みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

障害基礎年金と老齢厚生年金について。

現在、障害基礎年金を受給中の者です。

現在の法律では併給が可能との事ですが、厚生年金のある会社で働いて医師の診断書と審査会の審査によって障害基礎年金が切られたとします。

その場合、働いてる間は収入があるからいいのですが、老後に受け取る年金額はどうなりますか?

基礎年金を受給中(10年間ほど)は全額免除でしたので1/3の受給だったと思います。(最近では1/2ですが)

計算では、10年間の年金分だけが減額されるのですか?

ちなみに「精神障害による所得制限のある20歳前障害」の年金です。

以上、よろしくお願いしますm(_ _)m

投稿日時 - 2012-04-12 21:17:41

QNo.7417752

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

老齢基礎年金や老齢厚生年金を受けられる条件を満たすことを前提に、
障害基礎年金や障害厚生年金を受けている人は、65歳以降、
以下の組み合わせ(併給の組み合わせ)からどれか1つを選択します。

1 障害基礎年金 と 障害厚生年金
2 障害基礎年金 と 老齢厚生年金
3 老齢基礎年金 と 老齢厚生年金

このことから考えてゆくと、障害基礎年金のみ受けている人の場合は、
もし、障害基礎年金の支給が停止されてしまったときには、
事実上、上記3を選択してゆくしかありません。

というよりも、障害基礎年金や障害厚生年金は有期認定が通例ですから、
障害状況確認届の提出(一定年数毎の診断書再提出による更新)の結果で、
いつでも、障害軽減による支給停止になり得る可能性があります。
また、20歳前障害による障害基礎年金(年金コード:6350)のときは、
さらに、所得による支給停止による可能性も生じますから、なおさらです。

つまり、65歳以降の老後の生活の安定性を確保したいのならば、
上記3の組み合わせを選択することが、最も現実的で安全だと考えられます。

老齢基礎年金を受けるためには、
国民年金保険料を納めた期間(厚生年金保険料を納めた期間も含みます)、
国民年金保険料を免除された期間、合算対象期間(★)の3つを
通算した合計が、原則として、25年(300月)以上あることが必要です。

★ 合算対象期間(カラ期間ともいいます)となる主なもの

20歳以上60歳未満の期間のうち、
(1)昭和61年3月までの、国民年金に任意加入しなかった期間
(2)平成3年3月までの、学生で国民年金に任意加入しなかった期間
(3)昭和36年4月以降で、海外に住んでいた期間 など

★ 合算対象期間は、以下て述べる計算式には反映されません。

上記の「25年(300月)」を満たすことを前提に、
以下の計算式によって、老齢基礎年金の額が算出されます。
(つまり、単純に免除を受けた月数だけ減額されるのではありません。)

78万6500円X(A+B+C+D+E)/40年X12

A 保険料の全額を納付した月数
B 保険料の全額免除を受けた月数X8分の4[<-- 全額免除]
C 保険料の4分の1を納付した月数X8分の5[<-- 4分の3免除]
D 保険料の半額を納付した月数X8分の6[<-- 半額免除]
E 保険料の4分の3を納付した月数X8分の7[<-- 4分の1免除]

78万6500円は、平成24年度額(満額の場合)です。
障害基礎年金2級の額と同額です。

なお、平成21年3月分までの保険料に対しては、
BからEの「8分の◯」の部分を、次のように読み替えます。

B 6分の2[<-- 全額免除]
C 6分の3[<-- 4分の3免除]
D 6分の4[<-- 半額免除]
E 6分の5[<-- 4分の1免除]

一方、老齢厚生年金は、
上記の「25年(300月)」を満たしていることを前提に、
厚生年金保険の被保険者期間が1月以上あれば、
厚生年金保険の被保険者月数と、被保険者期間の平均報酬額に応じて
計算された額(そのため、当然ひとりひとり違います)が支給されます。

以上のことから、免除を受けた分の保険料を追納しないかぎり、
将来の老齢基礎年金の額は減ってしまいます。
可能であれば、追納(免除済分を、10年以内にあとから納めること)を
なさってみるのも良いと思います。
所定の手続きなどが必要ですので、以下のURLを参照して下さい。

追納は、最も過去の分から順に納めなければなりません。
また、いまから2年を超える過去の分に対しては、
利息に相当する加算金を付けて追納しなければなりませんから、
納めるべき金額がかなりにのぼる、ということも承知しておいて下さい。

追納のしくみ
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3651

追納申込書(PDFファイルです)
http://www.nenkin.go.jp/n/open_imgs/service/0000002298.pdf
 

参考URL:http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3651

投稿日時 - 2012-04-12 23:58:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問