みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自転車対歩行者事故の過失割合についての疑問

自転車対歩行者の事故で過失割合を決める場合、原則として自動車(4輪・2輪)対歩行者の基準を(ほぼ)そのまま利用すると聞きましたが・・

自転車の運転者に、自動車と同程度の注意義務を求め、同程度の過失を認定するのは、妥当なのでしょうか。
はっきり言って、理解しがたいです。


私見ですが、自動車と歩行者の事故で、自動車運転者の過失が著しく高くなる理由は、以下のようなものでしょう。

(1)道交法において自動車は車両であり、歩行者に比べ法律上の制約・義務が大きくなるから。

(2)歩行者が相手を死傷させる事は殆どないが、自動車は容易に相手を死傷させるから、それだけ危険性を自認して運転すべきだから。

(3)自動車の運転者は、危険回避能力・交通法規の知識とも、免許を持たない歩行者より優れているのが一般的なので、過失割合を定めるにあたってはハンディキャップを付けるべきだから。

(4)自動車の場合、人身事故に備えた保険(強制・任意とも)が充実しているので、賠償義務が運転者個人の負担になる事は少ないから。


これに対し、自転車の場合は
(1)車両といっても自動車ほどの義務はない
(2)ぶつかっても、相手を死亡・重傷に至らせる事は、普通は起こらない
(3)全く当てはまらない
(4)保険に入っている事はまれ


なので、歩行者対自動車の過失割合を利用するのは不適切ではないかと。
実際に、判例タイムズなどでも「4輪・2輪車が歩行者と衝突した場合の基準」と明記してあったような気がします。

それなのに、なぜ加害車両が自動車の場合と同じ過失を、自転車に対しても認定するのか、疑問を感じております。

できれば、交通事故に詳しい専門家の意見をお願いします。

投稿日時 - 2012-05-29 21:44:40

QNo.7503644

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

どのような回答をお望みかわかりません。
自転車は車両です。
これは逆に言えば
歩行者ではありません
相応の責任が生じます
そう言う意味です。

で、歩道走行の法令に基づく厳格な解釈がされるようになりましたので、
歩道上での事故は自転車側に大きな過失が生じます。

これが歩道上ではなく車道上でのことになりますと、
同じ車両であっても、自転車が正しい通行をしている分は
歩行者の過失が「歩道上より認められやすい」とはいえます。

車両である以上、2輪も4輪も。自転車も同等の責任があります。
たとえば。
逆に言えば対歩行者の事故において
2輪と4輪で責任の軽重が生じるか?
もっと言えば
原付と普通自動車の間に責任の軽重が生じるか?

判例タイムスを見てください?
同じですね?原付であろうが4輪であろうが。

その仲間が自転車であるというだけ。

で、法令で認められている範囲を逸脱しての
歩道走行における自転車と歩行者の事故には
「自動車対歩行者の責任よりも遙かに重い過失が認定されます」ってこと。
すでに、このあたりは判例法として確立しつつありますね?

あなたの理屈だと、
たった一日のペーパー試験でとれてしまう原付は
歩行者に対しての責任が軽くなるかの論調です。

投稿日時 - 2012-05-29 22:12:59

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>(1)車両といっても自動車ほどの義務はない

どういう意味ですか?

自転車は軽車両であり、自動車のような車両とは違いますが、
軽車両として法律を遵守しなければいけないという義務は変わらないでしょう。

というか、後述しますが歩行者も一緒です。


>(2)ぶつかっても、相手を死亡・重傷に至らせる事は、普通は起こらない

普通は起こらないのなら、普通じゃない運転を取り締まるだけなので問題無いでしょう。


>(3)全く当てはまらない

免許を持っているからという理由でハンディキャップがついているわけではありません。
例えば高速道路内で歩行者が轢かれた場合の一般的な車の過失はゼロです。

要するに、単に「道の種類によって優先順位がつけられているだけ」なんですよ。


・歩道や横断歩道は歩行者絶対優先。

・一般道路では歩行者優先、ただし注意義務有り。車両は強い注意義務有り。
これは道交法で歩行者の横断が認められているため。

・赤信号横断歩道では歩行者も車両も同等程度。
歩行者は赤信号停止義務があり、車両にも横断歩道侵入時には注意義務があるため。

・高速道路では車両優先。
自動車専用道路につき歩行者は進入禁止であり、車両には歩行者注意義務が無いため。


注意義務に関しては道交法の条文にほとんど明記してあります。


歩行者でも自転車でも自動車でもこの義務を怠った場合にのみ過失が発生する。
それだけのことです。

自転車の場合は自転車専用レーンが極端に少ないから
歩道を使える歩行者や高速道路を使える自動車と比べて冷遇されてる感じにはなりますけどね。


>(4)保険に入っている事はまれ

あなたが2で言っていたように死傷させることが稀なんだから保険に入ることも稀で問題無いでしょう。
まあこれについては安価な自賠責保険の加入を義務づけられる可能性は今後あると思いますが。

投稿日時 - 2012-05-29 23:14:06

あなたにオススメの質問