みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

代表取締役の自己破産と会社整理

2社(A有限会社、B株式会社)の代表取締役をしております。
自己負債額:8千万円
配偶者負債額:1億5千万円
A社:資本金300万円
   負債額約6千万円
   自分が一人株主で一人取締役。
B社:資本金1800万円
   取締役は、自分と配偶者の2名。
   定款で2名以上の取締役。(取締役非設置会社)
   負債額約100万円
   子供3人に昨年初めに株式譲渡。

私と配偶者の自己破産とA社の破産を考えています。
B社は破産させずに残したいと思ってます。
その理由として、(1)友人が連帯保証で借入残60万円ほどある。
          (2)親類の紹介で銀行から借入残がある。(親類は銀行元役員)
これらの事から、友人と親類に迷惑をかけたくない。

A社の負債と私の負債は、配偶者が友人と共同経営した会社が倒産し
当時の連帯保証及びその会社への貸付金等から発生しました。


B社を法人として残すことは出来るでしょうか。
どなたか、教えてください。

投稿日時 - 2012-02-18 08:39:36

QNo.7312019

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

法人は、個人とは別人格ですので、会社自体が不渡り等を出さない限りは

存続はできると思います。

ただ破産者が、役員をすることは、会社の経営上もできないと考えます。

銀行からの借り入れをする場合とか、保証人は代表取締役がなったりしますが、

破産者は、保証人にはなれません。従って、役員職を誰か他の人にしていただ

かないといけないのではないでしょうか。

投稿日時 - 2012-02-18 08:50:01

お礼

有難うございました。

投稿日時 - 2012-02-19 07:03:19

あなたにオススメの質問