みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

住宅ローンの負債が確定しないと免責は受けられないか

自己破産を検討中で弁護士には受任していただきました セカンドオピニオンとして質問します
申し立てはまだですが住宅ローンの返済は停止しており債権者には弁護士から受任通知済です
同時廃止になるか少額管財になるか通常管財になるか裁判所の判断をまちますが住宅は任意売却すると不動産会社の査定とローン返済残高から試算するとオーバーローン倍率は1.65倍から1.95倍になります(負債金額は1000万前後の見込み)ので同時廃止か少額管財になっても異時廃止で破産手続きは終結決定すると考えています 免責不許可事由になる事項は該当していません
ここから本題ですが住宅ローンは債務者である所有者が任意売却するか任意売却で売れない場合債権者(別除権)により競売にかけるかして売却しないと債務者の負債が確定しません
私は当初破産管財人がオーバーローン資産も整理売却して負債を確定し債権者に配当ができないことを確定し異時廃止なり破産手続きを終結すると考えていましたがどうやら破産管財人は配当ができないと判断した時点で負債を確定することなく破産手続きを終結するようです
このような場合
1)免責手続きを進めることはできるのでしょうか 
2)また免責が得られるのは任意売却もしくは競売により住宅ローンの売却が終了して負債が確定す  るまで待たなければならないのでしょうか 
3)そして負債が確定したのちにその負債額が免責されるということになるのでしょうか
裁判所によりまたは裁判官により相違はあることは承知していますが一般的にはどのような展開になるのか教えてください 住宅の売却が長引き免責許可となる時期が長期になることを懸念しております

投稿日時 - 2012-08-19 10:19:04

QNo.7651707

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

 住宅ローンの残債権額の確定にかかわらず,免責手続は進み,免責を受けることができます。

 それは,住宅を任意売却しようが,競売にかけようが同じことです。

 これという明確な法律上の根拠はありませんが,破産手続においては,配当のためには債権額を確定する必要がありますが,配当のない事件では,債権額を確定する必要がなく,そうである以上は,免責手続においても債権額を確定する必要はないと考えられるのではないかと思います。

投稿日時 - 2012-08-21 01:13:16

補足

深夜にもかかわらずご海容をいただきました 法的根拠についてはともかくとしても「・・免責手続きは進み、免責を受けることができる」と回答を戴きました 実態がそうなっていると理解しました ありがとうございます 重ねてお聞きしたいのですが
1)「配当のない事件では・・・」とありますが であれば破産手続き開始・免責申し立ての時点で同時廃止も裁判官判断でありえるとも考えられるのでしょうか
2)バブルがはじけて20年資産価値の低下が著しい今、極端な例かもしれませんが、オーバーローン住宅のみの負債に対して(売却するまで負債額は確定していないが 査定評価の段階で)、破産手続き開始免責申し立てはできるのでしょうか
別の観点から捕捉させていただき いただいた回答内容に得心いたしたく 再度2点ご教示をお願いいたします

投稿日時 - 2012-08-21 12:09:52

お礼

捕捉の回答はいただけませんでしたが 最初の質問に回答いただきひとまずありがとうございました
この間いろいろ書物を取り寄せ勉強中です

投稿日時 - 2012-08-26 15:32:53

あなたにオススメの質問