みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

梅雨明け

今日で梅雨の無い北海道を除いて全国全ての梅雨明け宣言が有りました。それは良いのですが…。

質問は2つ…、

1つは理屈の問題ですが梅雨の定義!と、どうして北海度に梅雨が無いとされてるのか?…の明確な理由を教えて下さい。

1つは北海道の皆様、梅雨の北海道へ来られた皆様方々、地方により違うとは思いますが実際に梅雨の北海道へ来られて湿気や暑さを感じませんか?…
本州(東京)より西と同じ感覚には程遠いと思いますが全く梅雨無し!では無い…と思いませんか?…理屈ては無く経験的.感覚的な問題です。
如何ですか?…

投稿日時 - 2012-07-26 17:38:47

QNo.7611951

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

北海道は、冬にスキーに行くだけなので梅雨の時期の体感的な事はわかりませんが、多少の気象学の知識がありますので、分かる範囲で回答をさせて頂きます。

気象は上空の気圧の問題で、都道府県の区切りは人間が勝手に決めたものなので、北海道には梅雨は無くて青森以南には梅雨がある、という区分の仕方には無理があります。

気象条件によっては、函館など北海道の南部だって梅雨前線の影響で雨が降ることもあります。
逆に言えば、青森北部の下北半島や津軽半島付近は北海道の南部と同じで、梅雨の影響は少ない地域です。

本州以南が梅雨の時に気圧配置が崩れれば、北海道の中部や北部でも雨が降ることもありますが、それは天候不良に依る単なる雨であって梅雨とは無関係です。

基本的に本州に梅雨前線が架かっている時には、オホーツクの海上には必ず強い高気圧が発生します。
本州の梅雨前線とオホーツクの高気圧はお互いに強い関連性かあって、通常この2つはセットで発生します。

オホーツクの高気圧はサハリン上空の乾燥した空気を北海道に向けて勢いよく吹き出します。
つまり、梅雨前線があ時はオホーツクには高気圧があり、この強い高気圧の勢力圏につつまれる北海道は梅雨になる事はありません。

この時期の日本の上空には、太平洋側と日本海側に二股に別れたジェット気流が流れています。
ジェット気流が、9000メートルもの高さに達したエベレストにぶつかって、2つに切り裂かれる事によって発生する特殊な気象現象で、この二股のジェット気流の中間には大気のよどみが起こり、1ヶ月以上もの長期に渡り日本の上空に停滞全線を発生さる、これが梅雨の正体です。

また、この二股のジェット気流は北海道からサハリンの上空付近で一本に戻ります。
この一本にまとまったジェット気流がオホーツクの高気圧に強い回転力を与える事で、オホーツク高気圧か勢力を増すので北海道には梅雨は起こりません。

投稿日時 - 2012-07-27 00:44:40

お礼

御回答を本当に、ありがとうございました。

勉強に成りました。

投稿日時 - 2012-07-27 17:24:50

あなたにオススメの質問