みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

回転性のめまいが再発してしまいました【涙】

去年の夏めまいがひどく、起き上がれなくなりどうしようもなくなってしまい救急車をよび運ばれた事があります。救急隊員さんに運んでもらった時に嘔吐してしまうほどでした。

先週から風邪で発熱があり寝ていたところ、また「回転性のめまい」の症状が現れたのですぐに耳鼻科(去年お世話になった町医者)に行き薬を処方していただきました。
セファドールとメリスロンという薬です。

めまいの改善策や予防策ありますか?持病になったら嫌だし・・・この先も同じ事があると。。。
結局、今回の診断も体調不良からきているめまいでした。
診断から3日目でやっとパソコンに向かい投稿させていただいています。
お医者さんに行った時に聞いてみましたが、体調をくずしていたからめまいがあらわれたとの事でした。熱も風邪も完治しているのにめまいだけがまだ少し残っていて気分がすぐれません(涙)
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-03-05 16:49:07

QNo.7344171

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

めまいの原因は風邪を引いたり体調を崩したからではなく、めまいを発症する前の生活にあります。風邪を引いてしまうような生活ですが、例えば睡眠不足が続いていた、夜更かしが多い、過労気味で疲れが抜けないなど心や体のストレスに質問者さんの体が適応できなくなって発症するのです。
具体的にはストレスで過剰となった顆粒球が三半規管の組織を壊してしまったためです。壊れた組織の修復には大量の血液が必要です。体は自ら内耳に血液を送り込んで修復しようとしますが、この時にめまいを感じることになります。めまい(や耳鳴り)は悪くなってるのではなく体の治癒反応です。薬で症状を抑えることは治癒反応を阻害しますので病気そのものは治ることはなく、薬の効果が低下したりストレスに耐えきれなくなるとまたもや同じ症状を繰り返すことになります。
めまいの改善や予防には生活を振り返って何がストレスになってるのか気づく必要があります。できるだけ心身を休めまた頭部への血流を確保するために日頃から特に首や腕など上半身の運動を欠かさないようにすることも大切です。

原因のストレスを見極め質問者さんの体が適応できるまでにストレスを軽減することが本来の原因治療です。お分かりだと思いますが、めまいを発症しても相変わらず同じ生活を続けるならば治すことは難しくなります。

投稿日時 - 2012-03-06 11:43:48

ANo.3

回転性のめまいって聞いて、まず思いついたのはメニエール病なんですが、
耳鼻科で聴力検査はしませんでしたか?
普通2種類の聴力検査をすると思います。
私自身(専門外ですが)医療従事者及びメニエール病経験者です。
私はひどい耳鳴りと圧迫感・難聴でした。
最初受診した病院では原因不明と言われ副腎皮質の内服薬を出されホルモンバランスがおかしくなりました。
違う病院に行ったらメニエール病と診断され
内服治療を2ヶ月くらいして、やっと良くなりましたが、治療終了後半年くらいで回転性のめまいに襲われました。
ただメニエール病のめまいは暗い静かな場所で楽な格好で休めば良いと知っていたので、
10分くらいで楽になりました。
質問者さまは、めまいが出た時、聞こえずらいことはありませんでしたか?
もしあってメニエール病だとするとめまいを繰り返すうちに難聴は進行します。
めまいに対しての治療としては基本的に内服治療ですが、内服薬で効果がない場合は手術もあります。
私がメニエール病になってから1年半経ちますが、ストレスえを感じると未だに耳鳴りがします。
めまいは2回だけでした。
質問者さまも、めまい以外に耳の症状があれば受診する耳鼻科を変えて先生に聞いてみてください。

投稿日時 - 2012-03-05 21:37:04

ANo.2

耳石(じせき)が原因ということはありませんか?
だとしたら、こちら↓が参考になるかもしれません。お大事に。
http://shitamachi.info/tag-%E8%80%B3%E7%9F%B3.html

投稿日時 - 2012-03-05 20:13:01

大変にきつい書き方しますが、現実そのもののことです。
体調不良が原因だとは思えません。
もう既に、慢性難聴の時期になった為に、めまいから再発したに過ぎません。
完治することは、生涯に渡って皆無かと思いますし、どんな治療や投薬をしたとしても無理かなぁと。
◎もう既に完治できる期間は、とっくに過ぎ去っておりますので。発症日から2週間以内に完治できなければ、生涯に渡って、難聴の症状が繰返し、もしくは、突然に悪化した状態で現れることが継続します。
◎現在の医療技術や薬の開発は進んでおりますが、難聴に関するものは、発症から2週間以内限定での治療方法や投薬しか開発されておりませんので、完治することは先ずありません、質問者自身の場合には。
○数日後や数ヵ月後などには、耳の聞こえが突如か、段々に悪化の一途を辿ることになることも。

投稿日時 - 2012-03-05 16:57:45

あなたにオススメの質問