みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

独立までについて

質問です。
将来税理士に+αの資格で独立をしたいと考えてます。

しかし税理士には登録に実務経験が必要なのでこれから迷ってます。

これからの実務の上での考えとしては

(1)公務員試験(国税専門官)を受け(受かる受からないは別として下さい)、地道に勉強し取得を狙っていく方針。(国税専門官による免除などは考えていません。)

(2)会計事務所や民間企業などで働きながら取得を狙い実務を得る。

これらやその他将来の独立や色々と考えた上で効率が良い実務はどういう進路でしょうか?

教えて下さい。

現状税理士が飽和状態にあるのも分かります。
でも頑張ってみたい気持ちもあります。
知恵だけでも貸して頂けたら幸いです。

投稿日時 - 2012-04-29 20:38:55

QNo.7448162

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

(1)がお勧め。
 試験科目5科目をクリアーする努力をするよりも、国税専門官に合格する努力をする方が無駄がないです。
税金の知識だけでなく、税務署の現場で働くことは税理士登録をしてからのメリットは数え切れません。
 免除を考えてないといわれてますが、国税専門官で採用された人は、内部研修を終了することで簿財が免除になります。
 
(2)は実務を覚える目的では良いでしょうが、不合格が続いてるうちに挫折して、そのまま事務員になってしまいます。

目的が税理士になるというなら、私は迷わず(1)を推薦します。

投稿日時 - 2012-04-30 09:12:32

お礼

僕個人の将来の事のためにわざわざ回答ありがとうございます。

自分としても国税専門官の道のりを選ぼうかと若干考えております。

おっしゃる通り税務署等で働く作業は税理士になってからかなりプラスになると自分でも考えてます。
また税務署や国税などの人脈を少しでも持っておくと後に役立つかなとも考えたりもしました。

投稿日時 - 2012-04-30 19:04:21

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

NO1です。誤解される述べ方をしました。訂正します。

「国税専門官に合格する努力をする方が無駄がないです。」と述べましたが、
税理士登録のための実務経験を積みたいというだけなら、会計事務所に勤めるのが無駄がないです。
税理士資格と無関係な勉強も必要なので、国税専門官を目指す勉強の方が無駄になるともいえます。

数年かけて一科目合格というなら、その数年を国税専門官試験合格に向けるほうが、結果論として無駄がないということです。
23年だか勤めて税法免除になりますが、それ以前に国税専門官の内部研修を通過することで簿財が免除になります。

投稿日時 - 2012-04-30 09:25:22

あなたにオススメの質問