みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

オールガスの将来性

原発が事故を起こしたせいでオール電化が後退していますが、それはそうとシェールガス革命やメタンハイドレートを考えると、少なくともここ50年はガスの時代のような気がします。実際のところ、コストや効率的にはどうなんでしょう?

再生可能エネルギー(太陽光や風力)とスマートハウスも出てきていますが、それだけで全てをカバーできるとは思えませんし、ガスが安価になると太陽光パネルなどが高価なのでペイしないかもしれません。

1.オール電化
2.オールガス
3.オール電化+再生可能エネルギー
4.オールガス+再生可能エネルギー
5.再生可能エネルギー+蓄電池

ここ50年で考えた場合、一戸建てを建てるのならコストや効率的にどれが一番有利なのでしょうか。
多分北海道や九州など暑い地域と寒い地域では違うと思うので、関東地方と言う前提でお願いします。

投稿日時 - 2012-06-10 16:13:55

QNo.7525448

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

オールガスは技術的には有望ですが、政策的に排除されている技術の一つです。逆に言えば、政策上の問題の解決が、実施の上での条件になります。

政策上の問題というのは、主として余剰電力を電力会社が買い取ってくれないことにあります。太陽光発電などは電力会社が破格の値段で電力を買い取る制度が施行されましたが、ガス発電は同額での買い取りすらしてくれません。そのため、技術的には「オールガス」は可能な技術ですが、家庭用に限れば、本当に「オール」ガスというシステムは実用化されていません。逆に言えば、ガスコージェネレーションによる発電電力を電力会社が受け入れるようになれば、一挙に普及する可能性もあります。

ちなみに、本当に「オールガス」や「オールオイル」の事業所(工場など)はすでにあります。常時は自家発で電力をまかない、排温水を空調等に使用し、電力会社とは「非常時のみ」供給を受ける契約としています。
ですが、排温水の需要は電力の需要と一致しないので、運用は難しいです。こういう場合、電力会社が不足した電力を供給し、余剰の電力を買い取ってくれると非常にエネルギー効率の高いシステムができるのですが、有り体に言うと電力会社がいやがるんですね。契約上、あれこれと条件をつけてくるので実施不能で、前述のような運用しかできない状況になります。

さて、その上でご質問に答えると、現時点では政策的な問題が解決される見通しは立っていません。現在のように電力が逼迫した状態であれば、コージェネレーションによるピークカット効果は(短期的には)電力会社のメリットになるはずですが、長期的には自分たちの「客」を失うことになるわけで、電力会社自身が普及に後ろ向きです。(同じことは、実は太陽熱温水器とガス会社の間にも言えることです。)
したがって、オールガスが普及する条件が整う可能性は非常に低いと言えるでしょう。

近年、スマートグリッドなる技術が脚光を浴びていますが、これは誰が誰の利益を最大化するために運用するかで、その効果は違ってきます。電力会社が電力会社の利益を最大化しようとすれば、オールガスどころかオール電化しか選択肢はなくなってくるでしょう。

その辺のことをきっちり理解している優秀な政治家なり官僚なりが主導して、そういうエネルギー社会学的に正しい政策をとってくれれば「オールガス」も日の目を見るかもしれませんが、現時点ではなんだかんだと言いつつ、「オール電化+原子力」へと引き戻そうとする勢力があるようです。

ですので、「長いものには巻かれろ」式に考えれば、オールガスはあきらめた方がいいと思います。

ただ、エコウィルやエネファーム(オールガスに対して、オルモスト(ほとんど)ガスとでもいいましょうか。)を導入するのは、決して分の悪い賭とも言えません。
これらのシステムは、上記の政策的な問題を、貯湯槽とマイコン制御でなんとか実用レベルまで解決してくれるものです。特に、エコウィルはマスコミもろくすっぽ取り上げないので影が薄いのですが、実力は十分にあるシステムです。私も検討したのですが、都市ガス導入地域なら、真剣に導入を検討していいと思います。(私はプロパンガス区域でガス料金が高く、そもそも扱ってくれる業者が無くて困ってます。)

ちなみに、地域性は南によるほどオール電化が、北に寄るほどオールガスが有利というのが一般的な見方になると思います。関東ではいろいろな政策等によりますが、ややガス化に有利でしょうかね。

投稿日時 - 2012-06-10 21:48:33

お礼

ご回答ありがとうございます。どうも最大の敵は政治のようですね。

現状でエコウィルのような内燃機関は電気への変換効率は20%台なので、東北以北ならともかく関東以南では排熱(=お湯)が余って仕方がありません。エネファームのような燃料電池になれば50%まではあがるので関東でもオールガス化が見えてきます。
もう一つ、燃料電池は出力を上下するのが難しいため、スマートグリッドや蓄電池で余った電力を処理する事も必須でしょうね。技術的にはそんなところかと思います。

政治に邪魔されると送電と小売ができないので、結局はガス発電と消費を同時に自分で行う人しかできないということですね。具体的には工場が自家発電・自家消費するか、大手デベロッパーが町を作って発電まで面倒を見るか。でもガスがあまりにも安くなればそのメリットはでかくなるので支持は集まると思うんですけれどね。

投稿日時 - 2012-06-10 23:17:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

残念ながら、コスト的には挙げられた選択肢ではなく今のままで省エネタイプを利用して行くのがお得です。

宣伝であれこれ計算がありますが、実際に太陽光やオールガスによる電力供給は、一般電気料金を下回るコストにはなりません。

天然ガスは確かに将来的なコスト減が国際的には見込まれますが、電力と同様に東京ガスの様な供給独占会社が居るので、国内的にそれが反映されるかは不透明です。
都市ガス会社は半官半民で、体質的にも電力会社と同じですから・・・。

投稿日時 - 2012-06-11 12:33:16

お礼

ご回答ありがとうございます。やはり敵は政治のようですね。

非効率なものを政治で守って借金膨らませてツケ回しするのは国鉄も道路公団も同じこと。

どこまで子や孫につけ回しして苦しめれば気が済むのやら。。。

投稿日時 - 2012-06-12 10:12:06

ANo.5

 オール電化とオールガスは対になる選択肢ではありません。ガスで火力発電をしなければならないからです。ガスは燃やして熱源とする以外には使えません。その熱を調理や暖房、給湯に使うのですが、家電を動かすためにはその熱を使って発電する必要があります。ですので、質問が成立していないように思います。

投稿日時 - 2012-06-11 09:06:48

お礼

ご回答ありがとうございます。最近はエコウィルとかエネファームでガス自家発電が出来ます。

地域にもよりますが、家庭電力消費のうち25%は暖房によるものです。発電時の熱を利用できればそれだけで25%電力消費を抑えるポテンシャルがあります。

もちろん発電効率は発電所のほうがいいのですが、発電所の電力は変電所や送電線の配電ロスを伴いますので簡単ではありません。

あと家庭でガス発電が一般的になると冬でも都市の家庭で廃熱が豊富に出るので、南国の害虫等が冬越しできてしまう可能性に留意しなければいけないかもしれませんね。マラリアとかデング熱とかを媒介する蚊に飛び回られるのも怖いです。

投稿日時 - 2012-06-11 09:43:22

>ガス管はダメージを受けたらそうでしょうが、一番ダメージを受けにくいですよ。地下ですから。地下施設って地上施設よりも地震に強いです。むしろ発電所や送電線のほうがダメージ受けますよ。実際に東日本大震災でも原発だけでなく火力発電所も被害受けたでしょ。

東日本大震災で被害を受けた発電所は全て津波の影響によるものです。
こちら被災地宮城県では地震のみで被害のあった発電所や送電線は皆無です。
津波の被害のなかった仙台市内では配電線に関しては3日でほぼ全面復旧送電しました。
それにひきかえ地下のガス管はほぼ全滅に近い状態でした。
早いところでも1ヶ月くらいの間はガスは不通でした。
しかもいまだにガス管の本復旧、改修工事は続いています。

>東電はオール電化の広告を停止してますよね。もともとオール電化で深夜電力活用・お得なナイトというのは原発の余った電力の捨て場を確保するために大安売りしているのであって、原発がなくなればそれは成立しません。

電力会社によっては自主的にオール電化の宣伝は停止していますが、オール電化政策をやめる事はありません。
そもそも深夜電力割引は必ずしも原発と直結するものではありません。
オール電化が後退している事実はありません。
むしろプラス太陽光発電で確実に普及率は伸びています。

投稿日時 - 2012-06-11 08:02:21

お礼

ご回答ありがとうございます。被災中心地は想像以上に大変ですね。

しかし、政治で経済効率を無視と言うのは大きなツケを払うことになるわけですが、まだ懲りませんね。

投稿日時 - 2012-06-11 12:46:25

頭のおかしな回答者が地熱発電などとほざいてますが、今後地熱発電を軸に展開する電力会社は皆無です。
初期投資と利益回収の差を考えれば、なぜ電力会社でやる気がないか子供でも理解できます。
そんなくだらない事考えてる暇あったら太陽光発電を子会社や系列会社に投資をしてやらせたほうがメリットがあります。
それに次いで再生可能エネルギーの筆頭になってるのが風力発電です。
これらは直接的に自然破壊を全く起こしませんし、リスクに対するメリットが大きいからです。
地熱発電にメリットがあればとっくにどこの電力会社でも大幅に展開しています。
各電力会社でも政府でも検討案としては挙げてますが、実際に調査を行うまでは至っていません。
結論を言えば誰もそんな事したくないのです。
偏った意見だけを列挙する左翼なネット上の話など信憑性がありません。
そんなもの取り上げて解答するような者は信じてはいけません。
各電力会社でも大手電気工事会社でも、現日本政府民主党でも誰も具体的にやると言ってませんからね。

それとほぼ同じくして質問者さんが言ってるオールガスなどとありえません。
質問者さんが挙げている例は火力発電には好都合ですが、各家庭には直接的な恩恵はありません。
賛否両論色々意見はあるでしょうが、日本は原発をやめられません。
その辺の事に関する事は今後の政府の動きを見てれば解ります。
燃料費高騰問題で電気料金は多少値上げになるでしょうが、政府主導である深夜電力割引はなくなりませんし、割高になるなんて事もありません。
オール電化は実質抱擁されます。
それに引き替えガスは燃料費高騰と電気料金の値上げにより、電気料金の値上げ幅以上の値上げになります。
家庭で使用する調理器具や給湯器具にしてもガスと電気では大差ありません。
安全性や効率や光熱費の安さを考えたら敢えてガスを選択する意味はありません。
オール電化住宅と高効率なパネルを採用した太陽光発電の併用は絶対です。

質問者さんはなぜエネファームが思ったほど普及しないかお解りですか?
それと同じくしてオールガスの住宅があったとして、余剰電力を電力会社に売れるシステムがあるとでも思っているのですか?
なぜにここまでオール電化住宅が日本中で普及したのかお解りですか?

エネルギー節約のために名を売って行うべき様々な行為で、各戸毎に更に他のエネルギーを消費しては意味がないのです。
いかに自然界に負担をかけず人間へのデメリットを少なくしつつも、非常に効率の良いエネルギー政策をしていく事が今後のためにとても重要かつ必要な事なのです。

ガスが有効な手段ではない事は昔も今も今後も変わりありません。
蓄電池が有効かどうかは、そのシステムを採用する人の経済力と考え方次第です。
判りやすくも極端に言えば、年間数万円の電気料金を節約するためと万が一の停電の際にも数時間の電気を使えるようにするためだけに、10年単位で数百万円もの設備投資をできる人のみできるシステムです。
それと同じで太陽光発電を導入するのに借金をするような人にはメリットはありません。

ちなみにオール電化が後退してると思う根拠はなんですか?
もしこの先電力不足で世の中が混乱するような時にはガスも停まってるという事実を知らない人が多すぎます。
災害にも弱く、その後の復旧も一番遅いのがガスです。
もしも今後エネルギーの自給自足の時代が来ようとも、ガスが有効な事にはならないでしょう。

投稿日時 - 2012-06-10 20:57:50

お礼

ご回答ありがとうございます。純粋にコストパフォーマンスだけを考えての質問でしたが、政治ですか。それはそうかもしれませんね。

>それに次いで再生可能エネルギーの筆頭になってるのが風力発電です

風力に未来はないと思いますよ。今でも1kwhあたり20円で今後大幅なコストダウンの見通しもないのでグリッドパリティを達成する見通しもないし偏在の問題もある。太陽光ならCISやら何やらの世代でグリッドパリティを達成しそうだし、その次の量子ドット世代ではもっと上のコストパフォーマンスを狙えます。

>それに引き替えガスは燃料費高騰と電気料金の値上げにより、電気料金の値上げ幅以上の値上げになります。

それはないでしょう。ガスはシェールガス革命で下がります。発電所の発電コストで最も安いのはいまや天然ガス発電です。(パイプラインと液化輸送で単純比較はできませんが)アメリカ国内の6倍の価格の天然ガスで発電してもその価格です。

>ちなみにオール電化が後退してると思う根拠はなんですか?

東電はオール電化の広告を停止してますよね。もともとオール電化で深夜電力活用・お得なナイトというのは原発の余った電力の捨て場を確保するために大安売りしているのであって、原発がなくなればそれは成立しません。


>災害にも弱く、その後の復旧も一番遅いのがガスです。

ガス管はダメージを受けたらそうでしょうが、一番ダメージを受けにくいですよ。地下ですから。地下施設って地上施設よりも地震に強いです。むしろ発電所や送電線のほうがダメージ受けますよ。実際に東日本大震災でも原発だけでなく火力発電所も被害受けたでしょ。

投稿日時 - 2012-06-10 23:01:42

ANo.1

初期投資が大きい地熱発電は、電力だけでは普及が進まないので、展望が描ける政権が早く出来て、(民主党では無理口先政権で)資源が無い国で、安定電源で燃料輸入しないで済む無料の地熱発電を進める必要が有ります、

日本が一番地熱発電を縦割り行政で無く協力して構築一番重要です
技術は世界一資源は世界第三位

温泉の低温廃熱でも発電出来ます(バイナリーで熱源無駄にしない)
霧島のホテルが構築して、健康施設も併用して利用してる
元はすぐ取れる様です

http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/54649588.html
http://www.asahi.com/eco/news/TKY201204020650.html


http://sankei.jp.msn.com/life/news/110514/trd11051421330033-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120321/trd12032120320015-n1.htm

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E0E3E2E1978DE0E3E2E1E0E2E3E09797E0E2E2E2

http://www.dir.co.jp/souken/asia/asian_insight/110701.html
http://www.lohasclub.org/1000/1300/1306.html
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120321/trd12032120320015-n1.htm
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110426/268275/
http://www.tepco.co.jp/hachijojima-gp/hachijo/index-j.html
http://www.dailymotion.com/video/x9hv4n_yyyyyyyyyyyyyyyyy_news
http://www5.sdp.or.jp/policy/policy/electoric/electoric_hybrid01.htm
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110426/268275/
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120403/biz12040313040017-n1.htm





-------------------------------------------------------------------------
http://www.asahi.com/eco/news/TKY201204020650.html
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120321/trd12032120320015-n1.htm

http://www.tepco.co.jp/hachijojima-gp/hachijo/index-j.html
http://www.dailymotion.com/video/x9hv4n_yyyyyyyyyyyyyyyyy_news
http://www5.sdp.or.jp/policy/policy/electoric/electoric_hybrid01.htm
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110426/268275/
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120403/biz12040313040017-n1.htm

投稿日時 - 2012-06-10 16:43:09

お礼

ご回答ありがとうございます。地熱忘れてましたね。でも地熱はあるところだけでやればいいんじゃないかなぁ。風力と同じで偏在していますので。

投稿日時 - 2012-06-10 22:38:33

あなたにオススメの質問