みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

賢く可愛くて良い子だった子猫を殺してしまいました

長文ですが聞いていただけると有難いです。

5日ほど前、家族が交通量の多い道路で2ヶ月くらいの子猫を拾ってきました。
家に迎える前に病院では、ノミは多分いない、痩せすぎなので薬は与えられない、検査も無く一週間後にまた来てくださいと言われたそうです。
シャンプーの時にノミを1匹発見しました。
この時点で私がセカンドオピニオンで別の病院にも見てもらえば良かったのだと思います。

痩せぽっちでしたが初日は元気に缶詰めを食べ、トイレもすぐ覚えてくれ
私の足の甲でうたた寝したり、後をちょこちょこっとついてきてくれました。
そんな可愛いくて良い子だったのに、私はやたらノミを恐れ
足にすりよってきてもちょっと足を引いてしまったりしていました。

先住猫が二匹おり、1週間後の再診まで隔離するため新猫をケージに入れリビングに置きました。
ケージにトイレも設置せずに。
尿や便の切れが悪かったのか、トイレ後にぽたぽた落ちたりすることがあり
その度に床が汚れること、 ノミの発生を恐れ、また空腹やトイレを鳴いて知らせてくれることに甘えて、ほとんどケージに閉じ込めていました。
鳴く→すぐケージに行きトイレもしくは食べ物をあげるという感じで。
時々リビングを歩かせてあげる程度で、私の部屋に入ろうとしても
ダメよ~と言って入れてあげませんでした。(先住猫がほとんどそこで過ごしていたというのもありました)


その時、新トイレを購入したので古トイレを洗い、先住と新トイレ一個で済ませようとしました。
トイレの配置も変えてしまい、リビングに設置してしまいました。
ノミや汚れは嫌なのにもし病気をもっていればうつる可能性大のトイレを共有させるなんて
自分がただ洗ってたばかりの古トイレを引っ張り出して汚すのが嫌だっただけなんです。

当然ですが先住猫はリビングに出たがらず、吐いたり私のベッドに初めて粗相をするようになりました。
夜に粗相→処理→朝起きたらまた粗相をし、掃除ばかりしてることに疲れ果て
家族と大声で世話の方法についてケンカしたりしていました。
私が家族に八つ当たりし、拾ってきた家族が「道端にまた置いてくるよ!!」と言ってはいけないことを言わせてしまったり
(新猫にも聞こえていたはずです。賢い子だったので感じ取ったと思います、
その後、私が新猫に「怖かったね、ごめんね」となでながら謝りに行きましたが
先住の粗相を発見した時、ちょうど新猫が部屋に入ってきそうになり
家族に「新猫をお願い!早く早く!」と言ってしまったりと、新猫に恐い思いやストレスを与えていました。

そしてケージをある部屋に移したのですが、そこはベッドの上に畳があり
ノミが沸くのを恐れてナフタレンをベッドの上に3個、裏に2個置きました。
馬鹿でした。
ドアの入り口にケージを設置し、窓とドアは常に開放していましたが
窓の後ろに外に接する窓があり、風がドアに向かって流れていたのだと思います。
下に置いてあったケージに揮発したナフタレンが、降りかかっていたのだと思います。
同じく時々リビングリビングなどを散歩させていましたが一昨日とその前日、その配置でした。

昨日の昼ごろ、猫の食欲や元気があまり無く体が熱いなと感じましたが
家族に聞いてみると熱さはそんなに感じないということで、大丈夫かなと思ってしまいました。
その日の夕方、お腹の上によじ登ってうたた寝してくれたりしていました。
この時に病院に連れて行くべきでした。

昨日の夜はケージから出してトイレなどに行けるようにしましたが、掃除しやすいバストイレに隔離しました…
トイレのドアを閉めるのはだめだと思い、ダンボールで柵をしましたが
本当はとても具合が悪くて体が重かっただろうに、ダンボールを乗り越えようとしていました。
私は「○○大丈夫大丈夫、また明日朝ね。」とちょっとなでて、えさと水を置くだけでした。
換気扇をつけた方が良いと思い付けましたが、換気扇の音も怖かったかもしれない、
バストイレで寝るなんて嫌に決まっていたと思います。
自分が疲れたからと言って新猫をこのような最低な扱いをしていることに麻痺してしまっていました。

今日の朝、新猫が吐いていました。

そして歩くのも疲れたように急激に弱り、立てず横になって、かなり消耗しているのが分かり
私はパニックになり、とにかく水分をと思い水で濡らしたティッシュで鼻を濡らしたり
おしりに少しおしあてたりすると少し嫌がり
数分後に苦しそうに鳴きながら下痢、血尿、嘔吐によるよだれ
私の行動により体温が急激に下がってしまったのだと思います 。
そんな苦しい中、私は何の処置もできず
家族の車が到着するのをただ待って
名前を呼んだり、もうすぐよ、もうすぐよと声をかけたり
ただ流れる下痢などを取り除く、拭く、ティッシュを濡らし鼻、口の脇に水を与える
しか出来ませんでした。
これも全て間違っていたと思います。
その時の私を見て助けを求めてるような苦しい表情 、または私を恨んでいた表情だったのだと思います。
私の行動がさらに死期を早めてしまったのだと思います。
病院へ行く途中に息を引き取りました、容態が急変しあっというまのことでした。

来た初日は元気であり、私がナフタレンの毒性を 考えずに窓とドアを開けているから
大丈夫かなと安易な考えでケージを置き 、ほとんどそこで過ごさせてしまったからだとしか
考えられません。
先程ナフタレンの中毒症状を調べていたら
毒性が強く、嘔吐、下痢、血尿、腎不全などを引き起こすとありました 。
ナフタレンの空気中毒だったのではないかと。
何でもっと早く調べなかったのだと。
ただただ先住と新猫の迎え方を調べ
先住を優先して可愛がるのが秘訣などを湾曲して実践してしまい
自分の仕事を出来るだけ増やさないようにするかだけを考え
大声で口論、配置の移動などストレスばかり与え
その上ナフタレンによってこうなってしまったのではないかと。


なぜナフタレンを置いてしまったのか、本当に有用なのか分かりもしないのに
ノミなんか気にせず、新猫のことをもっと考えるべきだったのに
もっと大事に世話してあげれば、もっと抱いてあげれば、もっと可愛がってあげれば
もっと自由にしてあげれば、掃除、ノミのことより新猫が当たり前、
自分のエゴばかりを通していたことに遅すぎてから気づきました。

時々トイレに間に合わずケージの中でウンチをしてしまった時、
ごめんなさいという表情をして くーんと鳴いていました。
もちろん「大丈夫大丈夫、間に合わせてあげれなくてごめんね」と言って叱ったことはありませんでしたが
立ち上がれなくなる最後までトイレで排泄しようとしていました。


病院に連れて行く時、エレベーターではほとんどお腹の動きが無くなっており
走って降りて、日陰に新猫のかごを置き「もうすぐよ、もうすぐよ」と言って
家族の車が着いてないか立ち上がりほんの数秒辺りを見渡し、もう一度目をやると息を引き取っていました。
もしかしたら新猫は私が放棄した、捨てたと思ったのかもしれません。
その直後に車が着いて大声で泣き喚きながら乗り込み
家族も分かっていたと思いますが、私も分かっていたと思いますが
信じられなくて、もしかしたら…と思い
「もうすぐよ、もうすぐよ」と声をかけ続け、病院まで連れて行ってもらいました。
私が家族の待ってと言う言葉より、新猫の実際の状況から自分でもっと近い病院を調べてすぐにでも行けば良かったのだと思います。


私があんなに賢く可愛くていい子だった子猫を殺してしまいました。

投稿日時 - 2012-06-29 15:50:27

QNo.7562014

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ずいぶんと厳しい意見(回答)が飛び交っていますが・・・

こんなにも後悔と自責の念で自分を深く責めて落ち込んでいる質問者さんに対して
よくもまぁここまで厳しく突っぱねる回答が出来るものだな~と正直思ってしまいます。

そんなに自分を責めないで下さい。虐待したわけでもないし、その子猫を助けようと思って
拾ってきたわけだし、ただその子猫に対しての対応がちょっぴり方向性が間違ってた(ナフタレンのことなど)
だけです。子猫には気の毒な結果になってしまったけれど、

>または私を恨んでいた表情だったのだと思います。

子猫は質問者さんを恨んでなんかいません。対応としては失敗な方向性だったけど、それでも
交通量の多い道路で一人ぼっちでいた野良子猫を家に連れ帰ってくれて、それなりのことは
やろうとしてくれていたあなたの心は(思いは)ちゃんと伝わっていると思います。
大事なのは、対応の仕方に落ち度があったことを心に留め置いて、今後またいつか同じような状況に
出くわしたときに、生かせればいいんです。そしてまた、死んでしまった子猫に対しては、
心の中で手を合わせつつ、これからもその子のことを思い出してあげれば供養になります。
そういう念ってちゃんと通じると思いますよ。

質問者さんは、「うちに拾われて来なければ、もっといい人に拾われて今頃元気に生きていたかもしれない」とか
自分を責めたりしてるのでしょうが、でもそれは誰にもわからないことだと思いますよ。
そのまま放っておいたら本当にもっといい人に拾われたのかどうか、あるいは、交通量の多い道路に居たとのこと、
誰にも拾われずに行き交う車に・・・なんて最悪な最期を迎えてたかも知れないし(誰にも悲しまれずに)・・・
結果は誰にもわからないことなんですよ。
未来透視ができるわけじゃないんだから。。。

だからもう自分をそんなに責めないでください。
天国へ旅立った子猫がまたいつか生まれ変わってこれるよう、前向きに祈ってあげてください。
誤った対応は胸の中、留め置きながら。。。

投稿日時 - 2012-07-03 22:32:22

補足

お言葉一つ一つがとても身に染みました
自分に甘いかもしれませんが…
亡くなった子猫に対して、そしてこれからどうすべきかという道しるべを教えていただいたj-tanさんをベストアンサーに選ばさせていただきます

投稿日時 - 2012-08-21 14:47:06

お礼

お優しい言葉をありがとうございます…
皆さんは猫ちゃんをはじめ生き物を本当に大切に愛していらっしゃるからこそ、だと思います
お医者様はナフタレンに関して、部屋に置いていたのが影響したとは考えにくい、早くても1週間~くらいでないと中毒の症状が出ないとおっしゃられていましたが
扱い、与えたストレスや私の無知識、少しでもナフタレンが影響したのは間違いありません

思えば色々と症状が出ていて、子猫は私に伝えてくれていたのに
掃除と先住猫に慣れさせるという自分の都合のことばかり考え
猫飼い経験の豊富な家族に幾度か症状の質問をして「子猫はそうだよ、大丈夫」という言葉ばかりを鵜呑みにして、自分でネットで調べたりしなかったこと
動物は弱いものだという当たり前のことが心になかったこと
色々方法はあったのに・・・子猫のことは一生忘れません
子猫が天国で幸せに暮らせるよう祈りながら
自分の間違いを二度と繰り返さないよう、愛を持って大切に接したいと思います

投稿日時 - 2012-07-06 07:45:55

ANo.9

このQ&Aは役に立ちましたか?

69人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

ナフタレンの毒性を知らない大人が居るのかなぁ・・。読んでて気分悪いよね。軽い気持ちで猫を捕まえないでよ!ノミに脅えてって・・。ノミの何が怖いの?痒く成るだけでしょう?無知な、あなたが怖いよ・・。虐待だよね?

投稿日時 - 2012-08-07 22:18:15

お礼

ナフタレンは人間にはそこまで影響がないことに甘く考えていました…
どう考えても悪影響だったのに自分がいっぱいいっぱいで甘く考えすぎていました
家族が子猫を拾ってきた時に、経験のない私に世話が出来るだろうか
やっと新しい生活に慣れてきた家族の先住猫たちとうまく生活できるだろうかなど心の準備が出来ていませんでした
虐待ですよね・・・子猫にとって私は怖い存在だったと思います
それでもお腹の上に乗って眠ってくれたり
にゃぁにゃぁと言ってくれたり本当に良い子でした・・・
1ヶ月半が経ちましたが
あぁすれば良かった、もっと可愛がってあげればよかった、後悔ばかり繰り返しています

投稿日時 - 2012-08-14 13:21:58

ANo.8

予談ですが、数十年前 蚤だらけの子を拾いまして。
その頃 まだ 自分は知識が無く 
蚤バスターズを結成しました。

部屋に端から蚤を追うのです

今だから 笑えますよね。 あの時 フロントラインを知っていたら あれ程苦労しなくてても。。。と思うこの頃です。

あまり自分を責めないでください。

投稿日時 - 2012-06-30 06:11:48

お礼

家に迎える前の病院で、痩せすぎていて薬の類いは投与できないと言われましが
そんなにノミが怖かったのなら病院にしばらく入院させてから迎えれば
子猫に対してどれだけ良かっだろうと思います

投稿日時 - 2012-06-30 08:24:59

ANo.7

最後まで読むのが出来ない位辛い文です!!!
今 涙が。。。。。。

涙が。。。。。。。

暫くは引きずると思います。

でも 
時は過ぎて行きます。
時を戻せますか?   

どんな方法であり 貴女は頑張り」ました!!

今度 似た症状」の」問題で悩む人に教えてあげる事がその猫ちゃんの供養になるのでは?
現存家族も大切に

投稿日時 - 2012-06-30 05:43:26

お礼

猫に涙していただき、こんな最低な人間にお優しい言葉をありがとうございます
私は自分自身に対してだけ頑張っていました
これからどうすることが子猫に対して供養になるか考えることができず、
ずっとあぁすれば良かった、怖かっただろうな、苦しかっただろうな、なぜもっと大切にできなかったのかと考えが繰り返します

投稿日時 - 2012-06-30 08:19:34

ANo.6

ひどいね。よく書けましたね。

書いたことが本当なら、あなたこの事実を忘れてはいけないでしょうね。ずっと忘れず、先住猫2匹をどうか大切にしてください。そして、可愛がっている「つもり」になるだけなって、余裕がなくなる度、冷静に行動できず動物を大切にできなくなったりしないように。

動物を愛して飼っている人は、ノミへの不安、駆除、予防や愛猫の粗相の掃除くらいで疲れ果てたりしません。しかもたった5日で。あなたが執拗にノミを嫌った理由は、先住猫が皮膚病にならないようにですか?いずれにしても、ナフタレンを置くというのは、屋外の庭など敷地内に猫が入ることを嫌う人たちの発想です。そこにも動物愛護の精神はありません。

「あんなに賢く可愛くていい子だった」という補足、いりません。「子猫」で十分。それだけで、愛おしく思ってほしかった。それだけで回避できたことでしょうね。小さい小さい命と思えば、大切に扱うほかありません。この期に及んで悲劇らしく書き晒したことが尚哀しいです。

投稿日時 - 2012-06-30 05:42:53

補足

自分がどれだけ酷いことをしていたか、なぜか皆さんに知ってもらいたくて書けずにはいられませんでした
きっと先住にうつるといけないと言うより、ノミが大量発生して自分が駆除するのが嫌なだけだったんです
ナフタレンなんて私は頭が麻痺して本当は子猫を殺そうとしてたのでしょうか
私は先月引っ越しをし、その数週間後に
ある家庭の猫同士がケンカし怪我をしてしまった事件が発生し、
よければ二匹を引きとってほしいと言われ
不安でしたが猫飼い経験の豊富な家族もいたので、先住猫二匹を引き取りました
そのご家庭とは毎日家に行き来する仲だったので、猫たちともほぼ毎日会っていました
私のみがほとんど家にいるので、世話は私がおもでした
来た当初の先住はやはり緊張していて慣れず、毎日のブラッシングも四苦八苦でしたが
今月には大分、慣れてくれてました
初めて遭遇する毎日無数の猫の毛等の掃除も正直大変だと思っていましたが
猫の寝顔を見るととても癒されました
私自身も猫との生活に慣れたと思った時、ちょうど家族が新猫を拾ってきました
私はやっと先住が慣れたばかりで、以前のケンカ騒動の件もあり
大丈夫かなと不安でしたが、もう家族が保護をしてしまったし
何より家に来た時の痩せぽっちで正直みそぼらく、器量もいいとは言えない姿を見て
私が頑張って育てようと思いました、思ったはずで
子猫もすぐ私になついてくれたのに
慣れてきてくれた先住の変化、私にも威嚇するようになり、何をしても空回り、先住の初めてのベッド上の粗相、そして連続、子猫しかし、この位なんだっていうのでしょうか
自分が育てると決めたのに
それ以上に猫たちは私に与えてくれていたことを自分のキャパのなさから
心の無さから無視してしまいました
私の周囲はよく頑張って世話をしたよと言い、私を誰も責めませんが
私がこのような世話をしたと詳しく知らないからであり、苦しませ死に追いやったのは間違いなく私で
最後の夜、あんな寂しい、怖い所に長時間置き、置いてしまったことで最後の夜にしてしまったのかもしれないと思うと
もちろん子猫は、皆とても可愛いですね
ただ新猫は本当に賢く可愛くいい子でした、そんな子にあんな思いをさせた私は
報いを受けたいです
悲劇きどりですね、申し訳ありません         

投稿日時 - 2012-06-30 09:58:11

お礼

自分がどれだけ酷いことをしていたか、なぜか皆さんに知ってもらいたくて書けずにはいられませんでした
きっと先住にうつるといけないと言うより、ノミが大量発生して自分が駆除するのが嫌なだけだったんです

私は先月引っ越しをし、その数週間後に
ある家庭の猫同士がケンカし怪我をしてしまった事件が発生し、
よければ二匹を引きとってほしいと言われ
不安でしたが猫飼い経験の豊富な家族もいたので、先住猫二匹を引き取りました
そのご家庭とは毎日家に行き来する仲だったので、猫たちともほぼ毎日会っていました
来た当初の先住はやはり緊張していて慣れず、毎日のブラッシングも四苦八苦でしたが
今月には大分、慣れてくれてました
初めて遭遇する毎日無数の猫の毛等の掃除も正直大変だと思っていましたが
猫の寝顔を見るととても癒されました
私自身、猫との生活に慣れたと思った時
家族が新猫を拾ってきました
私はやっと先住が慣れたばかりで、以前のケンカ騒動の件もあり
大丈夫かなと不安でしたが、もう家族が保護をしてしまったし
何より家に来た時の痩せぽっちで正直みそぼらく、器量もいい姿を見て
頑張って育てようと思いました、思ったはずなのに

私の周囲はよく頑張って世話をしたよと言い、私を誰も責めませんが
私がこのような世話をしたと詳しく知いからであり、苦しませ死に追いやったのは間違いなく私で
最後の夜、あんな寂しい、怖い所に長時間置き、置いてしまったことで最後の夜にしてもしまったのかもしれないと思うと
    

投稿日時 - 2012-06-30 09:55:02

ANo.5

猫がいるといろいろ起こります。
猫は手がかからないという点ではかなり優秀な部類だと思うんですけど、
それでもいろいろと・・・。

自分も含めた人間と猫、比較したら弱者は猫です。
分かって飼っていますか?
いろいろと起こることの責任は100%が人間側の責任です。
粗相をしてしまうことも、障子や襖を破くことも、調理中のコンロに登ってきて
猫もあなたも火傷してしまうことも、作成中の資料を消されてしまうことも、
ノミがいることも、病気に罹ることもぜ~んぶ飼い主が責任として受け止めなければ
いけません。
その責任の一端としてケージ飼いはあるでしょう。そこでなにが間違いだったか。
猫の生態をあなたが知らなかったことと、ノミを撒くことがその猫の責任だと考えた
ことだと思います。極端な話空気穴をあけたビニール袋で猫を飼おうとしたことと変らない
と思います。

気狂いのように聞こえるかもしれませんが、猫が幸せになれるように考えられる限りの
ことが出来ない人は飼うべきではないと思います。人の生活が飽くまで優先なら飼うこと自体
に必ず、無理が生じるはずです。経済的な問題や住居の問題とのマッチングは人間が調整する
ことです。考え方として猫の幸せに思いが至らないことが最悪なんです。

投稿日時 - 2012-06-29 20:31:38

お礼

全ておっしゃる通りです
子猫にあんな仕打ちをして、苦しませて死なせてしまった私こそ気狂いです

投稿日時 - 2012-06-30 11:04:22

ANo.4

ノミが嫌なら動物を飼うな
ということで動物を飼う資格が無いと思いますが
これで回答になっていますか?

投稿日時 - 2012-06-29 20:15:32

お礼

動物を飼うキャパがないのに、自分はできると思い込み
結果、子猫をあんなに怖い、苦しい思いをさせた上、死なせてしまいました
私は動物を軽んじていました

投稿日時 - 2012-06-30 11:13:35

それで聞きたい事はなんでしょう?

懺悔したいのでしたら 死んだ猫ちゃんの魂に向かって
どうぞ

どうして保護したのか、全く判りませんわ

お外の仔は 蚤ダニ病気持ちが前提ですからね
蚤ダニ回虫コクシジュウムなそ寄生虫はいるのが当たり前
感染症(カシリ エイズ 白血病etc)持っていて当たり前
栄養状態のよい野良猫がいたらお目に掛りたいもんです

ちゃんとした覚悟が無いと お世話は無理です

仔猫なんでしょ? トイレだって常設してやんないのに
粗相したってしょうがないじゃん・・・
大体 蚤の発生が怖くて フロントラインなら判るけど 衣類の
防虫剤のナフタレンってなに?
普通ペットに衣類の防虫剤を使うって 発想どこからくるんでしょう・・・・
しかも他に家族がいても 誰もそのむちゃくちゃな発想に
異を唱えない・・・・
ねこっていうyか 動物飼うなら最低限の事ちゃんと勉強して
からにして欲しわ・・


ま お外の猫を拾ってくるのは もうやめておこうか・・・

投稿日時 - 2012-06-29 19:36:48

お礼

家族は色々、提案してくれていました
私が世話をするのはほとんど自分、自分の考えを通す!とつっぱねてばかりでした
あの時、私が提案を聞いていれば子猫はもっと幸せだったのに
亡くならなかったのに、家族の顔を見るたびに言ってしまいます 

投稿日時 - 2012-06-30 10:19:46

ANo.2

自己弁護ばっかりで、汚い扱いして。
可愛がる気持ちもあったかもしれませんが、
猫ちゃんのことを思うと無念で悔しいです。

投稿日時 - 2012-06-29 17:10:43

お礼

少しでも自己弁護できる部分があれば、子猫も幸せだっただろうに
その部分さえ見つかりません
本当に汚いものを扱うような仕打ちをしてしまいました
撫でたりするときだけ可愛がってるつもりで

投稿日時 - 2012-06-30 11:00:32

ANo.1

この時期外に居れば必ずノミはいます。
ノミの発見にセカンドオピニオンなど頼らずに自分で発見できますよね。
ノミがいると気付いた時点でフロントラインなどの処置をすれば済む話。
新しい猫ちゃんを向かい入れるには相性や病気などそれなりに覚悟が要りますよね
先住猫と書かれていますのでそのくらいの事はわかりそうなものですが・・・・・

汚いものを触るかのような仕打ち。これなら野生でのびのびと暮らした方が猫ちゃんにとって幸せだったかもしれませんね

励ましてあげたいのですが猫ちゃんが可哀そうで・・・。きつい言葉申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2012-06-29 17:03:59

お礼

いえ、私は励ましを受ける権利などありません
乱文でわかりづらく申し訳ありません
私には覚悟以前の問題で、あるべき愛情が自分にだけしか向けていませんでした
恐らくないだろうと言われたノミは家に迎えいれた初日にシャンプー時に見つけたので、
セカンドオピニオンにかかりノミ用の薬を処方していただこうかと考えたのですが
迎えいれる前にかかった病院で「痩せすぎていて薬は投与できない、一週間後にまた来てください」と言われ
今の段階では薬物療法は体に負担がかかりすぎるのだろうと思い、とりあえず一週間後の再診まで待つことにしました

本当に汚いものを触るかのような仕打ちをしてしまいました、
これなら道路の方が好きに逃げることができ、
もしかしたらもっと良い方に出会えていたかもしれない、
間違いなくもっと幸せだったと思います

投稿日時 - 2012-06-30 10:47:56

あなたにオススメの質問