みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本は嘘の国・・・by 毎日新聞

・・・「嘘」を恨み、その癖「嘘」を肯定する“うそつき演歌”そのままの日本という国・・・

本当に新聞記者の書いた文章でしょうか
毎日新聞は、変態新聞と言われるのも仕方ありません。
http://bit.ly/IWWOL4
いつものごとく、日本下げを狙っているのか。。。

毎日新聞は何を企んでいるのですか???


●牧太郎の大きな声では言えないが…:うそつき演歌?
http://bit.ly/HOSrWP

日本人は「うそつき」が好きだ。それが証拠に?戦後、流行歌の題名に「うそ」がついた歌は128曲。「うそつき」に限定すると36曲。調べればもっと多いかもしれない。
戦後初の“うそつき演歌”は1950年12月に「ベティ稲田」という人物が歌った「貴方(あなた)は嘘(うそ)つき」。続いて笠置シヅ子の「男はうそつき」、二葉百合子の「嘘つき地蔵さん」、松山恵子の「嘘つき波止場」……そこそこヒットしたが、ついに最大の“うそつき演歌”が登場する。
♪ウソツキ鴎(かもめ)に今日もまた お船が来たよとだまされた……で始まる「ウソツキ鴎」(西沢爽(そう)詞・古賀政男曲)。9歳の小林幸子が歌い、20万枚の大ヒットになった。
63年、小学4年生でTBS「歌まね読本」でグランドチャンピオン。これがデビュー曲だった。
大人顔負けの歌唱力。“女王・美空ひばり”をほうふつさせる天才少女歌手は「第二のひばり」ともてはやされたが……本家の「ひばり」に嫌われたこともあって、それから約15年間、鳴かず飛ばず。低迷する。
キャンペーンの毎日。昼間はレコード店や有線放送局。夜は飲み屋、キャバレーで泥酔客相手に歌い続けた。
芸名は所属レコード会社が変わる度に変わった。小林幸子→小林さち子→岡真由美……。再び「小林幸子」(ワーナー・パイオニア)に戻った時、「あの人は今?」風の“消息記事”を書くためにインタビューした。
彼女が選んだ場所は東京・新宿コマ劇場の筋向かいの喫茶店。「必ず『ウソツキ鴎』を超える大ヒットを出してコマで歌います!」と決意を話した。もちろん、コーヒー代は僕が払った。
「嘘」ではなかった。79年に「おもいで酒」が200万枚。紅白歌合戦に初出場を果たす。
いつしか、紅白のケタ外れに豪華な衣装は“暮れの風物詩”になった。
波瀾(はらん)万丈の彼女は熟年結婚を選び、今、女性社長「解雇」騒動の渦中にいる。
小林夫婦側、元社長側の言い分が違う。どちらかが「うそつき」なのだろう。いやいや両方共「ウソツキ鴎」なのかもしれない。ワイドショーの視聴者は「嘘探し」に夢中になる?
「紅白女王の座」を失ったとしても、小林幸子はもっと強くなるだろう。
(専門編集委員)

投稿日時 - 2012-04-17 21:29:39

QNo.7426701

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

毎日新聞の偏向的、ひんしゅく記事には困ったものですね。変態新聞と蔑称されてる理由がうなづけますね。また、うそつき演歌・・・いろいろな見方があるものですね。

いずれにしろ、低俗な批判はスルーして無視に限ります。低俗な情報は有害性そのもので、その情報発信者の知的レベルやモラルが最低ととられても当然のことであります。

もっと、「日本は夢のような国だな」との、こうした記事を読んで日本の素晴らしさを認識し、「クールジャパン」を世界にアピールしていきましょう。
http://news.infoseek.co.jp/topics/world_n_rocketnews3

投稿日時 - 2012-04-18 12:06:03

補足

>低俗な批判はスルーして無視に限ります

でも、それに気がつかない多くの日本人は、知らず知らずのうちに日本をいやな国だと思うように、洗脳されてしまいますよ。

投稿日時 - 2012-04-18 12:54:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問