みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

第24回社会福祉士国家試験 試験問題

第24回(平成23年度)社会福祉士国家試験 試験問題を勉強中なのですが、分からないところがあるので教えてください。

問題15 法と社会、そこに成立する秩序との関係に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
1 形式的に正しい手続きによって定められた規則による支配が合法的支配であり、この支配においては命令者の合理的利害に沿って規則が再編されていく。
2 法律家は、弱きを助け強気をくじくリーガルマインドという共通の正義感を身につけており、それを共有する連帯意識によって明確な社会層をなしている。
3 法治国家においても、個人の権利が不当に侵害された場合、まずは市民自身が強制力を行使して自力救済の努力をすることが望ましいと考えられている。
4 人々の私的利益の追求は利害対立を生み、万人の万人に対する闘争状態が予想されるなかで、社会秩序がなぜ可能となるのかを問うことをホッブズ問題という。
5 非ゼロサムゲームでは、ある行為者が利益を得ても他の行為者が損失を被るとは限らないので、損失を負わせるべく行為者間には対抗関係が生じていく。

正解が4番であることは分かるのですが、他の記述のどこが間違っているのか分かりません。
なるべく詳しく分かるかたがいましたら教えてください。お願いします。

投稿日時 - 2012-04-22 23:04:20

QNo.7436036

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

#1

質問の内容から、

質問のカテゴリーを「社会>法律」で質問されたほうが、

適切な回答があると思います。

投稿日時 - 2012-04-23 15:54:29

社会福祉国家試験の受験資格さえ知らない、ど素人が回答させていただきます。

まず、念頭に【法と社会】を意識してください。

(1)「形式的に正しい手続きによって定められた規則」とは、おそらく「法律」のことと思います。それを「命令者(この場合、内閣総理大臣と推定)の合理的利害関係によって規則が再編されていく」。再編というのは、法律の改正を意味している。
法律の改正は、国会(衆議院と参議院)で審議され、可決される必要がある。

(2)法律家とは、裁判官、検察官、弁護士をさす。「共有する連体意識によって明確な社会層をなしている」。裁判官、検察官、弁護士は、裁判の上では別々であり、「共有する連体意識」がない。裁判官は、裁判所に出された証拠を基に判決を下す。検察官は、犯罪者を起訴できる権限を持っている。弁護士は、依頼人の利益を守るのが仕事。また、重罪人であっても国選弁護人として、最低限度の人権を守る。

(3)「まずは市民自身が強制力を行使して自力救済の努力をすることが望ましい」。自力救済は禁止されている。そのために警察があり、捜査をして犯人を逮捕する。「市民自身が強制力を行使」すれば、あちらこちらで、けんか、傷害事件がおきる。

(5)「損失を負わせるべく行為者間には対抗関係が生じていく」。対抗関係は生じない。理由として、「非ゼロサムゲーム」だから。この言葉の意味を調べてください。「非」がつくか、つかないだけで、どれだけ違うか。


※しろうとなので上手く説明できなっかたと思う。間違っておりましたら、他の回答を参考にしてください。

投稿日時 - 2012-04-23 02:43:01

あなたにオススメの質問