みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アーティストや芸術家達の恋愛

初めまして。
最近とても気になる事があります

アーティスト、音楽家、芸術家、作家、デザイナー等
いわゆる特殊な特技、打ち込むものが人一倍ある人達は(プロ、アマ、オーバー、アンダー、知名度がある、ない、売れている、いないに限らずです)
同じように何か特技、打ち込むものがある人としか基本的に恋愛対象としないでしょうか?特に女の人です

周りを見ていても思うのですが、何か打ち込むものがある人は同じように相手にも打ち込むものがある人を付き合っています。
(例えば作詞家ならその人の付き合う相手はデザイナー、ダンサーなら相手はDJ等)
たまたま出会う場が同じだからとか趣味が似ているからそりゃ性格も合うだろう
というのは分かるのですが、それだけではない、要は
お互いに何も打ち込むものがない人には魅力を感じないから
というのもある気がするのですがどうなのでしょう?

特に女性の方は相手にも同じように何か打ち込んでくれてないと魅力を感じなさそうです。
これは悪い意味ではなく、どちらかというと私も相手の男性に自分より優れていて欲しいと思うのは当たり前の事だと思うのです。
自分と同じもしくは自分以上に何か趣味や打ち込む事があるのが理想なのかな
という人の心理が気になる人間の疑問です。
何も無いことが駄目だと思ってる訳ではありません。

男性でしたら女性に求めるものは昔から言われいるような
家庭的であったり女らしい内面であったりという事の方が重要だと思うので。
でも打ち込む事のある女性の場合相手に求めるものは
経済力や男らしさよりも同じように何かをしてて欲しいと思うのではないかと感じたのです。
そう感じたのはそれが男らしさというか尊敬に繋がるからです。
今はそれ1本で食べていけていないにしろ、経済力はその打ち込んでいる事でうまく行くかもしれないですしね。
なのでまだ仕事にできる程でなくとも
多少経済力が落ちても何かに打ち込む姿にやはり魅力を感じますか?

実際に特殊な特技をお持ちの方(男性も)の意見を聞きたいです宜しくお願いします!

投稿日時 - 2012-08-06 08:36:04

QNo.7629435

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

プロのピアニストです。
たしかに、同じように何かに打ち込んでいる人にはとても魅力を感じますね。全ての男子が恋愛対象でしたが、その対象から外される男子の一番の理由は『何も一生懸命な事がない』でした。

思い返せば独身時代には何もない人に、魅力を感じませんでした。逆にタイプじゃなくても何か一生懸命なものがあると恋愛対象になる率は高かったです。夫はある道のプロではありませんが、やはり打ち込めるものを持っています。

私が魅力を感じるのは、それについて話す時の楽しそうな笑顔、その物事に真剣に取り組んでいる表情、姿勢に惹かれるのだと思います。その姿に力強い生命力のようなものがあるのを感じます。

経済力が落ちても、魅力は感じますよ。

投稿日時 - 2012-08-06 09:38:35

お礼

お返事遅れました…
やはり、そうですよね。
これは考えてみれば当たり前のことというか、何もない人に魅力を感じようと思うのがまず困難なことですものね。
逆に何もない人は何もない人同士でいたりするのもそういう事なのでしょうか。
自分にも何もないから相手になにもなくても魅力を感じる、とか。
どうせ同じ人間ならばお互い何かにひたむきに打ち込んでいたいものですね。
力強い生命力 なるほど。何かに打ち込む人を見ていて似たような事を私も感じます。私も 生きる術を知っている人 に惹かれます。
そこに 力強い生命力 も入っているんだろうなと今気付きました。
そういう人からは確実に強いエネルギーを感じますね。
それに経済力はあっても打ち込む事が何もない人と
経済力は並でも何かに必死に打ち込んでいる人。
どちらも生きる術は持っているし生命力も強いと思いますが
どちらが面白いか、人生を楽しんでいるかで言えば後者には一目瞭然なところがありますね。
お金には例えようのないものが確実にその人にはあるんだろうなと思います。
そこがまた力強い生命力にプラスされるので結局は後者のような人に魅力を感じるのでしょうね。
なんだかすっきりしました!興味深い回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2012-08-11 02:59:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

 簡単に言うと「職場結婚」です。
 接触する時間が多いですし、働いている姿が輝いてみえるので。

 あと、アーチストやデザイナーだと、仕事柄、毎日色んな事がおこるのですが、サラリーマンやOLだと日々に変化がないので、よほど面白い趣味を持った人でないと話が面白くないというのがあります。

 生活スタイルも全然違うので、生活が合わないというのもありますね。
 (一般には、サラリーマン(OL)は昼型で、アーチストやデザイナーは夜型ではないかと)

投稿日時 - 2012-08-08 10:12:58

お礼

回答ありがとうございます!
言われてみれば特殊な職業の人は確かに夜型が多い気がします。
その時点でまず生活が合わないと少しづつ色んなズレが生じそうですね…
前者のタイプには日々変化が起こりやすいのも頷けます。
その分会いたい時に会えない、とか、予定を立てにくいとか、不安定ではありますね。サラリーマンの方達はその辺プライベートを守り易い。
しかし相手もOLや事務であれば不満はないけれど、前者のタイプで特に女性の方にはその安定さが逆に物足りない、面白みがないとなるのでしょうか
そういう事からやはり多くの方がお互いに釣り合わないと自覚しているのかな
どちらかが特殊なカップル っていうのをあまり見ない…
お互いに似た環境、職業の人とパートナーになるのは必然的な事なのですね。
新たな意見を聞けて良かったです☆ありがとうございました!

投稿日時 - 2012-08-11 03:15:20

ANo.2

芸術家ではなくデザイナーですが。

ここ数年の恋愛を思い返してみて、確かにそういうのはあると思いました。

自分がずっと目標を持って、色々辛いことも頑張ってやってきたので、
分野は違ってもいいしたとえそれが趣味でもいいので、「こだわり」の
ある人でないと好きになれません。

「まあいいや」とか「飽きちゃった」とか、いろんなことに「なんとなく」
過ごしている人は理解できないんです。

「なんのために生きてるの?」って思っちゃうんです。

ただ私の場合は、あまり近い分野はダメです。ライバルになっちゃうから。
意見もお互い譲れない部分が出ちゃうし…。
違う分野で、自分の人生に同じくらいの「熱量」を持っている人がいいなと
思いますね。

ただ、精神的な男らしさはふつうに求めますよ。
それは女性ですから…同じだと思います。

投稿日時 - 2012-08-06 11:06:38

お礼

お返事遅れました…
回答ありがとうございます!
こだわり、同じ熱量
とても分かり易く理解できました。
自分が何か目指すところがあって毎日をもがきながらも懸命に生きている中
なんとなくで毎日を過ごしている人 を見ると
なんのために生きているの?と疑問になるのも、やはり当然といえば当然ですよね。
ましてや自分の将来に関わるパートナーとなれば、そこに恋愛感情を抱くのはとても難しいんだろうなと思いました。
同じ分野では逆に喧嘩が耐えなさそうですね…
違う分野でお互いに何かをしている
と色んな意味で相手を理解でき互いに尊重し合う事もできベストなんですね
とても興味深い回答ありがとうございました!
お仕事がんばって下さい。o○

投稿日時 - 2012-08-11 02:54:45

あなたにオススメの質問