みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

弁護士の真実義務

甲弁護士は、不法占拠によって長年パチンコを経営してきたAから、「土地所有者Bから建物明渡請求を提起されたので受任してほしい。」と相談をうけた。事情を徴収したところ、Bの勝訴の見込みはほとんどなかった。

(1)そこで、Aは「勝訴の見込みがなくても、あと数年営業を続けたいから、訴訟を引き伸ばしてほしい」と依頼してきた場合、甲は真実義務があるから、この依頼は拒否すべきである。
(2)しかし、「せめて、新しい立ちのき先が見つかるまで引き伸ばしてほしい」と頼まれた場合は、原則受任する。ということらしいです。


この違いは何なのですか。教えてください。

投稿日時 - 2012-07-10 14:43:44

QNo.7582452

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

立ち退き訴訟においては和解成立の見込みがあれば、
その時期などについて交渉がまとまる見込みがあるからでしょう。

立ち退きで強制執行するのは大変なので、原告も和解に応じることは多いでしょう。

投稿日時 - 2012-07-10 16:21:21

お礼

なるほど。敗訴確実でも、和解に持ち込むためなら引き受けられるということですね。

投稿日時 - 2012-07-13 07:46:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問