みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

新婚からの海外赴任別居婚。 家族と同居

はじめて投稿させていただきます。
私は、今年の春に結婚した27歳の会社員、東京出身・在住の者です。
結婚相手は、京都出身・同じ年・全国転勤のある会社に勤めています。
彼は最近、念願だった海外赴任が決まり、新婚ながら遠距離婚をしております。

私も一緒について行きたかったのですが、彼の会社の都合で家族ビザが取得出来なかったので、
現在も実家に住み、数か月に1度会いに行く生活を送っております。
彼が自ら志願して沢山のテストを通過してやっと叶った海外転勤なだけに、一緒に暮らせないのは寂しいですが、我慢しながら応援して過ごしています。

この様に新たな生活をスタートさせたばかりなのですが・・・

先月彼のお母さんに癌が発覚。余命半年と宣告されました。
彼は、初めての慣れない海外生活で、だだでさえ大変な中、この様な宣告を受けかなり落ち込んだ様子でした。

そんな中、問題になったのは彼のお父さんについてです。
お父さんは、お母さんの病気について知ってから、これから先の将来について色々と思い煩う様になりました。
5年程前に独立し現在は個人事業主としてお母さんと2人で仕事を切り盛りしているお父さんですが、お母さんが亡くなったら手伝ってくれる人もいなくなり、仕事も傾き、家も手放さなければいけなくなるかもしれないから京都に帰ってきて助けて欲しいと彼に相談してきたそうです。
彼のお父さんはまだ56歳。病気を患っている訳でもありません。

彼は一人っ子ですが、就職をする時に京都には戻るつもりはないし、仕事も手伝うつもりもないと合意した上で上京してきたそうです。

この様な状況下で、どうしたら良いものかとても悩んでいます。
私はまだ子供はいないので親心という物を理解できていないのかもしれませんが、私がもし親だったら、仮にどんな状況下であろうとも、今まさに夢にむかって頑張っている息子に対してそんな事は言わないし、望まないんじゃないかなと思ってしまいます。
言い方は悪いかもしれませんが、一人でも頑張ればなんとかなる事なのに、息子に甘えておんぶにだっこを望んでいるお父さんの姿勢が、とてもではありませんが、支持できません。

また、お父さんの人生設計についてもいささか気になっています。
5年前まで保険関係の会社に勤めていて、その後独立し現在は代理店業をしています。お母さんは事務を手伝っているそうです。
その分の事務を自分でするとなると営業に行く機会が減るから、仕事が傾くと思っている様ですが、事務ならすきま時間で出来るのでは。。。と思ってしまいます。
現にお母さんはパートも掛け持ちでしていました。
一軒家は10年程前に購入しています。
ローンはサラリーマン時代に組んだものですが、その後独立した為、今はその頃より収入が安定していない為ローンの支払いが大変だと以前より聞いていました。まだ20年もローンが残っているそうです。

お父さんの実のお母さん(彼のおばあちゃん)もご健在で、家から車で30分程の所に一人暮らししているのですが、そのお母さんとは同居をしたくない様です。
その理由は、お母さんは足が悪く、障害者認定も受けており、家にも週数回ヘルパーさんが来ている様ですが、同居すると毎日家で仕事をしている立場としては負担になるからという事だそうです。
ちなみに二人は仲が悪いわけでもなく、むしろ仲の良い親子です。
自分の扶養責任はそっちのけにして、自分だけ息子に頼ろうとしているお父さんの姿勢が本当に理解できません。

彼の海外赴任期間については、まだ正式には決まっておらず、彼の能力次第で滞在期間が決まる様です。
結婚してから半年が経ちますが、私自身彼と会えたのは20日程度。2回渡航したのみです。
もし仮に来年も引き続き滞在する事になっても、私のビザが取得出来るかもわからない状況なので、それだけでも2人の将来について不安に思っていたのですが、その上お父さんとの同居問題が浮上している今、毎日不安で彼に対するモチベーションが維持できない現状です。

彼はキャリア志向も強く、仕事は続けたいと思っている様ですが、一方お父さんの事も放ってはおけないと悩んでいるようです。
これから子供を持ちたいと思ってるので、私としては当然彼には今の会社を続けて欲しいと思います。

仮に3人での同居をはじめても、私が納得の出来ないまま生活をスタートさせると、多分私たち夫婦の関係がうまくいかず、子供も出来ない冷めきった関係になってしまうような気がします。

この様な諸々の状況下において、皆さまはどうするのがいいと思われますか?

私の結婚に対する認識が甘かったのでしょうか?
結婚して妻という立場になると、こういう状況下では有無を言わずに彼の家族に従わなければいけないのでしょうか?

長文になってしまいましたが、よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2012-08-20 18:22:26

QNo.7654149

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

お舅さんは、奥さん(貴女の姑)にずっと頼りきりで生活してきたんでしょうね。その奥さんが余命いくばくも無いと分かったときに、次の依存先が息子になったのだと思います。依存心の強いお舅さんで困ったものです。

結婚前なら貴女のご主人も、今の仕事を諦めて父親を助ける事も視野に入るでしょうが、結婚した以上、最も守らなければならないのは貴女と家庭です。貴女との将来を考えれば、彼は今していることを投げ出してはいけません。結婚後は父親より嫁が大切で当たり前であり、この先ずっと生きていくのだから一時の情に流されてはいけませんね。

お舅さんは「頼る人」を探すのではなく、なんとかこの困難な状況を乗り切る方法を探し、腹をくくるしかないです。それでもダメなら諦めるしかないですよ。妻が居なければ手に入らなかったものを持っている。だから妻の死と共に失うのも甘受しなければならないと私は思います。息子を犠牲にしてまで続ける事では有りません。所詮、この舅には似つかわしくない大仕事を手がけていたのでしょうね。

貴女やご主人の人生は親とは別物です。こう言って話し合ってみたらどうですか?お舅さんの生活が立ち行かなくなってもそれは仕方が無い事です。お舅さん自身が親の面倒を嫌がっているじゃないですか?要するに自己中心的なんです。

私なら貴女と同じように、夫に自分の力を試させてあげたい。それがきっと将来の彼の糧になるだろうと思うからです。親だからと言って子供の人生まで犠牲にして平気な神経が理解できません。貴女が彼と話し合って同じ結論に達する事が出来れば、その結論を全うする事で、貴女方は幸せな結婚を続ける事が出来ると思いますよ。ただ彼にも、お舅さんが何を言っても、最優先するものをきちんと決め、揺るがぬ決心で守り抜く覚悟を決めてもらわねばなりません。これは貴女がどれほど彼にとって大事であるかに掛かってきます。貴女が彼にとって大事な存在になり、彼もまたそう認識し、何を最優先して守らなければならないかが分っていれば、悩む事もなくなるでしょう。新婚で夫婦の絆と言う話は難しいかもしれないけど、結婚暦は浅くても、貴女方がお互いにかけがえの無い存在なら、乗り越えられるはずです。

自分の夢を諦めて親に手を貸すと、将来後悔します。貴女が彼の家にとって新参者であるかどうかは関係ないですよ。だって妻なんですから。法的にも最も配偶者は強い立場にあります。親よりも子よりもね。
とにかく彼とよく話し合ってください。その際に貴女が彼の迷いを諭すように導く事を勧めます。彼も親の非常事態を無視できず、悩んでいると思いますから。親は先に死ぬ。自分の人生を大事にして後悔しないように、彼を導いてあげてください。それが妻の役目です。

投稿日時 - 2012-08-21 13:23:44

お礼

沢山の励ましのお言葉ありがとうございました。

>自分の人生を大事にして後悔しないように、彼を導いてあげてください。それが妻の役目です。

本当にそれが私の役目なんだなと改めて思いました。
よく話し合ってみます。
いただいたご回答を拝見して、とても救われた気持ちになりました。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2012-08-22 17:20:00

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

新婚早々、色々なご不安、大変ですね。

ただ・・文章を拝見して思うのは
貴方は、ご主人のお父様の生き方まであれこれ言う立場には
ないと感じました。
貴方から見たら 歯がゆい義父かもしれません
自分ならもっとしっかり自立して生きられる そう感じるかもしれません
ですが 貴方は嫁いで間もない身、まだまだご主人の家に関して意見を言う立場にもありません
ここは御主人の意志を尊重して見守られては如何でしょうか?

御主人だって ご自身の仕事の夢 プランおありでしょう
悩まれていると思います
ただ そんな御主人が もし方向を変えて お父上をサポートしたいと判断したならば
少なくとも その判断を聞いてから 貴方は御自身がどうしたいかと考えては如何でしょう?
人生の大事な決断です
御主人に貴方の希望を述べることはいいですが
それ以上に差し出がましいを思われるような口を出さないのが賢いと思います

世の中には しっかりしていて自立した親もいます
反対に子供に依存してしまう 情けない親も いるんです
でも子供から見たら どちらも大事な親なのですよね
配偶者から それを批判される心痛はいかばかりかと お察しします

御主人を信じて その判断を尊重して差しあげてくださいね

投稿日時 - 2012-08-21 00:42:23

お礼

ご丁寧にありがとうございました。

>貴方は、ご主人のお父様の生き方まであれこれ言う立場には
ないと感じました。
これは最もなご意見だと思います。

>世の中には しっかりしていて自立した親もいます
 反対に子供に依存してしまう 情けない親も いるんです
 でも子供から見たら どちらも大事な親なのですよね
 配偶者から それを批判される心痛はいかばかりかと お察しします

主人が一番辛い立場にいるのは、本当にその通りだと思います。
私が彼の辛さを認識しながらも、それでも自分の意見を通すのであれば、
それまでの関係で、私もその程度の人間なのだと思います。

頭ではわかっていても、どうしても今は色んな選択肢に思いを巡らせてしまいます。
まだまだ未熟な人間ですね、私は。
なにが自分にとって本当の意味での幸せなのか、わからなくなってきました。
これから、皆にとって一番良い選択・自分自身も後悔しない様な決断を考えていきたいと思います。

> それ以上に差し出がましいを思われるような口を出さないのが賢いと思います

これは私の最大の欠点で、思った事をすぐに口にしてしまう傾向がありますので、本当に「 口は災いの元 」です。
言い方一つで角がたってしまいかねませんので、気を付けて言動したいと思います。
良いアドバイスをいただき、ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-08-21 11:23:55

ANo.5

舅は甘ったれです。あなたが今の仕事を辞めてそれだけの給料をあなたに払える程の稼ぎがありますか?絶対無いです。老人の片手間の仕事です。姑もパートしながらの片手間のお手伝いでしょう。
一人で仕事をすると決めたら事務職を雇えないなら、その分は自分でこなせなければ自立とは言えません。
営業マンでどんなに仕事が出来ると威張っても必要な事務職も雇えないなら半人前です。
将来の希望もない半人前の仕事に若い人が自分の人生を振って手助けは出来ません。これは舅の戦場であなた達のではありません。56才で20年もローン残とは料簡が知れません。判断の悪さ、あなた方がつきあえる問題ではありませんね。

半年で亡くなるお姑さんのためにあなたが仕事は辞められません。
有給とって、時々お見舞いですね。彼に会いに行くか京都に行くか、これは彼との相談事ですが・・・・京都に行って上げるように彼からも頼まれるでしょう。

舅の母親のことですが、時が来たら介護付きの老人ホーム行きですね。ローン抱えたお舅さんでは特養しか手配出来ないのかな? 今の所、気にしても仕方無いですが・・・・舅がもうろくしたら、海外からあなたが一時帰国して、片付けに入る必要が始まるかも知れませんが、10年後でしょうかね。

老人の隠居仕事みたいな代理店業を将来まっしぐらに励んでいるご主人が人生捨てて引き継げません。舅さんの顔で成り立っている部分の多い仕事を関係ないご主人引き継いでも結局お先真っ暗です。インターネットなどどんどん業態は違う方向へ走っていきます。
あなたも舅の女中になるために結婚したのではありません。お主人は永年、海外で、あなたは京都で無給の女中奉公では結局離婚になります。

ご主人が仕事捨てることも、あなたが京都へ行くことも、どちらも馬鹿げて居て、反対です。でも、貴女の人生です。決めるのはあなたです。

投稿日時 - 2012-08-20 21:14:16

お礼

率直なご意見をいただき、本当にありがとうございました。
私も自分の意見をずばずば言ってしまう方なので、ご投稿いただいた内容に思わず共感してしまいました。

>あなたが今の仕事を辞めてそれだけの給料をあなたに払える程の稼ぎがありますか?
想像するにお父さん自身が、今の私以上の稼ぎを得ていない様な気がします。
そうなると私が手伝いをすると経済的にもっと悪化する事になりますので、やはり今の仕事は続けるべきだと思っています。
主人も今は感情に流されてしまっている部分も多いので、一度冷静に客観的・多角的に今後について話し合いたいと思います。
私があまり率直に物をいうと角がたってしまうので・・・彼をそういう考え方へなんとか誘導していきたいと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-08-21 11:11:36

ANo.4

ハッキリ言えば 貴方に決断する権利は有りません。
貴方が 同居を拒否する、肯定する どちらにしても 貴方はまだお付き合いが浅いはずです。
彼には今迄の親子の経緯がありますから 貴方がどれだけ分かろうとしても 分かってあげられない、理解出来ない事が山ほどあるはずですから、彼が決断した事に対して 自分が出来る範囲を伝えれば良いだけです。

例えば 彼が仕事を辞める、そして家業を継ぐ 
そこを理解するのであれば 同居は望まない、拒む
もしくは 同居はする、事務を貴方が引き受ける 彼は仕事を今迄同様に続ける。

全てを拒む 
と どうしても 溝が出ますから。

有無を言わずに彼の家族に従う のではなくて 何処迄お互いが歩み寄れるか だと思います。
母様は これから闘病生活になるでしょうし 当然 仕事も出来ません。
事務パートを雇う事が 経理上無理であれば 貴方が 週3 等と決めて手伝うもよし。。。

同居ですが これは 旦那様が帰国した と言う前提で考えるのがベターです。

こぅ言っては何ですが 保険の代理店ですよね?
住宅ローンがある 20年間だけ 働けば良いのでしょうから 店舗も自宅で充分なはずです。
間取りは分からないですが 夫婦2人で 4LDKに住んで居たとしても
一階に 大抵 和室とリビングあるじゃない?
そこを事務所 として 使えば 賃貸料金は不要ですし。

20年 もしくは 年金が受給出来る 9年後 そこまで 所得が得られればいいわけですし。。。
それにしても お父様は 計画性が全く無い様に思えます。
現在 56歳、家を建てたのは 46歳、普通であれば 子供も独立している状態で 
夫婦2人が住めればいいわけですし、その年齢で家を建てるとなると 相当の頭金があったはず、、、なのに20年のローンを 46歳で組む訳ですから。
退職金もあったはず、企業を興すとなると 軌道に乗る迄には 最低3年必要ですから
ローンはなるべく完済方向にもっていくはずです。

親を責めても こればかりは 貴方の責任でも 彼の責任でもないのでどうにもならないですが
彼ですよね。。。問題は。

結婚し 念願の転勤だとしても 今回棒に振ったところで 挽回出来ないのかな?
結婚し まだ数回しか 寝起きを共にしてない じゃない?
戸籍だけが 婚姻 ってだけで お互いに自覚は無いと思うし。
自覚しろ と言う方が 難しいですよ。

彼に判断を任せた方が良いです。
貴方は 何も言わず、告げられた事に対して 何処迄自分が出来るか を伝えたら良いと思います。

仮に 私だったら、、、ですが
夫が仕事を辞める と言うならば 同居をします。
ですが 生活は安定しないので 共働き、家事協力を 言います。

多分ですが うちの夫であれば 新婚で 海外赴任を言われても 行かないと思います。
海外赴任を優先させるのであれば 結婚はしないと思うし。
これじゃ 何の為に結婚するのか って事に繋がりますしね。

投稿日時 - 2012-08-20 20:54:54

お礼

親身なったご回答を頂き、ありがとうございました。

> 有無を言わずに彼の家族に従う のではなくて 何処迄お互いが歩み寄れるかだと思います。

まずは、この線から話を進めていきたいと思います。


自分の結婚に対する自覚のなさを責める部分もあったのですが、

> 結婚し まだ数回しか 寝起きを共にしてない じゃない?
  戸籍だけが 婚姻 ってだけで お互いに自覚は無いと思うし。 
  自覚しろ と言う方が 難しいですよ。

この様におっしゃって頂いて、とても気分が楽になりました。
実際彼ともまだ財布も別で、経済的な援助すら受けてない状況で、彼自身も結婚に対する自覚や私に対する責任 等々 まだ湧いていない様な状況です。
これから2人で結婚生活・夫婦のあり方について、よく話し合っていきたいと思います。

> 多分ですが うちの夫であれば 新婚で 海外赴任を言われても 行かないと思います。
  海外赴任を優先させるのであれば 結婚はしないと思うし。
  これじゃ 何の為に結婚するのか って事に繋がりますしね。

本当に今はなんの為に結婚したのか、全く見いだせていませんし、私の負担ばかりが増えている気分で、この負担を上回る程の愛情が私達の中に芽生えているのかも自信がなくなってきています。

人生の試練の中の1つだと捉えて、前向きに考えていきたいものです・・・

本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2012-08-21 11:02:13

>仮に3人での同居をはじめても、私が納得の出来ないまま生活をスタートさせると、
>多分私たち夫婦の関係がうまくいかず、
>子供も出来ない冷めきった関係になってしまうような気がします。
上記の悩みを御主人に打ち明ける方が良いと思います。

妻という立場になると有無を言わず
彼の家に従わなければならないわけではありません。
が、気になるのは「京都」という土地柄かな?
もちろん京都の場所にもよりますが・・・。

結婚に対する認識が甘かったわけではないと思いますよ。
だって27歳なら予測出来ないことだらけのことです。

ただ・・・これからのことを予測しますね。
お義父さんですが・・・
御主人が京都に帰って来ないと決めると
お母さんとおばあちゃんの世話、
そしてお店や自分自身の世話をあなたに任せたい
と言ってくる可能性もあります。

もちろん御主人はお義父様に断るでしょう。
でも余命半年のお母様からお願いされたら?
親戚中から余命半年の母の世話をしないなんて
親不幸な子だと責められたら?

御主人が京都に帰るという決断をするかもしれません。
そのとき御主人が
「仕事のキリがついたら京都に帰るので
京都に帰るまでの間妻の君にお願いしたい!」
と言って来る可能性もあります。
そのときあなたがどうするかを
今から考えておいた方が良いと思います。

結婚生活はいつでも一番最悪な状況を考えて
行動しておいた方が良いと思います。

投稿日時 - 2012-08-20 20:20:24

補足

京都市内、祇園の近くで、彼の親族は代々京都の出身です。
京都という地にかなりの誇りを持っており、結婚する時にもお父さんに
「京都以外の血が交るのは初めてだ」といわれました。。。

投稿日時 - 2012-08-21 10:42:13

お礼

親身になったご回答を頂き、ありがとうございました。

 >ただ・・・これからのことを予測しますね。
  お義父さんですが・・・
  御主人が京都に帰って来ないと決めると
  お母さんとおばあちゃんの世話、
  そしてお店や自分自身の世話をあなたに任せたい
  と言ってくる可能性もあります。
これは想定しておく必要がありそうですね。
今から心の準備をしておきたいと思います。

結婚に期待はしていませんでしたが、こうもはじめから色々重なると、結婚には向いてなかったのかな・・・なんて考えてしまいます。
おしゃっていただいた様に、

> 結婚生活はいつでも一番最悪な状況を考えて
  行動しておいた方が良いと思います。

そうしたいと思います!ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-08-21 10:50:23

ANo.2

保険代理店の仕事はなんとかするでしょう。

50代の男性なのですから、いい歳した大人です。ほうっておくべきです。

保険代理店については統廃合・淘汰されている傾向があります。
保険会社はコンプライアンスを強化する必要があり、代理店の数は少ない方がよいのです。
また、新興のネット系に押され、旧来型の代理店はシェアを奪われつつあると思います。

失礼ながら、経理のアルバイトやパート代もあやしいから、そんな話になると思います。

おそらく、母親にちゃんとした給料は払えていなかったのではないでしょうか。


経理や事務は、税理士や同業者や保険会社を頼れば紹介してもらえるでしょう。

ご夫婦はちゃんと仕事をして、入院されたお母さまの面倒を経済的に援助されては?

いくら保険があっても、色々かかりますから。

しんどいでしょうが、ふんばりどきと思います。

海外勤務は早めに切り上げてもらったら、どうでしょうか?

年齢的にもチャンスは巡ってくるでしょう。

介護を要する家族がいる状態では、会社も海外には派遣しなかったでしょう。

配偶者本人も100%の力は発揮できないでしょうし、会社にも迷惑かけず、今後の評価にも響かないようにしては?

会社をやめるのは反対です。父親を手伝うのも反対です。

海外勤務はあまり無理をせず、病人はまず経済的に支援をされてはいかがでしょうか?

投稿日時 - 2012-08-20 19:21:28

お礼

ご丁寧にありがとうございました。
おしゃって頂きましたように、経済的な援助が一番今しやすい事だと思います。

> 海外勤務は早めに切り上げてもらったら、どうでしょうか?
年齢的にもチャンスは巡ってくるでしょう。
介護を要する家族がいる状態では、会社も海外には派遣しなかったでしょう。
配偶者本人も100%の力は発揮できないでしょうし、会社にも迷惑かけず、 今後 の評価にも響かないようにしては?

本当にその通りだと思いました。主人とよく相談したいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-08-21 10:37:05

ANo.1

おじさんです。


多くは書きませんよ。

>自分の扶養責任はそっちのけにして、自分だけ息子に頼ろうとしているお父さんの姿勢が
本当に理解できません。

全くそのとおりです。

お父さんは、今まで楽をしていたのですよ。
奥さんに、ちゃんと給料を払っていたのでしょうか。
払ってないと思います。
簡単なことです。お父さんが事業をしている以上は、その身内に頼るのではなく
事業主として、パートなり社員を雇えばいいのですから。

給料を払ってまでの規模でないのであれば、ひとりでできることです。
営業も事務もね。
今は携帯がある時代ですから。外にいても、いつでもお客様とは
連絡がつくのですから。

お父さんの、そういう覚悟がないだけだと思います。

仕事は親子であっても、目指す職業が違って当たり前なのですから
各々の仕事に邁進をして、後悔のないような生き方をすれば良いのです。

貴女は、彼の奥さんなのですから、彼の目指すことを、応援をすれば
良いのです。

結婚の認識が甘かったのではとか、そういう思い方は、やめましょう。
もう結婚をしている仲なのですから。

現在の状況で、ベストの判断をとればいいのですから。
こういう場合、あちらもこちらもと、思わないことです。
迷うもとですから。

お父さんに協力をしなくとも、それは冷たいとか、そういう問題ではありませんよ。
順番としては、若い人のほうが、人生が長く続くのですから、
自分たちのことを優先すべきですよ。

逆なこともいえるけどね。先がないほうを優先すべきだと。

でも、質問文を読む限りでは、お父さんの甘えだと、おじさんには
思えてしまいます。

長く書いてしまった。^^

投稿日時 - 2012-08-20 19:18:25

お礼

温かい励ましのご回答を頂き、ありがとうございました。
お父さんと同年代(?!)の方のご意見を伺えて、とても参考になりました。
頂いたご感想と全く同じように私も感じておりましたが、これは私の至らなさなのか・・・と自分を責める部分もあったのですが、同じ様なご感想を拝見でき、少し安堵致しました。

これから皆にとって一番良い方法を模索していきたいと思います。
色々頑張ります!本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2012-08-21 10:29:23

あなたにオススメの質問