みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

R初心者です。

アンケート結果を入力したデータがあります。

回答者|年齢|因子(1)|因子(2)|因子(3)|
―――――――――――――――――――
  1  | 18 | はい | はい |いいえ|
  2  | 22 |いいえ| はい |いいえ|
  3  | 25 |いいえ| いいえ|いいえ|
  4  | 19 | はい |いいえ |いいえ|
  5  | 34 |いいえ| はい | はい |
  6  | 24 | はい |いいえ |いいえ|
  7  | 18 | はい | はい | はい |

この回答結果を、”1つだけ因子を持つ人”、”2つ因子を持つ人”、”すべての因子を持つ人”に分類して、線形回帰分析

summary( lm(年齢 ~ 1つだけ因子を持つ人+2つ因子を持つ人+すべての因子を持つ人)

のようなことを行いたいのですが、どうすればいいか困っています。





なにか案がありましたら、ご教授ください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-07-20 23:28:59

QNo.7601658

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

No.1です。多少分かりましたか?
次に
http://www.ceser.hyogo-u.ac.jp/naritas/spss/multivariate/multi.htm
も読んでみてください。

目的変数がある、なしで分析方法が変わってきます。
それと、説明変数が、数量なのかカテゴリーなのかでも違ってきます。
適切な方法を選ばないと全く意味のない分析になります。

そのあたりはおいおい勉強してもらうとして、

質問欄のやりたいことをそのままやると
目的変数: 年齢
説明変数: カテゴリーで、因子(1)、因子(2)、因子(3)
となります。
因子はカテゴリーではあるが、はい, いいえの二つですので、それぞれ1、0の数値(どちらを1にしてもよい)を与えても問題はないので、置き換えてしまします。

そうすると最初は
 1  | 18 |1 | 1 |0|
になります。それを全部に対してやると、重回帰分析が可能になります。
年齢をY, 因子(1)、因子(2)、因子(3)をそれぞれX1、X2、X3としたときに
Y=a*X1+b*X2+c*X3+d
に回帰すればよいわけです。やり方のNo.1でリンクした中の「Rと重回帰分析」をみてください。

つぎに質問欄の書き方から想像すると、多分
a=b=cのとき, X1+X2+X3 すなわち「はい」の個数との相関をとりたいのだと思うのですが、そのときは
X!+X2+X3(はいの数)を計算して、単純に回帰分析をすればよいのではないかと思います。(それぞれの因子によって影響度がちがうはずですので重回帰分析の方が多分良い)

さらに考えると、
「はい」の数(ここでは数量)と年齢は比例すればよいのですが、そうではなく「はい」の数ので並べたときに、順位には意味が有るが比例関係にはない場合には、カテゴリーとして、分析しなおす方法があります。数量化I類などを適用します。
そこまでせずに、横軸を「はい」の数、縦軸を年齢としてグラフを作成し、直線になるように横軸の目盛り位置を調整するのが簡単かもしれません。

そもそも、年齢を目的変数にすること自体適切なのかも考えてみてください。
目的変数なしの場合は、主成分分析、因子分析、クラスター分析などが適用できます。
これらは結果をいくつかのグループに分類分けするようなイメージです。

投稿日時 - 2012-07-22 15:12:20

ANo.1

まずは
http://mjin.doshisha.ac.jp/R/
の07年04月号以降を参考にしてください。

投稿日時 - 2012-07-20 23:55:25

あなたにオススメの質問