みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

中国語と日本語を使った仕事はありますか?

中国で4年間大学生活を迎えようとしている19歳の学生です。中国の大学は9月スタートなので今はフリーターです。

小さいころ中国で9年間ぐらい住んでいたので中国語はぺらぺらです。


小 中 高 と日本の学校を卒業しています。

大学は日本ではなく中国にいって4年間留学することにしました。

私は中国と日本の貿易についての仕事をしたいと思っています。

だけど中国語と日本語だけがぺらぺらで貿易の仕事に就けないことはわかっています。

なので大学では貿易について勉強したいと思っています。



貿易について勉強されている方(貿易をしている方)にご質問させてください。
 
基本的には何を学びますか?(どんな仕事をしていますか?)

貿易をするにあたってほかにこれは必要だ!  っていう資格などはありますか?
またあったほうがいいという資格はありますか?

自分は中国で貿易の勉強をしたいと思っているのですが、学ぶ内容は日本と同じでしょうか?
もし実際に中国で貿易について勉強させている方(仕事されている方)がいましたら、教えてくださると助かります。

最後に中国語と日本語をつかった仕事はほかに何がありますか?

ネットでもかなり調べましたがよくわかりませんでした。



上記の文を読んだ方なら気がつくと思いますが、私はまだ19才で、9年間中国にいました。
なので上の文が読みにくいかもしれませんが、どうかあまり気になさらないでください。


以上が私の質問です。 

投稿日時 - 2012-05-18 14:03:14

QNo.7482391

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>中国語と日本語をつかった仕事はほかに何がありますか?

もし語学教師になるなら日本語検定や中国語検定はどうですか?
日本語も中国語もハンパなら取り組み甲斐もありそうだと思いました。

ただ、どの職種も中国で日本語を必要としている仕事は予想より少ないかもしれません。
日本で中国語を覚えたい学生や、観光地での中国からの旅行者向けの仕事なら、今だけは多いでしょう。
ただし、長期的にみると何とも言えません。

語学力を生かしてさらに資格を取れば非常に心強いと思います。
現代は非常に変化が早い時代です。
時代のニーズを見る力を養えばきっとご自分の能力を生かす場所を見逃さないでしょう。

くれぐれもご自分の能力を安売りしないようになさってください。
あなたの能力の値段は他人に決めさせてはいけません。

投稿日時 - 2012-05-21 03:25:56

お礼

丁寧すぎるといっても過言ではない回答にとても感謝しています。
ありがとうございます。

shusugai様のご意見はまさに正しいと思います。今の中国は日本にたとえればバブル時代。いつかは必ず落ちる日が来るはずです。
だから旅行会社があんまり長くつづかないかもしれないと自分も思います。

>くれぐれもご自分の能力を安売りしないようになさってください。
自分の日本語の理解力が低いがためにあんまり意味がよく理解できません。
もしよければ教えてくれませんか?

投稿日時 - 2012-05-21 21:32:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

仕事内容は外国から来た観光客に案内
給料のことはわからない
すみませんでした

投稿日時 - 2012-05-23 12:57:30

ANo.7

>あんまり意味がよく理解できません。

日本語と中国語が両方わかるというのは貴重な能力だと思うのです。
しかし現代は人の能力を安く見積もる傾向にあると思うのです。
中国の場合バブルや人口が多いのが原因でもあるし、日本の場合はデフレが原因だと思います。

また日中間でなくても、英語だけを学んでアメリカに行っても大した仕事はありません。
アメリカに行けば3歳の子でも英語ができるのは(ほとんどの州で)当たり前のことです。

日本の話では、実際に社会に出て働いたことのある人ならわかると思いますが、生活できるギリギリの給料なのに求められる能力は非常に高いです。
私は1972年生まれなのですが、同じ年齢の四年制大学に入学した人達はどんなに早く卒業しても22歳ごろ。
バブルが弾けるのとまさに同時でした。

社会に出るとバブル時代にいい思いをした人たちが上司です。
尊敬できる人もいましたが、考えられないほど酷い上司もいました。
一例をあげると、ほとんど会社におらず、競馬場から電話してくるような人です。

生まれた時代の差で無能でもいい思いをした世代と、有能でも苦労している若者の両方が見渡せるのが1972年生まれです。

少し話がそれましたが、日本語も中国語も完璧ではない=自信がない、というのであれば、ぜひ語学力検定を受けるための勉強をして自信を付けてください。
自信がなさそうだとそこにつけこんで、安い給料でも文句を言わなそうだと思われてしまいます。

私はかれこれ15年ほど中国武術を習っています。
台湾出身の有名な先生からなのですが、始めのころは一般の通訳を雇って講習会をやったそうです、しかし中国武術の専門用語は通訳できなくて教える方も教わる方も苦労したそうです。

それから数年後に、鍼灸の勉強をしていて中国に留学した経験のある人が正式弟子になり、日本分館の館長になったので通訳を雇う費用も掛からず、専門用語の翻訳にもまったく不便が無くなりました。
先生の著書の翻訳も館長が行い日本でも出版されました。

ただ日本に生まれただけで、大学時代に中国語と鍼灸を学んだだけでは、良くて通訳や鍼灸師になっただけでしょう。
もちろん通訳も鍼灸師も素晴らしい職業です。

一般学生の質問を通訳する時、館長は先生の言ってることが全てわかるし、わかりにくい話や初めて聞いた話ならもっと深く質問するのも自由です。
正式弟子は他にもいますが、中国語で会話ができるアドバンテージは非常に大きいです。
一般学生の質問を通訳した後、館長が自分の研究のためにさらに深い質問をするのは自由ですし、そこまで一般学生に通訳する必要はありません。
中国語を学ぶことでそのやりとりに気付くことが出来たのは私にとって嬉しいことでした。
中国語の全くわからない一般学生は先生と館長のやりとりそのものに気付いてさえいなかったかも知れません。

私の経験は中国武術でしたが、大学の教授と大学院生と一般学生がいて、教授と一般学生の通訳をその大学院生がしていたら、同じことが起きるでしょう。

あなたは若くて大きな可能性があります。
これから大学に入るのなら目いっぱい勉強して、今持っている能力、日本語と中国語ですが、まずこれを完璧にして欲しいです。
大学在学中に、おそらく2年生ぐらいから、検定を受けるための時間は作れるでしょう。

そして日本語と中国語をめいっぱい活用して高い志を持って第3の能力の獲得に臨んでほしいと思います。

私は台湾人の主催する語学交流会に参加することがあるのですが、台湾國語の中国語を教えるのは、農学部などの国立大学の大学院生で、日本に留学するために日本語を学んだと言ってました。
日本の国立大学で最先端の機材を用いて最先端を走る教授のもとで研究し、微生物や化学物質の知識に長け、英語で論文を書く彼らをただの通訳と同列には扱えません。

私の知るある通訳はそれ以上の勉強は何もしていませんし、通訳以外のアルバイトで食いつないでいて将来どうするのだろうと思っていたら、311の震災で帰国してしまいました。
こういう人は帰国するきっかけがあって良かったです。

学部選びに関しては特にアドバイスできることはありません。
好きなことなら簡単には飽きないでしょうから、好きな学部で学んでください。
うまくいけばその学部で大学院に進むこともあるかもしれませんし、入学後2年生から日本語や中国語の検定試験の勉強を始めても、好きな学部なら、大学の勉強がおろそかになることもないでしょう。

私は台湾出身の中国武術の先生が大好きです。その正式弟子の先生方も尊敬しています。
大きな病気もしましたし、10年闘病している間にとうとう40歳を迎えそうですが、身体が衰えても大好きな中国武術はやめてしまう事は無かったし、インターネットで日本語の勉強をしている台湾人とも友達になりSkypeで発音を教わっています。

以上、たくさんの人物が登場しましたが、反面教師も含め私の人生を豊かにしてくれた彼らには心から感謝しています。

投稿日時 - 2012-05-23 01:00:46

お礼

まず返事がかなり遅れたことを誤りたいと思います。
遅くなってすみませんでした。


4日間大連(ダイレン)というところに文化旅行しにいきました。ダイレンは昔日露戦争で日本が勝ち、勝ち取った町だとガイドさんが言います。

なので中国でも結構発達したところです。
いろいろ悲しいことも聞きました。今ここで言うことではないので、控えさせていただきます。もし気になるのであれば、私に個人的に聞いてください。

話がすこしそれましたが、私はすこし感動しています。
なぜなら今の日本人(若い者)たちは中国をすごく嫌っています。
小さいころは日本人からいじめなども受けました。
今はそんなことはまったくないです。
中国製とか日中トラブルでなぜか私に聞いてきたり・・・

それでも中国を大好きといってくれて本当に感謝しています。
いいところですもんね!
それをわかる人は日本にもたくさんいると思いますが、これから少しずつ探すしかありませんね。

自分の能力を安売りしないでの意味がなんとなくわかりました。
可能性は無限!それをどうこなすかは自分のがんばりしだいってことだと解釈させていただきます。

長々とすみませんがこれが私の感想です。
詳しくかつわかりやすく説明していただきまことにありがとうございます。

投稿日時 - 2012-05-26 21:02:10

ANo.6

返信を書いてます。
少々お待ちを。

投稿日時 - 2012-05-22 23:22:28

ANo.4

小岩井農場って小岩井コーヒやチーズ等もつくってるます。

参考URL:http://www.koiwai.co.jp/makiba/

投稿日時 - 2012-05-20 08:32:26

お礼

いいところですね(笑)
一回はいきたいです
ところでこんなことを聞くのはあれかもしれませんが仕事内容やお給料のほうはお分かりでしょうか?

投稿日時 - 2012-05-21 21:25:56

ANo.3

 
どこの国とどこの国で、何の仕事をするかで必要な語学力が変わりますよ
例えば外国語の教師になりたいです、英語は必要ですか?って
中国で日本語を教えるなら英語力はほとんど要りませんよね
仮に中国とアメリカの貿易に関わるなら相応の語学力が必要でしょう

一般的に思い付く貿易の仕事って単純に日本の総合商社への就職でしょうか
学生の頃から乙仲や船会社で働こうとイメージしてる人は少ないのでは?
それって貿易というよりは船乗りとか運送業のイメージですよね
貿易と言えば外国に行って何か買い付けたりするイメージでしょうから
まずは総合商社の新卒採用サイトでもチェックしてみたどうですか
簡単に言ってしまえば外国に行って買い付けてくる人以外は
運送業か金融業というのが貿易に関する仕事の大半ですから
多くは自分のところにくる書類をこなすだけの語学力で十分でしょう
ちなみに銀行だって貿易に絡んでますよ
どこまでを貿易の仕事とイメージするか次第ですが

投稿日時 - 2012-05-19 07:52:41

お礼

詳しく説明していただきありがとうございます。
イメージって大事ていうことに気がつきました。
やっぱり何をするか自分で決めるしかないんですね。

投稿日時 - 2012-05-21 21:23:52

ANo.2

 旅行観光地

 今、岩手県の小岩井農場が中国語、英語を話し出来る方が応募してますよ!!

投稿日時 - 2012-05-18 16:30:40

お礼

旅行観光地
も楽しそうでいいですね(笑)
小岩井農場ってあの小岩井のコーヒもつくってるところかな。・・。・

投稿日時 - 2012-05-19 01:01:21

貿易は様々な業種が関わっています。基本的な流れは、

荷主 → フォワーダー → キャリア(航空・船会社)→ フォワーダー → 荷受人

という流れです。それぞれに専門知識が必要です。

例えば、

・荷主、荷受人ならば、商材知識が必要でしょう。商社やメーカーの海外業務の位置づけです。

・フォワーダーならば、貿易実務知識が必要です。フォワーダーです。


http://www.jiffa.or.jp/index.html
http://www.jetro.go.jp/world/qa/t_basic/04C-070304

・キャリアならば、飛行機、船の知識やB/Lなど書類手続きや通関手続きの知識が必要となります。

http://www.mol.co.jp/
http://www.customs.go.jp/tsukanshi/

いずれにも英語は必須なので、中国語を活かし、自分のやりたいこと(適性)を考え、どのポジションに入るか判断するといいと思います。

個人的には、以前、外資系キャリアで仕事をしてましたが、デスクワークが主で、世界中をめぐりたいならば、荷主で専門商材の知識を武器にしたほうが面白いかもしれません。

通関士は国家資格なので、空港や港での専門職になりますが、給料は忙しいわりに安いようです。税法やインコタームズは知っていると、貿易実務に役立ちます。

投稿日時 - 2012-05-18 14:54:21

お礼

詳しく説明していただきありがとうございます。
貿易にもこんなにたくさんの種類があることは知りませんでした。
私は英語が苦手なんですが、英語力はどのぐらいあればいいのでしょうか?

投稿日時 - 2012-05-19 00:54:53

あなたにオススメの質問