みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

リニア新幹線は儲かるはずがないのになぜ作る?

私企業であるJR東海が新規に鉄道を引く、走らせる列車は実績のないリニアーという空中浮遊だといいます。
どう考えても暴挙であり経済的にも成り立つはずがないと思います。

高速道路でさえ費用がかかりすぎ採算が取れないと言われます。
マンションの土地取得も都市部では巨額なのに、連続して東京から大阪まで土地を買うのですよ。
土地を地主から購入しリニアー線を施設し、その上に海のものとも山のものとも判らない未来列車を作るのです。

トヨタや松下のような大企業でもトンネルを一つ実際に自社で作るとなると大変な決断が要ります。

それがトンネル一つどころか鉄橋、高架線、地下線、駅舎・・・
しかもJR東海の収入は乗車料金が主ですよ。
一人何千円の商売をしている会社が、一国の公共事業以上の事をやろうとしている。

かって東海道新幹線を作る時世界銀行から国が借金をしたそうです。
その規模と比べてもどう考えても一企業が採算の取れる事業ではないし、アニメでもない限り考える事自体狂っていると思います。

それが、なんと、本当にやっているらしい・・・
これって どうなってるんでしょう。

そんなにJR東海が儲かるなら税金で吸い上げればいいし、仮に実質的に国がやっているなら壮大な無駄遣い。

日本中新幹線を走らせ、これ以上不要と言われた高速道路を作り、おまけに東海道新幹線があるのにダブってリニアーを作る。
外国から見たら日本の金持ちぶり湯水のように使う公共事業と見えると思います

一方で金がないから増税させろ!! なんかおかしいのでは??

どういう理屈というか仕組み? ウソみたいな話に思えるのですが? 誰か解説してください

投稿日時 - 2012-03-18 15:07:24

QNo.7369322

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

No13です。
まずは訂正から。
リンク先の前後は文章が途切れてしまいました。

× か?といわれてきましたが、売り上げは1兆5000億円(連結)に増え、長期債務は3
○ か?といわれてきましたが、売り上げは1兆5000億円(連結)に増え、長期債務は3兆円まで減りました。

× 大雑把ですが、20年間で約2兆円4000億円の債務(事実上の国鉄債務)を返済して
○ 大雑把ですが、20年間で約2兆円4000億円の債務(事実上の国鉄債務)を返済しています。


>一方JR四国は単線ばっかでアップアップ・・要するに国鉄の分割が失敗だったので
は?

 北海道、四国、九州の3社は旅客数も少ないため大幅な赤字経営になることから、3社に「経営安定基金(3社で1兆2700億円)」を持たせて、この基金の運用による収益を収入として、安定的な経営ができるようにした。
http://www.mlit.go.jp/tetudo/kaikaku/01.htm

 上記リンク先「図-7」には補助金の推移もあります。ピーク時には年間7000億円の国の補助金がありましたが、現在は20億~30億円まで減りました。
 同じく、上記リンク先「図-8」にはJR7社の合計があります。トータルでは黒字です。
 昔の国鉄は、赤字ローカル線の赤字を新幹線や都市部の通勤線の黒字で補填していました。それでも赤字の方が大きく、さらに国の補助金をもらっても赤字が膨らみました。東海道新幹線は新規投資ができず、スピードアップできませんでした。民営化後、先日廃止された300系を開発、投入しスピードアップをして旅客を増やし収益を上げ債務の返済に邁進したというのが現実です。民営化の大きな効果の一つは赤字から逃れてサービスアップの投資ができるようになったということでしょう。


>だってゼロから企業をスタートしたわけではなく国鉄を分割してお上からもらったの
でしょう。

同じく上記リンク先から引用

 国鉄の債務は37兆1000億円にも達する巨大なものであった。旅客鉄道の本州3社と貨物会社は、実質的には国鉄改革時に新幹線保有機構が引き継いだものも含めて14兆5,000億円の債務を負担しており、現在も返済中である。

 旧国鉄から承継された本州3社の株式、計824万株の売却が終了し、4兆343億円の収入がありました。
http://www.jrtt.go.jp/02Business/Settlement/settle-kabu.html

 国鉄から引き継いだJRに引き継いだ債務で約14.5兆円、国民負担は当初22兆円(このうち株式で4兆円返済)でしたが、バブル崩壊での売却予定資産の目減り、利子が膨らんだりして、最終的には28兆円となりました。
http://www.geocities.co.jp/wallstreet/7009/mg9812-2.htm

 国鉄時代は法人税や固定資産税を払っていませんでした。民間企業になって払うようになった税金も考えると3島会社+貨物の赤字を負担してもおつりがきます。
 JR四国については赤字額の絶対額が少ないので(年間10億円程度)JR西日本の子会社化すれば赤字を負担してもらってOKという話がかつてありました。でも、四国は過疎地域が多く、輸送人員も少ないので特急が無い区間は鉄道自体の廃止が妥当かと。渋滞も無いのでバス代替も可能かと。

投稿日時 - 2012-03-22 11:36:46

お礼

重ねて詳しい説明ありがとうございます。
民営化は総じてですがうまくいっているようですね。

そういう事はJR東海はおいしいところを分けてもらった結果、財務状況がよくリニアーを引いたほうが国のためにもJR東海のためにもいいというわけですね。

ありがとうございました

投稿日時 - 2012-03-22 22:19:05

ANo.14

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(15)

ANo.15

皆さん凄い色々書かれていて、正直読み切ってないので被るかもしれませんが・・・。


むしろ国庫から金を出して公共事業としてやるなら採算が取れる可能性は非常に高いと思います。
詳細には知りませんが、国からの補助金も相当額出ていたと思うので、
これはじゃんじゃんやればいいんじゃないでしょうかね。
理由としては以下の通り。
1、日本人に給料が出る(外国人労働者を使わなければですが)
2、給料が出た人が金を使う
3、金が動くので税金が入る
4、給料が上がる
です。
所謂インフレの構造ですが、
大規模な公共事業をやると一時的なインフレが起こることは
世界の歴史(日本の高度経済成長期含む)が証明しています。
労働者に日本人を使っている限り、日本人に金を払って
日本人から取った税金で事業を回す訳ですから
風が吹けば桶屋は大儲け状態になる訳です。

ということで、個人的にはこの事業自体には賛成です。
うまくやれば増税なんかしなくてもできるはずだと思いますよ。
問題は民主党がうまくできる気がしない辺りですが・・・。

投稿日時 - 2012-03-22 18:58:31

お礼

スパっと一刀両断にOKが出ました。
今までの人は何だったんでしょうね。
素晴らしい。
何でもこういうふうに1.2.3.4で答えを出すと気持ちがいいですね。
(でも・・合ってんのかなあ・・)←失言。

インフレ構造は国の借金も減るので賛成です。
回答ありがとうございました

投稿日時 - 2012-03-22 22:27:53

ANo.13

 JR東海がリニアにこだわる最も大きな理由は、新幹線のインフラの寿命が来るということです。基本的に橋や陸橋の橋脚は50年程度の寿命で設計されています。すでに寿命を迎えつつあります。
 補修で寿命を延ばしていますが、あと10年~20年後には大規模な橋の架け替えや橋脚の取り替えが必要になります。その場合、本来なら全ての電車を止めて工事をする必要があります。2年程度はかかるでしょう。そうも行かないので、区間ごとに閑散期に一部区間を止めて在来線代替輸送をしながらの工事となるでしょう。その場合、5年~10年の工期が必要になるでしょう。工事期間中は広範囲での長距離の徐行運転も必要になるでしょう。

 ところが、運休や所要時間の延長が頻繁にあると、固定客であるビジネス客が離れてしまいます。そこで、もう一本新幹線を作り、そちらに客をシフトして一時的に東海道新幹線を止めて全面改修することを意図して、リニア新幹線を推進しています。技術開発が間に合わなければ、従来の新幹線をでもいいように計画されています。ただ、東京ー大阪間はディスカウント航空機との競合もあり、速達性を考えてリニア計画としているのでしょう。

 JR東海の収益性は非常に高いものです。昭和30年代に作ったためその後のインフレで建設費が目減りし、償還も終わっているので、財政的な負担は可能・・というか会社維持のためには新たな投資が必要でしょう。
 実際には国鉄民営化後に償還の終わった新幹線を5兆円で買わされました(他の国鉄債務と合わせて5兆円4000億円を負担)。民営化時は売り上げ年間1兆円で返せるか?といわれてきましたが、売り上げは1兆5000億円(連結)に増え、長期債務は3兆円まで減りました。

以下、JR東海の財務諸表
http://company.jr-central.co.jp/company/achievement/finance/highlights.html
収益の推移
http://company.jr-central.co.jp/company/achievement/finance/results.html
長期債務の推移
http://company.jr-central.co.jp/company/achievement/finance/long-term.html

 大雑把ですが、20年間で約2兆円4000億円の債務(事実上の国鉄債務)を返済しているので、3兆円ぐらいの建設費の負担は可能だと思います。JR東海は売り上げの8割が新幹線なので、1兆円弱が新幹線の売り上げに当たります。リニア新幹線が完成すれば、新たな区間の客も取れるので売り上げは伸びるでしょう(ただし、中央線の客は減るでしょう)。完成すれば償還は何とかなると思います。

 問題は用地買収でしょう。国が法律を通して買い上げを強制するようにしないと時間ばかりかかっていつまでたってもできず、売り上げゼロの状態が続きます。

 東京ー名古屋ー大阪の区間はもともと人口が多く効率よい輸送システムがあれば収益が上がります。永遠に建設費が償還できないといわれた上越新幹線とは根本的に異なります。

投稿日時 - 2012-03-20 22:19:34

お礼

まあ~しかしものすごい、超贅沢な会社ですコト・・メンテナンスが面倒なのでもう一本新線を引いて列車を止めないで補修する。
売上や財務をご説明くださいましたが要するに超優良企業であり東京から大阪までSF列車を作ってもびくともしない。
一方JR四国は単線ばっかでアップアップ・・要するに国鉄の分割が失敗だったのでは?

だってゼロから企業をスタートしたわけではなく国鉄を分割してお上からもらったのでしょう。

それはそれとして回答者様が丁寧にJR東海の優良ぶりを教えてくれました。
赤字になるというのは私の知識の浅さだと思います。

むちゃくちゃ金がなくて困っている国の財政との兼ね合いでこのままでは我々貧乏人は増税・・なんか・・変なんですが。
見事な回答者様の説明の前に何も言えません
ありがとうございました

投稿日時 - 2012-03-21 20:52:22

ANo.12

>回答者様 本当に将来のリニアーは儲かると思いますか?
>私は根拠はありませんが 二線も持った場合、経費を考えると儲かるとはおもえないのです。

磁気浮上型の新幹線は儲かると思います。

二線を持った場合、新しい方(=高速の方)が儲かり、古い方がコスト割れするのは、在来線区間に新幹線が開通したときに起きる現象です。JRは在来線の方を第三セクターなどで地元利用者の負担に切り替えて、儲けをだすようにします。

したがって、リニア中央新幹線が儲かって、従来の東海道新幹線の方がコスト割れが懸念されるのですが、たまたま東海道は他の地域と異なり交通量の多い大動脈ですから、在来線もこだま運用で通勤や地域の交通需要をになってコスト割れが避けられる可能性があるとおもいます。現状の新幹線に駅を増やして地域交通として短距離客の需要を想像できれば東海道新幹線沿線の都市開発などが進み、事業機会も増えるしょう。

もうひとつ忘れていけないのは保線コストです。
在来線も新幹線も接触型のレールがある限り、毎日夜を徹して保線作業をしないと、レールがまがり、乗り心地が低下し、脱線の危険が上昇します。
これに対して、磁気浮上型の列車は保線コストが激減するとおもいますよ。
つまり、20センチも上昇して滑空するのですから、軌道に2-3ミリのずれが生じても乗り心地にも影響ないし、脱線の危険もない。
今後のコストは電気代もさることながら、保線にかかる人件費が大きいですから、保線コストが在来新幹線よりも安い磁気浮上型列車は、労働力が枯渇してゆく少子高齢化の日本には最適で、採算ベースには乗りやすいと思います。

投稿日時 - 2012-03-20 18:50:29

お礼

そうですか儲かる可能性大ですか、それなら安心ですね。
儲からないと思っていた私の質問は勘違いですね。

2点心配な点があるんですが・・
最初は東京一極集中がいつまでも続きますか?
東京一極集中はそろそろ限界では?
今のように出稼ぎで田舎者が東京に出ていく政策が続けば東海道線は繁盛しますが??

第二点は、リニアは利益を生み必要だとしても・・すこし先にのばす選択肢はどうなんでしょうか?
夢の新幹線だから早く実現して欲しいのは誰しも同じですが、

この未曾有の経済危機で二段階もの増税ってすごいことだと思うんです。
国民にしっかり告知して二段階増税してでもリニアは必要と判断するならいいですが、説明されてないように思います。
リニア、高速道路、整備新幹線を先延ばしにすれば増税は少なくて済むのでは??
勿論復興支出は切れませんよね。
電気料金値上げ、火力発電によるCO2排出罰金など、、大変な時代です
まじめな、ご回答大変参考になりました ありがとうございました

投稿日時 - 2012-03-20 22:41:02

ANo.11

東海道新幹線開業時との比較で、一番違うのは、「儲かることが分かっている」点です。
新幹線は、本来、貨物を走らせるだけでも採算が取れる交通機関なんです。最も安い運搬手段なんですよ。今は、物流より旅客のみですが。興味があるなら、破綻しかけていて一般道に負担がかかっている東名・名阪の物流も調べてみると良いかと。

リニアモーターカーのメリットは、その運用コストの安さです。もともと「電車」は運用コストだけを見ると、新幹線だと10人程度が載っていれば人件費以外の採算が取れてしまう乗り物です。
東海道新幹線でいうと、1編成16両で1300人くらい運びます。1時間当たり15本、上下で30本が走っています。1時間で4万人くらいが乗っているわけですね。
で、東京ー新大阪の運賃は14000円くらいでいいですか? とすると、1時間で5億6千万円くらいの売り上げです。実際はこれに乗車率を掛けた額でしょうか。とりあえず4億円くらいにしましょうか。
朝6時から夜12時まで走っていますから、72億円が毎日の売り上げです。1年でいくらの売り上げが知っています?
年間1億5千万人を運んで、1人14000円ですから、優に1兆円を大幅に超えるわけです。

中央新幹線の建設予定費用がたった10兆円ですから、本来、50年以上かけて償却していく鉄道のビジネスからすると、楽すぎる試算です。たとえ乗客が半分でも楽勝でしょう。

ご質問者さん、大きな勘違いをしています。「価値を生み出すもの」を作れば、日本の経済力をより強化できるわけですから、当然、収益も大きく上がります。価値がないものを作ったり、価値を生み出さない「人」にお金を渡すのとは、全く違う、政治ではなく、経済の話になります。
東海道新幹線を作ったのは、政治の話ですが、中央新幹線は、経済の話です。これに政治が口を出すからこんなに遅くなってしまったんです。

投稿日時 - 2012-03-20 15:45:59

お礼

非常に興味深い回答でしっかり読ませて頂きました。
確かに私は経済の事はわかりません、そうなんですか、私の勘違いなんですか。
>「価値を生み出すもの」を作れば、日本の経済力をより強化できるわけですから、当然、収益も大きく上がります。

全く文句なしにその通りですね。
私はリニアは黒字でも現行新幹線は赤字になりまたぞろ第三セクターに売却してローカル線になると勘違いしてました。

両方が必ず儲かるなら、そりゃ 大急ぎで借金してでもするべきですね。

目からウロコの回答ありがとうございました

投稿日時 - 2012-03-20 19:02:00

ANo.10

儲かってるから貧乏人に金を渡せって。。。愚かなことを考えてますね

米アップルが10兆円ほど余剰資金を抱えてますから世界市民に還元しろって叫んでみたらどうですか?

>普通に考えて個人であれ企業であれ、鉄道を勝手に作れるはずは無いですよね。
>国の事業ですよね。
>私企業だから自社のリスクで作るというなら、国民の共有財産である国有地を売る時に猛烈に高い金額で売れば国庫に収益が入りますね。
国だってリニア建設賛成なのになんで妨害するのよ?

ま、国もJR東海も貴方個人の賛同など必要としてないですから、お好きなように反対してください。

投稿日時 - 2012-03-20 00:09:56

お礼

一昔前 これ以上高速道路は要らないってキャンペーンがありましたね。
今、高速道路は作るは、新幹線はバンバン作る、おまけに新幹線にダブってリニアー新幹線まで作る。

勿論お金に余裕があるならいいことですよ、私も賛成で日本の誇りですね。

でも、お金無いとか言ってなかったっけ・・
政治家やマスコミはしっかり選択肢を言わないといけないと思いませんか?

全国に新幹線をひく、高速道路をどんどん作る、リニアー新幹線を作る。
そして消費税を増税する案。

又は巨大公共事業をすこし後にずらせる、そのかわり増税を緩やかにする

そういう話が聞こえないんですよ。
金がない・・だから何が何でも増税・・・

投稿日時 - 2012-03-20 18:53:12

いまさら止めますとは言えないでしょう・・・

投稿日時 - 2012-03-19 20:33:24

お礼

そりゃそうだ・・・やめなくてもいいから・・ちょっと遅らせればいいのと思うんだけど

投稿日時 - 2012-03-19 21:59:03

ANo.8

#1です。
>都市近郊の大深度トンネルだから土地代タダなんて、買うより高いのでは?
>トンネルは山だから土地代いらないなんて工事費はどうなの?
工事費を心配されているようですが、リニア工事費についてはすでに回答で示したとおりです。それが間違っているとでも?。

>目の前に鉄道が通ると判っていて二束三文で土地を売る地主はいますか?
いくら「目の前に鉄道が通る。」といっても駅ができるわけではありませんから、利便性が増すわけでもなく、その土地が値上がりするわけがありません。
値上がりが心配されるのは駅が予定される周辺だけですが、各自治体はすでにそれを見込んで、土地取引(買い占め)などの規制をはじめていますよ。
ついでにいえば、リニアが通るルート上の山間部のかなりの部分は県有林とか国有地などの公有地です。
公有地はJR東海に売却されるでしょうが、相場以上の高値にはなりません。
また、現に山梨実験線では現在土地買収を行い延長工事をしていますが、土地が高騰したという話はありません。

>私企業というなら法律を作って他のJRもどうせ儲かっているならその会社にも払わせればどうでしょうか?
質問者様が支持するという橋下氏でもそんなことは大反対でしょう。(^^)。
それはまるで社会党や共産党の理屈です。
国内の「儲かっている企業」から税などで金を吸い上げようとすれば企業は皆国外に逃げてしまいます。それを防ぐためにどこの国でも法人税を下げる競争をしているのですから。

>JR東海を私企業としているのか、限りなく国営に近い企業と捉えておられるのか?
どうして「国営企業」なのでしょう?。JR東海の株式のうち国が保有していたものは今や全て売却され、国は株を保有していません。他のJR等と違って完全な民営企業です。

>私は根拠はありませんが 二線も持った場合、経費を考えると儲かるとはおもえないのです。
これは先の回答で示したとおり。東海道新幹線は処分される可能性が高い。

>大都市地下や国有地を通る鉄道が私企業であるわけは無いですよね。
これも先に回答したとおり。一定の深さ以上であれば、土地が誰のものであれ、法律で土地を買収せずともトンネルを掘ることができます。
また「大深度」といわずとも、都市の地下鉄は堂々と道路下や河川下(公有地)を通っていますよ。
たとえば東急田園都市線は国道246号線の下を通っていますが「東急は国営企業だ」とでもいうのですか?。

>普通に考えて個人であれ企業であれ、鉄道を勝手に作れるはずは無いですよね。
国の事業ですよね。
もちろん「勝手に作る」ことなどできません。鉄道事業は皆「認可制」になっているので、リニアについても「国がJRに建設許可(命令)をしている。」という仕組みです。
しかしだからといって「国の事業です。」ということにはならない。
たとえ近鉄が新規鉄道を建設するにしても許可は必要です。

さて、このサイトは問題を皆で議論する場ではありません。質問を立てて、その疑問に回答するという構造です。
質問者様の質問タイトルは「リニア新幹線は儲かるはずがないのになぜ作る? 」ですね。
つまり「作ることに賛成の理屈はどんなことか」を聞いているわけです。
今までの回答で、「なぜ作ろうとしているか」は充分に回答済みだと思います。
それに対して賛成だとか反対だとかを言うのはこのサイトの主旨ではありません。

投稿日時 - 2012-03-19 06:07:06

お礼

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2012-03-19 15:13:49

ANo.7

私企業であるJR東海が自社のリスク覚悟で作る。
それに対して、反対できるのは株主だけです。
反対したければ、過半数の株を持ちましょう。

投稿日時 - 2012-03-18 22:26:51

お礼

普通に考えて個人であれ企業であれ、鉄道を勝手に作れるはずは無いですよね。
国の事業ですよね。
私企業だから自社のリスクで作るというなら、国民の共有財産である国有地を売る時に猛烈に高い金額で売れば国庫に収益が入りますね。

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2012-03-18 23:59:58

ANo.6

>でも、反論できなければ作るのですか?
 根拠も何もなく、質問者が反対というだけで建設しないというにはあまりにも無責任ではないでしょうか?

>国に回してもらう方策を考えたらどうかと思うのです。
 政治的にも経済的にも一番愚かな方法だと思います。

 国とは関係ない一般企業に関して、税制の公正さを無視して特定の企業からお金を国に回すのも法治国家としてはあるまじき事です。
 JR東海からお金を無理や出させる法的根拠などありません

 また経済学的にみても不景気なときには投資をして経済を活性化させるのが普通なのに逆に投資を抑制するのは経済学の観点の観点からいって逆ではないのですか?

 老子の『授人以魚 不如授人以漁』つまり
 ・・・魚を与えれば一日で食べてしまうが、釣りを教えれば一生食べていける
 つまり、人間飢えたときに魚を与える『保護をする』のではなく、仕事『雇用生み出す』のが正しい政治なわけです。
 ですので景気が悪いときはどんどんお金をつかい好景をよくする
 穴を掘ってまた埋める、、そんな無駄なお金でも、雇用を生み出す、それは生活弱者にお金を配るよりりはるかに国の経済にとっていいのです。
 
 東北ではどんどん企業がつぶれて被災者は仕事がありません。そこに雇用がうまれるのですから良いことじゃないんですか?
 しかも税金ではなく、企業のお金ですからね

 被災者は一時金よりも毎日の仕事がほしいのが本音ですw

投稿日時 - 2012-03-18 21:48:51

お礼

なるほど・・そこまで賛成ですか・・ご意見はわかりました。
回答ありがとうございました

投稿日時 - 2012-03-18 22:29:12

総合的かつ長期的視点で物事をみんといかんと思うとります。

海外に売れるし
経済波及効果が抜群だと思います。(*^_^*)

投稿日時 - 2012-03-18 19:03:41

お礼

そうですね、日本の誇りでもあり技術的波及効果も大きいと思います。
ロケットなんかがそうでしょうね。

ほしいですけど・・・・
でも、でも、 東京大阪間に二本も新幹線ひく余裕があるのですか?
現在の乗車率は東京一極集中政策の弊害であり、人口減少の折、総いつまでも東京一極集中を続けている訳にはいかないとおもうんですよ

ちがうかなあ?
回答ありがとうございました

投稿日時 - 2012-03-18 22:12:15

ANo.4

リニアモーターカーはSFでは無く現実に存在します。(リニア新幹線は試験車両ですが)
UFOのように夢の空中浮遊では無くきちんとした理論と技術があります。

それからリニアで走る電車は既に日本でも外国でも実用化されて運用されいます。
東京でも大阪でも中国でも走っています。他にも沢山走っています。
※リニア新幹線とは方式は違います。

経済的に成り立つのかどうかはわかりません。
ただJR東海は成り立つと踏んでいるのでしょうね。

民営のJR東海自体で開業させるわけですから、実際に運用されて結果が出てから批判しても遅くは無いのでは無いですか。

投稿日時 - 2012-03-18 18:16:01

お礼

現在地下鉄の一部はリニアー方式かな? でも規模が違うでしょう。
一国の事業としてあまりにも大きく現在の日本の経済状況には分不相応では?
延期するには今しかないですよね、未曾有の大災害の今しか国を変えるのは。

公共事業をやりまくっていたら国がつぶれそうに思えます。

大都市地下や国有地を通る鉄道が私企業であるわけは無いですよね
経済的に利益が出るなら近鉄とか私鉄が連合を作ってでもやりたいかと思いますがそんな話は聞いたことが無いですね

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2012-03-18 22:22:56

ANo.3

まず「連続して東京から大阪まで土地を買う」というのは間違っています。
東京などの大都市近郊においては、いわゆる「大深度トンネル」を使用する予定ですが、この場合のような非常に深い部分は上の地主から土地を購入する必要はないということに法律でなっているのです。
したがって、そういう部分では土地代はタダです。
また、山梨県内などの山間部でもトンネルが主になりますが、この場合もトンネル部分のうち土地を購入しなければならないのは出入り口周辺だけで、地中深い部分は購入する必要はありません。地上部分となる地域はどこも「田舎」ばっかりですから土地代などは二束三文でいくら買っても知れている金額です。
線路として購入すべき土地は巾たったの20mほどですから、延長1km当たりでも面積は2万平米(=2ha)にしかなりませんから延長100kmとしてもたったの200ha。これはみつまたかぐらスキー場のコース面積程度です。

そんなことでリニアの東京名古屋間の総工費は5兆円と見積もられていますが、一方JR東海の収益は2011年度で1兆5000億円の営業収益。つまり総工費は売上高のたった4年分程度のことです。
営業収益ではなく営業利益(もうけ分)で考えても年間4000億円もあるのですから10年分程度ですね。
http://company.jr-central.co.jp/company/achievement/finance/highlights.html

民間企業ですからもちろんキャッシュフローを計算して、リニア営業開始後20年程度で元が取れる計算もできています。下記PDFの21~22ページあたり。
http://company.jr-central.co.jp/company/others/_pdf/info_16.pdf

この資料に、なぜリニアが必要かも述べられていますが、各地に空港が整備されたり高速道路網ができたりして、手をこまねいていれば鉄道利用者はどんどん競争相手に取られてしまう。東海道新幹線は騒音問題などからもうこれ以上のスピードアップはできず、列車の増発もできないほど混雑ダイヤです。またすでに老朽化が激しく、維持管理に費用がかかる一方。そこに東海地震でも起こったら目も当てられません。

おそらくJR東海としてはリニアができれば収支が悪化するであろう東海道新幹線は地元第三セクターにでも売却して処分してしまおうともくろんでいるかも知れません。
JR東日本だって西日本だって新しい新幹線ができれば並行在来線は処分してきたのですから。驚くような話でもないでしょう。

さらにJR東海は日本だけを市場として考えていません。すでに諸外国に新幹線やリニア技術を売り込み、新興国での鉄道網建設に乗り出しています。これは狭い日本国内よりも遙かに魅力的な市場と言えるでしょう。
そのためにはまず自国でリニアの営業を開始し、一定のノウハウを蓄積しておく必要があるのです。
決して中央新幹線だけで元を取ろうとかいう近視眼的発想ではないのです。

投稿日時 - 2012-03-18 16:00:38

お礼

都市近郊の大深度トンネルだから土地代タダなんて、買うより高いのでは?
トンネルは山だから土地代いらないなんて工事費はどうなの?
田舎の土地は二束三文・・そんな事真面目に思うのですか?
目の前に鉄道が通ると判っていて二束三文で土地を売る地主はいますか?

回答文の中段、JR東海がそんなに経済余力があるなら国の借金の一部を肩代わりしてもらうのはどうでしょうか、国有林の売却価格を上げるなどして・・・

回答者様はJR東海を私企業としているのか、限りなく国営に近い企業と捉えておられるのか?
私は後者だと思います。

東京一極集中の弊害で東海道が栄えていますが、一極集中も限度に来ていると思います。
夢のリニアーカーは ほしいですが、 そんな事言ってる時期でもなくしばらく後回しにしてくれないかなあ・・と 思うのですが 違いますか

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2012-03-18 19:26:52

ANo.2

まず質問の前提として
>どう考えても暴挙であり経済的にも成り立つはずがないと思います。
 の根拠を出してください。
 土地買収や敷設の費用など、具体的な金額を御願いします
 JR東海が出したリニア中央新幹線の建設費(東京―大阪間、中間駅を含む)は約9兆300億円の根拠を否定できる物です

まず
>高速道路でさえ費用がかかりすぎ採算が取れないと言われます。
 といってすが、これは地方の高速に関してです。東海道の高速である東名、名神は巨大な利益をだしてます。

 事実と異なる事例をし、なおかつ具体的な反論となる物もなしではまるっきり説得力がありません。
 第一『JR東海』は国営ではなく一般企業であり税金は投入されていません。それを増税などまるっきり関係ない話になるのは意味がわかりません

投稿日時 - 2012-03-18 15:33:14

お礼

私は「暴挙と思う」根拠は言えません、
>土地買収や敷設の費用など、具体的な金額を御願いします
出来ません、わかりません

でも、反論できなければ作るのですか?
今までこの手の論拠でいかに多くの間違いを犯してきた事か。

原発は安全とか原発推進もその手の論理で行われてきたのではないですか

私は原発は賛成であり、イデオロギー論争なんかしていないのです。
ごく普通の一般人で、日の丸、君が代を愛し、橋下市長を支持する市民です。

そりゃ大阪にリニアはほしいです。

私の疑問は、今の日本にリニアなんか作っている余裕があるのか?
と思うのです。
そんな巨額のお金が日本のどこかに眠っているなら、私企業であれ、個人であれ、この国難の時、不要不急のものはしばらく後回しにして、国に回してもらう方策を考えたらどうかと思うのです。

今の増税法案はどんなに苦しい生活をしている人にも、国の財政に協力させる法案ですよ、
それを考えたら・・巨大公共事業の是非を論じるのはしごく当たり前だと思うのですが・・違うかなあ?
回答ありがとうございました

投稿日時 - 2012-03-18 19:10:53

人類を月に送っても儲かるわけじゃないけれど、なぜかそれから派生した技術が沢山あるらしいですね。
テフロン加工のフライパンなどもアポロ計画から派生技術だと聞いたことがあります。

既存の東海道新幹線が農地を潰して建設されたのと比べると、計画中のJR東海のリニア新幹線は、ほとんどが国有林などの山の地中を掘り進むトンネル新幹線なので、地下鉄と同様、用地買収費よりも工事費がかかる様に思えます。
つまり、「地主を潤す土地買収プロジェクト」と言うよりも、青函トンネル工事などと同様の国土の価値向上プロジェクトと考える方が妥当。ですから、だれがその借金を返すかという問題は残るにせよ、日本の将来価値を増大するモノと考えてよいじゃないでしょうか。
しかも、本州四国連絡橋の様に、日本海沿岸の6県が全部潤うなどという、ばらまき政治決着ではないので、最悪の公共工事というほどではない。

鉄道としては、時速250-300キロぐらいの接触型動輪駆動で、ロスアンジェルス-サンフランシスコ間を結ぶとか、ボストン―ニューヨーク間を結ぶ方が、よっぽど人々のためになり、事業採算性も高いと思われます。
が、やはり名古屋の会社がいきなりアメリカでビジネスするリスクは高いし、リスク対応能力も備えていないだろうから、やりなれたこの島の中で次世代の時術者養成をも加味したプロジェクトを選択するのは自然じゃないかと思いますね。

投稿日時 - 2012-03-18 15:28:02

お礼

最初にお断りしておきますが私も日本でリニアーが走り新幹線技術が進歩するのは素晴らしいことであり日本の誇りだと思います。

でも一方で連日国会では、金がない増税だ借金大国だ、世界一の貧乏国のように言われます。

リニアや高速道路等はアフリカなどの新興国では国家プロジェクトでも出来ない程、大事業であり国レベルの公共事業だと思います。

それを一企業がいとも簡単にやってしまうとはなんという金持ち国なのか?
鉄道がないならまだしも今現在、世界一の新幹線を世界一の規模でうんこうしているにも関わらず、だぶってまた作る、
そりゃ、作る理屈をつければ山ほどあるでしょうし作らない理屈もいくらでもあるでしょう。

そんなに金があるなら国の借金を一部肩代わりしてもらってはどうでしょうか?
私企業というなら法律を作って他のJRもどうせ儲かっているならその会社にも払わせればどうでしょうか?
タバコなんか 色々な屁理屈をつけて倍々で増税されています。
JR税とか乗車税とか・・

大体なぜ私企業が国有地を使えるのですか?
鉄道ってそんなに儲かるのですか?

回答者様 本当に将来のリニアーは儲かると思いますか?
私は根拠はありませんが 二線も持った場合、経費を考えると儲かるとはおもえないのです。

夢としてはほしいですよね、、将来の税負担になっていくのではないかなあ。
回答ありがとうございました

投稿日時 - 2012-03-18 18:50:22

あなたにオススメの質問