みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

忘れてはならない事

今週末で東日本大震災から1年が経ちます。

被災地では未だに復興の目途がたたない所もあると聞きます。

一日も早い復興を願って止みません。それと同時に故郷を離れてまた家族と離れての生活を余儀なくされていらっしゃる被災者の皆様にお見舞い申し上げます。

日本医師会は3月1日付けで、NHK・民放キー局・民放連・放送倫理・番組向上機構に、東日本大震災の被災者に精神的苦痛を与えるとして「津波の映像を可能な限り自粛するよう」申し入れる文章を送付した。

文章では「被災地での医療関係者の活動を通じて、住民は震災の耐え難い記憶が心に刻まれている」などとしている。

おそらくは、今週末から日曜日(震災当日)にかけて震災関係及び防災関係の特番が目白押しに放映されると思います。

日本医師会の申し入れもわかりますが、事実を後世に語り継ぐ足がかりの一つとして実際の映像及び被災された方の生の声や今もなお強いられている生活環境などを多くの人たちに知ってもらう事になると思うのです。

皆さんの率直な意見を書き込んでください。

投稿日時 - 2012-03-05 12:58:42

QNo.7343819

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

2011年3月11日午後2時46分。

この数字を日本人は忘れてはなりません。そして事実は後世に永遠に伝えるべきであります。これはメディアで取り上げなければなりません。医師会の言う事も理解できます。できますが、語り継ぐべき災害であり、何より大切なのは、以後、その教訓を生かさなければなりません。被災された皆さんには本当にこれから11日までは辛い話になると思います。しかし、長い目で見た場合、「事実の映像」を流すのは大切な事であると考えます。

1)1995年1月17日午前5時46分 = 阪神淡路大震災

2)1985年8月12日18時56分 = 日航ジャンボ機墜落事故

3)1945年8月6日午前8時15分 = 広島県原子爆弾投下

4)1945年8月9日午前11時02分 = 長崎県原子爆弾投下

5)2005年4月25日午前9時18分 = JR福知山線快速列車脱線事故

6)1945年3月10日 = 東京大空襲

7)2001年9月11日 = アメリカ同時多発テロ

8)1989年1月7日午前6時33分 = 昭和天皇崩御

これらは、我々日本人は決して忘れてはならない出来事と数字です。

投稿日時 - 2012-03-07 21:43:49

お礼

回答ありがとうございました。

また、詳細な日時・出来事の書き込みありがとうございます。

書き込み頂いた出来事の他に
1 2004年10月23日17時56分に新潟県中越地方においてM6.8の地震が発生。(新潟中越沖地震)

2 1923年(大正12年)9月1日11時58分32秒(以下日本時間)、神奈川県相模湾北西沖80km(北緯35.1度、東経139.5度)を震源として発生したマグニチュード7.9の大正関東地震による地震災害である。(関東大震災)(のちの1960年9月に9月1日を防災の日に制定)

3 1993年(平成5年)7月12日午後10時17分12秒、北海道奥尻郡奥尻町北方沖の日本海海底で発生した地震である。マグニチュードは7.8、推定震度6(烈震) (北海道南西沖地震)

4 1991年(平成3年)6月3日午後4時8分に発生した火砕流 (長崎雲仙普賢岳の火砕流)

等々、天災を抜粋しましたが後世に語り継がなければならない出来事は沢山ありますよね?

投稿日時 - 2012-03-07 23:05:51

ANo.3

こんにちは。被災地に住んでるものです。
被災地住民の立場としての意見として。

うちの地域の各書店では、震災・津波を映像として記録した書籍やDVDが飛ぶように売れています。書店に山積みとなって入荷したと思ったら、その2~3日後にはわずか数冊(数本)しか残っていない、というほどに。

もちろん、それを買う人の中には津波で家や財産を流されてしまった方も多いことでしょう。それでもそれを求めるのは、やはり、「津波が来たときの状況を映像で知りたい」とか、「後世のために記録映像を保存したい」などの目的ではないでしょうか。

実際の被災地住民でさえもそうなのですから、質問者様のおっしゃる意見は決して間違ってはいないと思います。

ただ、確かに震災時の恐怖による精神的苦痛(いわゆる「トラウマ」)を抱えている方もいるものまた事実。
でも、そういう方は、単純に言ってしまえばそういう映像を見なければいいだけの話ではないでしょうか?テレビでそういう映像が流れたらチャンネルを変えるとか・・

その日本医師会の意見を鵜呑みにして、すべてを自粛するのはいかがなものか、と思いますね。

逆に、被災地住民の立場としては、映像などでより多くの方々に被災状況を知ってもらいたいです。
「こんなに大変な状況でも私たち被災地住民は頑張っているんだよ」ということを理解していただけると幸いです。

投稿日時 - 2012-03-05 16:34:38

お礼

回答ありがとうございました。

まずは、お見舞い申し上げます。

確かに、私は去年のゴールデンウィークに復興ボランティアで宮城県の岩沼・名取・南三陸へ非力ながらお手伝いにお邪魔していましたが、ある書店に立ち寄った時に震災関連の写真雑誌が何冊か置いてあったのですが瞬く間に売れていくのを見ました。その時はボランティアで来ている人たちが買っているのだと思っていましたが、以外にも地元の方だったのですね?

私が思うには映像中心に番組を作るのではなく被災された方たちの生の声(語り部)を中心にした方が後世に伝えるには最善だと思います。

実際に私がお邪魔している時に地元の方に話を聞くとテレビや新聞では見聞き出来なかった部分が多く驚かされる事が多々ありました。

トラウマを抱えている方には一日も早く克服してほしいと思います。

まだまだ厳しい状況が続くと思いますが負けないで頑張って下さい。

投稿日時 - 2012-03-06 05:25:12

ANo.2

 医師からとかより、被災された方達に聞いてからの方が確かでしょう。

 ただ、被災していない人達にもう一度考えて欲しい為にも見せるべきです。どうも放射能がどうのと、こればっかりになってしまっているので。地震や津波での被害があること、まだ立ち直るのに時間がかかることなど伝えるべきでしょう。

 それと、どうしても被災を受けた人達も見ないままとは行かないです。受け止める力も必要とします。それをささえる力も必要とします。
 発生時に報道されなかった地域などもあります。マスコミが出来る限り多くの地域からの情報を伝えるのも大切でしょう。見放されているという感覚を無くすためにも。

投稿日時 - 2012-03-05 14:26:44

お礼

回答ありがとうございました。

確かに、最近では福島の原発関連ばかりで地震での被害や津波による被害からの復興状況などはないがしろにされている感があります。

先日、仙台市内で津波で流された写真などの修復された物の展示会が行われていたみたいですが、そのような被災された方たちに元気を与えられるような事をどんどん放送や案内をしてほしいと思います。

おそらく、週末は震災関連の番組ばかりだと思いますが、内容は実際の映像も大切だと思いますが、被災された方たちの生の声の特集をすれば実際にインタビューに答えるのは番組の趣旨を理解された方が行えば良いと思うんですがね?

被災された方への考慮として放送前にテロップや司会者が注意を促す方法は以前から行われているので更に改善をした方法で行えばと思うのですが。

投稿日時 - 2012-03-06 05:08:08

ANo.1

これは質問なのか?という疑念を持ちつつ

記録に止め折に触れてその記録を振り返ることは、甚大な被害を繰り返さないためにも必要なことです。
「津波てんでこ」という教えが伝わり兎にも角にも避難を優先した地域では、児童生徒の死者が無かったのに比べ、避難する時間的余裕があったのに判断が遅れて多数の子供たちが亡くなった地域もあります。

一方で、思い出すのも嫌だ、いつも頭に浮かんで夜眠れない、という方々がいるのも事実。

双方に対する配慮が必要ではないか?

たとえば、番組予告や雑誌の表紙など否応無く目に触れる可能性のあるシーンでは、極端な映像や画像を用いない。
本編に入る前には被災者に配慮した告知をすることで、触れたくない人がテレビを消すなり、冊子を開かないなどの防衛策を取れるような余裕を持たせる。


否応無く浴びせられる必要は無く、妥当な方法や場所で必要な情報を得られる環境とすべきと考える。

投稿日時 - 2012-03-05 13:49:25

お礼

回答ありがとうございました。

これは質問なのか?という疑念を持ちつつとありますが、各個人が疑問に思った事・判らない事・不思議に思う事を第三者に問いかける事を質問だと私は解釈をしており、今回の日本医師会の各放送メディアに対する要求・要望も判らなくは無いが現実を見つめて被災された多くの方が今も不自由な生活を余儀なくされている事を一人でも多くの人に知ってもらって後世に伝える為には事実を放送する事も大事である。

しかし、双方の目的を同時に遂行する事は難しく思われますよね?という疑問が私にはありましたので投稿させていただきました。

回答いただいた、本編に入る前には被災者への配慮した告知は今まで何度となく震災関連の番組が放映されていますが、その都度開始前及び映像放映前にテロップや司会者などから告知にて案内がされていましたよね?

にも関わらず今回のような要請があるという事は対策としては妥当では無かったて事ですよね?
そこも疑問に思っている次第です。

投稿日時 - 2012-03-06 04:38:13

あなたにオススメの質問