、じきに治まる』などでは、落ち着きませんか。


恐怖心や不安が引き起こすものならば、心身統一法があります。

先ず肩の力を抜いて、臍下丹田に気を込めます。同時に息を長く吐いたら、恐怖心は消えていきます。

臍下丹田に気を込めるのが分らねば、他と同時に「せいかのいってん」と呟くだけで、同じになります。


パニックで起こる症状をあなたの努力で起こそうとすれば、症状は起きないものです。

隣のオーストリアのV・フランクルがロゴセラピーで教えている「逆説志向」と言う心理療法です。

心理療法が盛んだと思いますので、診察を受ける方が簡単かもしれないと思います。

投稿日時 - 2012-08-31 08:42:33

ANo.2

自律神経訓練法なんかを試してみたらいかがでしょう?

ストレスが重なると身体がリラックスする事を忘れます。
自律神経訓練法は腹式呼吸と自己暗示による副交感神経の刺激によって
意図的に自分をリラックスした状態に持っていくよう訓練できます。

ちょっと時間はかかるかもしれないけれど、試してみる価値はあると思いますよ。

やり方の詳細はネットで検索すれば色々ヒットすると思います。

別にへんな催眠術とかあやしい手法ではなく、
精神科のリハビリなどでも使われています。

腹式呼吸だけでもしっかり出来るようになれば、
過呼吸のコントロールは可能です。

しっかりゆっくり息を「吐く」ことに集中してください。
「吸う」のではなく「吐く」ことが大事です。
落ち着いて、ゆっくりちゃんと息を吐ければ、
ちゃんと空気は肺に入ってきます。

投稿日時 - 2012-08-31 00:10:03

ANo.1

こんにちは。

原因が、目に見えない病は判断が難しいですよね?

このやり方が、質問者さんに適しているかは分かりませんが、一番の大元は「恐怖」みたいですね。ですから、その恐怖そのものに向き合ってみてはどうでしょう?

つまりは「来るなら来い!やってやろうじゃないか?お前なんかに負けるかぁぁ~!」です。

少しでもお役に立てれば良いのですが・・・・・。

投稿日時 - 2012-08-30 23:26:26

あなたにオススメの質問