みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

財務会計 簿記 退職給付の確定給付型について

公認会計士を目指していている者です。
財務会計 退職給付の確定給付型について質問させていただきます。

確定給付型の説明としてテキストには以下のように載っていました。

【確定給付型とは…
退職時又は退職後に従業員に対し、一定の金額を納付するものをいう。なお、企業は一定の給付額を満たす必要があるので、支給原資が不足した場合、追加で掛け金を拠出する必要があり、運用リスクは企業側にある】

最後の一文『運用リスクは企業側にある』というところについてですが、これは、つまり企業が年金基金に掛け金の拠出をしても、その資産を年金基金がうまく運用することができなくなくて、時価を下げてしまった場合は企業が追加で拠出する必要がある。ということだと思います。

しかし、うまく運用できなかったのは年金基金なのですから、年金基金は何も責任をとらないのでしょうか?テキストには『運用リスクは企業側にある』とありますが、年金基金は責任とらないの?と不思議です。
まだ、学習初期段階で年金にも全く詳しくないので、本当に簡単に噛み砕いてご説明、ご教授いただければと思っています。
詳しい方など、宜しくお願いします。

投稿日時 - 2012-04-06 22:47:03

QNo.7406786

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

誰と誰との間での話なのかを意識するとええよ。

企業が従業員に出す年金の場合、基本は企業と従業員との間での話やろ。その関係においては、リスクをとるのも企業か従業員かの二者択一や。その中で、確定給付型は企業がリスクをとるいうこと。

テキストの記述は、そゆ意味よ。

もち、企業と企業が運用を任せる相手との間の契約次第では、相手がリスクをとることになる可能性もある。ただそれは、従業員との関係において企業が持つことになるリスクが、契約によって相手に移るちゅうことや。それに、たいていは、基本的に相手は運用リスクをとらないよな契約になっとる。

あと、確定給付型の年金は、年金基金とは別の制度なんよ。せやから、厚生年金基金は、確定給付型の年金において企業が運用を任せる相手ではないんよ。

投稿日時 - 2012-04-07 17:20:50

お礼

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2012-05-16 12:22:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問