みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

急行 能登

一度、急行能登に乗ってみたいなあと思っています。
もしかしたら、今度の3月に乗る機会があるかもしれません。

そこで、聞きたいのですが、2012年の3月の運転日は、いつでしょうか?

あと、急行能登を乗った時の感想を教えてください。

投稿日時 - 2012-01-15 18:28:07

QNo.7246375

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

多客臨として毎週金曜日(始発駅基準)には運転されているので、上野発・金沢発ともダイヤ改定前の3月2日・9日・16日は運転されると思われます。例年、「JTB時刻表」「JR時刻表」等の1月号までは2月の運転日までしか掲載されず、正式には3月(ダイヤ改定前)の運転日は2月号の発売待ちです。

この急行「能登」ですが、ダイヤ改定(3月17日)以降は運転取り止め(=廃止)になる模様です。
本日発売の「鉄道ダイヤ情報」誌によると、現在は「能登」の車両(新潟の485系6両編成)を使っている上野口の「ホームライナー」を、ダイヤ改定以降は大宮車両センター所属の185系7両編成に置き換えるとの事。

現在、「能登」車両の運用は、
●「ホームライナー」→回送で上野へ戻る(これを2往復)→下り「能登」→金沢→「北越3号」で新潟車両センター入庫
●新潟車両センターを出庫して「北越8号」→金沢→上り「能登」で上野着→尾久操車場へ回送して昼寝
となっています(「能登」の運転が無い日は「ホームライナー」運用を繰り返して尾久操車場へ戻るだけ)。

その「ホームライナー」を185系に置き換え‥おそらく、「能登」の廃止を見越した措置と思われます。

では、私が「能登」に乗ってみての感想。

不定期列車になった後の2010年秋に乗ってみましたが、本当にガラ空きでした。4人分の座席を向かい合わせにして1人で「独占」できる位です。

それより前、定期列車だった2008年の5月の大型連休時には、さすがに「能登」(当時は489系ボンネット車両9両編成)も満員、自由席は座れない人もいた位でした。それでも寝台特急「北陸」が1ヶ月前午前10時の前売り開始と同時に売り切れる有様なのに対して、「能登」の指定席は「楽勝」で確保できました。

そんな「能登」も、上野を23:58に出発して赤羽、大宮、上尾、桶川‥とこまめに停車していた頃は高崎線の「最終列車」の役割があり、通勤客で熊谷付近までは混雑していました。座れない客は、ラウンジカーに流れていましたね(笑)。しかし、首都圏と北陸を結ぶ夜行列車としては、繁忙期を除くと乗車率は低迷していたようです。

いずれにしても、道半ばの長岡(長野経由の時代は直江津)で進行方向が逆になり、夜行列車故に(寝ている人がいるから)座席の向きを変えるのは極めて困難。結局「後ろ向き」のまま目的地へ‥座席車だけの列車としては、そこが「嫌味」ですね。

投稿日時 - 2012-01-15 22:09:00

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

3月の運転日はわかりませんが、先日乗りましたので感想を。

1/6(金)上野出発のやつに乗りました。
社内は寒くはなかったですね。混み具合は座席は半分も埋まっていない感じでした。
普段は通勤電車でも眠れるのであっさり寝つけるかなと思いましたが、なかなか寝付けませんでした。
横の席が空いているので横になっても寝台車(北斗星、サンライズ)よりは狭くて窮屈でした。
それでも高崎を過ぎたあたり(1時過ぎ)には寝れましたが。

上野発の場合の注意点としては、出発時刻が遅いので(23:30ごろなので)駅構内の売店は閉まっています。食べ物やお酒は事前に準備しておいた方がいいです。清涼飲料水であれば駅の自販機で入手できますが。(なお、社内販売はありません)

利点は、私の場合にはその後乗り継いで福井まで行ったのですが、北陸地方に翌日の朝一の飛行機や新幹線より早く着くことですね。私の場合には福井に7:30ごろについて初日から十分な時間を観光に充てられました。
(寝台特急北陸が現役ならそちらに乗りたかったですが・・・)

投稿日時 - 2012-01-15 22:23:00

あなたにオススメの質問