みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

自治会予算と次期繰越金について

自治会の会計をやっています。元々経理関係は専門ではないのですが、特に問題なく通常の業務はこなしています。質問は自治会予算と次期繰越金についてです。此処の自治会では予算を組むとき、収支の差額を次期繰越金として支出に入れています。今までこれで問題となったことはないのですが、今回ある役員より、単年度決算で支出にあらかじめ次期繰越金を見込むのはおかしいとのクレームを受けています。

いろいろ調べてみたのですが、自治会、マンション管理組合等の予算書では収支の差額を一般的に、次期繰越金、或いは予備費として扱っているようです。但し、予備費とした場合、これが承認されると、予備費が承認されたのだから、全て使っても良いと拡大解釈が可能となる。従い、予備費の表現は勧められない。との説明もあります。

従い、従来通り、次期繰越金との表現で進めたいのですが、単年度決算で、予算書に次期繰越金を設けるのはおかしいとのクレームにどのように対処すればよいのでしょうか?

宜しくお願いします

投稿日時 - 2012-04-20 23:08:12

QNo.7432254

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

 おかしいという指摘であれば、どう改めるのがいいのか提案を促すのが適切だと思われます。

 自治会の運営についてよく検討されておられますが、広く一般的に採用されているやり方を参考にされてはいかがでしょうか。

 自治会で使われているソフトの解l説は参考になります。

 会計係さんセブン
 http://www.system-audit.co.jp/pac_apack11.html
 
 このなかにある「基本科目リスト」の予算書の項目をご覧ください。 


 また、テキストのお役立ちリスト集に挙げられている

 ●総務省「コミュニティ団体運営の手引き」

 ●福岡市「自治会活動ハンドブック」

 この2点は最近刊行されたもので、よくできていると思われます。

 いずれにしても、予算書、決算書に次年度繰越の欄を設けずにうまく処理する方法は見つかりませんでした。

投稿日時 - 2012-04-21 09:00:30

ANo.1

>予備費とした場合、これが承認されると、予備費が承認されたのだから、全て使っても良いと拡大解釈が可能となる

予備費は、予備のためで、全て使っても良いとは限りません。
前年度からの繰越金も必ずあるはず。(毎年、なるべく残し「繰越金」をつくる方向にしているはず。そうしないと「自治会費」の増額になる)
自治会費をアップしないためにも予備費はなるべく使わないように倹約してください、と各担当係へ総会で告げる。

>次期繰越金

予算の段階でこの項目があるのもおかしい。
ちなみに当自治会予算でも「予備費」となっている。どうしても予備費が嫌なら各項目(例えば「文化費」など)に多めに入れる。

会計係が一人悩まず、自治会長やその他の役員会(前年度)で素案を出して、新年度の総会で承認を受けます。

投稿日時 - 2012-04-21 04:25:05

あなたにオススメの質問