みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

高校の存在意義

難関大学の学生には、稀に高卒認定試験合格者が居ます。どう思いますか?

彼らのイキイキとした笑顔を見ると、高校の存在意義が疑わしいです。高認試験はマークテストですが、これにパスすれば大学受験資格が得られます。ウザイ授業を3年も受けて定期試験を何度も合格して単位を沢山取って卒業するよりも、高認合格は早くて簡単です。

しかし、中学生に対して、大抵の親や中学校の教師は高校進学を勧めます。事実、高卒者と高卒認定合格者の人数を比べれば、前者の圧勝です。高卒認定試験の方が手っ取り早いと思うのですが、何故わざわざ面倒な方法を中学生やその親は選ぶのでしょう?高校に比べりゃ知名度は劣るものの、大検や高卒認定試験の存在を知っていますよね?無知で損するなら分かりますが、試験制度の存在を知っていながら損な方法で大学受験資格を得ようとするなんて、馬鹿らしいのでは?生徒や親は、高校に何を求めているのでしょう。単位認定だったり、高卒の学歴ですよね?それ以外にも、部活動などの要求もあるでしょうが、勉強一筋生徒の求める教育が高校で充実しているでしょうか?

特に私立の難関大学を目指しているなら、絶対に高認を選ぶべきです。これで受験3科目に絞って勉強できるので、高校に通うよりは効果的な勉強になります。高校では、鉄棒や刺繍や油絵デッサンが行われます。また、文系なのに物理を習わされたり、理系なのに日本史を習わされます。これでは慶應を目指しても落ちます(例外的に受かっても偶然の少数です)。慶應受験は厳しい競争です。慶應合格者の大多数は、受験科目に集中して勉強を頑張った人です。慶應を目指す高校生に問いたい、「高認からの慶應合格」と「卒業後の慶應落第」のどちらが良いかのかを。そして、「高認からの慶應合格者の学力」と「卒業後の慶應落第の学力」のどちらを周囲は評価するかを考えて欲しいです。

高校卒業に対して、大検や高認が劣るのなら、高認合格者の笑顔は偽物でしょうか?彼らの笑顔や学力や人間性は本物だと、私は思います。

投稿日時 - 2012-01-21 20:01:22

QNo.7258271

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

>中学生に対して、大抵の親や中学校の教師は高校進学を勧めます

当たり前でしょう。

あなたは受験科目だけに絞ってあとは切り捨てた方が効率が良くて有利だと、どうしてそうしないのかを聞いているのだと思いますが、
世間の親で、子供に「難関大学に合格してほしい」と本気で願う親ってどれくらいいるのでしょう?
更に、高校に行かないとなると、サポート校や予備校の必要も出てくるでしょう。公立高校に行かせるほうがよほど安くつきますし、厄介じゃないですよ。
自宅浪人などされると、邪魔というか、鬱陶しいというか、生活態度も目を光らせないといけないですし、お昼の食事も心配してやらないといけなくなります。
はっきり言って、学校に行ってくれることが、どれだけ楽ちんなことか。
何しろ未成年ですから、親の監督の下ということがあるのです。保護者としての責任問題ですね。
学校に行ってくれさえしたら、その間は安心しておれますよ。安心して働きにも出れますし、奥さん同士で好きなこともできます。

学校という所はね、教育機関でもあるのですが、
親が安心してその時間、子の育児、教育から離れることが出来る時間を保障してくれている機関、制度でもあるのです。(言い方を変えれば、小、中学校は、子守をただで任せれる、有難い所です)
高校は義務教育ではないですが、小中の義務教育がなくなって、毎日家におられたら、どこの家庭もパニックですよ。その延長で、あと、高校3年間も、行ってくれものだと思ってますからねぇ。。。

高認で慶応>普通にマーチ
  
そう思ってらっしゃるなら、
いえいえ、親から見れば、

普通にマーチ>>高認、慶応

こういうことになるんですよ。
それと、大学進学を考えてない家庭だって山ほどいますから。

高校の存在意義
:8時から4時まで。部活をしたら更に2,3時間。子供がどこで何をしてるか心配しなくていい、という親にとっての「意義」もお忘れなく。親はスポンサーですよ。

投稿日時 - 2012-01-23 15:50:52

ANo.5

>難関大学の学生には、稀に高卒認定試験合格者が居ます。どう思いますか?

難関大学ってどこを意味するんか知らんが、つまり、偏差値の高い大学ってこと?
私見だが、僕は、私立大学で、偏差値の高い所があることは知ってるが、難関大学とは思ってない。
指定校推薦がある大学が、難関大なんて、片腹痛い。

高認合格者については、よう頑張ったな、かな。それ以上の意味づけが必要なんだろうか?

>彼らのイキイキとした笑顔を見ると、高校の存在意義が疑わしいです。

高認組にとってはそうなんだろうね。
しかし、普通に高校に行って、イキイキ笑顔もごまんとおるんだわな。
どっちの笑顔がいいかなんて、他人が不遜に言うことじゃないだろう。

それと、高校の存在意義がどう関係あるんだ?

疑わしいと思えば、行かなきゃいいんだわ。
行きたくて行ってる者も多いんじゃないかな。やめる方が少ないってことは、そういうことじゃないかね?

本当に、意義がないと思ったら、廃れるはず。
近年、短大が廃止したり、倒産したりしてる。きっと意義がないんだろうね。
高校もそうなるかどうか?
今の所、一部の私立と、少なくない専門高校(職業高校)がヤバイ状態になってるから、そうなんだろうね。

で?

>高校卒業に対して、大検や高認が劣るのなら、高認合格者の笑顔は偽物でしょうか?彼らの笑顔や学力や人間性は本物だと、私は思います。

聞きたいことはここ?
どっちでも、合格者は嬉しいだろ? 本物も偽者もないだろ?

学力や人間性は本物かどうか?
→んなこと、誰が簡単に言えるものか。一生かけて本物になっていくのが、人間だろう?たかだか、18や19で、本物かどうかなんて、片腹痛いわ。

最後に聞く。
君はその、高認での慶応合格なのかね?
君は君で、自分の選択に誇りを持てばいい。しかし、人の人生まで、口を挟むなよ。
それがいえるほど、人生、生きているとは思えんよ。

投稿日時 - 2012-01-22 22:37:24

色々思うところがあるので、ランダムな回答になることをお許しください。

まず、質問を読んだ感想ですが、
・よっぽど高校が嫌いだった人か、合わなかったのかな?
・不登校の人ってやっぱりこういう感じの人なのかな?
・私立の文系って、こういう考えを持ちやすいのかな?

というのは、
15歳から18歳までの期間にしたいこと、ほしいもの、目標が大学合格「だけ」って、「そんなぁ~ヒドイ!」の一言です。
慶応合格と引き換えに、高校生活の全てを捨てるなんて、私は嫌ですよ。
というか、高校生活を楽しみながら、慶応合格も目指せばいいんじゃない?
それじゃぁ合格できないから、そういう場合、あなたは、
「それなりに楽しい高校生活と慶応未満の大学」と「高認での慶応合格」と二択でどっちをとりますか?
という問いかけなんでしょうか?

その二択に答える前に、私の高校時代のこと書きます。
私は、地方出身です。小さな県で、高校のレベルもそれほどではないです。一応、県ではトップレベルですが、都会の進学校と比べると全然進学校らしくないです。
そういう意味では、受験には有利とはいえないし、だから、県外の中高一貫の私立に行く人も少数います。お金のある家だけしかできないですけどね。
それで、部活も活発な学校でしたから、部活命!の子もいたり、帰宅部でがり勉もいたり、色んな人がいました。私も部活命!の方だったかな?
体育祭、文化祭、球技大会、打ち上げやクラスコンパ、楽しかったけどな。準備で大変大変と騒いでいたけど、それなりに楽しかったですよ。
部活帰りに友達とだべったり、テスト期間で部活停止になると、普段付き合えない分、部活以外の人とつるんだり、、、、だから、成績がイマイチ(ポカッ!)

受験科目以外でも、面白い教科もあるし、古典なんかあそこで出会わなかったら一生縁がなかったかも(理系です)
体育の授業では張り切ってしまうほうだし、家庭科では裁縫が苦手で困ったけど、出来たものを見ると、我ながら不細工で笑っちゃいました。
友達でそういうの得意な子もいて、尊敬してしまいます。勉強のできない子でも楽しい子は一杯いるし、嫌な奴だなと思っても、ああいうのが出世するんだろうか?と思うような人もいたり、色々な人がいました。

そういうのをみんな取り上げられて、慶応合格だけを目指せ!って親に言われたら、私だったらぐれちゃいます。


長くなったので、問題点を以下に。

・本人がそう望むのなら、進路の一つだと思うけど、親が押し付けるものじゃないでしょう。
・15歳時点で、慶応文系だけという進路を決めれる人がどれくらいいるんだろう?
・理系や、国立には、有利とは言えないのでは?
・高校入学時点で、まだ文系も理系も決まってない人も多い。1年の終わりに選択する時もどうしようか迷うくらいです。
・慶応文系って、そんなにすごいの?オールマイティというほどに思えないです。
・小学校の先生になりたい人、看護師になりたい人、エンジニアになりたい人、料理人になりたい人、スポーツを極めたい人、音大や美大に行った人、色んな進路があります。


>難関大学の学生には、稀に高卒認定試験合格者が居ます。どう思いますか?
→私立文系なら、独学でも合格できるという証明になるから、高校入試で失敗した人は、諦めないでもいいよというメッセージになりますね。

最後に、
私は、不勉強がたたって、一浪です。県外の予備校に行かせてもらえました。現役でいけた人と比べると、親に負担をかけたのは申し訳ないと思っていますけど、後悔はしてません。
いや、むしろ、+1年で、楽しい高校生活と、真剣な予備校生活と両方出来てよかったと思ってます。
ただ、私立文系なら、+1年はしなかったと思います。しなくても何とかなったという気がします。
一応、国立の医学部です。医学科には高認での進学者はいません。聞いたことがないです。
東大などは、時々、無名の高校からの合格者が出ますが、中位以上の国立医は聞いたことのある範囲の進学校からばかりです。
それと、予備校時代に知ったのですが、有名進学校出身の浪人生が、模試で高認と誤魔化す人が結構います。高校に知られたくないみたいです。

うーん。慶応文系って、そんなに凄いのかな?高校生活3年を捨てるほど。
捨てたい人、捨てた人には、いい目標だと思います。
でも、親が強要したり、誘導したりすることではない。絶対、子供に恨まれます。
所詮、私立文系の人の考えだなぁ。。。。。。

(長文、失礼!)

投稿日時 - 2012-01-22 12:14:54

ANo.3

 何か幾つかの問題が複雑に交錯している感じがします。
(1)「高認の受験者」と「一般の受験者」に敢えて「差を付ける」ことに意味があるのか?。
(2)そこに何らかの差違があることが客観的に立証できるか?。
(3)それによって質問者が何らかのデメリットを蒙ったか?。
(4)文中に繰り返し出てくる「慶應」や「慶應受験」の言葉と現在の君が「どのような関係にあるのか」との意味。

 以上の点から、君は「無い物ねだり」をしていて尚且つ、それが無意味であることにすら気付いていないと思う。それは「高認での受験者」が慶應に合格したのに対し、三年間を脇目もふらずにひたすら「慶應合格」のみを目指してきたものの、今の君が直面しているのは「不合格」の三文字だけでそのギャップの大きさを自らの学力不足として認識せず、他の要素に転嫁しようとしているだけかもしれない。
 人によって価値観は異なるから一概には言えないが、僕は「慶應という名のブランド」にはさほどの魅力を見出すことない。慶應に入学しても四年間を無為に過ごすか、違う大学で四年間を有意義に過ごすかでは「その後」に大きな違いが生じる。
 「特に私立の難関大学を目指しているなら、絶対に高認を選ぶべきです。これで受験3科目に絞って勉強できるので、高校に通うよりは効果的な勉強になります」、これは受験段階でセンター試験ではなくただ単に一般入試で臨めば済む程度の問題でしかない。君の発想は恰も「高校は大学進学のための通過点、大学は“良い会社”に入るための通過点」としか捉えていない近視眼的な発想にある。
 独立行政法人としての国公立大学を含め私立大学にも多大な国費が投入されているのはなぜだと思う?。大学には先端工学や医学など脚光を浴びてる学問領域もあれば社会科学をはじめ文学や哲学など君が「一見して役に立つのか疑問を感じる」学問領域もあるだろう。
 けれど「大学で学ぶこと」は「単に答えを早く出す」こととは異なり「なぜ~?」と物事の本質を問い、そこから派生する事象の意味を問い、解決に至る道を探ることにあるのだから、君のように「役に立つか役に立たないか」の二分法で全てを分類することは不可能ともいえる。
 つまらない比較に身をやつすより、これから「何をすべきか」を周囲の意見に耳を傾けて自問自答するのが今の君にとっては必要だと僕は思う。

投稿日時 - 2012-01-22 00:26:07

ANo.2

 人それぞれ事情がありますし、価値観も違います。
 高校へ行く事が無意味と思うなら行く必要はありません。
 大学に合格するためだけの勉強が効率的で意義があると思うのも自由ですし、高校へ行く事は損と思うのも自由です。
 決めるのは本人です。

 高校を卒業した者としては、高校へ行く事で得た経験は貴重です。書道や柔道等は受験科目にありませんが、授業を受ける事で多くの事を学びました。存在意義が無いとは思いません。
 ある大学に合格した不合格だったそれだけで人を評価したい人は自由にどうぞ。そうするならそんな事で評価する人が周囲からどのように思われるかも考慮するべきです。

投稿日時 - 2012-01-21 22:36:37

ANo.1

 大学入学だけを考えるならそうかもしれませんね。

 が、16-18歳の時期を同世代の友人達と馬鹿騒ぎをしたり、クラブ活動で汗を流したり、色々と喧嘩をしてみたりすることは人間形成の上で欠かせないことです。あなたの発想では社会性を欠き、受験に必要ない科目は知らないよ、という非常識さ、何より若者らしい息づかいのかけらもない大学生が生まれそうです。そんな学生が、大学で多様な学生に混じって、助け合ったり、議論をしたり出来るのか疑問です。さらに社会に出てからもね。

 で、君は慶応に合格したんだ。たかが慶応かい?失っているものが多すぎますねえ。

 中・高と公立の学校に通い、クラブ活動にも励み、たくさんの同世代の友人と切磋琢磨しながら、体育を頑張り、歌をうたい、絵を描き、受験に必要のない家庭一般で調理実習をして東大・京大に合格する連中もたくさんいます。その方が一般的で多数派なんですよ。

 三科目だけに特化した勉強をしてやっと慶応、高校生活を楽しみ受験勉強をして慶応、東大、京大、その他の大学、彼らの方が遙かにあなたよりは人間的魅力に富んでいるでしょう。

 高卒認定試験→大学入学というコースを全面否定するわけではありません。が、それは一部の事情のある方の特殊な事情によるものでしょう。中学校から音楽の演奏活動を始めた天才的な方とか、高校の雰囲気に馴染めなかった方とか・・その他にもあるでしょうが、効率だけで高校時代に意味がないというのは極論ですよ

 なんか君がコンプレックスの固まりのように思えるのはボクだけかなあ

投稿日時 - 2012-01-21 21:04:00

あなたにオススメの質問