みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

食物繊維のカロリーについて教えてください

ダイエットのために食品成分表を調べて摂った食事のカロリーを計算しています。

そもそも食物繊維は消化されないものだと思いますが、五訂食品成分表で示されているカロリーには含まれているのでしょうか?

「廃棄率」については分かったのですが、食物繊維についてはよく分かりません。

簡単に教えていただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2012-01-19 10:22:26

QNo.7253283

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

お礼ありがとうございます。ご指摘はごもっともでして、食物繊維の多い食品のカロリーは間違いなく高めに表示されています。カロリーになるなら、食物繊維は糖質同等に食べない方がよい成分になってきますよ(笑)馬鹿ですね。線維が分解・吸収された「腸の掃除」にもなりません。医療ではなく、科学の元締めである文科省が医者みたいな作為的な嘘をついたらダメですよね。知識を正しく整理するために標準があるのですからね。カロリーで国民を騒がせるための、つまりは関係者の利益確保のための、やらせなんじゃないかと思います。なめきったように堂々と標準を利権の方へ動かしてしまう。

私は難しい事は書いていません。専門用語は食品成分表の方がその言葉を使っているので対応させられるように同じ言葉を使ったまでです。


炭水化物(糖質)が1g当たり4キロカロリーで計算するのはご存知ですよね。
タンパク質も4キロカロリー、脂質は9キロカロリーです。これらの数字が係数ですよね。
マッシュルームは表を見るとタンパク質2.9で脂質が0.3、炭水化物が2.1ですよね。食物繊維は炭水化物なので、2.1に含まれています。問題は熱量の計算の時に炭水化物を糖質と食物繊維に分けているかでしょう。分けないでそのまま計算すると計算結果が表の熱量の数字と合うのです。

各係数を各重さに掛け算して、合計したのが、カッコの中です。熱量を気にされる人にとって基本的で簡単な式ですよ。

(4×2.9 + 9×0.3 + 4×2.1)×0.5
=11.35

キノコは最終的に0.5を掛けて合計の数字を半分にしています。キノコのカロリーが少なくなるのは分かっているのだが、具体的にはなんとも言えないので、最後に0.5を掛ける、というごまかし方で勘弁してくれということです。
表の炭水化物2.1gは食物繊維2.0gとそれ以外の炭水化物0.1gの合計ですよね。その【2.1】に4を掛けているのです。食物繊維を入れない形で、つまり4×【0.1】で計算したら11キロカロリーになりません。

なんでマッシュルームに関心があるのですか(笑)目の付け所が専門的ですが。

投稿日時 - 2012-01-21 23:13:33

お礼

再度、詳しいご回答をありがとうございました。
とてもよく分かりました。

表のこともだいたい分かりました。食品によって若干違っているのですね。成分を分析してそれらを掛けあわせたものが食品のカロリーなんですね。
キノコの0.5を人間の吸収を考えたものとすると、やはり、食物繊維を炭水化物に入れるのは変な気がします。そこまで考えたものとすればカロリーには加えてほしくないですね。

マッシュルームは専門的でもなんでもありません。たまたま開いた食品がマッシュルームだっただけです。「廃棄率があって、水溶性と不溶性の数値の合計が食物繊維の合計と一致している」というポイントだけで選びました。中には合計に数値が異なっているものがありますが、それは四捨五入の関係なのかな?と思っています。
専門的と言われて驚いておりますがちょっと嬉しい感じもしました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-01-22 12:27:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

食物繊維は、エネルギーにはなりません。

化学的には炭水化物ですが、その中でも、人間が消化できない、つまりそこからエネルギーをとることができないので、エネルギーにはなりません。

例えばWikiとかでみると


「植物の体はセルロースという多糖によって構成されている。セルロースはデンプンと同じグルコースの多量体であるが、結合様式が異なるため、化学的に極めて強靭な構造を持つ。セルロースは細胞壁の主成分として活用されている。」

セルロースとかが食物繊維ですが、化学結合が強靭なので、分解できないわけです。


マッシュルームとか食べ物は、食物繊維のほかにも、炭水化物(栄養学的にはエネルギーになるものしか炭水化物といわないです)とたんぱく質なども含んでいます。それがカロリーとなって、表に現れてるのです。


普通食物繊維は、300gで大体1単位(80kcal)で計算します。つまり食べ物でいう食物繊維とは、食物繊維が多い食べ物で、たんぱく質や炭水化物も少しは含まれてるわけです。すれを平均的に考えたら、だいたい300gで1単位と見ます。

たんぱく質もエネルギー源になるので、どんな生き物も、DNAからRNA、そしてアミノ酸、たんぱく質をつくってるわけですから、それらはカロリーになるので、マッシュルームも食物繊維だけから出来ているわけではないので、当然カロリーはいくらかはあるのですね。

食物繊維自体は0ですが、純粋にそれだけではない。 だから芋やカボチャ、大根なんかは、繊維以外の炭水化物が多いので、カロリーがあるわけですよね。

投稿日時 - 2012-01-26 00:05:00

お礼

成分表のことです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-01-27 13:39:36

ANo.2

ご関心の食品標準成分表【では】、食物繊維は熱量(カロリー)に含まれています。正確には食物繊維は炭水化物の量に含まれているのでそのまま計算されています。
こんな食標準成分表が栄養に関する議論において公的な基準にされているのですから専門家であろうがなかろうが熱量の話などホントいい加減なものですね。役人と専門家の気分次第で鍋の中のコンニャクが一晩経ったらカロリーが倍になったり無くなったりもするのです。

『(3)  エネルギー』
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/toushin/05031802/001/002.htm
から引用(>)します。
>『(3)  エネルギー
 食品のエネルギー値は、可食部100当たりのたんぱく質、脂質及び炭水化物の量(g)に各成分ごとのエネルギー換算係数を乗じて算出した。
 エネルギー換算係数の個別食品への適用は、次により行った。食品ごとの適用係数は表2~5に示す。 』

ですから食品その物を燃やしてカロリーを求めていません。私も燃やすという説明をNHK教育で見た覚えがありますが。それは換算係数を求める際の話だったのでしょうかね。
栄養学の話題はデマと誤解だらけです。それは栄養学が未発達でこれからの学問だからではなく、国中で関心が高いのに、教える側が科学者らしくないというか、いい加減だからです。それだけのことです。食品標準成分表の混乱も簡単に防げる事でしょ。それをしないのは、結局、食品添加物などと同じで、嘘は付いていないけど詐欺的な説明をしているからです。注目を集めている栄養学が根本的に価値の無い議論であることがバレないようにしているというか。

>『(7)「いも及びでん粉類」のきくいも、こんにゃく、「きのこ類」、「藻類」及び「し好飲料類」の昆布茶については、四訂成分表では、「日本人における利用エネルギー測定調査」8)の結果において、被験者ごとのエネルギー利用率の測定値の変動が大きいこと等から、エネルギー換算係数を定め難く、エネルギー値を算出しなかった。しかし、目安としてでも、これらの食品のエネルギー値を示すことへの要望が非常に強いことから、同測定調査におけるたんぱく質、脂質、炭水化物の成分別利用率及び食品全体としてのエネルギー利用率を勘案して検討した結果、暫定的な算出法として、Atwaterの係数を適用して求めた値に0.5を乗じて算出することとした(表5)。 』(引用終わり)

日本食品標準成分表の08031マッシュルーム(生)についてのカロリー計算をしてみます。食物繊維を含む炭水化物の量は【2.1】gです。

★マッシュルームは、11kcalですが、
(4*2.9 + 9*0.3 + 4*【2.1】)*0.5
=11.35

日本食品標準成分表は食物繊維であれなんであれ、換算係数を調整する事で、三代栄養素の熱量を合計する算出法に統一しています。余談ですがアルコール7.1kcal、酢酸3.5kcalのようですね。それほんとかねと私は思っていますが。


参考)『表2 科学技術庁「日本人における利用エネルギー測定調査」1)~4)に基づくエネルギー換算係数を適用した食品』
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/toushin/05031802/001/002/001.pdf

投稿日時 - 2012-01-21 06:41:19

お礼

詳しい説明をありがとうございました。
植物繊維もカロリーに含まれているんですね。
草食動物を飼うには良さそうですが、人間のために良い工夫をして欲しいですね。
難しいことはよく分からないですが参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-01-21 07:18:25

ANo.1

食物繊維は消化されない、つまり体に取り込まれないと言うことです。
必然的に熱量は0カロリーと考えるしかありません。

投稿日時 - 2012-01-19 21:38:09

補足

質問の書き方が悪くて申し訳ありません。

たとえば、
マッシュルーム(生)100gの場合、
エネルギー:11kcal
廃棄率:5%
水溶性植物繊維:0.2g
不溶性食物繊維:1.8g
食物繊維(総数)2.0g
 と なっています。

食品成分表のカロリーのは実験室で食品を燃やして発生するエネルギーを計測して算出されているものだと聞いております。
食物繊維は人間の体では消化されませんが、実験室では燃えてエネルギーを発生させると思う訳です。

上記の場合、11kcalの中には捨てられる5%の部分のカロリーは含まれておりませんが、食物繊維が燃えるカロリーは含まれているのでしょうか?

というのが質問です。

あらためてよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2012-01-19 22:29:24

あなたにオススメの質問