みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

100KMの距離で13歳年下の彼氏との恋愛

こんばんは。
恋愛するのも恥ずかしい年となった気がしますが
どうぞ、よろしくお願いいたします。

私は、1度結婚をし子供は社会人になり今は、子供は彼氏と同棲しています。
10年前に離婚し、がむしゃらに働いて着たつもりです。
いい母親ではなかったかと思いますが
子供には不便をかけたくないと働いてきました。

子供が大きくなると
少しさびしさを感じることが多くなりオンラインゲームを始めました。
現実世界の友達もオンラインゲーム(男の人)で楽しんでいました。
ある日、現実のお友達からオンラインゲームで知り合った友達を
紹介されました。単なるお茶友達です。
そのお友達から(友達の友達の友達です)、紹介したい奴がいるから
と、また紹介されました。オンラインゲームはじめるから困ったことがあったら
教えてくれよ。と言う段取りだったようです。
ゲームを始める前に何度か、お茶やご飯をみんなで食べました。

それが、今の彼氏です。(彼氏は私より13歳年下)
やさしい言葉、ゲーム内でのチャット、Skypeなどで
気になる存在となりました。

私は、現在48歳
容姿もよくなくなってくるお年頃です。
バツイチや子供がいることも伝えました。

彼は、大柄の男性です。背も180cm超えているので
サングラスとかかけたら・・・・ちょっと怖そうに見えるかもです。

現在、付き合って7か月
彼は、仕事を辞め再就職をして福祉関係の仕事です。
お給料は私の1/2です。(私は16年仕事しています)

高速道路(高速代、1450円)を使って車で
100KMほど離れている距離を私が1か月に数回、彼の休みに
合わせて車を飛ばして彼の実家へ行きます。
(彼は実家暮らし、おじいちゃん、両親、弟)

彼の両親たちは私によくしてくれます。
また、彼のおうちへ泊りに行っても親切で気さくな方々で
13歳も年上、バツイチ、子供もいることを承知の上で親切にしてくれています。
(まだ、お父さんだけは知らないです。私のバツイチ、子供がいること)

彼は、私の前には何人かの女性と付き合ったそうですが、ここ数年
彼女は欲しいとは思っていたようですが思ったような出会いがなかったそうです。


私の子供には、付き合っている人(彼氏)がいることは話してあります。
「いいんじゃない」と言ってくれています。
しかし、実家の私の母はまだ、知りません。

さらに、私は更年期も始まり、「どうやら閉経だね」と婦人科で先日
宣告されました。
女じゃないのね。
と、思ってしまいました。

彼に、このことを言うと、「2人でいられればいいんだよ。結婚しよう」と言ってくれました。

彼は初婚です。
いいのでしょうか。

もっと若い子がいるんじゃないの?
子供が産めないのよ。
こんなことを彼に言葉をぶつけて
ケンカになります。
最後には、私が「私の事はほっぽっといて」と
言ってしまい、彼をいつも怒らせます。

「もっと前向きに考えないと!」
「好きだからほっぽっておけない」と彼に言われます。

私にとって、100KMの距離は遠いです。
しかし、彼にとっての100KMは遠い距離ではないと言います。

一緒に住もうと言ってくれましたが
現実、彼の側へ行けば
私は今の仕事を辞めないといけません。
彼も就職したばかりの仕事をやめなくてはなりません。

彼の言葉に
ほんわか・・・することや
すっかり忘れていた女の気持ちを
思い出させてもらったりしています。
が、いつも
自分が年上、彼は初婚、子供は産めない、バツイチなどと
言うキーワードが私の頭でいつもよぎり
「私なんか・・・」とひいてしまう自分がいます。
(これで、いつも彼が怒ります。ケンカの原因にもよくなります)

この年になると恋愛に臆病になっているようにも思います。
こんな私に何かアドバイスいただければと思います。

お恥ずかしいです。
こんなことで悩んでしまう自分が
でも、何かを変えないといけないと思うのですが
いつも、堂々巡りで自分でも自分自身にイライラしてしまいます。

長文を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-05-02 21:42:16

QNo.7453914

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。60歳の「男子」です。

貴女のお悩み察するに難くありません。
13歳下・・・貴女が逡巡なさるのもご無理ないところではあります。

しかしながら
違う視点から貴女が悩まれていることを見るならば
貴女はちょっと「欲張りすぎ」ということがいえるのかもしれませんね。
彼が時におこるのは
結局貴女のその「欲張り」なところ
つまりジコチュウなところなのかもしれません。

世の中に「絶対的に完全なる幸福」などありえない、というのは
もう貴女ぐらい歳を重ねられた方(失礼)ならおわかりでしょう。
あまつさえ、よしんば時に幸福を感じることがあるとしても
その状態は永遠に続くものではないのですね。

その反対の「不幸」とは、自分が勝手にイメージする
「絶対的に完全なる幸福」からかけはなれていると
思いこむところから生まれる
「欠乏」の意識であるということがいえませんでしょうか。

つまり、今の自分にはあれが足りない
かにが欠けてるといって一人勝手に辛くなるのですね。
そして自らの今の現実を認め受け入れようとしない。
これこそ不幸だ。

しかし、時にその欠けているものだらけのはずの現実において
さらにその現実から自分にとって気付かなかった今まであった大きなものが
欠けたりすると、それまで自分の不幸としか思えなかった境遇が
実は様々なものに支えられていた得がたいものであったことに
気付くということもまた人生よくあるものです。

「現実」とはそこに「欠けているもの」のことをいうのではなく
今ここにあるもののことをいうのです。
人は現実の中に生きています。
だからこそまず欠けているものではなく
まず今「ある」現実を認め受け入れることが
反対にありえないはずの幸福に近づくことに
なるのではないかと思うのです。
そしてそのなかで「欠けているもの」というよりも
もう少し欲しいものを少しづつ手にいれようとするのが
「努力する」ということなのでしょう。

話が長くなりました。

歳の差がもっと近ければ・・・
子持ちでなければ・・・
ばついちでなければ・・・
もっと家が近ければ・・・
仕事が安定して持続できれば・・・
更年期なんてことにならなければ・・・
子供が生めれば・・・
えーっとまだありましたっけ?
これをして曰く「ないものねだり」

「ないもの」を大事にするのではなく
今貴女が「得ているもの」を一生懸命大事にし
さらにそれを愛し育まれないと貴女はいずれ後悔なさる
ことになるような気が私にはいたします。

今一度、今貴女が身の回りにあるもの
恵まれた人達のことに思いをいたし
せっかく恵まれているのだから
うれしく大事になさっていかれたらどうでしょうか。

壊れるかもしれないなどという心配は
譬えれば
好物の食べ物を目の前にして
それを食べるとなくなってしまうときがつらくて
いっそ捨ててしまおうとしているような
ことであるように私には思えます。

なんだかすごくいい彼とその家族じゃありませんか。
自分がいかに愛されるかということだけに一生懸命になるのではなく
人をいかに愛するか、人に貴女の愛をあげられるか
ということを考えるべき時でもあるのではないでしょうか。
貴女の好きな彼が今貴女の愛を欲しているのですよ。
周りの人もみんなあなた方のことを認めてくれている。
存分に愛され、そしてまた
貴女が人生の先輩でもあるならばその分
深く大きく愛してあげたらどうでしょうか。

以上「励ましのお便り」でした。

投稿日時 - 2012-05-03 22:48:25

お礼

こんにちは

「得ているもの」、「現実」
はっ
と。思いました。
わたしは、欠けているもの(ないもの)
ばかり気にしていたのですね。


自己中
そういえば、少し前にほかの人に言われました。
しかし、わたしはそんなことないと
かなり悩みました。

わたしは、自分の思うままで生きてきたんだと思います。
周りの人たちの事を考えたことが
あったのか?と
今、聞かれると・・・・そんな余裕もなく
生きてきたと思います。

この年になって
意外な自分を見つめなおすいい機会かもしれません。
ただ、どうすればいいのか・・・まだ、努力の方法が
わかりませんが
今ある「得ているもの」を大事にしていきます。

ご回答者様の「励ましのお便り」が・・・
いたく心に響きました。

ありがとうございます。
自分がこんなに不器用な人間だったとは
思いませんでした。

GW、終わっちゃいましたね。

投稿日時 - 2012-05-06 18:18:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

その彼氏100Kmは遠くないってなら貴女が会いに来るんじゃなく
彼氏に来させようとして来てくれる相手なんでしょうかね?

それが不思議です。
逆でもこれるんだったら貴女が彼氏の家に転がりこんでもいい感じがします。

投稿日時 - 2012-05-02 21:59:44

お礼

こんにちは。ご回答ありがとうございます。

私が年上で、少しばかり彼よりお給料を
もらっていることから、私が行くよ。と
つい。言ってしまうんです
(彼の財布を気にしちゃっています。)

転がり込む
それも、いいですね。
それでも、転がり込む先が彼の実家でご両親が
ご迷惑とか・・・つい、そんなことを考えてしまいます。

こんなことばかり気になる自分がたまにいやになります。

そうですね
彼のおうちへは私が90%行く方が多いです。

ありがとうです。
GWも今日で終わりですね。楽しめましたか

投稿日時 - 2012-05-06 18:06:27

あなたにオススメの質問