みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

転職後の健康保険について

1/31に退職をして、2/1から新しい会社に就職しました。
転職先では健康保険に入っていないため、任意継続保険か国民健康保険に加入する必要があります。
退職した会社の収入は転職先の2倍以上で、任意継続保険にする場合の保険料の算出方法を
確認したところH23の4,5,6月の月収の平均に基づいているということでした。
国民健康保険の場合、今年の3月までに加入した場合H22の収入を平均した額に基づいて算出し、4月以降であればH23の収入を平均した額に基づくということでした。
どちらにしても以前の会社の収入に基づいて算出されるため、保険料は結構高めに感じられました。。
ただ、H22のほうがH23よりも年収は多かったため、今国民健康保険に加入するのは損をするように思います。
複雑でだんだん分からなくなってしまいました。。
どのようにするのがベストか教えて頂きたいです。

任意継続保険に加入する場合の振込み期限が迫っているため、急いでいます。

投稿日時 - 2012-02-15 13:47:09

QNo.7306528

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>H22の年収:約680
H23の年収:約580
住民票のあるところ:八王子市

平成22年の年収が680万とすると所得が492万でこれから基礎控除を引いて459万
「医療分」
(所得割)
459万円×4.3%=19.737万円
ということで197370円
(均等割)
22400円
所得割と均等割を併せて医療分が
197370円+22400円=219770円

「支援分」
(所得割)
459万×1.1%=5.049万円
ということで50490円
(均等割)
5200円
所得割と均等割を併せて支援分が
50490円+5200円=55690円

「介護分」
(所得割)
459万×1.2%=5.508万
ということで55080円
(均等割)
8000円
所得割と均等割を併せて介護分が
55080円+8000円=63080円

質問者の方が40歳未満であれば
219770円+55690円=275460円
質問者の方が40歳以上であれば
219770円+55690円+63080円=338540円
これが平成23年度(平成23年4月~平成24年3月)の年間保険料です。

月額はこの12分の1なので
質問者の方が40歳未満であれば
275460円÷12=22955円
質問者の方が40歳以上であれば
338540円÷12=28211円
これが平成24年の2月と3月の月間保険料です。


>H22の年収:約680
H23の年収:約580
住民票のあるところ:八王子市

平成23年の年収が580万とすると所得が410万でこれから基礎控除を引いて377万
「医療分」
(所得割)
377万円×4.3%=16.211万円
ということで162110円
(均等割)
22400円
所得割と均等割を併せて医療分が
162110円+22400円=184510円

「支援分」
(所得割)
377万×1.1%=4.147万円
ということで41470円
(均等割)
5200円
所得割と均等割を併せて支援分が
41470円+5200円=46670円

「介護分」
(所得割)
377万×1.2%=4.524万
ということで45240円
(均等割)
8000円
所得割と均等割を併せて介護分が
45240円+8000円=53240円

質問者の方が40歳未満であれば
184510円+46670円=231180円
質問者の方が40歳以上であれば
164510円+46670円+53240円=284420円
これが平成24年度(平成24年4月~平成25年3月)の年間保険料です。

月額はこの12分の1なので
質問者の方が40歳未満であれば
231180円÷12=19265円
質問者の方が40歳以上であれば
284420円÷12=23701円
これが平成24年の4月から平成25年の3月の月間保険料です。

ただし実際の支払は4月~6月はありません、そして7月から翌年の3月の9回に分けて年間の保険料を支払います。
ですから
質問者の方が40歳未満であれば
231180円÷9=25686円
質問者の方が40歳以上であれば
284420円÷9=31602円
を平成24年の7月から平成25年の3月に9回に分けて支払うようになります。
つまり4月~6月に払わなかった分が他の月に上乗せされるということです。
ですから1か月分としては19265円や23701円ですが実際に払う金額は25686円や31602円になるということです。
そのため国民健康保険の場合は誤解を招かないように何月分と言う言い方をせずに何期分と言う言い方をします。
またこの計算では端数は切り捨てましたが、実際の計算では端数は7月の第1期分に上乗せされるので、第1期分だけは他の期より若干多いかもしれません。

投稿日時 - 2012-02-15 16:56:19

補足

額をみて驚いたのですが、任意継続だと42000円です。
どちらにしても国保の二倍かそれ以上ということですよね!!
国保にしようと思います、ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-02-15 21:18:21

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-03-07 14:36:08

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

>額をみて驚いたのですが、任意継続だと42000円です。

月額ですか?
高額ですね。
任意継続の場合は上限があるのであまり高額にはならないはずですが。
協会けんぽですと上限は標準報酬月額が28万で保険料率が約10%ですから、月額約28000円が上限ですが。
そういう上限が高い設定の組合健保もあるのかもしれませんが・・・。

投稿日時 - 2012-02-16 00:12:56

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-03-07 14:36:14

ANo.3

確かにややこしいのですよね。

計算できる数字が無いので
確かなことは言えませんが…

任意継続は今しか出来ませんが…

解約するのは何時でも出来ます。

計算が出来ない以上
先ずは任意継続して

その後じっくり考えて
区役所なりで計算して貰って

判断したら良いと思います。


ですが収入が半分に成ったとの事。

来年は国民~の方が安いと思いますが…

今年は同じか高い可能も…


先ずは継続の手続きを
された方が無難だと思います。


余談ですが…
教員系だったりするなら
高くても継続をお薦めします

投稿日時 - 2012-02-15 14:45:36

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-03-07 14:36:20

ANo.2

>転職先では健康保険に入っていないため

そもそもそれは違法で、それを承知でやっているなら相当ブラックな会社と言うことになります。

>どちらにしても以前の会社の収入に基づいて算出されるため、保険料は結構高めに感じられました。。

会社で社会保険に加入していれば保険料は労使折半で会社が半額負担ですが、そうでなければ個人で全額負担ですから高いのは当然。
逆に言えば会社は会社負担分の半額が儲かるので、違法だろうが法律なんぞクソ食らえでやってしまうということでしょう。

>ただ、H22のほうがH23よりも年収は多かったため、今国民健康保険に加入するのは損をするように思います。

損得ではなく何らかの保険に加入しなければなりません、日本は国民皆保険ですから。

>どのようにするのがベストか教えて頂きたいです。

下記のように保険料や給付を考えてどちらかを選ぶしかありません。

http://www.h2.dion.ne.jp/~chimaki/ws/pan/ken_a.htm

国民健康保険の保険料ははっきり言ってわかりません。
なぜかというと国民健康保険の保険料は、自治体によって基礎になる金額やその計算方法がバラバラだからです。
例えば下記をご覧下さい。

http://www.canon-igs.org/column/macroeconomics/20100512_247.html

そこにあるように全国の国民健康保険料の地域差は5倍を超えています。
ここでもよく国民健康保険の保険料の質問があって、ズバリ数字を答える回答なども見かけますが、はっきり言ってそういうものを質問者側が信じると後でひどい目にあうと言うことは、上記の5倍の格差を見てもお分かりになると思います(それでも根拠のない金額を示す回答を鵜呑みにして、あとから金額が違うと再質問する人が多いですが)。
ですから無責任な回答をしたくないと思うと、正解はわからないと言うことになるのです。
ただどうしても知りたければ前年の所得と市区町村レベルまでどこにお住まいか書いていただければ相当正確にわかると思いますが、そういう個人情報まで書きたくないという方が多いので、そうなると市区町村の役所に聞いてくださいとしか言えません。

国民健康保険の保険料は皆さんおおよそでもとよく言うのですがその心理として「どうせ違ったって1万か2万の差だろうおおよそでもかまわない」ということでしょうが、どっこい上記のように5倍も違うことがあるのです。
ここで例えば2万と言う回答を得てその気でいて、実は蓋を開けたら10万だったとして単なる誤差のうちとして納得できますかということです。

ですから平成22年と23年の年収と住んでいる市区町村を書けば計算は可能ですが、個人情報だからイヤだというなら役所に聞くしかないですね、二者択一ですどちらを選択するかは質問者の方次第です。

投稿日時 - 2012-02-15 14:25:41

補足

回答ありがとうございます。
下記でおおよそは算出可能でしょうか?
H22の年収:約680
H23の年収:約580
住民票のあるところ:八王子市

よろしくお願い致します!

投稿日時 - 2012-02-15 14:45:21

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-03-07 14:36:28

ANo.1

具体的に額を計算して安い方。

4月以降に国保に加入してもそれ以前の分も未払いになるだけで徴収されますから、どちらも未加入が最悪の選択です。

投稿日時 - 2012-02-15 14:02:25

補足

回答有難うございます。
具体的に額を計算する、というのは国民保険は区役所や市役所にいって計算してもらう形になるのでしょうか?
そうなると、近日中に行くことは不可能なので算出することができないのです、、、

投稿日時 - 2012-02-15 14:08:18

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-03-07 14:36:33

あなたにオススメの質問